前回の続きです。

今日は火星を取り巻く天体の影響と、
水瓶座火星の使い方を書きました。








 

 

火星を取り巻く天体の影響

 

 



今、火星はとっても刺激の強い環境にいます。

自らの心の内側を
深掘りしていく蠍座の金星、

自らの価値観を築き上げるための
改革期にある牡牛座の天王星、

自らが地球に存在する使命を
表現する獅子座のドラゴンヘッド、

そして自らが未来に向かうための
個としての意思を表明する水瓶座の火星。




これらのどれも「自分」という
個性の正しさを訴えるために
強く主張し合うような葛藤の真っ只中。


自分の内側に秘められた
”熱さ”が刺激されて、
行動へのパワーをもらえる配置。



ここでしっかり方向付けをして、
火星水瓶座の2ヶ月を過ごす
エネルギーになっていければ
良いと思います。





金星と火星がサインを変えた今が
一番変化の大きい時です。
(ちょっと過ぎてしまいましたが)



蠍座の金星は、
自分の内側にあるドロドロしたものが
出てきやすいタイミングです。

水瓶座の火星の冷静さとは対照的。

でも、蠍座の金星が見出すのは
ドロドロだけではありません。

自分が内に秘めた
情熱や熱さも呼び覚ます力があります。




牡牛座の天王星は、
自己価値を大きく改革する
革命期の真っ只中。

■リンク:自己価値の大改革!~天王星牡牛座期の過ごし方~

特に今は、自分の内面を掘り下げて
「原点」を探すようなタイミング。

 

自分の培ってきた価値観を
自分の中でぶつけ合って
本当に欲しいものを見つけていくような
熱いタイミングと言っても良いと思います。





 

水瓶座火星の使い方





こんな熱さの中で、クールに、
現状をちゃんと見て判断することが、
水瓶座火星のより良い使い方です。




個性が強く出やすいサインと
天体の組み合わせの中にありますので
特にあと1週間くらいは
どうしても刺激が強めになりがち。

そこをクールに乗りこなす
自分を想像しましょう。




水瓶座の火星は、
クールでユニークな変人(個性がある人)
というイメージです。笑

自分の中に浮かんでくる
アイディアや個性を
貫く姿勢が生まれやすいですね。

自分の個性を認めつつ、
他者の個性を認めつつ。

そこに「内に秘めた熱さ」を加えてくれる
蠍座の金星が加わって、
価値観の改革と魂の自己表現をする
天王星とドラゴンヘッドがいる、
という理解がスムーズかもしれませんね。

 

逆に、金星と天王星の部分が
うまく改革に繋がっていなかったら、
自分の個性を表現していくことで
自身の深掘りや、価値観の改革が
進むチャンスでもあります。





火星の力は時に攻撃を表すこともありますが、
力任せに現状を変えないことが大切です。

一つの「結果」には必ず「原因」があります。

火星水瓶座を有効に使うには、
未来という「結果」を作る
「原因」の現実を冷静に見て、
分析していくことが大切です。




水瓶座はとにかく俯瞰して
一つ一つを把握して
自分の「正しい」という感覚を
大切にするサイン。

一方で、その冷静さが
自分の行動のエネルギーの
熱を奪ってしまうこともあります。

そこは、金星や天王星の力をうまく掴んで、
頭はクールに、心は熱くいきたいところです。

 

 

 

 

 

まとめ

 

 

 


というわけで、
火星水瓶座期の過ごし方のまとめです。




・今の現状はどんな未来を描いてきた
 自分の結果なのか?

・これから望む未来に向けて
 自分はどんな「原因」を作っていくのか?

・そこに向かうために必要な
 心のエネルギーはちゃんと見つけられているか?






淡々と冷静に、
でも内なる情熱を手に入れて
未来に、前に向かって進む。




そんな水瓶座火星期のスタートです。





本日もお越し頂きありがとうございました。

皆さまが自分らしく水瓶座火星期を過ごせますように。