危ないよ | 山本太郎オフィシャルブログ「山本 太郎の小中高生に読んでもらいたいコト」Powered by Ameba
2014-02-24 11:27:26

危ないよ

テーマ:ブログ
安倍政権は、日本を「戦争できる国」に作り変えようとしている。

「何言ってんの?!妄想スパッツ野郎!」

色んな声が聞こえてきそうだけど、安倍政権の動きをみれば、やろうとしている事は明白。


「憲法9条があるから戦争なんて無理でしょ」


確かに。戦争は勿論、戦争できる国に作り変えるなんて、憲法違反だ。


でも憲法の「解釈」や憲法そのものを改正すれば、出来ない事はない。


今回のブログは、山本太郎大っ嫌い、と言うあなたにも、ちよっぴり長いけど最後まで読んで欲しい。


あなたや、あなたが大切に思う人たちが戦争に巻き込まれる可能性が高まっている。


戦争を始める権力者や武器製造で儲ける大企業の経営陣、政治家などは、最前線に行く事はない。


戦場や、危険な地域に足を踏み入れる羽目になるのは、名もなき市民。


傷付け殺されるのは、何の罪も無い人々だ。


あなたも、一緒に考えて欲しい。


日本国憲法が「平和憲法」と呼ばれるのは、9条の存在が大きい。


☆☆☆憲法第9条☆☆☆

日本国民は正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、

国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、

国際紛争を解決する手段としては永久にこれを放棄する。



2.前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。

国の交戦権は、これを認めない。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆



素晴らしい条文だけど、

「戦力を持たない」ってあるね、自衛隊って戦力じゃないの?



勿論、戦力だよ。

但し、先制攻撃や自国領土外の軍事活動は行わないのが原則(専守防衛)



外国に攻め入られたり、自国に攻撃があった場合にだけは対処する

「国民の生命」と「財産を守る」為に必要最小限の実力組織が「自衛隊」


憲法9条にはそんな事書かれていない。

憲法には明文化されていないけど、そんな「解釈」をしてOKにした。


この件に関して、

「自衛隊」は違憲だ、って話もあるけれど、

災害の時にも大きな力を発揮し、有事には国土を守る自衛隊は、

僕は必要だと思う。


将来的には戦力ではなく、

世界中の災害救助に一番乗りするスペシャリスト集団に変化して、

日本に手出ししづらい状況を作って行くのが僕の理想。


話を戻すね。

安倍政権はこの国を「戦争が出来る国」に作り変えようとしている。

憲法の解釈を変えれば、戦争への道のりは一気に近づく。



「戦力を持たない」と憲法にあるのに、

「解釈」を変えて、「自衛隊」という戦力を持てるんだもの何だってできるよ。



昨年秋の国会で数々の不条理、

この国に生きる人々の首がより絞まる悪法を、強行採決で成立させた安倍政権。



その中の幾つかを見れば、やろうとしている事はバレバレだ。

細かく説明すると長文になるので、超ザックリ書くと、


「日本版 NSC」 ☞ 一握りの人間だけで軍事に関わる決定を下せる


「特定秘密保護法」☞ 都合の悪い事は秘密にできる、それを知ろうとすれば犯罪。



この二つだけでも、何をする気だ!って気持ちになるけど、

ここに「もう一つ加われば」寝ぼけたタカ派の夢が実現に近づく。



「集団的自衛権」の行使容認 ☞ 集団的自衛権を使って海外で武力行使しますよって事。



☆集団的自衛権☆って何 よ?


密接な関係にある外国が武力攻撃された場合、

自国が攻撃されていなくても反撃出来る権利。


短く言うと、


「同盟国の為に戦える権利」って感じ。


この「集団的自衛権」は国際法(国連憲章51条)で認められた権利。


国際法で「許される」戦争は「集団的自衛権」以外にない。



☆集団的自衛権☆を使うことを認めれば(行使容認)、

国際法上、「適法」とされる戦争に参加可能になる。


☆集団的自衛権☆を日本が認めてしまえば、
同盟国のお付き合いで、戦場に行くハメになるのは目に見えてる。



でも日本は、☆集団的自衛権☆の「行使」を認めていない。

歴代の政権も☆集団的自衛権☆の「行使」を認めてこなかった。


どうして?

