久しぶりの投稿です
 
9月中旬の大会を最後に
長年続けてきた少年野球チームの監督が終わり
隣の隣接する小学校チームと合併する方向で
話が進んでいましたが、直前になり
大人の事情で様々な問題が持ち上がった結果
合併話がなくなりました。
子供が競争の中で、切磋琢磨しながら
技術を磨き、人間として成長してく事を考え
合併を進めていきましたが、
合併で人数が多くなることにより、
自分の子供が試合に出られなくなるという
短絡的な考えの親がいることによって
問題が複雑化していった事は
非常に残念でした。
 
5年生の三男も合併先の子供とも仲良くなり
行く事を楽しみにしていましたが、
話がなくなり、今後について相談すると
とにかく自分が上手になれるところに行きたいとの返答
少し遠いけれど、滋賀県で唯一
小学生から硬式野球ができる大津ボーイズがあるよと伝えると、
何の迷いも無しに『行く!』と言う
不安はないのかと聞くと
野球ができるんならどこでもええで 
別に友達とかは関係ないという三男
そこまでの考えがあるなら、手伝うよと伝え
10月から週末は大津で野球という生活が始まりました
 
入部してさっそく5年生大会に
6番ショートで出場 
大阪の強豪チームに負けましたが
チームメートとも仲良くなり
野球を楽しんでいる事が何より良かったです
 
次男もボーイズで投手と内野手で頑張っています
これからも息子の野球を楽しませてもらいます!
 
下は三男 ボーイズ初公式戦のプレーです

 

 



 

 

9/15 16日に行われた

ろうきん杯 福井県大会を最後に

西津少年野球の現チームは終了しました。

 

地区大会全5試合をすべて優勝し

近年では最強のチームになった西津

選手・保護者一丸となったチームは

西津の監督として指揮する最後の年に

ふさわしいすばらしいチームでした

 

来期は三男含む5年生3人は

隣小学校の野球チームに移籍してプレーします

残る3年生は1年かけてしっかりと練習を積み

4年生の秋に再度西津として

復活できるように頑張っていきます

 

西津の指導者として10年子供たちの指導にあたりました

三男が移籍するチームではどんなポジションで

チームにかかわるかは分かりませんが

ひとまず監督業は卒業です

監督をしたことにより、本当にたくさんの学びの機会を

得ることができました。

少年野球に10年も関わらせてもらったことに

本当に感謝です。

 

これからは次男 三男の野球をベンチ外から楽しみ

休みの日はは野球の為できなかった

嫁さんとどこかへ行ったり

トライアスロンへ再挑戦  登山  カヌー等

やりたい事がいっぱいあるので

また新たな人生の始まりという思いで

いろんなことチャレンジしていきます

楽しみです

 

 

更新が遅くなりました

 

7/21 夏の甲子園予選 

準々決勝 対敦賀気比

プロ注目の打者もいる打撃のチーム

序盤先制されるもなんとか食らいつき

好機もつくりましたが、あと一本が出ず

終盤疲れの見えた若狭エースから

単打をつなぎ突き放され敗戦

背番号13番の長男

副キャプテンとしてチームをまとめ

ランナーコーチ 伝令と自分の仕事を

全力でこなしていた姿は、誇らしかったです

 

試合が終わった時

小さい頃から体が弱く

中学の部活でさえも毎回ヘロヘロになって

帰ってきてた長男が

高校で特進クラスに入り、野球もすると言った時

嫁さんと共に体の心配をし、

高校3年間レギュラーとかより

なんとか最後までできればいいなと話したのを思い出しました

本当によくやったと思います

 

試合が終わった翌日

今日から俺の第二の人生が始まるといって

朝から学校の課外授業に行った長男

 

甲子園という目標は達成できなかったけど

次なる目標に向かって走っていく姿は頼もしく思えました

 

小さい頃から

ずっと野球を通じて接してきた俺と長男の関係も

高校野球が終わったと同時に

また新たな親子の関係になりました

 

高校野球で経験した事を活かし

これからも困難に立ち向かいながら

一歩ずつ成長していってほしいと願っています

 

がんばれ 長男君!

 

写真の最後は長男以上に

大泣きしている三男です(笑)

 

 

 

3連休の山崎家は野球一色
 
長男(高3)
最後の高校野球夏の大会
2回戦は接戦の末勝ち、
次は去年決勝で負けた敦賀気比
最高の状態でいけば必ず勝てる
がんばれ! 若狭高校
 
 

 

 

次男(中2)もジュニア大会にて石川県へ

ピッチャー ショートでがんばっているようです

今年はほぼ見に行けてない次男のボーイズ

ボーイズは高校野球をする前の準備期間

しっかり体の土台をつくって、

希望する若狭高校へ入り

甲子園に向けてがんばってほしいと思います

 

三男(小5)

連休中は9月中旬にある労金杯の小浜予選

得失点の結果僅かに我がチームが上回り優勝!

今年に入ってからの大会すべて優勝し

4連覇達成 

7月末のライオンズ杯をとれば

5連覇で完全制覇!

最高の状態にして狙いにいきます!!! 

