“静岡まちなか” 初心者のためのギター教室♪ 〜ギター教室やまもと〜
  • 28Mar
    • 「桜」今日のレッスン♫の画像

      「桜」今日のレッスン♫

      今日の弾きたい曲レッスンは…「桜」コブクロさんの曲練習される生徒さんは…、数年通ってくださってる方(^_^)月1回のレッスンで、曲をご自分で選んで伴奏を考えてお見えになります弾き方のパターン低音飾りの音などなど…最近は理論的なことにも興味を持ち鋭い質問をされます(ー ー;)今回の曲はバレーコード(人差し指で6本弦を押さえる形)が多くて大変とのことカンタンに出来ないかオリジナルを聞いてみるとなんだか音が違う…ライブ映像を見てみると押さえが違う…んひょっとしてチューニング(調弦)が半音下げでした半音下げのコードに変えると、一気に押さえやすくなります今回も良い経験をされました

  • 21Mar
    • 「虹」弾きたい曲レッスン♫の画像

      「虹」弾きたい曲レッスン♫

      今回の弾きたい曲レッスンは…「虹」菅田将暉さんの曲ですね🌈練習される生徒さんは、ギターを始めて2年ぐらいの方、とても良く練習されます教本のレッスンが後半に入り、教本の練習と合わせて弾きたい曲も取り入れています今回のポイントは…イントロとエンディング(オリジナルは鍵盤で演奏されています)と、中間の静かなフレーズをアルペジオ(1本ずつ弾く弾き方)で弾くことですメインのリズムの“16ビート”の弾き方は数曲練習してきましたのですでにバッチリイイ曲ですねー仕上がりが楽しみですしっとり弾いてみました(ー ー;)

  • 09Mar
    • 「シーランbyローデン」いいギターですね♫の画像

      「シーランbyローデン」いいギターですね♫

      生徒さんとアコギ(アコースティックギター)選びに行って来ましたいつもお世話になってる「すみやグッディ静岡本店」さん(^_^)“マーチン”、“テイラー”、そして初めて紹介する“シーランbyローデン”まずはチューニングを兼ねて私がひととおり弾きますいよいよ生徒さんに構えてもらって生徒さんの感想構えた感じ、音、左手の押さえ、…確認してもらいます今回は…シーランbyローデンに決まりましたとてもいいギターですね(^-^)/明るくてきれいな音、反応も良くて、弾きやすいこちらのギターはアコギではあまり見ない表面板(TOP材)に杉(セダー)を使っています軽く弾いて大きな音が出るのは「杉」だからでしょうか(アコギの表面板は松=スプルースを使う場合が多いです)素晴らしいギターに巡り合いましたこれから楽しみですねクラシックギターの表面板には「杉」がよく使われます(^_^)

  • 06Mar
    • 「君の好きなとこ」弾きたい曲レッスン♫の画像

      「君の好きなとこ」弾きたい曲レッスン♫

      今回の好きな曲レッスンは…「君の好きなとこ」平井堅さんの曲とてもよく練習される生徒さんで、曲にチャレンジしながら様々なテクニックを身につけている段階ですコードチェンジもだいぶ早くなってきましたので、どんどんレパートリーを増やせそうです今回の曲は前半はアルペジオ(弦を1本ずつ弾く弾き方)がイイですね(^_^)ピアノのイントロやフレーズもギターで弾きましょうエンディング弾いてみましたイイ曲ですねー

  • 02Mar
    • 「ひといきつきながら」弾きたい曲レッスン♫の画像

      「ひといきつきながら」弾きたい曲レッスン♫

      今回の弾きたい曲レッスンは…「ひといきつきながら」山本彩さんの曲アコギ(アコースティックギター)のサウンドが心地良い曲ギターはご本人演奏でしょうかこの曲を練習される生徒さんは、永く通ってくださっている生徒さん(^_^)いつもアコギで弾くとカッコ良い曲を選曲されますさまざまな伴奏パターンを練習してきましたが…、今回は、低音を変える“オンコード”やコードをつなぐ単音弾きにもチャレンジしましょうさらにイイ感じになりますイントロと少し弾いてみましたイイ曲ですね

