「縄文人」「縄文時代」

テーマ:

今日は

波動畳職人の近本秀明です。

 

前回は「比べる世界」というタイトルでお話しをしました。

 

「金」「物」「地位」で ひとと比べ「上」「下」「優」「劣」

 

を付けたり、付けられたり。

 

 

 

地球は「地球」だけで存在してはいません。

 

宇宙の中に「地球」が存在しているのです。

 

当然

 

「地球」も「宇宙の法則」の中にあります。

 

 

 

「き・く・あ」

 

「競わない」「比べない」「争わない」

 

これは「宇宙の法則」の中にあります。

 

 

この「競わない」「比べない」「争わない」とい


う「宇宙の法則」がなんと「縄文人」にあったの


です。

 

 

 

現在 世界の文明 の中で日本の「縄文時代」が

 

世界最古です。

 

 

世界最古の土器が 青森県大平山元 l 遺跡から出土

 

しました。

 

炭素測定器によれば 約17,000年前であったこと

 

がわかりました。

 

 さらに

 

神代文字(かみよもじ)がペトログラフ(岩刻文字)に

 

よって確認されているのが約5.500年前でこれも

 

世界最古の文字なのです。

 

 

世界四大文明といわれるメソポタミア文明、エジ


プト文明、インダス文明、黄河文明が成立する


はるか前に「日本文明」が成立していたのです。


 

 

 

 

アメリカやオーストラリアのペトログラフ学会では

 

日本が最古の文明と認めています。

 

 

 

最古の文明といわれるメソポタミア文明はシュメ


ール人が主役ですが 神代文字 が使われていま


す。

 

そしてこの「神代文字」は世界中で発見されてい


 ます。

 

 

 

「縄文時代」に発掘された物は数万点にのぼると


言われます。

 

しかしその中で 武器 など戦う時に使う発掘物は


数点しか出土していません。


なかには全く出土していないという人もいます。



このような事が「縄文時代」の発掘物からわかり


ます。



数点の「武器」で「戦う」事が出来るでしょう


か?



という事は「縄文人」は戦う「武器」を持たなか


った。


というより「戦う」事がなかった という事なので


す。

 


「縄文人」は「戦わない」


「民族」だったのです。


そして



「縄文人」の「心」の真ん中はいつも空いている


と聞いた事があります。



いつも「自分」の事ばかりではなくて、心の真ん


中は「相手」のために「空けて」おくのだそうで


す。



心の真ん中に「自分」ではなく「相手」をおく


のです。



「戦わない」というより「調和」をする。


「相手」と「皆んな」と「周り」と「自然」と


「宇宙」「調和」をしていたのです。





私たち「日本人」はその「戦わない」「調和」


をするという「縄文人」の 「遺伝子」を受け継い


でいるのです。




ですから


東北大震災にあわれ被災された方々が「暴動」も


おこさず、救援物資の配給の際にもきれいに一列


に並び順番を待つ という事が出来るのです。




この事に関し考えると


日本人には 別に なんら不思議ではない普通の事


なのに、世界中から「驚き」と「称賛」の声が


なりやまなかった のです。




そんなに


「日本人」の「普通」「当たり前」と 外国の


「普通」と「当たり前」が違っていたのです。



そのような 危機的状態の時に私たち「日本人」


は相手を「思いやる」事が出来るのです。




本来私たち「日本人」にはそのような「心」が


遺伝子に刻みこまれているのです。




様々な「本」に「日本人」が「地球」を「世界」


を救うというような事を書かれています。




そのような「戦わない」遺伝子がまだ「日本人」


の中に42%ほど残っているという事を書かれてい


る本まで出ています。




「日本人」がというより


今までお話しして来たように き・く・あ 、


「競わない」「比べない」「争わない」という


「思い」  、「調和」をするという事が世の


中を「世界」を「地球」を大きく変えていくので


はないかと思っています。





その  「キー」となるのが私たち


「日本人」なのではないのかなあと


思ってしまいます。





次回は その 「日本」「日本人」について


お話しして行きたいと思います。




ありがとうございました。




 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「比べる世界」

テーマ:

今日は、波動畳職人の近本秀明です。

 
 
