いつも山あそび♫

趣味の山歩きをメインにその他モロモロ...


テーマ:

お日様はいったいどこにいるんでしょうかって

聞いてみたくなるようなグズグズした天気が続いていますね。

 

週末もそんな天気で・・・

だけど歩かないでいると更に歩けなくなるからな~・・・

 

という事で今日は鞍掛山へ。

 

盛岡大附属の野球を観戦してから出かける事にして

8時からかぶりつきで応援キョロキョロ

 

今年は東北勢が三校残っているので

頑張って欲しいです。

 

打撃戦となりまして・・・

7-6で逆転された時点で山へ→絶対負けると思ったあせる

 

そうしたら・・・なんと・・・勝ったとな真顔

いや~驚きました!!!高校野球は最後までわからないものですね爆  笑

 

さて、自宅を出発し、小岩井農場への道に入ると、道沿いに沢山ひまわりが植えられていて

圧巻の風景でしたが、残念ながら日差しがないので映えません。

 

 

 

 

10時15分に駐車場に到着。

濃霧、雷、雨予報のせいか駐車場に車が少ない。

 

 

今日は静寂な佇まいの登山道です。

雨に洗われた木々の葉もしっとり。

 

 

うっすらガスもかかってきました。

 

 

ヤマジノホトトギスがあちこちに咲いていました。

 

 

オオナンバンギセルは残念ながらまだ固い蕾。

 

 

山頂もごらんのとおり真っ白。

三組程の登山者が休憩中でした。

 

 

景色も全く望めず、雨も落ちて来そうなので

遊々の森ルートへ周回。

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・出会ったお花・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

オオナンバンギセルはまだ早かったよう咲いていませんでした。

今のメインの花はクサボタン、ヤマジノホトトギス、ヌスビトハギ、ツリガネニンジン、という感じでした。

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

下山頃に霧雨が降り出したがそれ以上の雨にはならず

予報的には登山に適さない山行だったが、足慣らしには充分なお天気だった。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

 

長男の嫁の勤めとしての盆期間→夫亡き後も”嫁”は続くのです(笑)

今は慣れましたが、最初は未知との遭遇状態で緊張の盆期間でしたアセアセ

 

親戚もかな~り高齢化しており

年に一度のこの時期にお互いの状況を確認しあう期間でもあります。

 

 

そのお盆も昨日の送り火で終了!

 

今年は盆直前に38度8分の高熱を出し、自分でも驚く程の絶不調でしたもやもや

回復にも時間を要し盆期間突入直前にやっと回復。

 

熱が落ち着いても食欲戻らず⇒毎日晩酌するビールさえ欲しなかったのですから重症?(笑)

2.5kg体重が減り喜んでいましたが・・・チーン

 

 

さて・・・

 

白馬岳の下山時、昔捻挫した足首の痛みが再発し・・・

22日からの穂高をどうしようか・・・やめるか・・・(白馬より大変と言っていたし)・・・行くか・・・やめるか・・・悶々もやもや

毎日悩んでいる内に昨日あたりから痛みが無くなり・・・やっぱ行こう!!!

 

今週末トレーニングの山行が出来るか否か

お天気にかかっていますOK

 

 

 

~追記~

 

 

今日、コープトラベルから確認の電話が入り・・・

参加人数と男女比を伺ったところ・・・

 

男性6名、女性3名とのこともやもや→思わず”私”大丈夫でしょうかと聞いてしまった・・・安易に答えられないよね(笑)

 

果たして男性のペースについていけるのでしょうか・・・

女性は健脚揃いなのではないか・・・

 

などなど果てしなく不安が広がり・・・また悩みを抱えてしまった(-_-;)・・・不安症は聞いちゃいけない質問だった(笑)

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

さてさて・・・

昨日は疲労困憊でしたが・・・筋肉痛もなく起きられました爆  笑

 

今回のツァーメンバーは、こじんまりとまとまっており、翌朝の起床時間も決めて就寝・・・

覚醒すると、布団をたたみ、洗面所へいき、身だしなみを整え、パッキングし・・・と・・・

一連の行動が速やかで、軍隊?のような無駄のない行動(笑)

昨年のあるツァーでは、まだ早いなと思われる時間からゴソゴソ着替えたり化粧したり・・・おしゃべりしたり・・・

と結構ストレスでしたが、今回は根っこの部分の性質が似通っていたメンバーだったみたいでストレスフリーでした。

 