今までは、「憲法」があるから、

☆集団的自衛権☆の「行使」は我が国では認められません、

ごめんなさいって、世界に説明してきた。


世界もそれを認めてきた。

日本の「憲法」で決められた事なんだから、

日本の出来る範囲の事をやって貰おうと。


でも、☆集団的自衛権☆の「行使容認」にした場合、

米国から「要請」があったら断れると思う?


「今回は止めておきますわ」って。


ただでさえ、米国に対して忠誠心が厚い多くの政治家たちに

断れる勇気があるとは思えない。


今まで米国が起こしてきた戦争を思い出して欲しい。


イラク戦争が一番イメージし易い。


イラクに「大量破壊兵器がある」と、

米国は戦争に踏み込もうとしたが、国連は

1000回近くに及ぶ調査を行った。


調査結果は?

「大量破壊兵器は無い」だった。

けど、米国は戦争に突入。

イラク人を殺しまくった。


戦争が終わり、蓋を開けて見たらやっぱり「大量破壊兵器はなかった」


ただの言い掛かりじゃないか。

何の為の戦争だったのか。


資源の略奪?

軍需産業への貢献?


経済が疲弊する度に戦争を繰り返す米国。


経済破綻寸前とも言われている現在の米国。


戦争するにも莫大なお金が必要になるから、

「戦費と兵士」を都合良く提供してくれる存在があれば助かるね。


強権的に☆集団的自衛権☆を認め、自ら進んでその存在になろうって言うのだから病的。


武器を作れば大企業が儲かる。



日本でも、武器使用される部品などの製造が行われているのは周知の事実。

今はそれを、もっと大胆に作ったり輸出出来るような

ルール変更の段取りを整えようとしている。


武器の部品製造国内企業は数千社に及ぶから、

もっと自由に出来ればもっと儲けられる。

自国での武器生産が拡がれば、より多くの武器を安価で調達出来るって話。


戦争は大企業、多国籍企業にとっては、究極の金儲け。


戦争にならなくても、「緊張」状態が作れれば軍備拡大、金儲けに繋がる。


安倍政権が今まで強行採決し続けた数々の法案の中身は、

大企業に対しての最大限の規制緩和。


結局「戦争出来る国」を目指すのも、

日本、そして世界のひと握りの層に金儲けさせる為の、利益誘導じゃないか。


何が「愛国心」だ。


この国に生きる者への裏切りだってバレてますから。


本来、「憲法」は

「権力の暴走」にブレーキを掛ける為のもの☞ (立憲主義)

なのに「憲法なんて関係ない」と振る舞い続ける権力者。


この国の主は、

この国に生きる人々であって、「安倍政権」ではない。



それを無視し

「憲法改正」はハードルが高いから

「解釈」を変え「自衛隊法」などの周辺法に手を付けて

簡単に「集団的自衛権」の「行使」を決めちゃおうって話。


セコイ。


どうしても「集団的自衛権の行使」にこだわるなら、

正当な手続きを踏んで「憲法改正」を訴えればいい。


でもそれは、時間がかかるから嫌なんだって。


「特定秘密保護法」みたいに、

国民に知れ渡り、大きな議論になっちゃうと困るんだって。


そこが 「弱点」

勘違いした権力者の暴走を止める「鍵」


だから、多くの人が声を上げられる様に、
☆集団的自衛権☆について、

あなたがメディアになって友達に伝えたり、

仲間と街に出てこの状況を多くの人に知って貰おう。


特に若い人が知って本気で怒らなきゃ、

権力を持ったおじさん おばさんの暴走は、これからエスカレートするよ。


若者の未来を切り売りする行為にブレーキをかけよう。



山本太郎は

☆集団的自衛権☆行使容認を止める街宣キャラバン、で全国を廻ります。


国会で何かしらの採決になった場合、確実に負けます。

圧倒的多数の議席を握ってるのはあちらだから。


多くの人々が繋がってウネリとなり、

「国民的議論」になるように動いて行きましょう。



P.S.長くなってごめんね。

次回は、今回書けなかった

☆個別的自衛権☆についても触れてみます。

山本太郎さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース