今回は、

今月私が聞いたキラリ看護をご紹介照れ

 

 

47歳の乳がんの手術歴がある女性の患者さん

再発し、何回か入退院を繰り返していたが

5月中に再入院されました

 

今回の入院の間にパートナーと入籍をされましたラブラブ

今回の入院中に急変して亡くなってしまうのは辛い

自宅で看取りたい、と夫の意向がありました

 

早急に退院を進める中、

病棟で30分程度の結婚式を挙げることになりました照れ

 

当日は隣の空いている病室を飾り付け式場に星義理チョコ星キラキラ

スタッフが司会進行カラオケ

スタッフの手作りのベール王冠2・リングピロー指輪

音楽リムジン真ん中を流しながら式を盛り上げた

 

患者はベッド上で指輪の交換を行い

何度も「すごいすごい!!」お願いと言って満面の笑顔

夫も泣いて喜んでいたスタッフで用意

 

 

土曜日に挙式し、週明けの月曜日に退院

その週の木曜日に自宅でお亡くなりになりました


照れ患者、家族の意向を受け止め、他職種の連携が見えた事例。

照れ挙式や家族からの手紙、言葉によって看護師のグリーフケアに繋がった事例だった。

と病棟師長は語っていました。

 

とても素敵な患者に寄り添う看護

ありがとうニコニコ

 

看護部長 吹田 絹恵