こんにちは。

最新の本ではないのですが、また素晴らしいな、と

思った本がありますので、ご紹介します。

 

「ブレインプログラミング」というアランピーズ、バーバラピーズご夫妻が

書かれた本です。全世界で2700万部売れているとのことですが、

私は彼らの本は初めて読みました。

素晴らしいと思った箇所を書かせていただきます。

 

「人生でほとんど何も達成できない人、人生からほとんど何も

得られない人が多いのは、自分の望みをはっきりとわかって

いないから」

 

「目標をくっきりイメージしなければ、毎日のささいなことばかり

追われていずれはその奴隷となってしまう」

 

「この世には2種類の人がいる。

10年分の経験を持つ人と、1年分の経験を10年間繰り返して

いる人。10年分の経験を持つ人は、人生で多くの事を達成し、

寿命が延び、楽しく生きられる」

 

「1年後に後悔することになるだろう。昨年の今日、始めれば

良かったと。今でなければいつ始める?」

 

「自分が落ち込んだり、ふさぎの虫に取りつかれているのに

気づいたら、いつまでそうしているか、期限を決めよう」

 

「成功する人とそうでない人の違いは、行動するか、しないか

にある」

 

「人差し指を突き出して誰かを責める時、残りの指3本が指して

いるのは自分だ」

 

「人生では誰のことも責めるな。

いい人は幸福をもたらしてくれるし、

ありがたい人は経験をもたらしてくれる。

もっとも始末に負えない人はレッスンを授けてくれるし、

最高の人々は思い出をくれる」

 

「何をやってもうまくいく人には一つの共通点。困ったことが

起こっても、おもしろおかしい面を見つけ出すコツを

身につけているのだ」

 

「最も大きな成功を達成するのは、ほとんどの場合、最悪

の失敗だと思うことを経験してから一歩前に進んだ時だ」

 

「沈んだ気持ちで生きている人は過去に生きている

不安を抱えて生きている人は未来に生きている

平和のうちに生きている人は現在に生きている」

 

「努力の20%だけが結果を生む」

 

「あなたが考えたこと、自分に言い聞かせたことこそが

あなたが手に入れる現実となる」

 

まだまだ名言は沢山ありましたがこれはごく一部

です。自分が幸せな気持ちになる言葉もあれば、

いい意味で心にグサッとくる言葉も沢山ありました。

でも最終的には人の気持ちを元気にしてくれ、

人生を前向きに生きようと思える本です。

是非読んでみてください。

こんにちは。半年ぶりの更新になります。

 

最近、実家に行った時、色々あって落ち込んでいた私に

母が貸してくれたのが、渡辺和子さんという方の

「置かれた場所で咲きなさい」という本でした。

 

ロングセラーで200万部突破しているそうですが、

読んでみて、売れているのが納得できました。心に

響いてくることが沢山書かれていました。

 

「”私は大切だ。生きるだけの価値がある”そう思うだけで

どんどん心丈夫になる」

 

「人生にはポッカリ穴が開くことがある。開いた穴から

これまで見えなかったものが見えてくる」

 

「人生の終わりに残るものは、我々が集めたものではなく、

我々が与えたものだ」

 

「悩みは嫉妬に似ている。初めは小さかった悩みも、

そこにばかり目をやっているとどんどん雪だるま式に

ふくらんでいく。そして転がりながら小さな悩みを

くっつけて自分ではどうしようもないほどに大きく

なっていく。そうなる前に客観的に自分自身を眺めて

みること」

 

「周りには沢山の人がいるけれど、24時間ずっと一緒

は自分だけ。その自分を嫌うことなく大切にしてあげ

る。悩みを抱えている自分もまたいとおしく思うことです」

 

「結局自分の悩みは自分自身で向き合っていくしかない。

いいつくせなかった悩みは自分一人でお墓まで持って行く。

それもまた人生」

 

「ていねいに生きるとは、自分に与えられた試練さえも

両手でいただくこと」

 

こんなふうに、なるほどなぁと考えさせられる名言だらけ

の本で、心に言葉がしみわたり、涙があふれてきました。

私みたいに、ちょっとしたことで落ち込んだり、悩んだり

してしまう人には特におすすめです。母にこの借りた本を

返して、自分用に買いに行こうと
思っています。

皆さんも是非読んでみてください。おススメです!

