頻繁に直ぐ近くを通りながらも結局いつもスルーし続けてしまう場所ってありませんか?そんなとこに限って、いざ行ってみれば「早く来ればよかった」ってパターンじゃありません?

今回もそうでした。

 

何年も前から抜け道として通るたびに気になってた信号標識

「ふるさと村入口」                                     by GoogleMap

大抵朝早くか夕方以降しか通る機会がなく毎回スルー

でも今回、所用で丸一日かかる予定が午前中でかたずいてしまい「さぁ困った、この後なにしよう・・・・」となり

そんな時に通りがかってしまったわけです。

危ない刑事みたいにタイヤをキュルルルルゥっていわして急ハンドル・・・は切りませんでしたが、迷わず左折

 

町田市と川崎市に隣接したとってものどかな里山でした。

ウナギ屋さんの駐車場に止めても大丈夫な雰囲気でした。たぶん兼用じゃないかなぁっと思うのですが???     by GoogleMap

 

寺家ふるさとの森自然マップです。思ったより広くてビックリ

森を囲うように広がる黄緑のエリアが田園です。赤矢印のコースで散策してみました。

 

マップの現在地から田園に向かってのショットです。

う~ん、伝わってますかねぇ???

無数のトンボが飛び交っていて絵になる里山風景、

 

ムムッむじな池?熊の池?

 

小高い丘に建つ神社があったのでとりあえず拍手しときました。

鳥居をくぐり階段を上った先にこじんまりした神社

 

最近あまり見なくなった天日干しした稲、今年の出来栄えはどうだったのでしょうか?

 

赴くままに脇道にそれてみました。

途中にはこんなベンチも

 

この森の中にはトレイルが縦横無尽に走っているようです。

 

むじな池発見

むじな(タヌキ)というよりもカッパが出そう

 

森を抜け、再び田園に出てきました。

この日はスーパー穏やかなザ・秋晴れだったせいか、散歩を楽しむ人だけでなく、カメラやスケッチを楽しむ人もたくさん。

 

田んぼ道を歩ってると・・・なんじゃこりゃ?こんなん初めて見たわ

稲は深く濃い鮮やかな緑色そして穂はなんと真っ黒

ググってみたら古代米だそうです。って事は卑弥呼が食べてたんでしょうかね?

 

その横では腰を曲げて手で刈り取ってました。

 

ちょっと小高い所からの絶景ショットです。

いや~ここ最高っす♪脳みそ溶ろけて耳からタラ~ってなりそう

両脇が森で挟まれてるから静かで小鳥はピーチク♪パーチク♪

耕運機の音でさえ心地よく聞こえてしまいます。

 

しばらくボーっとしてから別の道で戻ることに

風車小屋があったり

 

子供向けのイベントもちょいちょいありそう

 

近くにはギャラリーがあったりレストランがあったりと、ふるさと村に隣接していろいろあるっぽいでした。

たぶん、近くの人はみんな知ってるんでしょうね。

まだ行ったことの無い人は天気のいい日に散策してみて下さい。公園とはちょっと違うのでトイレは無いつもりでいたほうが間違いないと思います。あと飲み物もお忘れなく!

 

ご参考までに↓

http://www.city.yokohama.lg.jp/kankyo/green/furusatomura/jike-index.html

 

やさしが営業中

http://yasashiga.web.fc2.com/

 

 

 

 

 

やさしガーデン、秋

テーマ:

キンモクセイも香る秋っすねぇ~♪

あんなに尋常でない暑さだったのに、喉元過ぎれば・・・って感じでちょっと夏が恋しかったりもして!

 

ゴーヤ二世君は文句なく親を越えてくれました。

九月に入ってからの収穫量も絶好調

それでも、さすがに月半ばになると大きくならず

 

そんで、こんな感じナウ

そろそろ撤収を・・・っと思ってるんですけど未だに実が付くので

あともう少し

 

嬉しい大誤算で二世が上手くいってしまったもんだらか、調子にのって三世に挑戦してみたくもなりまして

 

去年はこんな感じに↓熟すとエイリアンが口をあんぐりするように

下からパックリ開いたのですが

 

今年はこのまま腐敗しそう

 

待っていても、あんぐりしそうに無いので強制撤去

ホラー映画つながりで今年は「死霊のはらわた」になりました。

 

これを綺麗に洗って干して乾かして

来年につづく・・・

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:

 

あんなに楽しみして照準を絞ってきた「秋ナス」ダメみたいっす。

株を疲れさせないように実は早めに摘み採り、体力を秋ナスへ向け温存させたのに・・・

今年は特に暑かったから早めに更新剪定済ませたのに・・・

更新剪定後も順調で花が再び咲き始めたまでは良かったのに・・

接木の苗だったのに・・・それなのに・・・汗

 

あの忌々しい台風のせいで花は吹き飛ばされ、艶やかかだった葉も強風に煽られズタボロにされてしまいました。

 

台風が去った後は勢いはなくなり枯れゆく感じだったので

思い切って剪定してみたら、新しい芽が出てきて再び蕾を持ち始め、ちょっとは息を吹き返した感はありますが

とは言っても、もう秋。今から咲いても既に遅しな気がしてます。

このまま静かにエンディング? orもしかして最後の一滴?

