洋服お直し店 スタートのブログ

洋服お直し店 スタートのブログ

東京都 大田区 雪が谷大塚にある洋服お直し専門店スタートです。
1994年にOPENしました☆

スタッフ2名、駅から少し離れた小さなお店ですが
愛情込めて毎日お直ししています!!

ぜひ一度ご来店ください^^

ツイッターもやってます(@onaoshi_start)


テーマ:
暑い日が続いましたが昨日今日は少し涼しく過ごしやすい気温になりましたね。

台風が近づいできているという予報なのでお出かけの際はお気をつけください


さて、当店では

8/11から8/15までなつやすみをいただきます

8/16より営業致します

尚、いまのところ8/16より8/31までは

11時開店とさせていただく予定です。


今年は例年に比べて日中暑く
お客様がご来店されるのは涼しくなってきてからの時間が多いため、様子を見させてもらいつつになりますが一時的に開店時間を変更させていただきます。

こちらにつきましてはまた変更ございましたらご連絡させていただきますm(._.)m

なつやすみ前は10時半から19時まで営業致します。






本日お預かりのお直し仕上がり予定日

パンツ丈詰め→8/10

その他お直し→8/17〜

大掛かりなお直し、仕入れの必要なお直し、ドレス等→8/23〜

お急ぎのお品物につきましてはお問い合わせください。

尚、パンツ丈詰めはお急ぎの場合
本日は14時までのご注文で当日仕上げ可能です。それ以降はお電話にてご確認ください。



ご来店の際はお待たせしないためにも
ご予約をおすすめしております。


また、具体的に直したい箇所が決まっていないお客様はご予約のうえご来店いただきますようご協力をお願いいたします。




ご予約は電話、店頭にて承っております。



☆HP☆

スタートHP

☆blog☆

Amebaブログ

☆twitter☆

Twitter

☆facebook☆

Facebook





営業時間と定休日を変更して営業しております

雪が谷大塚の洋服直しの店
スタート
東京都大田区南雪谷2-10-1
0337277697
不定休
10時30分~19時


テーマ:


年に数回あるお問い合わせですが

端切れが少ないけど丈詰めの寸法間違っていませんか?
というもの

当店では裾上げの際の残り布はご希望に応じお返ししております。

その際の余り布の長さをはかりそれが丈詰め寸法だと勘違いされるお客様がおられます。

裾上げには縫い代が必要です。

仮に2センチのミシン幅で三つ折り(くるくると2回折り込む仕上げ方)であれば多くて4センチ必要です。

●裾が切りっぱなしのもの

につきましては10センチの丈詰めであった場合お返しできる布は
6センチ前後です。

●裾部分が仕上がっておりその仕上がり部分をほどく必要のないもの

につきましては、仕上がり部分をほどかない状態ですとお返しできる布は
6センチ前後です。

仕上がり部分をほどいていただくと元々の仕上がっていた部分の縫い代と、新たに仕上げた部分の縫い代にもよりますが(実際より多く、もしくは少なく縫い代をとる場合がございます)
10センチ前後と裾上げ寸法に近い状態になりわかりやすいかと思います。

● ほどかないと作業のできないもの

につきましてはほどいた部分の縫い代があるので10センチ前後の端切れの状態でお返しするので分かりやすいかと思います。


思っていたよりも長い、短いなどのイメージ違いがあった場合
お返しした端切れをご覧になり間違えたのではないか?と思われるケースがあるようです。

縫い代
というワードは洋裁をしていると当たり前のものなのですが普段洋裁をされてない方には
???
ですよね。
説明する際も自分でも伝わっているかな?と思ってしまうので覚え書きとしてブログに書かせていただきました!


あ、裾上げをご注文される場合は縫い代部分は考えずに仕上がり寸法でご注文くださいね^_^
縫い代はお直し屋さんが適量計算します!
ご指定がある場合や不安な場合はご注文時にお尋ねいただくといいかと思います。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス