親も学校も教えてくれない夫婦学「あげまん講座」0期生の進化がたまらない〜。

 

4回目を迎え、嬉しい報告を受けました!!!!

 

想いを寄せている人がいるのに、何もできない。。。でも、想いは募るばかり。。。

 

実は1回目から、仕事の相談として「彼を二人飲みに誘う」が宿題だったの。

 

講座中は意気揚々と、決意するものの、なんだかんだ実行できない日々が続く。。。。。ふう。。。。

 

角度を変えながらアプローチを進めるけど、彼女は自分の殻を破ることができるのか???

 

実際、講師としては、行動を起こしてくれるかどうか、最後は本人次第なので、祈るのみなの。

 

それが!!!!やっと!!!!!

 

光り輝く彼女の表情をお見せしたいくらい!変わったのよね〜。

 

そして嬉しいことに、

 

「このあげまん講座がなければ、きっと一生できなかったことができました。ありがとうございます。」

 

はあ〜。嬉しい!!!

 

大切なのは、彼女が行動を起こしたってこと!!!

 

もちろん、誘って、彼からもOKが出たことも嬉しい限りだけど、もし、NOでも構わないの。

 

無理だと思っていたことを、行動を起こせた!これが、成功体験。

 

小さな成功体験を積み重ねていくことで、自信が生まれていくの。

 

彼女が行動したことだけでも、私も仲間も大喜び。

 

「学ぶことが多すぎて〜」なんて嬉しい感想まで飛び出してる。

 

うふふ、ほんと嬉しい。私が今まで掴んだ幸せへの道ぜ〜ん部お伝えしちゃうよ〜。

 

興味のある方はお早めに。。。

 

 

 

 

 

 

アメリカ生活6ヶ月目の日記

テーマ:
2012年3月から、アメリカ、オハイオ州の小さな町、フィンドレーに、夫の仕事の都合で住んだ。夫も私も、もちろん小学校を卒業したばかりのむすめも、英語は話せない。その当初、半年経った頃のfbの投稿がでてきて、面白かったので、ブログにもあげちゃおうっと!

以下、原文そのまま。

昨日、家庭教師と宿題をやっていたが、10分時間が余った。
疲れてやる気のなさそうなあんずにいろいろと働きかけてくれる先生。。(ありがとう!)
今読んでいる本の話になると、あんず乗ってきて、あらすじを聞かれた。

ぺらぺらあらすじ話してる~~びっくり!!
しかもネイティブな子の話し方、というか、イントネーション!
(なんて、私の耳はいまいちだからたしかではないけどね。。へへ)

その後、ほめながら話すと、前は日本語に置き換えて英文にしてたけど、今はそのまま文法や正しい文かどうかなんて考えずに思ったまま話してるって、思いっきりのドヤ顔!!う~mm

わからないなら、わからないってはっきり言うことにしたんだって。
教えてくれる?とか、友達にも先生にも事務局の人にも!!どんどんいうようにしたんだって。あいまいは分かってもらえないって肌で感じてるんだよね。
そしたらたくさんの人が喜んで教えてくれるようになって、フレンドリーになって行くんだって。

最近は、あんずが授業中わからないって、ヘルプを先生に求めると、「あんずを助けたい人~?」と先生が聞いて、半数以上の人が手をあげてくれるんだって。男の子もね。
その中で教えるのがうまかったり、優しかったりする子を先生がセレクトしてくれるから、どんどんあんずを助けてくれる子が増える~~!!

こっちの子は積極的な子が多くて、本来のあんずが出せるいい場所なのかも。。。顔色見たり、心の奥を考えなくてもいいのかな、、
思った通りに動いていいのかも。。(もちろん私もまだまだ分からないけどね、いまのところの感触としてね)

人数多いいからなのか、分からないけど、自由時間がものすごくないんだけど(休み時間2分!しかも毎時間教室移動)確実に友達を増やしてる。
わが娘ながら本当に脱帽。。なんだかどんどん生き生きしてくる気がする。。

ちなみに私も、メキシコ人の友人に初めて家に招待されて二人だけのランチ。。楽し、嬉し、おいし~。

半年、手探りで頑張った成果がいろんな形で見えてきたのかな。。。
なんだかとっても嬉しい一日でした。。



自分をまるっと丸ごと受け入れることと、パートナーを丸ごと受け入れることと、どちらの難易度が高いのだろう?

 

私は自分を受け入れてから、相手を、と思ってきたけれど、ちと違うかも。

 

だって、私は夫の倒産の時に、受け入れることができた。不治の病じゃない、死ななかくて良かった。他の人を好きになったのじゃなくて良かった。ふう、倒産で良かった。一緒にいてくれればなんとかなるさ〜、って思えたから。

 

誰か他人を丸ごと受け入れるなんて、生まれて初めての経験で、これで私はすっかり脱皮したのである。

 

倒産を聞いたのは妊娠初期。それまでの私は、超!合理主義とでも言おうか、非難を覚悟の上で言っちゃうと、

 

「子供ができたら羊水検査をして、堕胎もあり。私には無理。」

 

と思っていた。。。。ほんと、恥ずかしいです。ごめんなさい。。。。

 

でも、倒産を聞いてから、人生のスイッチがカッチっと入っちゃったのよね〜!

 

「倒産なんて、問題ない。私がいるから大丈夫!私がもう一度男にしてあげる!!!」って燃えました!

 

そして、お腹の子供についても、

 

「この子は障害を持って生まれてくるのかもしれない。どんな障害でも大丈夫!どんどこい!そのこのままで愛する!」

 

って思ったの。

 

この気持ちは五体満足で生まれてきてからも変わらない。むすめをありのままで愛する。なにがあっても。

 

それなのに、私が自分自身を受け入れることができて、今の自分でいいんだって思えたのは、実はつい2年前。。。あのね、多分、言動も考え方も、変わっていない。倒産の時の私と同じ。変わったのは自分自身への信頼感だけ。

 

まあ、もちろん、自分を受け入れてからの方が、格段に幸せなんだけどね。

 

 

そして、なぜか出会ったときからずっと、私をまるっと受け止めて、愛してくれている夫なんだけど、自分を受け入れられずにいまだ、もうすぐ70歳になるのに、苦しんでる。。。。。ふう。。。

 

ってことは、私も夫も自分を認めるのに時間がかかったのだから、これは一般的なのかもしれない、と思ったってわけ。

 

なので、あげまん講座でも、自分を受け入れるのを最終の最大の目標にしようと思う。

 

まずは、ご主人を丸ごと受け入れるように努める。ほんの少しでもいい、彼の立場に立って、今までと違う角度から見て見る。

 

これをやるだけで、激変した夫婦、過去にいっぱ〜いいる!

 

あ〜楽しみだ!!

 

 

 

 

 

 

親も学校も教えてくれない夫婦学「あげまん講座」をしているやっちゃんです。

 

0期生、4人とも毎回変化があり、楽しい。そして、その中でも、宿題をしっかりこなしているMちゃんの変化がすごい!

 

実は、あげまん講座3回目にお子さんの具合が悪く欠席だったので、映像での補講がようやくできたばかり。

 

2回目の変わりように、私も受講者仲間も目を疑った。まるで別人!表情が、醸し出す雰囲気が全く違う!

 

ってなわけで、3回目の補講も楽しみにしていたのだけど、なぜか彼女の映像は止まったままで残念。

 

でも、今回も大変身していてびっくり、大感動!!

 

あんまり嬉しいので、あげまん講座を受けてからの変化をシェアしようっと!

 

Mちゃんは、30歳前半のかわいい、小さな子供二人のシングルマザーです。

 

・子供とのスキンシップがうまくできなかったのに、毎日ハグの回数が増え、子供達が明るくなった。

 

・最低だと思っていた元夫を、いいやつと思えるようになった。良好な関係になって来た。

 

・念願の引っ越しができた。

 

・ダメダメだと思っていた自分を好きになって来た。

 

・自分を信じられるようになった。

 

・「願いは絶対叶う!」が家族の合言葉になった。

 

・罪悪感が薄れた。

 

・あげまん講座の宿題のおかげで、いい習慣がいっぱいできた。

 

・子供の口癖、「私なんか。。。。」が消えた。

 

・自分の本音がわかってきた。

 

・自分に向き合えるようになった。

 

 

もう!もう!嬉しい!!!!素晴らしい!!!

 

Mちゃん自身が、しっかり自分の変化、子供たちへの変化を自覚しているから、なおさら変化が加速している。現実がしっかり動いている。

 

しっかり宿題をしてくれて本当にありがとう。行動が伴えば、現実も動き出す。

 

初めて会った時のMちゃんとは違う。きっと子供達も変わって来ているんだろうなあ。うふ、嬉しい。

 

自分らしく幸せに生きる人が増えていく。それが私の仕事。

 

私はそのために全力で進みます。

 

はあ、幸せだ〜!

 

 

 

 

どうやら、また一つ人生の階段を上がったようだ。これを質の転換、パラダイムシフトと呼ぶらしい。

 

親も学校も教えてくれない夫婦学「あげまん講座」をはじめた。そして、そのビジネスを、全国志ビジネスプレゼンテーション大会で発表するのだが、700名の前で話すので、ブラッシュアップしまくる日々が続いている。

 

たくさんの方々からご意見をいただきながら、自分の人生、ビジネス、志をあらゆる角度から深掘りするのだけど、その中での気づきがものすごい。。。。。

 

最近は落ち込みが激しく、自分には大会に出る資格も、あげまん講座で教える資格もないのではない、と思い込み、苦しかった。

 

水面深く深く落ちて行き、どうしたら出られるのか全く分からなくなった。いたずらに時は過ぎ、刻一刻と大会当日の10月21日が近づいてくる。

 

間に合うのか?道は開けるのか?こわい。こわい。。こわい。。。

 

それでも心の隅っこで、大丈夫、絶対大丈夫!当日までには、納得のいくプレゼンが完成して、気持ちよく観客の前で話している私がいるのを知っている。

 

そして、とうとう、先週、パラダイムシフトが起きた。

 

講座内容のブラッシュアップに協力してくれている人に、ダメダメな自分を泣きながら洗いざらい話していた。私が自分のダメさ加減を口にするたびに、その人は嬉しそうに微笑む。「いい感じだねえ!」と。

 

なんのことやらさっぱり分からん。。。。プレゼンが間に合うのか心配、というと、間に合わなくてもいい、という。なんだか狐につままれているような会話を繰り返していくうちに、いきなり気がついた。

 

もっともらしくあげまん講座で話している内容が自分にも必要なことに。。。。自分ができていないことに。。。。。

 

それを認めるのが怖くて、もがき苦しんでいたのだと。。。。。。

 

ダメじゃ〜〜〜ん!私!!!!!

 

 

ひとしきりそれを言葉にして吐き出すと、ふと、次のステージに上がった、と感じた。

 

あ!!!!だからいいんだ!!!ダメダメな自分をしっかり受け取った私だから、教えられるんだ!!!!!だって、完璧な人なんていないんだから。私がいつも言っている言葉だ。

 

自分がクリアしたから教えられるわけじゃない。クリアなんていつまでたったってできない。人生は永遠に学びなのだから。

 

そう、これが今回の私のパラダイムシフト。

 

う〜ん、詳細は、第6回全国志ビジネスプレゼンテーション大会の、決勝戦で話すことにしようっと。

 

10月21日、京都テルサにて、応援に来てね。うふふ〜。