単勝1番人気は昨年の有馬記念および、前哨戦の1つ日経賞を勝利したゴールドアクター。

充実期に入ったとの見方はわからなくはないが、中山の2500mと京都の3200mは全く別物で、

前2走は時計も速くなく、京都の速い馬場に対応できるかといわれると、不安の方が大きい。

人気でもあり脚質的にも目標にされやすいためここは消し。


2番人気の昨年の菊花賞馬キタサンブラックにしても、2着馬リアルスティールというと聞こえはいいが、海外G1制覇は1800mでもあるように、3000mは明らかに合わない距離だった。

ここに出ていても私的には印はうたないので、同馬も消し。


3番人気は阪神大賞典を楽勝したシュバルグラン。失礼ながら前哨戦の中では最もレベルが低かったと思えるレース。


まずはこの人気馬3頭を消すところから予想を始める。


印は下記のとおり

◎10アルバート ○14サトノノブレス ▲5フェイムゲーム △18レーヴミストラル

馬券は上記4頭の単勝&馬連・三連複ボックス


10は前走は展開不向きで騎手としても本番を見据えた騎乗で上積みが見込める。

14はキャリアもあり負けた際の敗因もはっきりしている。人気はないが怖い一頭。

5は昨年の2着馬で、ゴールドシップが抜けた今、勝利に最も近い一頭。

18は出入りが激しくなった際に、しまいにかけると一気に抜け出してもおかしくない。