キノネカフェでよく使っている雑穀について少しご紹介。

まずは高きび。使い勝手がよく、毎回のように使っています。

高粱(コウリャン)とも言います。

昔、中国が舞台の小説を読んでいてコウリャンのおかゆを食べる描写があって、

一体どんな食べ物なんだろう??🤤と思っていた記憶があります。

ひき肉のような見た目と食感からミートミレットとも呼ばれています。

食物繊維、鉄分などのミネラル、ビタミンB群などが豊富に含まれています。

直径5ミリくらいの茶色い固い粒の状態で売られているので、一体どうやって料理すれば?と

最初は感じるかもしれませんが、鍋で簡単に炊くことができます。

 

キノネカフェではたかきびは副菜としていろいろな野菜と一緒に炒めたりして使っています。

野菜一種類とたかきびを炒めて塩をするだけでたかきびがアクセントになり美味しい一品になります。

じゃがいもやかぼちゃの他、セロリなどと炒めても美味しいです。