永里優季オフィシャルブログ「Über der Spitze」Powered by Ameba

永里優季オフィシャルブログ「Über der Spitze」Powered by Ameba

永里優季オフィシャルブログ「Über der Spitze」Powered by Ameba

-->⇒ 公式Facebookページ

お仕事等のご相談・ご依頼は下記のアドレスまで↓
info@leidenschaft2017.com


テーマ:
こんばんは!



週の始めにブリスベンに到着し、メディカルチェックが無事に通り、一昨日からチームの練習に合流しました。





オーストラリアは、春。



もうすぐ夏といったところですが、夏日和がここのところ続いていています。暑い!



隣のチームメイトは、ラグビー選手でもあります。秋冬はラグビー、春夏はサッカーというシーズンをオーストラリアで過ごしている選手。



ラグビーとサッカーを両立できちゃう能力があるってすごすぎる。。。





ブリスベンの空は、こんな感じ。





雲とのコントラストがたまらなくいいです。

この空、私の好みの空でございます。








昨日は、一般公開トレーニングだったので、ファンがたくさん来てくれました。






いつも新しいチームに行くと、チームメイトの名前を覚えるのが大変です。。



ですが、今回は覚えは早い方だと自分では思っています!とにかく若い選手たちが多い、多い、多い。。。





10代も沢山、20代前半も沢山……

30代は私だけ………



若さって凄い。



17、18歳の選手がガンガン私に絡んできて、いじってくる。



そして、ちょっとした勝負を挑んでくる。


若さっていう勢いを武器に。



若さに刺激を貰っております。




でもね、おばさんだって負けてられません。



負けん気だけは、人一倍なので、、どんなに些細なことでも負けん気を発揮してしまいます(笑)




15歳近く歳の離れた人とサッカーする日が来るなんて(自分より下) 、、、時の流れの早さを感じますよ。



自分が10代の時に、それくらい上の選手だったのは、おやじさん (小野寺志保さん) でした。



あの時、私も絡んで勝負挑んでたな。毎日、毎日ひたすら。



おばさん、頑張りますよ。


若さには、負けません。







16歳で代表デビューさせてもらって、22歳でプロ選手としての生活をスタートし、31歳になって自身キャリア5カ国目のリーグへチャレンジ。



まだまだ成長したい、色んな土地の文化や習慣を学びたい、という想いは、歳を重ねるごとに更に強くなっているような気がします。






Personal achievement は何1つなく、ただ、チームの一部となってチームを、チームの勝利のために力になれる役割を果たせるように、取り組んでいきたいと思っています。




若さという勢いは武器になる。でも、それは経験のある選手のサポートがあってこそ。



私が若い時に自由に勢いでやらせてもらえていたのも、それをサポートしてくれる経験のある先輩たちがいたから。



プロ選手なんだから、それは競争だから関係ないって思うかもしれないけど、、、


競争ってそうやって互いに自分の良さをただアピールし合って生まれるものではなくて、


そういった経験者のサポートがあったり、互いの良さを活かそうとする意志、相手を尊重して学ぼうとする姿勢があるからこそ、健全な組織がオーガナイズされて、


その中に自然と健全な競争が生まれて、お互いに学び合いながら、選手もチームも成長していくものだと、私は思っています。




若さに負けないように!




ではなくて、若さを生かしてあげられるように、おばさん頑張ります。



色んな若さに、刺激受けてます。




特に肌の若さが羨ましいわ。


なんてね。





ではまた!




Yuki 

テーマ:

ブリスベンに行きます!



って言ってから結構たちましたが、まだ日本います。


色々と事情があり、チームに合流するのは第3節から。




日本滞在を満喫中でございます。





恒例のゆーりさん。

リハビリ順調みたいです。

相変わらず脚のライン細いよねー。






浅草でモデルみたいなことをやってみたり。








やっと亜紗乃のベイビーに会えたり。










再びゆーりに会ってみたり。←右の人はまぁついで?的な(笑)←嘘だよチュー









ふろん太くんとセルフィーしてみたり。









サンドバッグという友達作ってみたり。





さいごに。



【ラジオ出演情報】

11月1日(木)、8日(木)
TOKYO FM 『中西哲生のクロノス』
「クロノスPLUS」
(8:35分頃)のコーナーに出演予定





皆さんぜひぜひ聴いてください〜♫






まだ日本にいるんだよ!


