80%お片づけでスッキリ片づく アラフォー・アラフィフ世代の楽ちん収納術

80%お片づけでスッキリ片づく アラフォー・アラフィフ世代の楽ちん収納術

東京・神奈川・全国(オンライン)対応
自分に合った整理・収納のしかたでリバウンドしない片づけの仕組みの作り方をお伝えしています。
子育てがひと段落したアラフォー・アラフィフ世代の第2の人生を応援しています!

先日、おうちデトックスのお客様から嬉しいご感想をいただきました。

 

 

約5ヵ月にわたる訪問でしたが、そこには

・在庫管理しやすくなり、ダブって買い物しなくなりそう

・適量がわかったので、ストック減らそうと思う

といったことだけでなく

・子供たちがすすんで片づけや家事をやってくれるようになった

・子供が服選びがしやすくなり、おしゃれに興味をもつようになった

・家族団らんの時間が増えた

など、LD、キッチン、洗面所、子供部屋、各所を整理収納したことでお客様に起きた変化がたくさんつづられていました。

 

 

しかも

・生活の質があがった

・他の場所も手をつけようという気になった

とまで!

 

 

このメールを読んだときに、それはもう嬉しくて嬉しくて。

とびあがりたいほど。

 

 

そのとき思ったんです。

「このお客様が得た喜びを多くの方に味わってほしい!」

そしてそのために

もっと「私を利用して!」と(笑)。

 

 

そこで、今回、私個人として

サービスメニューを新たにリリースしようと考えました。

 

 

その名も

「まついゆうこのお片づけマンツーマンレッスン(仮)」

 

 

この仕事を始めたころから

「美容室に行くみたいに気軽に」

受けてもらえたらいいなーという思いがありました。

 

 

また、「自分で片づけたい」「自分のペースでやりたい」

そんな声も聞きました。

 

 

今回リリースするのは

松井優子があなたのご自宅に伺って

整理収納作業をするのではなく、

「自分で片づけられるようになりたい」と思うあなたがやりたいことをサポート・お手伝いをさせていただきます。

 

 

例えば、

・手放しのお手伝い

・ひたすら分類・わける

・定位置を一緒に考える

・モノの持ち方の基準を一緒に考える

・収納アイテムの選び方のレクチャー

etc

 

 

お申込みいただいた当日、何をやるかどうするかは一緒に考えて決めます。

(事前にご相談いただいてももちろんかまいません)

 

 

レッスンは1回2時間。女性限定。

時間は10時からと14時からのいずれかでのスタート。

 

 

あなたが「自分で片づけられるようになる」のが目的なので、

私がおこなう作業に比べたらペースはゆっくりになると思いますが

『確実にあなたが片づけができるように』伴走いたします。

 

 

料理に例えるなら

先生が家に来て作るのではなく、先生の指導のもとあなたが料理を作る

そんなイメージだといえばわかりやすいでしょうか。

 

 

この仕事を始めて約8年。

スタートしたころから「お客様自身ができるようになったらいいのに」

そんな思いがありました。

 

 

だから、開催したのは講座やセミナーではなく

お客様が家に帰ったらすぐに片づけに取り組める内容にしたワークショップでした。

 

 

ワークショップ後は

「私にもできた!」という喜びの声をたくさんいただきました。

 

 

”自分でできる喜びをもっと多くの方に感じてほしい”

そんな思いもあり、今回リリースすることにいたしました。

 

 

さあ、あなたもプロと一緒に、自分でお片づけ(仕組みづくり)をしてみませんか?