  • 28Feb
    • 「SO YOUNG」ギターソロ♫の画像

      「SO YOUNG」ギターソロ♫

      今回の弾きたい曲レッスンは…「SO YOUNG」THE YELLOW MONKEYさんの曲練習される生徒さんは、アコギ(アコースティックギター)教本が終了して弾きたい曲の練習をスタート現在はメロディと伴奏をギター1本で演奏する“ギターソロ”にチャレンジ中です何曲か練習されて次の曲は、ご本人が好きなアーティストのTHE YELLOW MONKEYさんの曲「SO YOUNG」のギターソロを弾くことになりました(^_^)v前半部分弾いてみました(^_^)好きなアーティストさんの曲を弾くのは楽しいですね

  • 25Feb
    • 弦の相性!?(^_^)の画像

      弦の相性!?(^_^)

      生徒さんのアコギ(アコースティックギター)の弦交換弦はマーチン製(マーキース/フォスファーブロンズ/カスタムライト)ギターは「マーチンD18」(右のギターです)(左から、D35、D28、D18)前回はマーチン製の他の弦(SP)でしたが…、ギターを購入されてから、いろいろな弦を試されています(^_^)v今回は…音が華やかになりましたイイ感じだと思いますこの弦、合ってますね◎ご本人も気に入って頂けて、音も良いし弾きやすくもなったとのこと以前マーチンD35(私のギター)にこの弦を張った時は、張りが柔らかくでジャラジャラ感(^_^;)が強目な印象▲今回張り替えたマーチンD18は側面と裏がマホガニーという木を使っていて(D35はローズウッド)、柔らかくて優しい音が特徴的だと思います(^^)/“ギターと弦との相性”ですね

  • 24Feb
    • 「ひまわりの約束」弾きたい曲レッスン♫の画像

      「ひまわりの約束」弾きたい曲レッスン♫

      今回の弾きたい曲レッスンは…「ひまわりの約束」秦基博さんの曲ですね弾きたいとおっしゃる方が多い曲です(^_^)イントロのアコギがイイですものね今回練習される生徒さんは…永く通って頂いている方なのですが、いつもはクラシックギターを練習されていて、教本が最後のカテゴリーに入ってるスゴ腕…歌の伴奏をすることになって独学で弾いているアコギ(アコースティックギター)の弾き方を見て欲しいとのこと前回のレッスンで、弾き方(リズム)とポイントをお話しして、今回が2回目よく弾けています分かりにくいリズムもバッチリクラシックギターの練習で楽譜に強くなりましたねちなみにクラシックギターの練習曲です

  • 23Feb
    • 「かいしんのいちげき」弾きたい曲レッスン♫の画像

      「かいしんのいちげき」弾きたい曲レッスン♫

      今回の弾きたい曲レッスンは…「かいしんのいちげき!」天月(あまつき)さんの曲この曲はなんと言ってもテンポ(曲の速さ)が、は、速いしかもコード(左手の型)チェンジが、お、多い練習はアプリでテンポを落として曲のテンポ=速さは、その曲の大切なところですが、バラードにアレンジしたり、リメイクして他のアーティストが歌ったり、テンポを変える時もありますから、絶対ではないですね(^_^)無理して慌てて弾くより、弾けるテンポで曲の感じや歌詞を楽しむのもイイです

  • 18Feb
    • 音を止めることも大切(^_^)の画像

      音を止めることも大切(^_^)