もうちょっと、お付き合いください。

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。

 

大葉は単に薬味としてだけでなく、サプリ感覚で食べてました。

メモβカロテン、ビタミンB群やビタミンEやKなど沢山含んでいて、鉄分・カルシウムなど身体に必要なミネラルをバランスよく含んでいるそうです。積極的に食べるべし上差し

 

大葉にとっても秋、穂がつき始めました。

 

晩秋へ向かいます。

やさしが営業中

 

http://yasashiga.web.fc2.com/

 

 

まだ朝六時前だったでしょうか、ベランダに置いてあるナスのプランターに舞い降りた可愛い奴。

あまりにも弱々しく「舞い降りた」っというよりも何処かの巣から落ちて迷い込んだというほうが正確でしょうか。

そしてカラダ全体で息ませて甲高い声で「ピーッ♪ピーッ♪」

親を呼んでいるのか何度か鳴いたあと、向かいの屋根に飛び移り、再び「ピーッ♪ピーッ♪」

まだ、あんな未熟な羽なのにけっこう飛べるみたいです。

 

しばらく観察していると親鳥が迎えに来ました。

ヒヨドリの子供でした。

でも、久々の再開っというよりも一定の距離を保ちつつ

また飛び立って行ってしまったり、戻ってきたり・・・

もう、お分かりでしょう。巣立ちの瞬間でした。

あなたのうちの柿が甘~く熟す頃についばみにお伺いするかもしれませんよ。

 

やさしが営業中

http://yasashiga.web.fc2.com/

まず始めに、

せっかく頂いたご予約をお断りしてしまった方へ、

ご依頼のお問合せを頂いたのに受けれなかった方へ

大変たいへん申し訳ございませんでした。m(_ _)m

 

「体調を崩して・・・」とお伝えした方もおりましたが

実は腰を痛めてしまい施術に支障をきたすほどで、しばらくご依頼を受けれない状態が続いておりました。

重ねてお詫び申し上げます。m(_ _)m

お陰様で回復いたしましたので、明日よりご予約承ります。

 

事の発端は二週間ほど前のサーフィンでした。

あまりにも遠ざかってしまっていて、遠ざかると尚更行かなくなり

いよいよヤバいと思い、ほぼ二年ぶりでした。

 

早朝まだ六時前、天気はドン曇りで波は小さめ

リハビリにはちょうど良いコンディションでした。

眠い目を擦りながらガッチガチの身体をほぐすべく砂浜でかる~い準備体操。念入りにやるべきだったのですが逸る気持ちに負け、サクッと終わらせイザ沖へパドリング

パドルが信じられないくらい辛くしんどいアセアセ

沖へ出た頃にはゼーゼーハーハー、もうすぐ50才を実感しました。

 

しばらく息を整え、久々の波一本目にテイクオフ

(※サーフボードの上に立ちあがりる事)

右足に加重をかけ加速をつけようと「グイっ」と踏み込んだ瞬間

右腰筋にイヤ~な違和感ハッが走りました。

「やっちまったあせる」 直ぐに分かりました。

そのまま砂浜に向かい、恐る恐る浅瀬で立とうとするが・・・

「立・て・な・い」

やっぱり!いわゆるギックリ腰ってやつ、しかもヘビー級かも爆弾

 

ギックリ経験のある方のほとんどは朝

冷蔵庫の麦茶を取ろうとしたら・・・とか

床の落ちてる物を拾おうとしたら・・・とか

靴の紐を結ぼうとしたら・・・とか

フとした事での受傷がほとんどではないでしょうか。

何気ない動作の時、前かがみなどの腰に負担がかかる動作をするとコンディションの悪い筋肉、いわゆる柔軟性が無くなったカッチコチの状態の筋肉へストレスが一局集中して「ブチっ」と損傷してしまうのです。

因みにこの場合、意外と損傷は小さく殆どの場合は三日もすればある程度動けるようになります。

 

一方、例えば重いものを持とうと意識的にカラダ全体でそれに備えた場合は、それぞれの筋肉へかかる負荷が分散されるので意外と平気なのです。

ただ、今回は意識的に備えているにもかかわらずの受傷

って事は→かなりヤバい寄りのギックリってことです。

案の定、三日経っても手がかり無しでは立ち上がれない。

立ち上がったところで一切の前かがみが出来ず直立不動状態。

座っている事が一番辛く、ッかと言って立っていても辛い。

五日過ぎて「ちょっと、マシになってきたかなぁ~」程度。

 

一週間で完全復活を予定してたのに・・・

結局、横になっている時間が多い日を一週間ほど過ごしました。

「もしかすると致命的な疾患が・・・」っと思い始め確認の為に整形を受診→「骨の間隔は狭まっていて、すり減っている個所もあり年齢のわりに劣化は進んでいる。」との事。

自分的には想定内でホッと一安心。

痛み止めだけ処方して頂いて作戦の練り直し。

 

一週間を過ぎた頃から患部の右腰筋はあまり気にならなくなり、

替わりに別のところ(仙腸関節の辺り)が痛みだした。

不思議ねすねぇ~、さて何ででしょうねぇ~???

