4月19日に創刊したメールマガジンでは

Q&Aコーナーを設け、みなさまからの質問にお答えしています。

 

◎先日お答えしたのはこんな質問でした

 

・クラリネット→バス→テノールと様々なご経験がおありと思いますが

職業オペラ歌手になろうと決めたのはいつ頃でしょうか。

 

・オペラ歌手を志す者です。山本さんは役を演じるのが非常に上手いなと舞台を見て思ったのですが演技の勉強はどこでなさったのでしょうか。また普段から意識してることはありますか?

 

・こんにちは。公式ホームページのスケジュールがあまり充実していないように思うのですが、もう少し細やかに掲載する予定はありますか?よろしくお願いしたいです!

 

・本番前の過ごし方や、声の持って行き方などがあれば知りたいです!

 

・この騒ぎでなかなか外に出られないと思いますが、どのような1日なのですか?歌の稽古はご自身で毎日されているのでしょうか。

 

 

◎5月3日発行のVo.2では以下の質問にお答えする予定です。


・イタリア留学を決心なさったのはいつ頃でしょうか?

・歌の伴奏をしてます。歌い手にとって歌いにくい伴奏
歌いやすい伴奏ってどうな感じですか?

・何か国語くらいしゃべれますかor読めますか?

・舞台での歩き方に悩んでいます。美しく気品あるように歩いてみたいです。何か気をつけていらっしゃることはありますか。

・どのように長いオペラの歌を覚えるのでしょうか、また現在いつでもご出演の場所が全曲歌えるオペラはいくつくらいあるのでしょうか。


 

一つの質問の答えだけで本が書けそうな深いテーマもたくさんいただきました。

みなさまの質問への答えを考えるうち、

毎日の過ごし方が変わってきたような気がします。

 

「もっとシンプルな言葉で言うとこれはどういうことだろうか?」

「複雑そうに見えるこの事柄は、もっと分解できないだろうか?」
 
いろんなヒントを頂いてます。

 

メールマガジンVo.2も、是非読んでくださいね!
 

質問受付(匿名可)は引き続き、以下のページから受けてつけています。
http://yamamotokohei.jp/contact/

メールマガジンのご登録はこちらからどうぞ

https://home.tsuku2.jp/mlReg/?scd=0000103788

 

 

耕平

 

先日「ベスト・オブ・クラシック」で放映された

福島県棚倉町(1月25日収録)での公演の一部が

 

Eテレ 5月24日(日)よる9時~11時

 

「クラシック音楽館」

 

番組の終わり部分「コンサートα」というコーナーにて

放映される予定です。

 

 

出演:

ソプラノ:小林沙羅

テノール:山本耕平

ピアノ :河原忠之

 

予定曲目:

「この道」山田耕筰 作曲 北原白秋 作詞 (小林/河原)

「或る夜のこころ」中村裕美 作曲 高村光太郎 作詞 (小林/河原)

「四行詩」泉谷閑示 作曲 中原中也 作詞  (山本/ 河原)

「小さな空」武満徹 作詞作曲 (小林/山本/河原)

 

 

 「四行詩」は、2020年3月18日にキングレコードより発売された泉谷閑示さんのアルバム 「忘れられし歌 Ariettie Oubliées」 にも収録されています。

 

コチラから、僕がサインを入れたものをご購入いただけます。

(今日はすでにご注文頂いている方のためにちょうどサイン入れを

 しておりました)

 

--- 「美」を処方する気鋭の精神科医、泉谷閑示が、多様・多彩なミュージシャンたちとの絶妙のコラボレーションによって、現代を生きる私たちの心に語りかけます----- 

 

僕は計楽曲4曲の収録に参加させていただきました。

 

 作曲家自身によるピアノ演奏、トッププレイヤー集団であるウェールズ弦楽四重奏団の皆様、そして幼少の頃もののけ姫でその歌声を聴いて衝撃を受けた、米良美一さんも収録にご参加。泉谷ワールドをどうぞご堪能ください。

 

<収録曲目>
01. エレジー Elegie (WWV. 93) / (R.Wagner)
02. アンダンテ・カンタービレAndante Cantabile from 5 Préludes Op.16 (A.Skrjabin)
03. レント Lento from 5 Préludes Op.16 (A.Skrjabin)
04. 八木重吉の詩による3つの小さな歌 Trois Ariettes de Jukichi Yaghi( 泉谷閑示)
   ☆1.心よ(Ⅰ) 2. 心よ(Ⅱ) 3. うつくしいもの
05. てぃんさぐぬ花Tinsagunu-Hana(Flowers of the Garden Balsam)( 沖縄民謡/泉谷閑示編曲)
06. 五木の子守唄The Lullaby of Itsuki ( 熊本民謡/泉谷閑示編曲)
07. 亡き王女のためのパヴァーヌ Pavane pour une infante défunte(M.Ravel)
08. 弦楽四重奏のための「悲歌」Elegie for String Quartet ( 泉谷閑示)
09. メドレー「日本の四季」Les quatre saisons du Japon ( 泉谷閑示編曲)
さくらさくら〜夏は来ぬ〜赤とんぼ〜早春賦
10. 中原中也の詩による3つの歌曲 Trois Chansons de Chuya Nakahara ( 泉谷閑示)
  ☆1. 月の光は音もなし 2. 暮れゆく森は 3. 四行詩
11. アンダンテ Andante(Aria) from Violin Sonata No.2 BWV1003 (J.S.Bach/R.Godowski)
   
<泉谷閑示Pf.(1~7,10,11) 米良美一Vo.(4~6) 山本耕平Ten.(9,10) ウェールズ弦楽四重奏団(8,9)>

 

 

リンク:クラシック音楽館

山本耕平メールマガジンもよろしくお願いいたします。



泉谷閑示(作曲・編曲・ピアノ)
米良美一(歌)
山本耕平(テノール)
弦楽四重奏:ウェールズ弦楽四重奏団
(ヴァイオリン:﨑谷直人、ヴァイオリン:三原久遠、ヴィオラ:横溝耕一、チェロ:富岡廉太郎)