ということで、外務省の統計を調べてみました。

(日本在留の外国人の数:2017年12月)

中国         730,890
韓国         450,663
ベトナム         262,405
フィリピン         260,553
ブラジル         191,362
ネパール          80,038
台湾          56,724
米国          55,713
タイ          50,179
インドネシア          49,982

 

ネパールは堂々の(?)6位。

意外なことにアメリカ人や台湾人よりも多い。

多いのもさることながら、数年前の統計(たしか2012年)では2万人程度だったのが、大幅に増加しています。

調べたわけではないですが、増加率を取ったら、おそらく1・2位でしょう。

 

私が思うに、これはネパールの国柄(※1:家族・親戚のつながりが非常に強い)が影響していて、家族の一人が日本である程度成功したら、親族を次々と日本に呼ぶので来日者が膨れ上がる、ということが大きいと思います。

(※1)さるブロガーさんは「血のつながりのない親せきがやたらいる」と表現されました。

そういえば名古屋のネパール料理屋さんも、たいてい兄弟とか親族で経営してたからなあ~

 

と言うてたら、先日の将棋教室の帰りに、また1件OPENしてました。

ちょっと過当競争気味じゃないかなあ。

 

話変わって、オセロの世界では、11歳(!)の世界王者が誕生。

う~ん、将棋界に招聘したいなあ・・・・・ひょっとすると藤井聡太なみの才能かもしれん。

それにしても、将棋も囲碁もオセロも若年層の台頭が目覚ましいですね。

私は人工知能(AI)の影響じゃないかと考えていますが。

今日の教室はダブルヘッダー

テーマ:

きのうは午前:西区の教室,午後:名東区の教室 のダブルヘッダー。

(1)西区教室

 冒頭はT先生(元アマ名人戦・県代表)の詰将棋解説。

 ボヘ~とよそ見してる子には、主宰のK師範から「先生の話をちゃんと聞きなさい!」と叱責が飛びます。(ここは礼儀や対局姿勢も厳しく指導される)

 

局面(部分図)はN君との6枚落ち。(▲1四歩を△同歩と取ったところ)

これを▲同香としてしまったため、△1三歩で香が捕獲されてしまいまいた。

(局後の感想戦)

山「ここは▲同銀やで。そうすると端が銀と香の2枚の攻めになるやろ。先生の受け駒は銀(1枚)しかあらへんから、2対1で君の勝ちやで。」

N「そうかあ~。安い駒(香)前だした方がええかと思ったけど、ちゃうんかな?」

山「飛車と香の端攻めやったら安い駒(香)出すのがええんやけど、この場合は香が飛車の代わりしとるわけ。そやから、銀を前出すのが正解やで。」

N「あ、そっか。いつでも安い駒出せばいいんとちゃうんやな。」

納得したN君。 こういう失敗も重ねて強くなってほしいものです。

 

(2)名東区の教室

 きょうは学区の小学校で運動会あるんで、参加者はいつもの半分程度。

 今回の圧巻はI君。上級者もなぎ倒して怒涛の5連勝で一挙に昇級決めてしまいました。

 (次回から上のクラスに上がるので、山河童の担当クラスは卒業です)

 先週までの勝率は少し勝ち越してるくらいだったのですが、子供は何かのきっかけで急に強くなることがあるのが面白いですね。

 

 で、教室恒例の縁台将棋大会(11月11日(日))の案内ができました。

 事前申し込みはいりませんが、当日9:50までに会場(愛知東邦大学:L棟LCホール)に来てください。多数参加お待ちしております。

 今年のダサイン(ネパールの秋祭り)は10月10日から15日間。

 なぜか毎年ダサインの始まる日は違ってて(年によって9月末~10月始めと幅がある)、嫁河童によると、えらいお坊さんたちが毎年始まる日を決めているそうです。

 で、嫁に言わせると・・・・

嫁「ねえ、私の誕生日ってダサインの始まる日なんだよ。」

山「へ? でもこの間(9月30日)誕生パーティーやったばっかりでしょ?」

嫁「うん。でもそれは日本の誕生日で、ネパールの誕生日はダサインの始まる日なんだよ。」

山「???」

 たしかにネパールの暦と日本の暦は微妙にずれがあって、日にちは一致しないんだけど、誕生日が2回なんてありなんかなあ~ と思ってたら、嫁の妹(先月婚約した)から電話かかってきて、「Happy BirthDay &Happy Dasain !」

 

 てなわけで、2回目の誕生パーティ-やることに・・・・・

 何でも嫁の生まれた年には9月30日がダサインのはじまりで、嫁の家族の間では「あなたの誕生日はダサインのはじまる日」と決められてたみたいです。

 

 私も1回はダサインの季節にネパール行きたいんだけどなあ~ 実現は定年後かも。

(ネパール最大の秋祭りで、家族でティカを付けたり色んな行事があります)