こんばんは、
名古屋の中小企業診断士「やまちゃん」こと山根智樹です。

 

今日はスターバックスについてお話しようと思います。

スターバックスと言えばハワード・シュルツCEOの話が有名です。

 

スターバックスが出来る前のアメリカのコーヒーは

アメリカンコーヒーというように、浅く焙煎したお湯がたっぷりのコーヒーでした。

 

しかし、シュルツはイタリアで経験した本格的なエスプレッソを

アメリカに持ち込みたいと考え、当時数店舗しかなかったスターバックスを買収しました。

そこで作り上げた家とオフィスではない場所「Third Place(第3の場所)を提供する

というコンセプトが当時は革新的でした。

 

カフェが提供するものはコーヒーだけではないんですね。

MBAでも扱われる有名なお話です。

 

ところが、最近のスターバックスは何処も込んでいて若者のにぎやかな雰囲気。

「Third Place(第3の場所)」というコンセプトは維持できるのでしょうか。

 

そんな中、先日、銀座でStarbucks Reserve Barという

少し高価な豆を用いた店舗に行きました。

この店舗では豆の種類から抽出方法まで選べてこだわりのコーヒーが飲めます。

年齢層も若干高めでした。

 

これからどのような展開になるのか注目です。

 

 

お気軽にご連絡ください!
yamanetomoki@yahoo.co.jp
https://yamane-tomoki.amebaownd.com/

 

にほんブログ村 経営ブログ MBA・MBA取得へ


にほんブログ村

 

人気ブログランキングへ

 


プロフィール
山根智樹
・中小企業診断士
・MBA(名古屋商科大学 国際認証AACSB、AMBA認定校)
・株式会社デンソー

エンジニアとして自動車用電池開発に携わる一方、コンサルタントとして活動中。
研究開発から生産現場まで幅広い職務を経験し、現在は戦略策定にも従事。
従業員のスキルアップを目的とした講師から大学講師まで複数開催。

研究討論会1位(24人中)、報告書件数1位(60人中)

組織改善事業部長表彰1位、アンケート満足度1位(20チーム)
東京都中小企業診断士協会中央支部所属

趣味は旅行、音楽、カフェ巡り、慈善活動、心理学、宇宙論
座右の銘:開物成務
人生の目標:日本人の幸せに貢献したい

開成高校卒業
東京工業大学化学科卒業
東京工業大学化学専攻修士課程修了(物理化学)
キヤノン株式会社 生産部門(複写機トナー生産技術)
株式会社デンソー 研究開発部門(リチウムイオン電池)
名古屋商科大学MBA修了

 

AD