 

 

 

 

 

 

こんにちは。お久しぶりです。

4か月ぶりの更新です。

おかげさまで、小屋浦の主人の実家で、例年通りの

正月を迎えることが出来ました。ありがとうございます。

今年は、、、災害は、、、大したことありませんように!

 

以前は、月に一度ブログを更新、、と思っていましたが、

これからは、よりゆるーく更新していきたいと思っています

のでよろしくお願いいたします!

 

さて、先月ですが、1年ぶりくらいに大阪の娘のところに

遊びに行ってきました。

行ってみたかった宝塚歌劇団へ。この、「霧深きエルベのほとり」

という演目でした。

いやあ、、、ゴージャスでした!観客は女性がほとんどで、

男性はちらほら。第一部の物語より、第二部の歌とダンスの

ほうが華やかできらびやかな感じでした。

第二部のほうが、ミーシャや、世界の終わりの曲とか

知っている曲を沢山歌われていたので、楽しかったです。

また行ける時があれば、行ってみようと思っています。

 

夜は神戸の中華街で食べたのですが、美味しかったけど、

通りに人が少なすぎて寂しかったです。昼に行くのが普通らしいです

 

さて、2日目は

仕事の参考に建材メーカーの見学したり、

娘の家の棚買いに行ったり、何故か娘の部屋の

全ての引き出しや収納の整理整頓しだして

娘に呆れられ、、💦でもすぐに一緒になって

必死に片付けてくれました。

写真撮るの忘れてしまった。

やっぱり、収納は、取り出しやすく、収めやすいのが

一番!!です!二人でピカピカになった部屋を見て

うっとり、大満足!してました。

後は、娘の服と靴の買い物に延々付き合わされて

2日目終了。

 

3日目は、京都まで行き、八坂神社や、知念院等を

ウロウロしていました。

天気も快晴で、美味しいものも食べ、観光、観劇も

出来て楽しい大阪、京都旅行でした。もっと写真撮って

おけばよかったなぁ、と反省しつつ、また仕事三昧の

日々を頑張ろうと思っています!

 

****************************************************************

かんくう建築デザイン

「お客様が心から喜んでくれる家を創りたい」と願う広島の建築設計事務所です

*****************************************************************

※現場や仕事の様子は、facebookページでもご覧いただけます。

  https://www.facebook.com/kankuu.net

 

 

 


 

こんにちは。西日本豪雨災害から3か月経ちました。

これが小屋浦の4日前の写真です。3か月経っても

まだ手付かずの道路や、取り壊すしかないお宅が

ありました。

11年前に亡くなった私の友人のお墓も流されていて、

衝撃を受けました。

 

この3か月間、行かれない週もあったけど、毎週、

主人の実家と義弟の家を直す為に小屋浦へ通って

いました。

 

最初は、他のボランティアの力もお借りしながら、

土砂のかき出しをひたすらやったり、水中ポンプ

で水を外に出したり、泥だらけになりながら床下を

掃除したり、床や階段、廊下を自然塗料で塗り直したり、

壁に断熱材入れてベニヤ板張り、その上からクロス

を張ったり、、。

泥だらけの畳を捨てて、床下の木材を総入れ替え

して新しい畳とふすまを入れてもらったり、、。

 

大工仕事は自宅のリフォームの時にやっていましたが、

今回は2軒分やったので、本当に大変だったし、時間も

かかってしまいました。今は大工さんはどなたも災害対応

で本当に忙しくされているので、自分達で元通りにする

ことが出来て、実家も義弟の家も綺麗になったし、喜ばれ

たし、ほっとしています。

これでやっと元通りの生活を取り戻すことが出来ました。

 