 

 

まずはモニター(有料)を募集させていただきますので、

ご興味持たれた方いらっしゃいましたら

お気軽にご連絡くださいませ。

 

 

 

お問い合わせはこちらまで

(その他のお問い合わせにチェックを)

 

 

あなたがやりたいことがやれる人生を。

叶えたいことが叶えられますように☆

 

 

整理収納アドバイザー・カウンセラー

松井優子

東京都町田市

整理収納アドバイザー・カウンセラー

松井優子です。

 

 

誰のお役に立つかわからないけど、

1月に読んだ本、買った本、今読んでいる本を紹介。

 

 

<読んだ本>

 

 

Oil vol.1 あとまわしにしない「生活設計」

本屋でパッと目について購入。

 

 

那須の高齢者住宅に住みながら、

多世代共生型の交流拠点を企画・運営している近山恵子さんと

その生き方・暮らし方に賛同するメンバーで編集された本。

 

 

『どう生きるか』を常に考えている私にとって、

人生の先輩の生き方はとっても参考になる。

 

 

そして、私もまた、この編集者たちのように

同じ理念を持った仲間たちで暮らせるホームを

作りたいと思っている。

 

 

今は想いばかりで、行動に移せてないけれど、

すでにあると知れたことの喜び、勇気、励み。

この本からはたくさんのものをいただいた。

 

 

何より私がその想いを今も抱き続けていることを再確認できた。

 

 

鏡の法則 人生のどんな問題も解決する魔法のルール

以前メルカリで買って、1度読了済。

 

 

以前読んだときは、正直、世間の評判ほど

私に響くものはなくて、処分対象の本だった。

 

 

たまたま心理学の先生から紹介されて

再び読むことに。

 

 

すると、以前とは違う読後感。

涙があふれそうなほど、心にグッとくるものが。

 

 

これだから、読書は面白い。

 

 

<買った本>

 

 

入門!岡本太郎

こちらも本屋で目について当然のように購入。

 

 

岡本太郎が好きなのだけど

特に、絵画がとても気になるのです!

 

 

力強さ。躍動感。生命力。

「生きているか?」と問われる感じが。

 

 

たくさん掲載されているから

パワーをもらいたいとき

パラパラめくろうと思う。

 

 

おとなが愉しむ収納アイディア&部屋作りアイディア

お客様宅の近くで立ち寄ったコンビニで購入。

 

 

家(間取り)・ご家族・ライフスタイル・動線に合わせた整理収納は、

1つとして同じものがなく、

そこが楽しさ・面白さ・やりがい。

 

 

でも、収納アイテムやアイディアは

常にチェックしておきたいところ。

 

 

最近は、スタイリッシュさを求められるお客様が増えている。

 

 

<今読んでいる本>

 

 

サラとソロモンシリーズ

いつもボディメンテナンスをお願いしている友人セラピストにすすめられて。

まだ1冊目。

 

 

久しぶりに読んでいる物語。

つい主人公になった気分で入り込んでしまう。

 

 

幼い頃の自分をふと思い出した。

 

 

友達は男の子ばかりで

秘密基地を作ったり、高い塀の上を歩いたり。

空き地や土手で草笛や花冠を作ったり。

川でハゼ釣りをしたり。

 

 

一人遊びもよくして

その1つが読書だった(読書は遊びか?)。

 

 

かつては

一生かけても

全ての本が読めないことに

絶望にも似た感情を抱いたほど

読書が好きだったのに。

 

 

いつのまにか遠のいていた。

 

 

だからまた取り戻そうと思ったんだ。

 

 

私は

私一人だけでは生きていけないけれど

私の人生は

私だけのもの。私しか創り出せないもの。

東京都町田市

整理収納アドバイザー・カウンセラー

松井優子です。

 

 

去年から手帳に加えて、1冊の無地のノートを雑記帳として使い始めました。

 

 

手帳が好きで、毎年年末になると、手帳売り場をはしごすることもしばしば。

 

 

でも、大きさ、デザイン、紙の質、など

全ての条件が揃った気に入るものが見つかることはなかなかなく。

 

 

ネットからダウンロードしたカレンダーと

ルーズリーフを組み合わせて作ってみたり、試行錯誤してきました。

 

 

あるとき、バーチカル手帳とその使い方を教わってからは

1日の時間の使い方(予定)がわかりやすいバーチカルタイプを使っています。

 

 

それでも、手帳によって時間軸がさまざまだから

毎年どれにしようか悩むのだけどね。

 

 

私の場合、スケジュールを書くだけでなく

その日やること・やりたいこと、

気づいたことや感じたこと、

占いとか気になった情報など、いろんなこと書きたくて。

 

 

頭の中にとどめようと思っても

すぐに忘れちゃうし、できるだけ雑記帳に書いておくの。

 

 

書き出すことで、不思議なほど頭の中がスッキリ!

 

 

去年の11月からは

予定外のこと、

例えば、誰かからのラインやメッセージのようなささいなもの

仕事の依頼もだけど、

わりこみ用事、スケジュールにはなかった出来事を書くようになって。

だいたい1日1ページぐらい。

 

 

それまで

スケジュール通りにいかないことに悩んだり

時間管理のしかたが悪いのでは?と思ったりもしたけど。

 

 

達成できなかった理由・原因もわかるようになったし、

1日でできることが意外と少ないことがわかって

予定どおりに進められなかった自分を責めずに済むというか。

 

 

とはいっても

あれもできるだろう、これもできるだろうと思って

スケジューリングしちゃう私もまだいるんだけどね。

 

 

頭の中がごちゃごちゃになりがちの人がいたら

書くことを面倒くさがらずに、1度は試してみてほしい♪

 

 

ちなみに、今年の手帳はセリアで買ったバーチカル手帳。

たったの110円!

 

 

 

 

紙の質がよかったりの1000円以上の手帳を買うことで、

仕事ができる風?の気分になって

仕事をサクサク進められるかと思いきや

私には関係なかった、あはは。

 

 

 

 

プラチナダイアリー プレステージ』も

プチプラで、シンプルでよかったけど

セリアの手帳がほぼ中身が一緒だったので

今年はセリアにチェンジ。

 

 

雑記帳はダイソーの無地のノート。

方眼ノートも好きだけど

自由に書けるところが気に入ってます♪

 

 

ん?今年のスケジュールが書かれてないって?

そう、書き始めってちょっと緊張するのよね。

...私だけ?

東京都町田市

整理収納アドバイザー・カウンセラー

松井優子です。

 

 

改めて、2022年は

 

 

「自分が喜ぶことをすること

(自分を喜ばせることをすること)」

「それを自分に許可すること」

そして

「人のお役に立てることをすること」

 

 

を心がけていこうと思ってます。

 

 

自分が喜ぶことをする、というと

自分がわがまま・身勝手なようにも感じるけど、

自分自身を喜ばせることで、

幸せ・感謝の気持ちを常に持っていられるようになる。

そして、そんな気持ちでいる私の周りの人にも伝染していけばいいなって。

 

 

自分のことをわがまま・身勝手って思うのは

誰かに言われていないのなら

自分でそう思い込むこともないんじゃないかなって思ったの。

 

 

このことは、2021年後半ぐらいから

ぼんやり頭に浮かんでいて

ささいなことでも、自分が喜ぶことをしてあげると

すごく満たされた気持ちになることを体感したから

2022年も心がけていこうと思いました。

 

 

仕事では

「松井さんにお願いしてよかった~♪」と言われることを指針にしつつ

ひそかに心の中で

「3ヵ月先まで予約がとれないアドバイザー」になることを目指していました。

 

 

これがなんと!2021年12月に叶ってしまいました(土曜日だけだけど)!

 

 

今メイン活動になっているおうちデトックスのお仕事も大事にしているけれど、

作り出したい世界、描いている未来に対する想いは変わらずにあるので、

そちらも自分のペースでやっていきたいと思っています。

 

 

やりたいと思ったことをやりたいときにでき、

誰もがいきいきとして生きていけることを願って。。。