☆やみちゃんの富山食べ歩き☆

☆やみちゃんの富山食べ歩き☆

カレー探偵 やみちゃんが、富山県を中心に全国各地のカレーを食べまくり!レビューしまくる!

NEW !
テーマ:

 

カレー探偵、やみちゃんです。

 

 

『カレー探偵事務所』 開設9周年記念事業


 

◆◆ カレー遠征 2018 夏

 『やみちゃん、光輝く島へ往く!』 編

 

 

第25

 

 

「今日はまずスパイスガーデンでスパイスの勉強から開始だ!

 

 

・・キャンディでの夜が明け、ドライバーのシャン君とツーリストカーで向かった先は、マータレーという場所にある通称”スパイスガーデン”。

 

 

その名の通り、スパイスの材料となる植物を栽培・展示している庭園であり、商業施設でもある。

 

 

パックツアーなどではよく立ち寄ることになる定番のスポットらしいが、僕も流れに従って立ち寄ってみることにした。

 

もともと植物には興味が強いこともあるし。

 

 

 

 

 

 

”スパイスガーデン”には、いくつもの似たような施設があり、僕が訪問したのは「Luck Grove」というところ。

 

どこも内容は似たり寄ったりらしい。

 

 

 

 

 

 

内部はそこまで広くない。

 

それでも、限られたスペースをうまく利用して数多くの植物が植えられていた。

 

 

 

 

 

 

中に入ってしばらく待っていると、日本人客担当のサジャさん(写真)がやってきて、

 

「さあ、いまから順にスパイスの元になる植物を見ていきますね」

 

と流暢な日本語で説明された。

 

(※なんでも、この方は奥さんが日本人で日本での滞在歴も長いらしい)

 

 

 

 

 

 

サジャ「これがカルダモンです。日本語では小荳蒄(ショウズク)といいますか?」

 

 

 

無理に日本語にしようとして余計に難しくなっている感はあったが、とりあえずこの調子で植物とそこから得られるスパイスを対比させながらアーユルヴェーダに基づいた効能を話してくれる。

 

 

 

 

 

 

こちらはナツメグとメースの関係について。

 

 

 

 

 

 

ナツメグの断面図。

 

 

サジャ「これ、ハンバーグに入れるでしょ!?」

 

 

 

 

 

 

こちらはスパイスの王様。

 

これを奪い合って戦争が起きた時代もある。

 

 

 

 

 

 

コショウだ。

 

 

 

こんな感じで他にも各種のスパイス、ハーブ類の案内が続いたが、

 

 

 

 

 

 

サジャ「じゃあ、次は とっておきの情報を!」

 

 

 

 

 

 

サジャ「このクリーム、このスパイスをふんだんに使って作った特製のクリームなんです! 奥様や彼女さんへのお土産にいかがですか?」

 

 

 

 

 

 

サジャ「私の場合、これを頭に塗ったら頭痛が治りました!」

 

 

・・実際にはもっとしっかりとした、アーユルヴェーダ的観点からの効能解説があったのだが、ここでは割愛する。

 

 

ちなみに価格は1000円から2000円ぐらい。

そうメチャクチャな価格設定ではない。

 

 

 

 

僕があまり良い反応を見せなかったからか、サジャさんは特製クリームの営業トークを早早に切り上げ、庭園の案内を続けたのだった。

 

 

しかしながら後半の案内は少少雑になった気がしないでもなかった。

 

 

 

 

 

 

こちら、カカオの実(チョコレートの原料)。

 

なんとも不思議な場所から実る。

 

 

 

 

 

 

種子を取り出し、、

 

 

 

 

 

 

中の胚乳を見せてくれた。

 

 

 

 

そのとき、サジャさんが、

 

「ああ、見て見て、あの上のところ!」

 

 

 

 

 

 

見上げると大きなリスがいて、カカオの実を食べているところだった。

 

 

 

 

 

 

↑ 実際の様子。

 

 

 

 

 

サジャ「みーんな食べちゃうんですよ」

 

 

そう言ってうれしそうに笑うサジャさん。

 

周りにいた皆が笑顔になって一体感が生まれた瞬間だった。

 

 

 

 

 

 

そうなると、決まりで連れて行かれた”ヘッドマッサージ&オイル販売コーナー”でも無理な営業はなくなってしまった。

 

(※本来ならヘッドマッサージを受けて、高いオイルを買う流れ)

 

 

 

 

 

 

紅茶を飲みながらしばし雑談。

 

 

 

 

 

 

最後に薬局のような、土産店のようなところに案内される。

 

 

 

 

 

 

 

 

スパイスやら紅茶やら、、

 

いずれもさんざん見てきたし買ってしまったものばかりで、買いたいものはもうなかった。

 

価格もやや高い。

 

 

 

 

 

 

帰り際、店の看板猫(?)と遭遇。

 

 

 

 

 

 

話しかけてみると、ぷいと振り返って向こうへ行ってしまった。

 

 

きっと僕が店で何も買わなかったからに違いない

 

 

 

 

次回予告

「ダンブッラの石窟寺院前でランプライス活動!!」

 

 

***

 

 

 

※富山県のカレー界について22ページも取り上げられています。

 (やみちゃんも登場!) 必読の書。

 ↓↓↓

 

 

 

やみ「次のカレー活動は、あなたの街のあの店です」

 

※ブログの人気ランキング参加中です。  

記事が参考になりましたらポチッとお願いします。

          ↓ ↓ ↓

にほんブログ村

にほんブログ村

 

     

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス