成功者の告白

テーマ:
神田 昌典
成功者の告白―5年間の起業ノウハウを3時間で学べる物語

企業時に企業家を襲うトラブルを題材にして書かれたビジネス小説です。サクサク読めて、しかも5年間の経営者の成長をあっという間についた意見できてしまうという優れものの小説。

2月からブログの更新さぼってました。本もたくさん読んでいたし、映画も相当みていたのですが、何故かブログを更新する気にならなかったのですね。

ちなみに昨日は、ハンニバルをみてきました。


ハンニバルがモンスターになる子供の頃の記憶。妹が自分の前で殺されて食べられてしまうのですね。何か、気持悪いだけの映画でマイナーチェンジの印象。


数日前からコンテンツを販売するためのサイトを立ち上げました。まあ、他にフルタイムの仕事をしているので、副業ですが、結構楽しんで続けていけそうです。何事も楽しめなければ続かない。当分、売り上げは度外視してやっていくつもり。コンテンツ自体自分で製作しているので、原価は殆んどゼロ。だからこんな余裕があるのですが。目標はとりあえず月商で30万円くらいにします。少しずつコンテンツを増やしていけばそれなりに売り上げも伸びていくでしょう。あと、半分は自分の趣味のようなものなので、まあそれほど売れなくとも腐らずに続けていきます。

ドリームガールズ

テーマ:


8413211

 ドリームガールズを見てきました。レイトなのにいつもとは違って20人も観客が・・。ミュージカル映画なのですが、とにかくすごいパワー!!本当に圧倒されます。見終わる頃には、何か変な疲れが。とはいいものの、非常にいい映画でした。映画の中で歌手が全力で歌っているのを見ると、こちらもついつい力が入ってしまうのですね。疲れというのは、ここから生じる。この映画を劇場で見るときは、くれぐれも疲れているときには行かない方がよいかも。

ディパーテッド

テーマ:


46548979



ディパーテッドを見てきました。警察からマフィアへ、マフィアから警察へそれぞれスパイが送り込まれ、両方の組織でそのスパイ探しをするという内容。設定はすごく面白いのですが、展開が冗漫だったので、結構間延びしてたなあ~というのが正直な感想。期待していただけに残念。最近、「どろろ」「ディパーテッド」と期待して見に行った映画が続けてはずれだったので、結構いらいらしてます。

鮒谷 周史
仕事は、かけ算。 ~20倍速で自分を成長させる

メールマガジン「平成進化論」の発行者の書籍。以前、平成進化論は毎日読んでいたのですが、メールアドレスが変わって以降、「まぐまぐ」に登録しておらず、ずっと読んでいませんでした。思い出したように改めて登録です。

 レバレッジリーディングの著者と似たような話がいくつも出てきますが、やはり成功している人の思考パターンは同じなのかも。この本の中で、成功している人の思考を身につけよ、知識よりも思考を身につけよ!的な話が何度も出てくるのですが、このようなビジネス書やセミナーによって成功している人の考え方に大量に接していくということが、自分の思考を似たようなものに変化させることにつながるのでしょう。また、やはり、行動の重要性や思考の仕方の重要性がかなり指摘されていました。行動することの重要性も、繰り返し様々な方々が主張されることですね。やはり、アクションを起こさなければ何も始まらない。アクションの結果が良い結果でなくともそこから何らかのリアクションを引き出すこともできるし、そこから貴重な経験を得ることも可能ですものね。もちろんリスクはありますが。

 今年のテーマとして「行動する自分を作る」ということを内心掲げているのですが、現時点でどこまでできているのやら。

 アクション、アクション、アクション。行動を積み上げていけば少しは先が見えてくるでしょう。

どろろ

テーマ:
4564897

 どろろを見てきました。昨日公開だけあって、今日はかなり混んでいました。事前に小説を読んでいったのですが、多少小説の内容がカットされています。小説では百鬼丸やどろろの内心の描写がされていて、感情移入できるのですが、映画ではそのあたりの表現はやはり難しいようです。小説を事前に読んで期待を持って見たのですが、かえってそれが仇になりました。ディパーテッドを見るべきでしたね。

オフィス2007

テーマ:
毎回、オフィスが新しくなるごとに、バージョンアップ版を購入していたのだが、今回、購入するかどうか、結構悩んでます。あまり使っていないというのと、オフィスって2000からあまり進歩していないような気がするんですよね。97から2000になったときは、かなり便利になったなという感想を持ったんですが、それ以後は2000でも充分だったんでは?という感じを常に持っていたんです。ただ、いったんバージョンアップを辞めてしまうと次回の購入に結構なハードルができそうな気もしてしまう。

凡人の野望

テーマ:
平 秀信, 廣田 康之
凡人の野望

 会社を経営していく際の姿勢、心構えを書いた本。とにかく実行力がすごいです。目的・目標にフォーカスしたら後のことは一切考えない。後は行動するだけ、実行するだけ。

 何かすごい考え、アイディアがあったとしても実行しなければ、何にもならない。他のことを一切考えず、ひたすら行動、行動、行動。

 目標を定めるにあたってはよく練り上げることが必要でしょうが、しかし、それを達成するためには自分が実践するほかないんですよね。それは分かっていながらなかなかできないのが凡人。この著者はこのようなことができているのだから、「凡人」と称するのは違うのではないかな。

 先日から、潜在意識を使った「ダイナマイトモチベーション」というプログラムを実践しているのですが、このプログラムも別に暗示をかけるというとか、そんなんではなくて、一言で言うと「行動が行動を呼ぶ状態を作る」ためのプログラム。この本は、現在、自分が実施しているプログラムとシンクロをしていて非常に理解が進みました。