週刊山手心理相談室

週刊山手心理相談室

大阪市にあるカウンセリングルーム登録商標山手心理相談室(株式会社ミュゼ・アルディが登録し、他の方の無断使用はお断りしています)の社員ブログです。アスペルガーや発達障害・依存症・アダルトチルドレンに関するカウンセリング記事を中心に投稿します。

声にも「色」があるって、信じますか。私たちの希望の星、阪神タイガースがCS進出

 

を決めたときや、今は亡き(ウソです)大阪桐蔭の根尾クンなど、「黄色い声」で声援

 

した方は多いと思います。

 

先輩にその話をすると、「そんなの当たり前じゃん。この子なんて、”赤茶けた声”だか

 

らね」と返されました。ユーチューブで聞くと、たしかに赤茶色でした。

 

 

ところでですね。

 

うつジャンルに来てみると、ずいぶん長期化している方や、治ったと「思い込んでいる」

 

方が多いことにびっくりしました。

 

うつが長期化する方には典型的な特徴があります。

 

①「頑張ったね」や「スゴイ!」と言われることに嫌悪感をもつ。

 

②ブログの文章やコミュニケーションが、バラバラになる。

 

③依存症を併発(?)している。

 

なぜ、この3点が長期化の原因なのかというと、①などでは、HSPとか呼ばれていることも

 

あるのですが、その根本原因を追究しないまま、「ピッタリな言葉」を探し、HSPだから仕方

 

がない・などと問題の本質を回避します。

 

まるで、夏休みの宿題を「まだ日数がたくさんある」と回避するように。

 

 

長期化したうつは、自分の性格を消極的にします。新型うつになっていることも多いです。

 

うつとサヨナラする方法は、まず「自分を知る」ことです。山手心理相談室では、自分を知る

 

ことが怖くない方なら、どれほど長期化していても大歓迎です。

 

ぜひ一度お立ち寄りください。一緒に戦っていきましょう!

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

 

 


アダルトチルドレンランキング

 

 

山手心理相談室では、ご来室いただけない方・遠方の方のために「あなただけの コミュニケーション改善」

 

を発売しました。

 

★あなたが、なぜコミュニケーション苦手症なのか知って

 

★あなただけの改善ポイントを練習し

 

★あなただけのコミュニケーションを創造 しませんか。

 

本編にも書いてありますが、「なぜ、自分がコミュ障なのか」は多くの方が ご存じありません。

 

まるで羅針盤のない暗闇の海を、向かう先も見えないまま漂って いるのと同じです。

 

*教材に関するご意見・ご質問は、山手心理相談室までご連絡ください。このブログ ではご返事

 

できません。 販売ページ