これまでにも台風被害や、北海道の地震等で、この災害

以外でも被害が甚大で、今でも大変な思いをされている方が

沢山いらっしゃいます。その方達も、一日でも早く、元通りの

生活、普通の暮らしに戻っていただけたらなあ、、、と、

心底思っています。

 

****************************************************************

かんくう建築デザイン

「お客様が心から喜んでくれる家を創りたい」と願う広島の建築設計事務所です

*****************************************************************

※現場や仕事の様子は、facebookページでもご覧いただけます。

  https://www.facebook.com/kankuu.net

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは。

今月の6~7日にかけての西日本豪雨災害。全国に甚大な被害が

出ていて痛ましい限りです。心よりお見舞い申し上げます。

被害にあわれた方々の、一日でも早く、平穏な生活に戻れるよう、

願っています。

 

今回の災害により、主人の実家と義弟の新居が床上浸水してしまった

ので、早速駆けつけて、食糧の買い出しやゴミ出し、掃除の手伝いなどを

してきました。


写真の場所は全て小屋浦です。家等が流されてしまい、亡くなられた方々が

小屋浦だけで10名以上になりました。今日まで3日間ほど現地に行って

片付けたりしてきましたが、電気はきていて、エアコンを使うことが出来たので、

家の中での作業は涼しかったのですが、何をするにも水が必要なのにもちろん

断水で使えず、近所の水路の泥水で床を拭いたり、トイレを流したり、で、

はかどりませんでした。幸い、ご近所の方が、「うちの井戸水を使っていいよ。」

と言ってくださったので、何回も往復して使わせていただきました。ありがたかったです。

 

4年前の広島土砂災害では自分達が被災者となり大変でしたが、今回は

実家と義弟の被災。100年に一度の災害とか言われたりしますが、毎年日本のどこかで

大きな水害や地震がおきている気がするし、ここ最近の雨の量は本当に膨大

で、特に義弟の家は新築だったので、ショックは大きかったと思います。

 

4年前の被災した時、沢山の方に何かいるものはないか?手伝えることはないか?

と色々ラインやメールや電話をいただきましたが、親せきや友達から聞かれても

遠慮してしまい、「いいです」とか、「大丈夫です」としか、言えませんでした。

本当は大丈夫じゃなかったのに、、、。

 

なので、今回3日間だけど、道が寸断されてて行くのに3時間かかったりしたけど、

やっぱり本人達の顔が見れたし、泥のかき出しや拭き掃除、ゴミ出しが手伝えた

し、喜ばれたし、本当に行って良かったです。

 

こんなことあってはいけませんが、この災害大国日本では、いつ地震とか災害

が起きるか分かりません。もし、あなたの大切な人が被災されてしまったら、

一刻も早くかけつけて、色々手伝ってあげてください。電話とかでは遠慮してた

人も、行くと色々頼ってもらえます。行くのが一番!そう心底思った2週間でした。

 

ボランティアの方々にも道路の土砂を土嚢袋にいれていただいたり、道路を綺麗に

して車も通れるようにしていただいたり、本当に感謝しています。

ありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。

 

****************************************************************

かんくう建築デザイン

「お客様が心から喜んでくれる家を創りたい」と願う広島の建築設計事務所です

*****************************************************************

※現場や仕事の様子は、facebookページでもご覧いただけます。

  https://www.facebook.com/kankuu.net

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは。

最近のブログは本の感想ばかりですが、読書好きなので、

今日も本の話題にします。

タイトル通り、恩田 陸さんの、「蜂蜜と遠雷」という本を読破しました!