これは患部の炎症期のピークが過ぎたサインで、これから停滞期、もしくは回復期に向かう兆候なのです。

知識と実体験が合致した瞬間、わくわくしてきたぜい♪

因みに、この時期は痛みのストレスと炎症反応の二次的要因で全身ガッチガチ状態です。

 

このまま放っといて安静を続けてしまうと、ちょっとやそっとじゃ解けない停滞期スパイラル→慢性腰痛のできあがり

 

整形外科疾患確認済だし、炎症ピークも過ぎたので、あの手この手で周りの筋肉や関節を動かし・延ばし・ゆるめ始めてみました。

余談ですが、治療家あるある「もう一人自分がいたら・・・」

→その直後ちょっと痛み増しましたあせる。でも、これも想定内OK

一時的な反応で相対的には良い方へ向かうはず

ここで念のために貰っといた痛み止めの登場

翌朝、まだちょっと残ってましたが動いてると徐々にマシになり、

再度、あの手この手で動かす&延ばす&ゆるめるの繰り返し

注意時期や状態を把握してのの行動ですので、一般的にはお勧めいたしません。ってかやらないで下さい。

 

その後、動かし続け、歩き始め、痛みが増す事もなく順調へ回復期の波を体感できるようになりました。

受傷からほぼ二週間後、確認の為にクライミングジムへ

恐怖心もあり、まだまだフルパワーは出せませんが

お陰様で施術に支障をきたさないレベルまで回復致しました。

 

今回の要因は何と言ってもメンテナンス不足。あまり動けてなかったし、右半身がずっと凝り固まってる感じがあったにもかかわらず対処せず・・・軽いギックリも一度あったし。「なんとかの不養生」ってやつですね。

 

自分自身もギックリ腰は何度か経験していたのでお客さんの訴える痛みや辛さは分かっているつもりでした。でも今回の痛みを改めて経験すると「ほんとに分かってた?」とも今思います。

 

ご予約をキャンセルしたり、ご依頼をお断りしたり今回は大変ご迷惑をかけてしまいました。しかし自分のカラダで実感・体感・実験・立証する事で新たな発見も・新たな課題も見つかったし、大きな何かを得たような気がします。

 

お断りしちゃった方、ほんとにごめんなさい。m(_ _)n

また、ご連絡お待ちしております。

 

って事でやさしが営業中です。

http://yasashiga.web.fc2.com/

手作り味噌できあがり

テーマ:

かなり過酷な夏でしたがお盆過ぎれば、ちゃんと虫が鳴き始め、秋の空気に変わってゆくんだなぁ~っとちょっとだけホッとしております。まだまだ残暑厳しそうだし、これから台風シーズンですので気は抜けませんが。

 

さてさて、ピークの暑さが過ぎたってことは・・・?

3月に仕込んだ味噌、そろそろ・・・?

ほぼほぼっと言いますか、とりあえずと申しましょうか

色もイイ感じだし、できあがりって事にしました。

 

↓ちなみに3月に仕込んだ直後です↓

 

米麹のツブツブが残ってて田舎味噌って感じしませんか。

これはこれで完成としますが、本来はこれをすり鉢とかで潰して売られれる味噌のようになるのです。

そして、気になるお味の方は・・・

「しょっぱっあせる

一応ネットに書いてある分量でやったのですが、今思い起こせば化粧塩っといってカビ防止の為に表面にふった量がちょっと多かったかもしれません。

でも、まぁ初めてですので良しとしましょう。

この後、試食で味噌汁にでもしてみましょうかね。

 

冬寒さがピークの時(1月~3月)に仕込こみます。温度が低いので最初の発酵の進み具合もゆっくり

 

春になり気温が上昇すると供に発酵も更に進み

そして夏になり暑さもピーク、発酵も急加速

この時点でとりあえずは味噌の状態になるようです。

 

これから徐々に気温が下がるにつれ発酵もゆっくり鎮静します。いわゆる熟成期にはいります。

 

そんなふうに一年ゆっくりかけての、ゆっくりな山なりカーブで美味しい味噌が出来上がるそうです。

 

残りはタッパに移し替えて寒くなるまで熟成させてみる事に!

 

やってみるとけっこう簡単に出来ちゃいます。

やっぱ出来上がると嬉しいものですよ。

是非、お試しあれ!

 

メモ僕のレシピですがご参考までに↓

https://ameblo.jp/yasashiga/entry-12358636315.html