 

兄弟3人の野球が重なるのは今年が最後

週末はかなり忙しいですが

たくさんの楽しみを子供からもらい

最高の夏にしてもらっています

 

 

 

6/22 23 

梅雨空の下、

JA杯が行われ、2年ぶりの優勝を果たすことができました。

 

2年前初優勝を飾ったこの大会

試合前アップをみて、子供たちの気持ちの入り方が

2年前とダブリ、この大会はいけると思いました

思いそのままに、準決勝・決勝と

気持ちの入ったプレーが随所に出て

優勝することができました。

 

まだまだ小学生 精神的に未熟で

気持ちの持っていきかた次第で

結果がガラッとかわってしまうのが面白いところ

どう気持ちをもっていかすか

毎回試行錯誤の連続です

 

来週も大会です

子供たちと一緒にまだまだ野球を楽しみます

6/1 2日

マクドナルド杯 福井県予選が開催されました

 

小浜市予選の代表を勝ち取ってから約1か月 

強豪チームと練習試合を重ね

この大会で全国大会の切符をつかむべく

レベルアップをはかってきました

 

1試合目はシードになり

2日目が初戦  

初戦は大会ナンバー1右腕(たぶん全国でもトップクラス)の

剛腕投手を擁するチーム

対戦が決まってから、ひたすら速球打ちを練習し臨んだ1戦

初回に1点を先制するも

2安打に抑え込まれ1-7の敗北

優勝候補に必死で食らいついていく

子供たちの姿を見て、感動しました

 

これからまだまだ大会は続いていきます

また新たな大会に向けてさらにレベルアップしていきたいと思います

 

 

 

 

 

令和に入りました

ヤマックスも5/1から新年度

新しい時代に適応するべく、

これからも改善を積み重ねて

より良い会社にしていきたいと思います

 

10連休もひたすら野球でした

 

長男 練習試合3連戦

3連戦の最終日 

午後からの試合のみ観戦することができました

久々に見た長男の野球姿

楽しそうに野球をしてたのがGOOD!

猛打賞 の上に最後サヨナラヒットを打つおまけ付

高校野球生活も残すところあと3か月

やりきれよ 長男君!

 

中二の次男も連休中はほぼ休み無しの練習

ほぼ見に行けない次男のボーイズ野球

投手兼内野手でまずまずの評価をもらっているようです

11日のジュニア大会は見に行けそうで

今から楽しみです

 

平成最後の30日

学童野球 マクドナルド杯 小浜予選で優勝

2日間 必死になってプレーし、つかんだ優勝

子供たちの喜ぶ姿とうれし涙に感動しました

 

三男も1点ビハインドからの

同点三塁打は見事でした!

 

保護者との祝勝会は超盛り上がり

平成最後の日 最高の締めになりました

 

 

 

いついらいやろ?
上海の同期と食事

時間を超えたひと時

今回行った銀座のすし屋
いろんな日本酒が飲めて
出てくるもの全て美味かった
やっぱり流行ってる店は
それだけのものはあります


昨日 メジャー中継を見ていたら

YAHOOの速報でイチロー引退の記事が・・・

 

オリックス時代何度と球場に見に行き

メジャーに行ってからは、活躍を見るのが楽しみだった

数々の偉業を成し遂げ、メジャーに日本野球のレベルの高さを

知らしめてくれたイチロー

打ち立てた記録は数知れず

最も記憶に残っているのは、WBC韓国との決勝

勝ち越しのセンター前ヒットはいまだに脳裏に焼き付いて離れない

最後にメジャーリーガーでありながら

日本で引退試合ができるという奇跡は

本当に野球の神様に一番近いといわれた

イチローでしかありえないものだと思った

 

そして引退会見で語った言葉

 

基準を他人ではなく常に自分におき、

地道に一つずつ進むことの大切さを語った言葉を

自分への備忘録として記しておきます

 

50歳まで現役を続けるという事を公言しなかったらここまでプレー出来てなかった

有言不実になるかもしれないが、

言葉にして表現することは、目標に近づく一つの方法

 

――イチロー選手の生きざまで、ファンの方に伝えられたことや、伝わっていたらうれしいなと思うことはあるか?

 

「生きざまというのは僕にはよくわからないですけど、生き方というふうに考えるならば……先ほどもお話しましたけども、人より頑張ることなんてとてもできないんですよね。あくまでも、はかりは自分の中にある。それで自分なりにはかりを使いながら、自分の限界を見ながら、ちょっと越えていくということを繰り返していく。そうすると、いつの日からかこんな自分になっているんだ、という状態になって。だから少しずつの積み重ねが、それでしか自分を越えていけないと思うんですよね。一気に高みに行こうとすると、今の自分の状態とギャップがありすぎて、それは続けられないと僕は考えているので、地道に進むしかない。進むだけではないですね。後退もしながら、ある時は後退しかしない時期もあると思うので。でも、自分がやると決めたことを信じてやっていく。でもそれは正解とは限らないですよね。間違ったことを続けてしまっていることもあるんですけど、でもそうやって遠回りすることでしか、本当の自分に出会えないというか、そんな気がしているので。自分なりに重ねてきたことを、今日のゲーム後のファンの方の気持ちですよね、それを見たときに、ひょっとしたらそんなところを見ていただいていたのかなと。それは嬉しかったです。そうだとしたらすごく嬉しいし、そうじゃなくても嬉しいです、あれは」

 

3/2
今年定年退職される高校野球時代の恩師を迎え
紅白戦 ノック そして夜の懇親会を開催しました
 
久しぶりの母校での練習
ノックを受けるとき、内野ポジションから見る
監督の姿を見て、高校時代の記憶が一瞬で
よみがえってきたのには驚きました。
高校時代死ぬほど怖かった監督
威圧感・オーラは今でも当時と変わらなかったのが
なにかうれしかったです
 
昼の部が終わり、夜は懇親会
先輩 後輩交じっての宴会は
半端なく盛り上がり、思い出に残るイベントになりました
 
年明けから幹事としていろいろと企画し
参加者から感謝の言葉をたくさんもらい
本当にやってよかったと思えるイベントでした