今日はとっても長文になりますが、どうぞ
最後までお付き合いください。

日頃は『悪路走行性能を持つ 新・高床
2トンダンプ』の開発を陳情する会 への
賛同と応援を頂きまして、本当に有難うございます!

20世紀後半から、日野自動車さん含めた
国内トラックメーカー数社から生産
されていた、悪路急勾配走行性能を持つ
「高床 四輪駆動2トントラック」

それが2003年頃から
全国産メーカーが
生産終了になりました。
※4ナンバー幅員の標準キャブタイプの
話になります。(ワイドキャブ仕様は
三菱ふそうさんが生産していますが、
奈良県吉野地方のヘアピンカーブ含む
2.5m幅員の森林作業道では使えないので
割愛します)

既に15年以上の月日が流れ、現在では
中古車市場でも希少車種になり、高走行で
程度の悪い車でさえ、価格は300万前後の
有り得ないイラッ価格で販売されています。
背伸びして買っても、部品は無く別注扱い!
重加算税も膨大に取られ!故障ばかりで
修理に多大な日数もかかり!仕事には
使えても、『超!金食い虫』の有様です。

↓今夏、長野県の某ロープウェイ乗り場で
見つけた!この古い四駆デルタダンプ
(ダイハツ製ですが日野さんのOEM車です)
まだまだ今もナンバー付きで健在!
修理しながら現役で活躍しているそうです。

上のダンプの次期型が、ウチの箱入り娘に 
なっているダンプ!↓
林業仕様に改良整備して、今使っている
二台の四駆ダンプが壊れても、いつでも
使える様にして車庫に保管してあります。

それくらい!大事に!大事に!乗り
続ける程!代替えの効かない高性能な
ダンプだったのです!

そして!コレが現行型の日野自動車さんの
『デュトロ』です↓
(写真は四駆ではありません)

賛同投稿サイト『change.org 2トンダンプ 』
や、当ブログで訴え続けて来た通り!

現行型の四駆ダンプは、低燃費と操作性、
厳しくなって行く排ガス規制クリアの為に
圧倒的多数の都会ユーズ向けに生産され、
我々林業界を含む過疎地一次産業従事者の
意に沿うような性能の復活を求める声は、
ことごとく揉み消され15年が経ちました。

その間にも高性能四駆トラックはどんどん
無くなり、やがて中古車は発展途上国の
バイヤーに買い取られて、殆ど姿を
消してしまい、現在に至ります。

一昨年秋に、このブログでの私達林業家の
待ち受ける絶望的未来からの脱出に望みを
かけて懇願をしたところ、SNSを通して
皆様の盛大な応援を発端に、爆発的な
拡散に繋がりその奇跡的な支援のお陰で、
国内トラックメーカーの上層部にまで、
私達の小さいながらも!地球温暖化の要に
なるであろう!林業界の声を届けて頂きました。

当初は、いすゞ自動車さんが声を上げて
頂きましたが、話を進めていくと三菱さんも
ギブアップ!との対応。

最初に無理と言われた日野自動車さん含め、
マツダさん、日産ディーゼルさんは既に
いすゞ自動車さんのOEM車だったので、
完全に八方塞がり…。

『やはり…駄目か…。』

殆ど諦めかけた時、最後に、

『奈良県吉野の現状を観に来てくれませんか?
本当に未来の林業が無くなるんです!』

と声を上げたところ、

何と!一番最初に断られた日野自動車さんが、
わざわざ本社からコチラの声に応えて頂き、
吉野まで足を運び、吉野林業の歴史と現実、
丸太を運ぶポンコツながらも元気に働く
旧型四駆ダンプを実際に観て、

『何とかやれる所までやってみます
!!

と夢の様な返事を頂きました
ラブ

それが昨年早々で、それから再度の作業道
走行検討会、仕様検討会等、打ち合わせを
わざわざ日野自動車さんへ呼んで頂き、
林業界一次産業の性能要望と、
日野自動車さんの対応可能レベルの
すり合わせをして…。

とうとう今夏、『新型四駆ダンプの仕様が
決まった!』と連絡を頂きました!!