私たちは生まれた時からこの三次元の地球の中で生きています。
 
 
物心がついた時から「比べる世界」に居るわけです。
 
なので、「比べる世界」と意識していないかも知れません。
 
というより 今の状態が普通で当たり前で何が問題なの? という人も多いと思います。
 
何の問題意識もなければそれはそれでいいかも知れません。
 
がしかし、
 
今 現在の「犯罪」や精神的なものだけでなく「病気」や「不快な事」のほとんどがこの「他人と比べる」という所から発生してきているんじゃないでしょうか。
 
この「他人と比べる」ということを良く知っておいた方がいいんではないでしょうか。
 
 
人は生まれてから数年で「他人とは違う」所から 「自我」が生まれ、そして「他人と比べる」ということをし始めてきます。
 
その事は人間の成長に欠かせない事だと思います。
 
「他人と比べる」という所からあの人には負けたくないとか、あの人を追い越そうと 人間は、文明は進歩して来たと思います。
それが無ければ今現在の文明は無いのです。
 
私は「他人と比べる」事の全てを否定するつもりはありません。
 
前回の記事にも書きましたが、「他人と比べる」事を自分が優位に立ち、挙げ句の果てには「威張り」「人をみくだし」たり「バカにし」たり、
 
又 「劣等感」を持ち「バカにされ」たり「卑屈」になったり、挙げ句の果てには人を「恨ん」だり「妬ん」だり、
 
「他人と比べる」事をそっちの方向に向けるのでは無く
 
「あの人のようになりたい」というように「比べる」事を「目標」にして生きていくのであればいいのかなぁと思います。
「比べる」という事を自分自身を向上させる事に向ける。
昨日の自分よりも今日の自分を「あの人のようになりたい」という「目標」に近づける。
自分の内側にエネルギーを向ける。
 
 
「他人と比べる」という事で自分の「魂」を磨いていく方向に進んでいければいいのになぁと思っています。
 
 
こんな事を言っている私自身も以前はこの三次元の地球にどっぷり浸かった私でした。
 
 
「お金」「物」「地位」「権力」などを持っている人達には ヘイコラしてというより自分の「劣等感」で頭があがらず、「ははー、おっしゃる通りです」というような感じでした。
 
 
自分よりも「下」だと思う人には上から目線でチョット威張ったような所があった「嫌なヤツ」だったと思います。
 
まあ 色々あったおかげでその「他人と比べる」事で「優劣」であったり、「上下」であったりという事が一番大切な事ではない。
 
という事が分かって来たように思います。
 
 
 
というよりこの「三次元の地球の常識」とやらに
どっぷり浸かり、洗脳されてたんです。 
 
 
 
「地球の常識」であって、「宇宙の常識」では
なかったんです。
 
 
「宇宙の常識」には「金」「物」「地位」「上」「下」「優」「劣」とか ありません。
 
宇宙から地球を見てみれば、それらを持っていようが、いまいが なんら関係がないんです。
 
 
でもその「宇宙の法則」が日本の「縄文時代」にはあったのです。
 
この「地球」と「宇宙」と「調和」して生きていた時代がこの「日本」にあったのです。
 
 
なんと素晴らしいことでしょうか。
 
 
私たち「日本人」は多くがその「縄文人」の「地球」と「宇宙」と調和して生きるという遺伝子を持っているのです。
 
 
その「遺伝子」が「競わない」「比べない」「争わない」という遺伝子なのです。
 
 
私たち日本人はこのようなルーツを持つ人種であることを誇りに思います。
 
 
 
次回は
「縄文時代」「縄文人」についてお話ししたいと思います。
 
 
 
 
こんにちは、波動畳職人の近本秀明です。

前回、地球は宇宙の一部でありながら「地球の常識」「地球の法則」は「宇宙の法則」とかけ離れている と言う話をしました。


それではどんな「地球の常識」「地球の法則」なんでしょうか?



「金」「物」「地位」(権力)「名誉」 名誉と言うのはちょっと違うかもしれませんが、

これらの「金」「物」「地位」はこれら自体が悪いと言うものではありませんが、人はどうしてもこれらの物で「優」「劣」を付けたがります。


「比べ」たがります。

私が「上」なのか、「下」なのか。

「持っているのか」、「持っていないのか」


「上」であれば、「持って」いれば、

「地位」が上であれば、「お金」、「物」を持っていれば 「優れている」のでしょうか?


それは、「お金」「地位」「物」という判断基準、ものさしがありますが、
その中だけで ただ 「持っている」か「持っていない」かということだけの事です。

皆さん そんな「不安」「恐怖」
の中で生きていませんか?

そんな「不安」「恐怖」の中で
一生 生きていきたいと思いますか?

