7歳児の事故遭遇数の改善を

テーマ:

本日一般質問でした。
下の図を見て頂ければ分かるように、
7歳児(6.8.9歳も)の交通事故遭遇数が、断トツで多いんです。70歳代も多く見えますが、人口数で2.3倍いる事を考えると、その差は歴然です。毎年このような集計になってしまいます。
理由の一つとして、幼・保・こども園などのお迎えが無くなり、活発に動き回るようになるからです。

県警も今年度よりモデル事業として、先の秋津保育所など、安全対策を強化してくれていますが、県警任せにせず、市・住民・議会も知恵を振り絞って、対策を考える事が必須です。

皆さんも良い案があれば、教えて下さい🙇‍♀️🙇‍♀️🙇‍♀️
色々ご教授頂いた鈴木均県議に感謝です。




全員に言える事ですが

テーマ:
今日の総括質疑でふと感じました。

政治家の理想として、酷暑だったけど、習志野市はエアコンが設置されてます!
地震だけど、ブロック塀は検査済みです!

が政治家の仕事のハズだけど、

私も含めて、必要性は質疑しても、結局ブロック塀にしても、エアコンにしても、事後なんですよね、、しかも尊い若い命を失った後。

改めて未然に防ぐ先見力を、市長もそうだし、議員それぞれが持たなければと感じた1日でした。


エアコンの予算委員会

テーマ:
今日はエアコンの債務負担行為(公的な予算は基本1年だけど、複数年の予算執行を約束する事)の為だけの委員会です。

先日17人の議員が6月に反対したため、3ヶ月遅れたけど、9月議会で設置が決まったのでとりあえず良しとしましたが、全く良しでなかった事が判明してしまいました。

3ヶ月遅れたために、リース方式しか選択肢が無くなりその結果、国からの3分の1補助(7〜8億円くらい)が受けられない事が判明しました。更に地方債を起債する事ができない為、年間約1.7億円のリース代は一般財源からと言う事に💧

この議員を批判してても何にも始まらないので、①何かの事業を削る②歳入を増やす③無駄な歳出を減らす④一般財源で執行してる何かを地方債にするなど、あらゆる策を提案して行きます。