山本いっとくの一言イットク

日本共産党豊中市議会議員いっとく(山本一徳)の活動日記です。


テーマ:
長い間更新せずにすみません。
この間にHPを新たに作ろうと思い、この7月1日より開設をしました。
ブログもそちらに移りました。
是非、見ていただけると嬉しいです。

http://www.yamamoto-ittoku.com/
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日、松原市にある「障がい成年の学びの場・自立訓練事業 「ぽぽろスクエア」」の実践交流会がありました。
 障がいのある方が高校や支援学校卒業後の進路には一般就労が作業所など仕事の場しかない。そうではなく、青年が大学や専門学校、短大に行って高校卒業後にさらに勉強したり、自分が何をしたいかを考えるように障がい者も学びの場が必要ではないかということで作られた場所がぽぽろスクエアです。
 私の弟は療育手帳を持っており、今は就労支援事業ということで仕事をしています。弟も支援学校卒業後にすぐ仕事ということで、学びを深めるという機会がなかったので、こういう場もいいのではと思い、今回は弟を連れていきたいと思って、家族で参加をしました。
 交流会では、ぽぽろスクエアに普段通われている方が、自主ゼミの発表ということでそれぞれが興味のあることを発表していました。それぞれが興味のあることですから本当にいろいろなことに分かれていました。例えば、英語や韓国語などの語学や来迎図についてといった宗教のこと、鉄道、ダンス、ヒーロー戦隊や特撮、ドラム、歌などです。発表が2時間程度あるのですが、みんなの発表を聞くことが楽しくて、あっという間に時間が過ぎてしまいました。
 午後からは分科会となっており、弟はみんなで歌を歌う青年当事者の分散会に参加、私は親のねがいと運動の交流という分科会に参加しました。
 分科会では、それぞれが自己紹介し、和歌山でぽぽろスクエアのような活動をされているお母さんの発表がありました。そのあとはそれぞれの意見をいう討論です。
 通所施設を運営されている方、これからぽぽろスクエアのような学びの場を作ろうとされている方、大学で障がいの研究をされている方、お子さんが障がい者のお母さんなどそれぞれの立場から発言をされていました。
 その中で印象に残ったのは、障がい者の中で支援学校の高等部を卒業したあとにもっと勉強したいと思っても、その場がほとんどないこと、そして、今の大阪ではぽぽろスクエアのように学びの場に卒業後行きたいと思っても、就労実績を上げるように指導されるため、なかなか行けないし、そういった情報が学校からもだしてくれないといった現状があるということです。
 また、通所施設を運営されている方からは障がい者の就労実績をあげようとする中で、とりあえず一般企業に就労させても、会社の中には補助金が出る間のみ雇い、補助金が切れたらクビにするというところもある。そういった企業で傷ついた青年を結局、施設で受け入れるが、施設ではその青年の学びをする場ではない。そういった青年にきちんと学んで、そして自分に自信をつけさせたりできる場を作ることが大切だという発言があり、本当にそうだと思いました。
 弟に最後に感想を聞くと、楽しかったといってもらえたので、有意義な一日でした。
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日は、豊中商工会議所の新年のご例会がありました。
毎年、福娘の方もこられていて、今年の福娘にはウクライナからの留学生もいました。6ヶ国語をお話できるということで、語学が苦手な私にとっては羨ましい限りです。
また、今日は事務所の本棚の本を入れ替えました。昨年末に亡くなられた中沢啓治さんの書かれた「はだしのゲン」全10巻を実家から持ってきたので、これまで並べていた本から「はだしのゲン」に入れ替えました。事務所にこられた方に興味を持ってもらって読んでもらえたらと思ってます。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。