今週のマーケットは、日銀短観と米国雇用統計といった大きなマクロ系の指標があったのですが消化不良でマーケットはマクロ指標で動いていないことを示しました。とは言え、部分部分で業種ごとの優劣などは今後個別に反映されてくると思われます。

 

日経平均ボリンジャーバンドです。

このように、値動きが乏しくなり株価の分散が無くなっていることを示しています。±1σ内の動きですから、セオリーでは終値で抜けたほうに走る可能性があります。25MA下推移ですから-1σ割れに注意となります。金曜時点での-1σは22092円でした。

米国ではSOX指数も粘りに粘りテスラ急騰もあってナスダックは最高値更新となりましたがマザーズ市場の様にやはり行き過ぎは必ず修正されると考えています。

個人的にはまずは足元のテクニカルに従ってトレードし、まだ先読みはしないほうが良いと考えています。

 

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ
にほんブログ村