今後は、その仕様に基づき新型試作車を
作り上げていく段階に入っています。

今度の新型は、旧型高性能四駆の副変速機付き
高床ベースのダンプとは違い、あくまでも
現行車種のダンプをベースとして、悪路+
急勾配走破性能をアップさせたトラックに
なるそうですキラキラ
(毎度申し訳ありませんが、発売日や
機能
性能等は機密事項ですので公表出来ません…。)

そう遠くない近い将来に、日野自動車さんが
その新型四駆ダンプを再度、奈良県吉野の
森林作業道を丸太を満載して登坂降坂性能を
確認する為にやって来てくれる事になっています。

だから!

林業家さん含む一次産業の皆様!
まだ!トラックを買い替えしないで下さい!

本当に!もう少しで!もっと!山で使える
ダンプが!トラックが!
本当の本当に!この現代に
新しく!やって来そうです筋肉

また、進捗あり次第、ここにアップさせて
頂きますので、どうぞ皆様!
日野自動車さんの『新型デュトロ』に
ご期待下さいませ!!

まだ買っちゃダメですよー!!
ウシシビックリマーク

今ちゃんの作業道報告

テーマ:
引き続き、投稿の遅れていた作業道の報告を

ナゲシ北稜線は、一部バラス採り場を除いて
605m地点まで完成しました。
 ↑完成した605m地点から後ろに向いて
 ↓完成した605m地点から先に向いて📸
 ↑ここは、張り出し作業中の作業ポイント

粗切りは710m地点まで進みました。

 ↓670m地点の谷頭広場から
 ↑左手が第2支線、右手が本線
  UUがある場所が分岐点てす口笛

 ↓粗切り先端710m地点から谷向いの620m地点の張り出し作業中の尾根に向いて
 ↑下道は第2支線の粗切り先端です
間伐遅れの林も、この後に伐採班が入って
スッキリしてくれる予定です。

その後尾根を回りこんだ630m地点までの
犬走りを組み終え、尾根の張り出し作業を
進めています。
次はここまでを完成させます。

 by IMAchan report でしたモグラ
来週は恒例♪アファンの森のお手伝いへ!

2年前は雪も降りました…アセアセ



今年の予報も寒くなるような…ガーン
ちょっと心配な週末です。


雨も上がったので、今日は畑で
じゃがいも掘りかな〜ルンルン
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _
こちらも是非ご覧くださ〜い音譜馬

作業道の報告から

テーマ:
久しぶりの投稿になります照れ

ナゲシ北稜線は順調に進んでいます。
…と、先ずは先週の報告から始めますアセアセ

670m地点の谷頭で、第2支線との分岐の
張り出しを済ませ、概ね形が見えてきました。
 ↑670m地点の谷頭Uターン場所
土を採り広げるために邪魔になる太い杉を
運び出しましたカメDASH!DASH!

なんと、谷頭の中からは良質なバラスが
出てきています!↓
↑この谷地周辺は、花崗岩と赤黒土で
できていて比較的作業しやすい土質です口笛

ここのこれから先の作業は犬走りを
組んでから進めることに。

 ↓650m付近から前方を向いて
 ↑UUの左側が第2支線の入口
  スイッチバックで入ります!

並行して、580mからの木組みも進めています。
左側が木組みを進める本線(後ろ向き)
 下道(右側)が第2支線の先頭付近

ここまで終わったら、620mの尾根までの
仕上げをしていきます。

 by IMAchan report でしたモグラ

秋の味覚 落ち鮎

テーマ:
今日は東京事務所から。

昨日の夕方に吉野から一昨日採ったばかりの
落ち鮎のお裾分けラブ
なんと35匹もチルド便で届きましたルンルン
落ち鮎とは、産卵期になって海へ下る鮎を
ヤナなどを仕掛けて採る鮎たちのこと。
当然しっかり子持ちの鮎も多く、
夏の鮎とまた違った味わいです!

昨日は皆んな、保冷パックを持って出勤チュー
朝から期待していた通りの鮎、鮎、鮎〜キラキラ
ぷっくりお腹の膨れたのが子持ちのメス
皆んなで分けて持ち帰りましたOK
それも当然残業なしで、全員定時退社です。

 ↓こちらデザイナーシェフの晩御飯
鮎の塩焼き、新鮮マイウ〜イエローハーツ
 ↑こちら大親分の晩御飯から

高見川の清流で育った鮎の味は格別です。
美味しくいただき晩酌も進んだ夜でした日本酒

ご馳走さまでした!!