めざせ良質の睡眠 ~老舗ふとん屋が発信する快眠情報~
当店は令和3年11月末日をもって通常営業を終了いたしました。
長らくのご愛顧に感謝申し上げます。
地元での対応は行っておりますが、少し時間を要する場合があります。

記事に関連がないと思われるコメントは、削除させていただく場合があります。
勝手ながら、ご了承ください。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

閉店のお知らせ

当店は、11月末で通常営業を終了いたしました。

コロナ禍が理由の一つではありますが、

お客様に推売してきたパシーマの入荷の不安定さにも参りました。

特注サイズとはいえ、いつ入荷するかわからない、

3~4か月待ってもらえます?

お客様を前にしてそんなこと言えますか?

こういう状態が2年近く続き、その間もお問い合わせ連続。

ほかにも、

気心知れたメーカーの営業担当者の急逝、

品質に信頼を置いていたメーカーが廃業、

加工場の高齢化による廃業など、

次々と・・・・・疲れました。

 

会社としては残ります。

世代を重ねてご愛顧いただいているお客さまのためにも、

連絡いただけるように配慮したつもりです。

 

店内の整理が済んだら、店の建物を補修後貸します。

全く異なる業種の借り主と、話し合い中。

 

なので、このブログもぼちぼち終了です。

長らくのおつきあいありがとうございました。

久しぶりの買い物

何ヵ月かぶりに、リアル本屋さんへ行ってきた。やっぱ、よいなぁ。たまたま聞いたラジオのインタビューで紹介された本が、気になっていたので。
文字サイズや行間、老眼になってからは確かめたいことがあるのです。せっかくなので「話題の本コーナー」も、なめるように眺めてきた。
連休の最終日、人はあまり多くなくてよかった。久しぶりに楽しかった。
目的の本(新刊)は買えました。

ふとん屋の軒数は減ってます

10年以上の取引のある神戸のふとん屋さんが、

高齢のため、ついに廃業なさいました。

何年か前からその話は聞いていましたが、やはり残念です。

打直しや様々なオーダーふとんの仕立てを頼んでいましたので、

当店としても困った状況です。

 

おそらく全国的にふとん屋の軒数は減っています。

木綿ふとん離れ、専門店以外で寝具販売、価格は低迷、

仕立て技術者の多くは高齢化しています。

綿打ち機械が老朽化、修理しようにも部品もないのです。

 

神戸のふとん屋の社長さんも、体力的にキツイとこぼしていました。

手元にまだ少し残っている綿があるというので、

これが最後かなと思いつつ、敷ふとんを仕立ててもらいました。

(そのお店から紹介してもらって、

今後、仕立て依頼する加工場は確保できています。)

 

もう一つ気がかり。

座布団生地が生産地からして減っていること。

日本人は、畳に座布団を使って座る、

こういう文化は消えていくのか?

よいお年を

新型コロナに振り回された令和2年も終わります。

マスクやアルコール消毒なしの生活には

もう何年かかるかわかりません。

経験したことのない感染規模と、

信頼してきた医療が疲弊の極みにあることに気付いた年でした。

そこにもってこの寒波。なんともやりきれない大晦日です。

来年、少しは明るいニュースが」増えていくことを願って。

 

 

 

七五三参り

すっかりご無沙汰。

抜けるような青空の先週末、

朝から、次男の息子の七五三参りに行ってきた。

 

次男一家が写真館で記念撮影する間、

私たち(祖父母)と実家の両親(曾祖父母)は、先に参拝。

伊弉諾神宮の駐車場は混んでいて、他府県ナンバーが多い。

 

本殿では、きれいな衣装の女性たちが、

雅楽のような音楽に合わせて舞を舞っていた。

初めて見るもので、大勢の参拝客がカメラやスマホで撮影していた。

 

 

孫は、初めて紋付袴を着せ付けてもらい、ご機嫌なようす。

でも、御祈祷待ちが長くなって、退屈してきた。

御祈祷の時間には眠くなってしまった。

祝詞を奏上する合いの手に、「ご飯食べる!」

禰宜さんも苦笑しつつ、無事に参拝を終えた。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>