素敵な表紙だし、「直木賞」と「本屋大賞」を初ダブル受賞されてるし、

読んでみたいなーと思ってはいましたが、なにせ、、

分厚いあせる カバーも含めると3.5センチもありましたし、中味もびっしり

書かれていている。読み始めるのに勇気がいる本でした。

 

ピアノコンクールについての本なのですが、実際に読んでみると、

一人一人の登場人物が魅力的な人ばかりで、一気に物語りに

引き込まれていくし、作者のクラシック音楽に関する知識と表現力が

ハンパないなー!と感心しながら読んでいました。

読めば読むほど先を読みたくなるし、一次選考、2次選考~本選、と

続いていくので、次はどういうふうに曲をひいていくんだろう?と

ワクワクしながらページをめくっていくことが出来ました。

 

それにしてもいつも思うことなのですが、作家の人って、本当に

賢いなー!!って思います。どうやったらこんなふうに人をひきつけられる

長文が書けるんだろう?頭の中を覗いてみたいものです。

私なんて、こんなブログの記事も、月1くらいしか書いていないのに、

いつも四苦八苦しているんですよガーン  情けないわぁ、、。

まあ、作家の方々の日々の努力の賜物ですよね!

 

本の最後はコンクール中にどんどん成長していった出演者達が

コンクールに入賞するのですが、すぐにでもクラシックコンサートに

行きたくなってしまいました!コンクールに登場する人物達の

血のにじむような努力とかも想像出来るような文章の書かれ方でした。

 

読後、しばらくはクラシック音楽ばかりきいていました。本当におもしろかったので

是非読んでみてください!読後感は最高ですよ!

 

                            

 

 

 

 

 

こんにちは。

ゴールデンウィークですねぇ。久しぶりの更新です。

今日は「猫とビターチョコレート」というブログをされている、

たかはたゆきこさんという方の、「おでかけは最高のリハビリ!」

という本を読んでの感想を書かせていただきます。

 

脳出血の後遺症の為、要介護5になってしまったお母様を介護

しながら、そのお母様と一緒にウィーンを旅するノンフィクション

旅行記です。

もし私がたかはたさんだったら、普通にお母様を介護すること

だけで精一杯になってしまったと思います。それにうじうじ悩んだり、

鬱病にでもなってしまったかもしれません。

でもたかはたさんは、いつもいつも、常に前向きで、明るくて、

目標を定めて努力されてて、すごいなあ、素晴らしいなあ、

って感動しました!

元バイオリン教師のお母様の、「いつかはウィーンに行ってみたい!」

という夢の為に、夢を夢だけにせず、きちんと計画を立て、お母様ご自身も

リハビリを毎日毎日何時間も頑張られ、どんなトイレも使えるようにする

練習や、色んな車に乗る練習、現地のバリアフリー情報の収集や、

お金も一生懸命貯めて、ウィーン旅行の夢を実現されました。

 

その”あきらめないこと”とか、”夢を実現させること!”とか、本人の

行動力に感心させられまくりでした!

お母様や、ご家族の方への愛情もあふれていて、読んでいて

元気もらいました。

また明日から頑張ろう!って思える、大変素晴らしい本です。

皆さんも是非読んでみてくださいね!

 

 

こんにちは。

今日は雛祭りの日ですね!

昨日、ママ友と竹原の雛人形展示を見に行ってきました。

お天気も快晴で、お出かけ日和でした。

広島市内からは高速を使って、1時間くらいで着きました。

 

道の駅竹原で周遊券を買うと、100円お得に巡ることが出来ます。

この写真のように、7段飾りは本当に華やかで、見ててなんか

幸せな気持ちになりました。

明治や、大正時代の雛人形なんかもあったりして、そんなに古いものが?!と

ちょっとびっくりしました。大抵は50年代の7段飾りが多かったですね、、。

それぞれの時代によって、お人形のお顔がちょっとずつ違っていました。

とても綺麗に展示されていて、さぞ保管は丁寧にされているんだろうなあ、って

思いました。

 