      今回の体験レッスンにて…音の出し方(弾き方)と合わせて音の止め方も知って頂きますギターのように弦をはじく楽器は、音が伸びたままになってしまいがち…音の長さは楽譜で決められていますので、音を止めることも大切です(^_^)まずは右手の側面(小指側)で止めます↓↓左手で止めることもあります↓↓(強く握ると音が鳴ってしまいますので“かるく”)バレーコードを始めたらチカラをゆるめて止めることもできます↓↓音の止め方はその後の「カッティング」や「ブラッシング」というテクニックにもつながりますので、この動きを身につけておくとイイです右手でブラッシング(カッティング)を入れた弾き方です『猫』の伴奏(^-^)/基本は大切です

  • 17Feb
    • アコギ教本♫Bm7-5の押さえ方の画像

      アコギ教本♫Bm7-5の押さえ方

      アコギ(アコースティックギター)レッスンさまざまなコード(左手の型)の押さえ方のページに入りました今回は…Bm7-5(ビーマイナーセブンマイナスファイブまたはフラットファイブと読みます)押さえ方は2種類オススメの押さえ方はこちら前後のコードにもよりますが、押さえるところと、鳴らしてはいけない弦(×印の弦)が少ない方がまずはイイと思います押さえが大変でしたら中指を省略してもOKですなるべく簡単に楽しく練習しましょう続けることが大切です

  • 09Feb
    • Bm7はバレーかオープンか(^_^)の画像

      Bm7はバレーかオープンか(^_^)

      今回の弾きたい曲レッスンは…「馬と鹿」米津玄師さんの曲レッスンを受け始めて2年ぐらいの生徒さん(^_^)教本も後半に入り、最近は好きな曲も合わせて練習されています今回のテーマは…Bm7というコード(左手の型)の2種類の押さえ方(コードは音の組み合わせなので押さえ方が何種類かあります、生徒さんのその時点に合わせてアドバイスさせて頂いています)Bm7はバレーコードという人差し指で6本弦を押さえる押さえ方と、そうでない押さえ方(オープンコード)があって迷うところです(バレーコード、押さえているのはBmです)バレーコードは音を出すのが大変なので、オープンコードの方が良いと思ってしまいますが…前後のコードによっては違ってきますこの場合はオープンコードのBm7でBm7→Em7、5弦を押さえる中指が共通です(^_^)vこの場合はバレーコードのBm7の方がイイと思いますBm7の後のC#7もバレーコードなので人差し指を伸ばしたままで行けて、人差し指と薬指が同じ形の平行移動こういったことは他のコード進行にもあって、教本だけでは中々練習しきれません、好きな曲を弾いていく中で身につけていくとイイですね今回のアドバイスも生徒さんによっては両方ともバレーコードのBm7が良い場合があります、中級以上の方はお好みですね(^_^)ちなみに私は今回のアドバイスと同じように押さえます(^-^)/

  • 06Feb
    • 知っておきたい「クリシェ」♫の画像

      知っておきたい「クリシェ」♫

      曲の伴奏で、キレイにコードをつなげていく「クリシェ」様々な曲で使われています(^_^)今回のレッスンで…中島みゆきさんの「糸」のサビの後半『織りなす布はいつか誰かを♪』の部分にクリシェが使われています赤丸の音が移っていくのが「クリシェ」ですキレイにつながるとイイ感じになりますので聞きながら弾けるとより楽しめますこちらも「クリシェ」ですback numberさんの「花束」(音量にご注意ください)

  • 05Feb
    • コードチェンジのタイミング♫の画像

      コードチェンジのタイミング♫

      今回の弾きたい曲レッスンは…「ハルノヒ」あいみょんさんの曲あいみょんさんの曲、人気です(^_^)弾きながら歌いやすい曲が多いですね今回のポイントは…コードチェンジのタイミングについて(コードとは左手で押さえる型です)コードを変えるタイミングが2種類ありますダウンストローク(上から下へ弾く)の時にコードを変える場合と、アップストローク(下から上へ弾く)の時に変える場合(^_^)こういう所をきちんと弾くと演奏がグッと良くなりますアップで変える場合はより素早く指を動かさないといけませんが、練習していくうちにリズムに乗って変えられるようになります(^_^)vメトロノーム(クリック)を使ったり、曲に合わせて弾くとイイと思います

