法人化

テーマ:

「法人化したほうが、いいですか?」

 

この質問は、税理士事務所において定番の質問になっている。

その時には、法人化のメリット・デメリットをお伝えすることになるのだが・・・

 

ところで、税理士事務所も法人化できることをご存じだろうか?

「税理士法人」というのが、それである。

 

いつもは法人化のメリットをお伝えしている税理士なのだが

自身はというと、法人化していない場合が多い。

これはいったいなぜであろうか?

 

これにはいろいろな理由が考えられるが

一番のネックは、税理士法人を作るには

「税理士が2人以上必要」という要件にあるのではないかと思っている。

 

税理士になって独立したい、と思うような人は

他人の指示の下で働くのがイヤ、つまり

自分が「お山の大将」になりたいような人達である。

 

そんなやからが「2人で仲良く事務所を経営しましょう」

なんて思う訳がない。

 

お山の大将・・・「あぁ、だから、ウチの税理士は、あんなに偉そうなのか」

そう思った方も多いであろう。

 

そう、税理士の多くは

カエルに例えれば、「殿様ガエル」なのである。

 

もちろん、全ての税理士がそうではない。

ちなみに、自分はどんな仕事も頑張る「ど根性ガエル」だ。