18年前。



中学3年生だった僕が夢を見た未来は一つ一つ叶い続け、今もその真っ只中にいる




(中学の卒業アルバムから😳)





特にこれといったモノもなく、勉強も出来るわけではなく、スポーツも得意ではなかった



本当にこれといったモノが無かったと思う




そんな僕が2002年にTVでK-1 WORLD MAXの魔裟斗さんが初めて優勝した日本トーナメントを見て




「個人競技でこんなに華やかな世界があるのか」



「個人競技ならレギュラーもクソもないから頑張ったら強くなれるし試合にも出れるはずだ」



「よし、やってみよう!」

と心に思い、家から電車一本で通える大和ジムの門を叩いた。




中学3年生の僕からしたら本当に刺激的な空間だった




僕は中3、当時14歳にして自分の人生を切り拓いた



最初は毎週日曜日、週1で通った大和ジム




そこで大切なモノを学んだのかもしれない




アマチュアの試合に出るようになっても本当に弱かったハート


「お前はいつも気持ちが弱い」



「スタミナが無い」


そんなことを言われ続けたアマチュア時代




人ってキッカケが本当に大切なんだなとも思う




あるキッカケからそんな僕が変わった






デビューから非公式戦含めると3戦3勝3KO




NJKF新人賞が皮切りだったかもなぁ




様々な経験をし、登ったり下ったり




でもしっかり前を見据えてやってきた





初めて海外で試合をしたのが22歳


当時プロモーターだった双子のタイ人とは今でも繋がる仲




3冠王になり








「必ず出る!」と周りにいつも言って、


いつも


「出れるわけないだろ」


とバカにされていた舞台。




K-1に出場を果たす




K-1 WORLD MAXトーナメントを制した


TVで見て憧れた魔裟斗さんは70kg初代日本王者、僕は63kg初代日本王者に成れた





自分を築き上げた肘ありルール、ムエタイに活路を見出しラスベガスにも行った













様々な国の人と戦い






道を開いて






世界1にも成った





18年前に描いた僕の夢は、正直全て叶ってきている




「現役中にジムをやる」という20歳の頃からの夢も今実現している



これまで僕はたくさんの人に生かされ、活かされてきた



本当に、感謝しかありません






高校生の頃に確信を持って誓った


「強くなって有名になって、たくさんの人のエネルギーに成る!」

想いのもとに。



同じ想いのもとに、これからの夢も叶えられるとわかっている。




やるかやるないか




僕のベースとなっているその想いの元に、これからも力強く。




全ての事に感謝をして、お陰様の精神で感謝を胸に







よーーし、



今日も張り切って生こう!!