週刊山手心理相談室

週刊山手心理相談室

大阪市のカウンセリングルーム山手心理相談室(ミュゼ・アルディの登録商標です。他の方の使用はお断りしています)の社員ブログです。夫婦・発達障害・依存症・アダルトチルドレンに関するカウンセリング記事を中心に投稿します。

 

「え、この画像何?たこ焼きじゃないの?」

 

ご存じない方はそう思いますよね。(笑)

 

 

11月も末。先日、友人と明石に「玉子焼き」を食べに行きました。「卵焼き」

 

ではありません。私の住んでいるところでは微妙ですが、兵庫県明石市では「たこ焼き」

 

とは別に「玉子焼き」と呼ばれるものがあります。

 

 

 

玉子焼きは、鶏卵、浮粉や小麦でんぷん、小麦粉、タコを材料に調製される軽食で、

 

明石市と東播磨、北播磨南部、神戸市西部、淡路島北部以外の地域では、卵を調理した

 

「卵焼き」と区別するため、「明石焼き」と呼ばれることがほとんどです。たこ焼きに

 

ソースをかけず、だしに”つけて”食べるというと分かりやすいでしょうか。

 

 

 

 

アダルトチルドレンなどの方の中には「コミュ障」の方がたくさん存在します。

 

原因としてはさまざまなものがあるのですが、

 

<言葉を善悪で判断する>

 

のもその一つでしょう。上記のような「玉子焼き」は、「たこ焼きが正解だから

 

玉子焼きと呼ぶのは間違っている」と考えてしまいます。そうなると、雑談においては常に

 

「この言葉は間違ってる!」という判断を脳内で下してしまうのです。

 

そうなると、雑談というのはほとんどが「間違った会話」になりますから、その会話に

 

参加すれば「うそつき」になりますね。・・・・などと考えているうちに周囲の

 

話は進んでいき、自分だけが訳が分からないまま取り残されることに。

 

 

それでも、学生時代まではカバーしてくれる方(これを友人と呼びます)がいることも

 

多く、何とか会話に参加できます。

 

ところが、社会人になると「言葉のやり取り」で仕事を進めなければなりません。

 

コミュ障の方とチームを組まされると、いつもその方のために無駄な説明を強いられる

 

わけですから、たとえ学生時代の友人であったとしても、仕事では単なる足手まとい。

 

失敗を重ねていくうちに、友人でもなくなっていきます。

 

 

解決には、まず自分の弱点を知ることが必要です。一般的な教科書を見ただけでは、

 

自分がなぜコミュ障なのかは分かりません。できればご家族の方と一緒にお越しください。

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ
にほんブログ村

 

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

 

 


アダルトチルドレンランキング

 

 

人気ブログランキングへ

 

 

 

山手心理相談室では、ご来室いただけない方・遠方の方のために「あなただけの コミュニケーション改善」を好評発売中です。

 

★あなたが、なぜコミュニケーション苦手症なのか知って

 

★あなただけの改善ポイントを練習し

 

★あなただけのコミュニケーションを創造 しませんか。

 

本編にも書いてありますが、「なぜ、自分がコミュ障なのか」は多くの方が ご存じありません。

 

本編では、まだ未開の部分が多い脳内の仕様について、わかりやすく「右脳」「左脳」などに区分して

 

説明させていただいています。なぜか5チャンネル等でもご紹介いただいています。

 

「改善」は教材を読んで、できればご自身の苦手な部分を探していただければと思います。そのため

 

に、ご来室・ウェブ面談など様々な対応でお待ちしています。

 

ぜひ一緒にコミュ障を改善しましょう。