  • 04Feb
    • 「silent」弾きたい曲レッスン♫の画像

      「silent」弾きたい曲レッスン♫

      今回の弾きたい曲レッスンは…「silent」SEKAI NO OWARI のみなさんの曲ドラマの主題歌だそうで…昨年末から練習を始めてそろそろ仕上げです詞がクリスマスや雪なので時期的にも(^_^)何人かの生徒さんに練習して頂きましたが、今回の生徒さんは長い独学経験がある方ですので『アルペジオ→ブリッジミュート→16ビートストローク』盛りだくさんな伴奏にトライして頂きました弾き方参考動画です伴奏には様々なカタチがありますのでその曲に合わせて気分に合わせて選ぶと楽しいですね

  • 03Feb
    • F#7-5をカンタンに♫の画像

      F#7-5をカンタンに♫

      今回のレッスンにて…曲の中に出てきたコードF#7-5エフシャープセブンフラットファイブ(マイナスファイブ)…名前を聞いただけでも押さえにくそうなコードコード(左手の型)は音の組み合わせ(和音)なので、簡単にできる場合がありますコードや曲によって大切な音がありますので、それを考えつつ…きちんと押さえるとまたは使う音はファ♯、ラ♯、ド、ミまだ、教本を練習中の生徒さんで曲を始めて間も無いので、もう少し押さえやすいコードに出来ないか探しますまずは、似た名前の人差し指でまとめて押さえる「バレーコード」は逆に大変C7はミドラ♯なので!ファ♯を低音に入れればOK⁉︎と思ったら正式な押さえと同じ(^_^;)C7が押さえやすければこれでもイイかも…でも…今回の曲のこの部分ではファ♯を鳴らしたい…このコードで決まり音の響きやコードの流れもしかも押さえたことがあるコードなので安心(^_^)簡単に出来るコードは簡単にして曲(音楽)を楽しんで頂きたいと思います

  • 02Feb
    • 感覚は忘れてない(^_^)の画像

      感覚は忘れてない(^_^)

      体験レッスンでのこと…初めてお会いしてよく伺うお話し『子供の頃に楽器をやっていたけれど、忘れてしまって何にも覚えていません…』と、おっしゃる方に初めてギターを持って弾いて頂くと…リズムを感じて身体を少し動かしながら弾かれる覚えてますね完全に無意識に音楽に乗ってますぜひ、また楽器を弾かれるとイイですね活かさないなんてもったいない(^_^)v楽しみましょう

  • 01Feb
    • 爪を短く切ります(ハイポニキウム)の画像

      爪を短く切ります(ハイポニキウム)

      ハイポニキウムと言うんですね、爪の内側の皮部分…、爪のことも気にする仕事なのに知りませんでしたギターの弦を押さえる左手の爪は(左利きの方は右手)できるだけ短く切りますそれは、2つ以上の音(和音、コード)を鳴らす時に指を立てて押さえないと、指の腹?が下の弦に当たって音が出なくなってしまうからで、ギターを始める時に、爪を短くすることをお願いしています。レッスンで、皆さんの爪を見させてもらっていますが、中にはすぐに短く切れない方(ハイポニキウムが長い方)がいらっしゃいます。調べてみると…ネイル(美容)の面では長い方がより美しく見えるそうで、伸ばし方が紹介されています。短くしたい方の中には、楽器を弾くためだけでなく、マナーや、学校、職場などの環境で、短くしたい方もいらっしゃるそうです。いくつかサイトを見ましたが、短くするには、痛まないように気をつけながら爪ヤスリなどで少しずつ削っていくようですが、それも個人差があって、すごく時間がかかったり、難しい場合もあるとのこと。今までも「ヤスリなどで少しずつ短くしてください」とお話ししてきましたが、今後は体験レッスンの時などに、より気をつけたいと思います。