3時40分に予定通り起床

朝食は並んだ順番にテーブルに案内ということで早めに並んだ。

 

 

ワンプレートにおかずと白飯と味噌汁・・・ここのみそ汁は絶品でした。

早朝なのにぺろりと平らげました。

 

 

昼のお弁当もおいしそうです。

食べやすいようにおむすびなら尚良かったかな・・・

チョイ休憩時にもその方が食べやすいもんねくるくる

 

 

 

 

早朝はまだご覧のとおり辺り一帯濃霧に包まれていて

風も少しあったので薄手のウエアを着て出発です。

 

本日の行程は山荘~白馬岳~小蓮華岳~白馬大池~栂池平=ロープウエィ、ゴンドラを利用し

栂池へ下山予定。

 

全員そろったところで5時30分過ぎに出発あしあと

 

 

白馬岳頂上くもり

 

20分程で山頂に到着し全員で記念撮影!→視界不良なり(笑)

勾配もそれほどないのに結構息が上がった!

身体が目覚めていないのか、私の肺が空気の薄さにデリケートなのか・・・

 

 

 

山頂で少し待っても晴れそうにないからということで

小蓮華山に向かって下っていると雲が徐々にきれて視界がきいてきた!

テンションも上がりますルンルン

 

 

白馬岳~白馬大池までは途切れることなく

お花が咲いていてまさに百花繚乱!

 

 

白馬大池まではチョコチョコアップダウンしながら進みます。

 

 

 

花畑と絶景、ゆっくり時間をかけて歩けたら

どんなにいいだろうな~と思いつつ歩いた。

 

 

山荘から1時間ほどで三国堺

 

 

眼下に名もない?沼

 

 

こちらでは既に終わっているチングルマが今見頃!

 

 

小蓮華山への縦走路を眼前に見ながら気持ちの良い稜線歩き。

 

 

2時間程で山頂の宝剣?が特徴的な小蓮華山。

新潟県最高峰の山だそうです。

 

 

小蓮華山からの眺望。

雲がスカッと取れる事はなかったが、雲を纏った山々も又いい。

 

 

小蓮華山から船越ノ頭へ

何気にこの上りも辛いアセアセ

 

 

船越ノ頭から白馬大池と建物を遠望。

 

 

高山ならではの景色

 

 

船越ノ頭~雷鳥坂~白馬大池区間ではリンネソウ、コマクサやチングルマの群生が見られた。

雷鳥坂では幸運にも雷鳥の姿をふたたび見る事が出来た。

 

 

 

                              白馬大池

 

雪どけ水だけで満たされているというが

俯瞰した時よりも近くで見た池の大きさに驚いたポーン

 

 

休憩後白馬大池を右手に見ながら白馬乗鞍岳へ

 

 

 

白馬乗鞍岳

 

白馬乗鞍岳は溶岩の山なので、延々岩場の登りで大変だったゲロー

 

 

 

 

乗鞍岳からの下りも岩場歩きが続きコンパスの短い私などは結構大変で気が抜けない道だった滝汗

岩場歩きの後、小さい雪渓歩きがあるがアイゼンは不要。

 

雪渓を渡ると木道の敷かれた天狗原に出た。

湿原にはワタスゲが群生していた。

 

 

 

乗鞍岳からの下り途中に休憩ポイントにぴったりの大岩があり10人位は座れそうだ。

栂池方面から登ってくる登山者も多い。

 

この先の道は樹林帯で悪路で滑りやすい登山道で

傾斜が緩む地点まで油断大敵!

 

林間から栂池ヒュッテが見えてきたら

下山終了間近あせる

 

 

 

栂池ヒュッテからロープウェイ乗り場までは

舗装道路を10分程下ります。

 

ロープウェイ~ゴンドラと乗り継ぎ

栂池平から栂池へと下りる。

 

栂池高原からマイクロバスで八方温泉へ。

2日ぶりのお風呂でさっぱり。

 

ふたたびマイクロバスで長野駅へ向かう。

長野駅17時55分のかがやきに乗車し、大宮駅19時46分のはやぶさで盛岡へ。

 

大雪渓で疲労困憊になり・・・

雷鳥親子に癒され・・・

豊富な高山植物に感嘆し・・・

雲上の山小屋で生ビール・・・

 

真夏の北アルプスを満喫しましたラブラブ

 

経年劣化の身体のせいなのか・・・

白馬岳が手ごわかったのか・・・

 

昨年歩いた利尻山、燕岳、鳥海山、月山、安達太良山・・・

どの山より苦しい歩きだった・・・

 

岩手山を登った後

早池峰山を登ったくらいのダメージ・・・

 

苦しい歩きだったけれど・・・

天気にも恵まれ・・・

こちらの山にはないアルプスの山特有の景観には圧倒されました!

 

 

                    Viva!! 白馬岳(*^_^*)

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

今年の山旅第一弾は

北アルプスの白馬岳。

 

昨年ツァーで一緒になった方に、過去に登った山で良かった山は白馬岳だったと聞き

今季初の山旅は北アルプスの白馬岳に決定!→人の意見に素直な私です(笑)

 

 

 

 

                         ~8月2日(水曜日)~

 

 

自宅を8時40分に出発。

 

 

少し早めに駅に到着したので

駅南口にある立ち食い蕎麦屋へ。

 

300円なりのかけ蕎麦を食す。

う~ん、旨いOK→唐辛子をかけすぎて咽た!チーン

 

食後、集合場所(みどりの窓口・南口)へ。

今回の山旅もコープトラベルです。

 

添乗スタッフ:Kさん

山岳ガイド:Sさん

ツァーメンバーは男性4名、女性5名の計9名。

 

皆さん初めましてと思いきや

高校時代の同級生に再開という思いがけない出会いがありました。

 

 

9時50分発のはやぶさに乗車し

大宮駅で11時50分のはくたかに乗り換えて長野駅へ。

 

3時間で長野へ到着。→早いですね~うずまき

 

長野は好天で暑い事、暑い事。

マイクロバスで今宵宿泊の村営猿倉荘へ。

 

15時過ぎに猿倉荘へ到着。

 

 

ここを基点に明日白馬岳へ。

標高差、1700mポーン→登りきれるだろうかと一抹の不安あせる

 

 

 

今年の遭難発生状況のかわら版→myアイドルのさんぽさんにここで出会えましたウインク

驚くほどの遭難数です・・・心して登らねば・・・

 

 

 

 

盛りだくさんの夕食。

食後のデザート(プチケーキ)も出ましたが食べきれず。チーン

食事は明日の活力なのでしっかり食べた。→昨年のガイドに、前夜の食事が大切と教えて頂いてからしっかり遵守。(笑)

 

 

 

 

 

食後歯磨きのために外の洗面所へ。

洗面所から窓明かりの山荘。

 

夜は早々に就寝。

 

 

                ~8月3日(木曜日)~

 

 

 

4時起床し5時朝食。

ワンプレートのおかずに納豆と酢の物。

こむら返り予防の漢方も服用。→服用したからなのか、そうでないのか不明もこむら返り発症せず。拍手

 

 

 

6時過ぎに山荘脇の登山口を出発。

周囲はガスが立ち込めているものの晴れそうな予感。

 

 

 

登り出しは緩やかなj樹林帯~林道へ。

今日の行程は白馬尻小屋~大雪渓~白馬山荘~白馬岳~白馬山荘泊の予定。

 

 

 

 

1時間チョイで白馬尻小屋に到着、巨大なwelcomeストーンに迎えられる。

小屋の入口にキヌガサソウの見事な群落。

この小屋はプレハブ式で雪崩による崩壊を防ぐために冬季は撤収されるそうです。

 

 

 

小屋前の広場から大雪渓が望め、一同歓声!!!

大雪渓と冷涼な風と傍を流れる雪どけ水が否が応でも気分を盛り上げてくれる。

 

 

 

 

小屋から灌木帯を少し登った雪渓の

入口で軽アイゼンを装着し記念撮影!

 

 

 

ガイドから雪渓歩きの注意点の説明を聞いた後

出発です!

 

 

 

 

歩きはじめるとクレバスや落石が目につく。

時折、山肌を加速度をつけて転がる岩や、カラカラと細かい石屑が落ちる様を実際目撃。ガーン

 

 

雪渓上部で休憩。

はぁ~シンド。うずまき

 

 

休憩後はアイゼンを外してガレ場の上り。

 

 

いたるところに注意喚起!

