山田小説 (オリジナル超短編小説) 公開の場

山田小説 (オリジナル超短編小説) 公開の場

アメーバブログにて超短編小説を発表しています。
「目次(超短編)」から全作品を読んでいただけます。
短い物語ばかりですので、よろしくお願いします。

自作の超短編小説を公開しております。
目次です。※作品数が増えてきたので十作ずつに分けました。
  ↓
目次(超短編小説)

読者を募集しております。特に読書好きの方々を歓迎します。どうぞ、お気軽に登録してください。

読者登録してね
 夜の公園で二人の少年が空を見上げていた。

 「今夜は月がすっきりと見えるね。表面の岩や砂まで見えるような気がするよ」

 「月には岩や砂があるだけで他には何もないよね。海もないし、森もないのだね」

 「それどころか、空気もないらしいよ。だから、風も吹かないよ。もし月の地面に落書きをしたなら誰かが消すまで残っているよ」

 「そうか。この惑星の文字はすぐに消えるけど、月の文字は消えないのか。それなら、僕は宇宙飛行士になるよ。そして、いつか月の地面にたくさんの文字を書くよ。将来の夢が決まったよ」

 「月に何を書くの?」

 「この人生で知り合った人達全員の名前だとか、大きな宇宙船の絵だとか、月に来てみた感想だとか、宇宙人への伝言だとか、色々と書いても余白はまだまだたくさんあるはずだよ。だから、何でも書くよ」


関連作品

月が落ちる場所
光が落ちていく穴

目次(超短編小説)