でも、あとちょっとで旅立つよ。





YUKI 


テーマ:

この度、シカゴからのローン移籍でブリスベンに加入することが決まりました。



















オーストラリアのシーズンは10月末〜2月までと短いシーズンとなっていて、アメリカリーグでプレーする選手が多くオーストラリアでプレーしています。



以前からオーストラリアではプレーしてみたいと思っていましたが、今年の夏頃オファーを頂き、行くことを決断しました。



日本
ドイツ
イングランド
アメリカ


そして、オーストラリア。



色んな国でプレーしたいとずっと思っていましたが、色んな縁とタイミングが重なり、今こうしてそれが現実になっていることが不思議な感じでもあります。



ドイツ・ポツダムでプロとしてのキャリアをスタートさせてから来年で10年目を迎えますが、節目の年を新天地で迎えられることもまた、何かの縁を感じます。



プロとしてサッカーできる環境があることは幸せなことであり、こうして必要としてくれる人がいることを嬉しく思うと同時に、新天地に挑む時はいつも以上に身が引き締まる思いにもなります。




まだまだ私の冒険は続くようですので、引き続き見守り続けて頂けると幸いです。





31歳、まだまだ前進あるのみ!!!





YUKI


テーマ:


どーん。




4日間パリに行ってきました。


今回は、旅行ではなくNIKEのお仕事。



1日目は パリの街中で shooting 











みなさん、完成をお楽しみに。


Nike Women と Nike のTwitter、もしくはInstagramを要チェケらっちょ。





2日目は ファッションショーに、観客として参加。



Off white の バージルアブロー氏が Women’s track & field をテーマに服をデザイン。



そのfashin show がパリで開催されました。












Fashion show は、わずか7分程度で終わり、「えっ?もう終わり?」みたいな感じで、あっけなく終わりました(笑)





Nike Athleteの陸上選手たちは、モデルさんたちと一緒に Runway を歩いていました。 







今回は私の他に、サッカー選手はオーストラリアのサム・カー、イングランドのレア・ウィリアムソン、ジョーダン・ノブスの4選手が参加しました。




今回私が着用したのは、このシューズ。




Nike Blazer Mid!! カッコイイ〜。







3日目は、パーティ。


オシャレな部屋を貸し切って、選手やNIKEのemployの皆さんと飲んで食べておしゃべり。



サム、かっこえぇわ~。






その合間に、外に出てストリートで撮影。









バージルアブローさんが来てくださって、みんなで記念撮影。








ツーショートも撮ってもらいました。




すごくhumble な方で、ステキな人でした。





4日目は朝寝坊したので観光できず。。。



飛行機に乗ってパリをあとに、シカゴに戻ってきました。









今回、こんな素晴らしいお仕事をくださったNikeのみなさんには本当に感謝しかありません。



しかも、数あるNike Athleteのサッカー選手の中から私を選んでくたざり、本当に光栄でしかありません。



こういったサッカー以外でのglobalの仕事は初めてだったし、少しだけ緊張もあったけど、ものすごく貴重な経験をさせて頂きました。




女性が持つパワー、エネルギーを、もっともっと世界に向けて発信していきたい。



私自身も、いろんな場所に飛び込んで、もっともっと成長していきたい。




私の冒険は、まだまだ続く……




YUKI





テーマ:

 

色々あった、プレイオフ準決勝。

 

ノースカロライナで予定されていた試合が

ハリケーンの影響で開催が危ぶまれ

 

なかなか新しいスケジュールが決まらずでしたが・・・

 

 

日曜に予定されていた試合が、2日後の火曜日になり

 

 

場所がノースカロライナからポートランドへ。

 

 

 

 

相手はレギュラーシーズンを圧倒的な強さで優勝したノースカロライナ。

 

 

とにかく縦に速く、選手一人一人のスピードも桁違いに速い。

 

 

 

結果は0-2で負け

 