 

 

豪快な雪どけ水の流れ。

 

 

小雪渓手前で弁当休憩うずまき

死ぬほど疲れたもやもや

 

 

 

お弁当ひろげたものの・・・食欲なく食べられなかった・・・

○藤さんに頂いたキュウリの漬物とミニトマトだけお腹に押し込む。

 

 

食事後、ふたたびアイゼン装着し小雪渓をトラバース。

 

ガイドから、今年ここで滑落事故があり下まで滑落した事例が話された。

確かに滑落したら下まで滑り落ちそうな場所であった。

 

今日のような日は良いが強風だったり視界が悪かったりすると危険そうだなと思った。

うろ覚えだが「岳」という漫画の中で・・・

 

向かい風や追い風は対処できるが、突然の横風には人はなすすべがないんだよ・・・

というようなセリフがあったが、もしここでそんな状況になったらひとたまりもなさそうだなと・・・

そんなことまであたまに浮かぶうずまき

 

 

 

槍ヶ岳の穂先のミニチュアみたい。

 

 

小雪渓をトラバースした後アイゼンを脱ぎます。

その先はず~っとお花畑広がります。

 

 

 

小休憩アセアセ

 

 

 

白馬山荘手前の山荘への道。

「ガンバレ」の文字に励まされるうずまき

 

 

見えている小屋がなかなか近づかないあせる

 

 

今宵の宿、雪渓右手上に遠望。

 

 

ウルップソウの大きな株。

高山礫地に生える多年草で、北アルプス、八ヶ岳、礼文島に自生するようだ。

 

 

 

村営白馬岳頂上宿舎でトイレ休憩。

宿泊予定の白馬山荘まで後少しと思うと元気が出る。

 

 

時間的なものかテン場のテントは少ない。

 

 

今宵宿泊する白馬山荘までは

緩やかなザレ道を登るあしあと

 

 

登り出しから7時間かかって白馬山荘に到着!

タフな登りでございましたチーン

 

 

登頂後、体操を済ませ、荷物を部屋に置き

白馬岳山頂に向かう。

 

明日もここを経て栂池へ下山するのだが

明日の天気の保障もないので今日中に一度登っておく事にした。

 

 

可愛らしいリースのようなチシマギキョウ。

 

 

ガスがたちこめて怪しげな天気。

 

 

白馬山荘から20分程で登頂!!濃いガスで周囲の景色は見えず。

晴れていれば北アルプスの主要な山々(立山、剱岳、穂高岳、槍ヶ岳)

の大パノラマが広がるようです爆  笑

 

 

 

下山中、雷鳥の親子に遭遇ポーン

子雷鳥の可愛らしさ全開でした!

 

 

暫し、雷鳥の観察をした後

白馬山荘創始者 松沢貞逸のレリーフに立ち寄り山荘に戻る。

 

 

明日は晴れてくれたら良いのだが・・・

 

 

宿泊棟と同じ敷地にあるレストラン。

着替えた後、お疲れさん会をお祝い生ビールの旨かった事拍手

 

白馬山荘は日本最大級の山小屋だそうです。

掃除も行き届いていてきれいな小屋でした。

 

食事時間帯も混雑しているにも関わらず

スタッフの手際の良さでスムーズに運びます。

 

 

宿舎内の診療所。

 

学生が体調不良登山者の診察?に当たっているようです。

ここを通りかかるたびに相談に訪れる人を目にしました。

 

部屋でひと休み後は

お待ちかねの夕食です。

 

 

 

 

メインディッシュは、ハンバーグでしたが、美味しい夕食でした。

みそ汁はおかわりしたいほど疲れた身体にシミワタリましたルンルン

 

 

 

 

 

                                      翌日へ続く・・・

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日も8月2日からの白馬に備えてトレーニング。

 

天気が怪しげで、少し自宅で様子見してから出かけたので

登山口が一番近い馬返しからとした。

 

車を走らせていると。。。。

あ~たま~をく~も~のう~えにだ~し~状態の岩手山。

ふむふむ・・・山頂は天気が良さそうだニコニコ

 

駐車場にもそこそこ車がとめられている。

泊りの方もいるだろうから、全部が全部登っている訳ではないだろうが。

 

 

明け方の雨に洗われたようで

木々の緑が瑞々しい!

 

 

まずは鬼又清水で手を洗い

ちょっとヒンヤリしてから8時30分出発!

 

 

今日は蒸し暑いものの2週間前の

真夏日よりは順調に歩ける。

 

 

4合目付近から遠望。

今日は登り旧道、下りは新道の予定。

 

 

行く手を見上げるとうんざりするほど長い距離ガーン

一歩一歩・・・黙々と・・・

 

 

景色を眺めながら歩を進めるが

4合目から7合目までの上りは辛抱辛抱の辛い上り。

 

 

や~~~~っと7合目アセアセ

登山開始からちょうど3時間。

 

 

 

お気に入りの定点撮影。

 

 

8合目。

御成清水の水を頂き、drinkゼリーを飲み、すぐ出発。

 

 

ツァー客をやり過ごした後9合目出発。

先行したかったが、足が攣りそうなので後からゆっくり歩く事にした。

 

 

 

御鉢への上り途中から眼下に8合目の小屋を望む。

2週間前、コマクサが斜面一帯に咲いていたが殆ど終わっていた。

イワブクロが若干残っていたが、見頃を過ぎている。

2週間前がベストタイミングだったと思われる。

 

 

9合目から途中、足が何度か攣ったが、ゆっくりゆっくり登って何とか御鉢に辿り着く。

やっぱり運動不足なのかな~・・・これ以降は攣ることなく歩けた。→筋力つけたいと痛切に感じる滝汗

 

 

今回は時計回りで山頂へアタック!

 

 

出発前登山口で一緒だった若い子達(高校生?)のグループ。

途中で追い抜かれたが、8合目で休憩を取られていたので

山頂ではほぼ同じ時間帯に登頂!若い子達は元気が良く疲労感を感じさせない。

 

 

山頂看板は表と裏のデザインが違う。

 

 

こ~んな小さな子も山頂に。

逞しい!!

 

 

山頂では青空に恵まれ、山脈にたなびく雲を見ていると時間を忘れる。

お気に入りの岩場に腰かけ、眼下をのぞくと平傘不動小屋、御苗代湖や八ッ目湿原の木道が遠望できる。

周囲の山々や景色を満喫しながら珍しく山頂に長居した。→今日は網張コースを歩き、鬼ヶ城の天空散歩も良かったかも・・・

 

 

団体さんが出発したのを契機に私も重い腰を上げる。

団体さんは馬返しから焼走り?に下るようだ。

ガイドはT市の山岳ガイド○友さんだった。→フェイスブックに山頂での私の姿が映りこまれていてビックリガーン

 

 

荒涼とした火口丘と斜面の植物の

グリーンとのグラデーションが美しいな~と毎回思う。

 

 

若い子達のパーティが下山する様子。

前方に雲が広がり高度感もあってお気に入りの1枚。

 

 

8合目の小屋前の清水に両手を浸しクールダウン。

先も長いので休憩せずに黙々と下山。

1合目で10分程休憩し、16時20分に下山完了アセアセ

 

下山5合目過ぎに上りの0.5合目でお話しさせて頂いた方と遭遇。

滋賀県からレンタカーを借りて東北の山を歩いていらっしゃると言っていた方々。

8合目でリタイアしたとのこと、下山中に奥様が転倒し膝を痛めた様子で大変そうだった。

あちらこちらの山を頻繁に歩いていらっしゃるとのことでしたが

岩手山は大変な山だったと感想を話しておられました。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・出会ったお花・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

クルマユリ、クサボタン、シャジンなどが今の見頃の花といったところ

 

………………………………………・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

今回は比較的ペース良く歩けた。

登山者は、天気予報のせいか少な目だった。

 

岩手山は何度歩いても良い山だ!!

秋の紅葉時期にでも網張コースか七滝コースを歩いて小屋泊を経験してみたいルンルン

 

 

                          Viva ! 岩手山(*^_^*)

 

 

 

~追記~

 

6合目付近を下山中、声をかけられ、「山頂で映り込んだ私の画像を

送ります。」と言って下さった方から画像が届きました。

昨日の岩手山の絶景がわかる画像です。→痩せないとな~(笑)もやもや

 

 

画像を撮って下さり送ってくださった方に感謝ですラブラブ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。