「知らんけど」が流行語大賞にノミネートされててびっくりした

 

 

この言葉は関西特有の言葉というかニュアンスというか

 

 

使い方としては「明日雨らしいで。知らんけど。」

 

 

「あの人ばり有名らしいで知らんけど。」

 

 

みたいに自分は何も知らないのに適当な情報を言ってますよのアピールみたいな感じ

 

 

なんとなく関西から東京に出てきた自分の感覚として関西人はちょっと適当みたいなイメージがある気がする

 

 

ノリがいい人が多いとかすぐにふざけるとかいう民族性が大きいんやろうけどこの「知らんけど」という言葉を普通に日常でなんの悪気もなく使うんやからそう思われるのも不思議じゃない

 

 

なんでこの言葉がいきなり女子高生の間で流行ってるんやろって思った

 

 

一説によるとこの曖昧にする効果のある「知らんけど」を使うことで相手の気持ちに入って行けることや「責任回避」というスタイルが今のSNS時代にマッチしているかららしい

 

 

上京してアルバイトをしていたころよくこの知らんけどを使って適当なこと言うなって注意されてたことを思い出したなー

 

 

それが時代の流れで今や東京でも若者が使ってる

 

 

よくよく考えればわろたとか~しか勝たんとかも関西の言葉よな

 

 


5年後には標準語がなくなって関西弁が主流になるらしいで知らんけど