この試合が今シーズン最後の試合となってしまいました。

 

 

 

 

 

ハイライト映像はこちら↓

 

 

 

確かにノースカロライナの選手たちは、総体的に全員が速くて強い。

 

 

チームに何人か猛烈に足の速い選手がいたとしても

 

ほぼ全員が猛烈に速いって、あんまりないですよね。

 

 

 

来季こそ、このチームを抑えたいですね。

 

 

 

 

決勝も、ノースカロライナがポートランドを3−0でなんなく退け優勝しました。

 

 

 

 

 

今シーズン、応援してくださった皆さま

 

ありがとうございました。

 

 

 

色々な変化があったシーズンでした。

 

 

流れる水のごとく

 

変幻自在に

 

流動自在に

 

 

緩やかな川

 

激流

 

 

氷河

 

 

どんな流れであっても

 

その流れに乗り続けて

 

未知なる道を、歩いていきたい。

 

 

 

YUKI

 

 


テーマ:

レギュラーシーズン最後の試合は、Utahとの試合。

 

 

1-2で敗戦。

 

 

連戦と、暑さの厳しい中での試合でしたが、、、

 

 

 

 

 

アウェイ、ソルトレイクシティのスタジアムには1万人以上のファンが集りました。

 

 

 

 

 

ハイライト映像はこちら下差し

 

 

 

 

私のプレー集はこちら下差し

 

 

 

レギュラーシーズン24試合を終え、結果は4位。

 

NWSL 2018 結果

 

 

9勝5敗10分 という、引き分けのかさんだシーズンとなりました。

 

 

個人の成績としては、24試合中22試合出場(怪我で最初の2試合欠場)

 

 

4ゴール7アシスト 詳細はこちら右差しYuki Nagasato STATS

 

 

 

シーズン序盤はチームとしてなかなか上手くいかず

 

 

自分の役割や方向性も定まらず、といった感じで

 

 

地に足着かない感じでしたが、、、

 

 

 

自分で感じる自分のパフォーマンスは良いのに、結果がついてこない・・・

 

 

という状態がシーズン序盤は続きました。

 

 

 

 

だがしかし。

 

 

5月の終盤から突然変異のように徐々にチームが機能し始めて

 

 

ラストパスや、チャンスをクリエイトするパスを繰り出すこと

 

 

選手と選手の間を繋ぐ「コネクト役」になることがメインジョブとなり

 

 

 

新加入のサム・カーがチームにフィットし始めて

 

 

自分のポジションがはっきりと「トップ下」に確立されてからは

 

 

私だけでなく、各選手も持っている力を発揮できるようになり

 

 

チームとしての結果がついてくるようになりました。

 

 

 

 

チームというのは本当に面白くて

 

 

シーズンを通して成長し、成熟して行く過程を感じられると

 

 

自分がチームという生き物の一部のような感覚にもなり

 

 

一人一人がチームの「成長促進材」だということも実感できる。

 

 

 

だからこそ、選手は自身の成長に目を向けることが一番大事で

 

 

コーチは、その選手の特性と成長度合いを感じ取り

 

 

選手同士を上手く組み合わせてさらに選手の能力を引き出し

 

 

選手個々の成長と、グルーとして、チームとしての成長を促進させる「調合」が大切なんだと感じます。

 

 

 

チームは昨年と同じ4位でしたが、去年よりもさらにレベルアップした4位のように感じています。

 

 

 

 

そんな中、チームメイトのサム・カーが、リーグ得点王(Golden Boot) を獲得しました。

 

 

 

 

2年連続得点王は、本当に凄い。

 

しかも、異なるチームで。

 

おめでとう、サム!!!!!!!!!!

 


 

 

 

こんな典型的なストライカーと一緒にプレーしたのは人生で初めてかもっていうくらい、ハンターのように常にゴールを狙っていて、なんか彼女を見ていると、昔の自分みたいだなぁ〜なんて思ったりもします。(こんなに凄くなかったけどw)

 

 

 

荒削りだけど、自らこじ開けてゴールを奪う。

 

 

私もストライカー気質ってよく言われてきましたし、自分でもそう思ってました。

 

 

でも、今はそうは思っていません。

 

 

 

 

精神面が変化して、それに伴ってプレースタイルも変化して

 

 

それがチームにフィットして。

 

 

 

新しい、やりがいのある、夢中になれる仕事を見つけた感じです。

 

 

 

デザインって商業化が必要だけど、アートって自由。

 

 

 

 

最近、趣味で友人とバンド活動始めたり(私の担当はキーボード)

 

 

絵描きを始めたりして

 

 

自由な発想でできる「アート」が大好きなことに気付いて。

 

 

アーティストになりたい!!!!!

 

っていう想いは、結構ここ数年前から強くて。

 

 

音楽にしても、芸術にしても

 

 

なんでもいいから、自由に発想できることがやりたい。

 

 

そんな感じで、音楽や芸術に触れる機会が多くなり

 

 

今シーズンは、サッカー以外の時間をそこに費やす時間が多くなりました。

 

 

それが良い意味で、サッカーにも影響しているように感じます。

 

 

 

 

 

ある方が試合を見て、私のことをこう表現してくれていました。

 

John D. Halloran@JohnDHalloran 

Yuki Nagasato is an artist.

2018年09月04日 18:51

 

今の私にとっては、これは最高級の賛辞。

 

こんな賛辞を頂けただけで、もう幸せす。

 

 

 

 

ピッチ上は、ライブのステージ、またはキャンパスみたいなものでもあって

 

 

自由な発想で、表現できる。

 

 

 

もちろん、そこにはいろんな規律があって、決まり事があるけれど、それが「枠」であって、その「枠」という制限があるからこそ、発想力が磨かれる。

 

 

アートには、時代によって人気を集めるものが異なるように

 

 

音楽にも、その時代に人気を集める「琴線」というのがあって

 

 

そんな話しを、以前小室さんにお会いした時に伺いました。

 

 

 

その琴線に触れる「キー」次第で、爆発的にヒットする曲になるわけです。

 

 

 

音楽にも芸術にも「クラシック」というのがあるけど、古典的という意味以外にも、クラシックという言葉には「最高水準の」という意味があります。

 

 

クラシックは古典的であり、最高水準。

 

 

 

だから、コンテンポラリーなクラシックを表現し続けていきたいって思うんです。

 

 

 

2年前に読んだ、俳優ロバート・デニーロのスピーチを思い出します。

 

 

 

 

90分という限られた時間の中で、まだまだ引き出しの組み合わせ方は変化させられるし

 

 

できることが増えてきたからこそ、挑めることがあるので

 

 

まずは、そこにチャレンジして行きたいと思います。

 

 

 

 

シーズン終わったみたいな感じの文脈になってしまいましたが(笑)

 

 

まだ終わってませんよ!!!!

 

 

今週末は、プレイオフ準決勝です。

 

 

相手はノースカロライナで、金曜日にそのノースカロライナにハリケーンが直撃するという予報ですが、、、

 

 

まずは、そこに無事に辿り着けることを願いますお願い

 

 

 

 

では!

 

 

YUKI


テーマ:

 

7月末に予定していた試合が延期となり・・・

 

 

先日火曜日にその試合が行われ・・・

 

 

今シーズン最後のホームゲームで5-0で勝利。

 

 

そして、プレイオフ進出を決めました!

 

 

 

 

 

ハイライト映像はこちら下差し

 

 

 

 

 

私のプレー集はこちら下差し

 

 

 

 

前半にオフサイドの判定でノーゴールになったヘディングシーン。

 

 

パス受ける前にライン確認して

少しスピード緩めて溜めて

最終ライン上に入ってから飛び出したんだけどな・・・

 

 

VAR判定要求したかったです(笑)

 

 

 

 

この試合はアメリカ代表選手が不在で

いつもとは違うメンバーでしたが

 

 

サブの選手が途中から出てきて活躍したり

 

いつも体張って守備頑張ってる選手が得点したり

 

 

なんか自分も選手なんですけどね

そういう選手が活躍するとやっぱり嬉しいんですよね。

なぜか(笑)← 誰目線w

 

 

チームにバランスのよい幸運を

神様が与えてくれた気がしますルンルン

 

 

 

↑ サム「私もKnee SLIDE シタイヨ!!!」

 

 

 

 

 

なんだかんだ、延期になった試合が

今回プレイオフを決める試合になったのも

運命の巡り合わせかなと。

 

 

最後のホームゲームでプレイオフ進出決めれてよかった!