7段飾りの他にも、変わったお雛様が沢山あったので、

もっと写真撮っておけばよかったです。

やっぱり周遊券で巡る箇所は、見ごたえがありました。

でも私が一番気に入ったお店は、「夢工房 登夢想野」

というお店でした。木で彫られた、とにかくかわいいお人形

が沢山あり、思わず買いたくなるのですが、

「売ってません。」との事。趣味でコツコツ作品作りをされて

いらっしゃるようです。

年に5回くらい展示品をかえていらっしゃるそうなので、

季節ごとに行かれてみるのも楽しいと思います!次回は

五月人形をテーマに展示されるそうです。

夢中で見ていると、コーヒーまでご馳走になり、ありがたかったです。

登夢想野さん、ご馳走様でした。ありがとうございました。

(金曜~日曜日まで営業されています。)

 

お昼は近くのカフェ、ホクストンへ。

海のすぐ側にあり、いつまでもゆっくりしたくなる、とっても素敵な

お店でした。ラザニアランチをいただきましたが、濃厚な味で、

満足、満足!写真撮るの忘れてすみません。

お店から見える、海の水面がキラキラかがやいていて、思わず

うっとりしてしまいました。

 

この、ご紹介した竹原雛巡りですが、今月の25日くらいまで開催

されているそうです。

天気の良い日に是非行ってみてくださいねラブおススメです。

 

 

 

 

 

こんにちは。

はっ!っと気が付いたらもう2月です。早いですよねガーン

さて、先月ですが、近所の砂防ダムの見学に行ってきました。

 

これと

これと

この3つのダムです。

このダムが、この辺りでは一番大きくて幅が100メートルほど

あり、とても威圧感ありました。やはり、一番被害が大きかった

所でもありますので、一番しっかりしたものになっています。

 

これは多分点検用の階段。

近くに芝が植えてあるのですが、鹿に食べられて困る、

と工事関係者の方が言われてました。

 

天気は快晴で、暖かかったため、全部で60名以上の

方が来られていました。自分の家のすぐ近くにこんな大きな

ダムが出来たわけですから、気になりますよねあせる

中には、遠いところからも見学に来られてて、

感心の高さがうかがえました。

 

土砂災害から3年半経ちましたが、災害発生当時は、

3年半後にこんな立派なダムが出来上がるなんて、思っても

いませんでした。

何もなしでそのまま生活するより、心の安心度が違います。

もし土砂が流れてきても、ダムに溜まった土砂を撤去してくれる

そうで、本当にありがたいです。

大事な税金を使って作っていただけて、感謝感謝だなぁ、、って

改めて思った見学会でした。

 

こんばんは。

新しい年が始まりましたね!

今年もどうぞよろしくお願い申し上げます!

 

さて、今年も昨日、かんくう建築デザイン、皆で

毘沙門天に初詣、行ってまいりました。

お参りすると、なんかこう、気合が入り、今年も

仕事頑張ろう!って気になります。

 

さて、年賀状のお話なんですが、毎年、当たり前ですが、

こちらから今までの全てのお客様に年賀状をお出しする

のですが、忙しさにかまけて、ほとんどのお客様への

一言を添えておりません、、、ガーン

毎年、申し訳なく思っております、、、のに、お客様からの

年賀状には、お一人、お一人が大抵何か一言添えられて

おり、それが嬉しくてありがたくて、、、ラブ

 

なので、今回、全ての方ではないですが、

抜粋し、どなたかは分からないように加工して、

載せさせていただきます!毎年、ありがとうございます!

 

 

もうリフォームされて13年になるお客様も毎年

一言住み心地をかいていただき、ありがとう

ございます。

この年賀状や、メール、お手紙等を励みに、皆で

今年も仕事頑張ってまいります!!

感謝♡

 

追伸 かんくうのホームページに、「上根の家1」の

   写真をアップいたしました。是非ご覧ください。

   上根の家のお客様、お忙しい中、撮影のご協力

   いただき、本当にありがとうございました。