でも多くの人が、私もそうでしたが 「持っている」人が人として優れている、素晴らしい、上である。

「持っていない」人は人として劣っている、ダメである、下であると思っています。



「持っている」という事はいい事ではあると思います。
悪い事ではないと思っています。


「持っている」人が「優越感」を持つ、これもまだ自分の自信につながれば悪い事ではないと思いますが、行き過ぎると「優越感」から「威張り」始めます。
「持っていない」人を「バカ」にし始めます。


こんな風に

「持っていない」人は自分より「下」の人だ、

「劣っている」人だ、「ダメ」な人だと。

自分の方が「優れている」んだと。



でも



「比べる世界」ではそんな自分よりもっと
「持っている」人がいますし、

その人たちと比べれば自分は「持っていない」人
「劣っている」人、「下」の人となるのです。


「持っていない」人は「劣等感」を持ちます。
行き過ぎると「劣等感」から「持っている」人
への「恨み」「つらみ」となり「ねたみ」となります。


そして自分は「ダメ」なんだと「自己否定」に
繋がっていきます。






続きは次回の「比べる世界」でお話しします。




三次元の地球の常識

テーマ:
こんにちは、波動畳職人の 近本秀明です。


4年ぶりにブログを更新しています。
お休みの期間に色々な経験、体験をし、
私自身に大きな変化(ものすごくいい方に)
が起こりました。


この知ればワクワクすることをお伝えしたくて
ブログを書き始めました。

又、
要望もありますので これからお話しするような内容の講座も開いて行こうと思っています。




天の河銀河系の中の太陽系第3惑星である「地球」
ここに私たちは生まれ、生きています。
そして日本に生まれ、日本人として生きています。

これには大きな意味があります。

今 私たちが生きているのは「三次元の地球」なのです。


この「三次元の地球」の「常識」と言われるものがどうして出来上がってきたのか 知ってしまうと
なぁーんだそんな事だったのかと思えるんです。


そうすると

自分が何に縛られていたのか、

なぜ こんなに生きづらいのか。

がわかってきます。


縛られている物の正体がわかってくるとそれから
解放されやすくなるのです。



「地球の常識と言われるものは いかにも正しい事のように思われているけど 宇宙の常識からするとかけ離れているんです。」

地球も宇宙の一部ですよね。
その中で生きている私たち人間も宇宙の一部なのです。

そんな事当たり前じゃないかと思いますが、
地球の中だけの人間が作り出した常識(法則)は宇宙の法則とはかなり違っています。


私たち人間も宇宙の一部であるならば「宇宙の法則」に従えば 物事がスムーズに運ぶのです。



以前「引き寄せの法則」というものが流行りました。
あ、今も流行っているのかなぁ。
これは「宇宙の法則」を一部使っただけです。

というよりも 私たちは常に「宇宙の法則」の中にいます。

「常に思ってる事を実現して来ているのです。」

「いや、そんな事はない。
私はこんな現実を望んだりしたことはない。」
と言うかもしれません。

しかし 宇宙はあなたの内面の望みを忠実に実現させてくれています。



つまり今 あなたの目に映る世界は

「あなたの  内面  なのです。」


これがわかれば  

これに気付けば


「内面を変えれば  目に映る世界、現実が変わる。」という事です。


この三次元の地球は物凄く面白い世界なのです。

この事がわかってくるとなんとワクワクする世界に生きているんだろうかというふうに思えます。




又  ブログでお会いしましょう。 


波動畳職人  近本秀明でした。

宇宙船 地球号

テーマ:
お越し頂きありがとうございます。

筑後の畳屋四代目、波動畳職人 近本秀明です。


「宇宙船 地球号」と言いますが、

今、そう思える人と思いもつかない人に

極端に偏ってきているように感じます。



子供のような純粋な気持ちだけでは

この三次元の現在の地球では生きられないと

多くの人が言います。

経済が伴わなければ、生活してはいけない と。



本当の事でしょう。

当然の事です。


この世界を創ってきたきたのも私たちですし、

この世界の中で苦しんでいるのも私たちなのです。



宇宙の中に浮かぶ「宇宙船 地球号」

私たち一人一人が「宇宙船 地球号」の乗組員なのです。

その乗組員どうしがいがみ合い。

各 セクションごとに対立し合い。

領域を増やそうとしている。



私たちは

自我が目覚め、エゴを持つ事で発展をしてきた

ところがあるのでしょうが、

あまりにも 競う、比べる、争う 事をやってきた。


あまりにも 金、物、地位、名誉? に執着してきた。

左脳ばかりを鍛えてきた。

他人と比べる事をしつずけてきた。

他人と比べて 優越感を感じるか、

劣等感を感じるか、を優先してきた。



人と比べずに幸せを感じる事を大切にしたい。

もう そういう事を感じる右脳を鍛えていく

時期に来ているんだと思う。



でも

そのような人たちも今増えて来ているように感じます。

宇宙がそうである様に これからは調和の時代です。

地球も私たち一人一人も宇宙です。

宇宙の中の一つです。

一人一人の内なる宇宙と調和して行けば、

地球が調和し宇宙が調和していくのでしょう。