 

 

 

TEAM YUKI ありがとうルンルン 

 

 

 

今週末はユタと最後のレギュラーシーズンの試合。

 

 

ON MY WAAAAAAAAAAAY!!!!

 

 

ではまた。

 

 

 

YUKI

 


テーマ:

 

8月が終わっちゃいましたね。

 

 

8月が終わると、なぜか今年の終わりを感じてしまいます。 ←まだ4ヶ月あるよ

 

 

先週末は、フロリダ・オーランドでの試合でした。

 

初のフロリダ、初のオーランド、湿気ムンムン、日本の夏みたいでした・・・

 

 

前半開始7分くらいで雷がくるということで

1時間弱中断してからの再開。

 

今シーズン2敗していた相手でしたが・・・3-1で勝利し、プレーオフ進出に大きく前進。

 

 

 

 

 

 

 

シーズン終盤にきて、ようやくチームとしての成熟度が増してきました。

 

 

 

シーズンを通してチームが変化していくのを感じ取りながらプレーできるのは本当に楽しいし、みんなのプレーも成長してきているし、そういう瞬間を感じ取れたときって、自分がゴールするより嬉しいものです。

 

 

 

 

 

それとですね・・・

 

スパイクが、マジスタオブラからPhantom VSNになりました。

 

 

 

 

マジスタの生産が終わってしまったのは寂しいけれど

これからはPhantomと一緒に仲良くやっていきます。

 

 

 

 

それと、この試合は嬉しいことがもう一つ。

 

先月、ナイアガラの滝に旅行に行った時に友達になった家族が

たまたまフロリダに住んでいて

8月にオーランドで試合があるよと言ったら

なんとなんと、試合を見に来てくれました。

 

 

 

 

子どもたち、すごく興奮していたと、お母さんから試合後に話しを聞きました♬

 

下の子はゴールキーパーでサッカーを始めたそうです(笑)

 

 

 

レギュラーシーズンも残すところあと2試合。

 

 

力を抜いて、呼吸をしっかりして、頑張ります!

 

 

 

YUKI

 

 


テーマ:

 

 

先日のブログで動画をすっかり貼付け忘れたので

 

しっかり貼付けますね。

 

 

 

【シアトル戦 ハイライト】

 

 

 

 

【シアトル戦 シャープ12プレー集】

 

 

 

 

 

【ポートランド戦 ハイライト】

 

 

 

 

【ポートランド戦 シャープ12プレー集】

 

 

 

NWSLは動画が充実しているなと感じます。

 

ブンデスや他のヨーロッパリーグ、なでしこリーグとは比にならないほど。

 

 

Twitter でも Instagram でも、その充実差が伺えます。

 

しかも、アップするスピードがとても早い。

 

 

リーグがこれだけSNSでの発信に力を入れているのは、アメリカだけじゃないかなって感じるほど。

 

9年前に私が海外に行った頃と比べたら

ものすごく簡単に映像を見られる時代になってると感じるし

 

選手の立場でいうと、商品として見られる機会が圧倒的に増えたと感じています。

 

 

それは常に「見られている」という意識にも繋がるし

 

自分のキャリアがどう発展して行くかにも影響を与えると感じます。

 

 

女子の場合、世界のサッカーを目にする機会はインターネット上に限られてくるけど

 

それでもその機会があるというのは、非常に大きな意味を持つと思っています。

 

 

子どもの頃、海外のサッカーを意識しにくかった時代だったけど

 

今はあの頃とはまるで違う。

 

 

 

サッカーには

夢があって

希望があって

勇気があって

 

本質的に純粋で

形のない大切なモノが

沢山詰まっていると

信じてる。

 

 

 

 

 

 

 

【おまけのエクササイズ】

 

 

 

 

では、またね。

 

 

YUKI

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース