aokyoの子連れ外食&お料理ブログ

aokyoの子連れ外食&お料理ブログ

代官山在住フードアナリスト&主婦ブロガー
子連れ外食&日々の料理の記録

代官山・恵比寿・中目黒を中心に子連れで食べ歩きしています
2015年6月に出産し3歳男児を子育て中

仕事:米系企業秘書→現在は主婦
好き:焼肉、フレンチ、鮨、和食、イタリアン、中華、ホルモン、焼鳥
お酒:ビール、ワイン、シェリー、シャンパン、日本酒

レッツエンジョイ東京 子連れでおでかけ記事

http://www.enjoytokyo.jp/style/108283/
http://www.enjoytokyo.jp/style/108443/

メシコレ公認キュレーター
http://r.gnavi.co.jp/mecicolle/curator/aokyo/

ウーマンエキサイト グルメコラム
http://woman.excite.co.jp/article/author/w_aoyama/

deoxee グルメコラム
http://www.deoxee.co.jp/author/kyoko_aoyama/

Play life公式プランナー
http://play-life.jp/users/166



NEW !
テーマ:
パーソナルトレーニング帰りにプロテインバーでプロテインを飲み、
ちょっと気になっていたお店、スパニッシュキッチンペルカへ。
駒沢通り沿いで、恵比寿と鎗ヶ先の間くらい。



パワーサラダというメニューにひかれて入ってみたけど、パワーとは。。。?
肉類がゼロでこれではパワーもタンパク質も足りない。

葉物、ピクルス、ポテサラ、ベーコンとインゲン、ほうれん草のアヒージョとオリーブ。
これはサラダじゃなくてつまみ!
このオリーブは完全に酒のあて!



カウンターの隣はボックスシート、奥には個室があるそう



テイクアウトができるのは魅力的だけどリピートするかは厳しい。




シェイカーを持って歩くのが嫌なのでもっぱらトレーニング後はプロテインバー。
抹茶味がお気に入りで家でも同じゴールデンプロテインを常備してる。

ここではフレッシュのバナナやエスプレッソショットを追加するカスタマイズが楽しめて
トレーナーさんと会話しながら飲むのも楽しい。





spanish kitchen perca(スパニッシュキッチン ペルカ)
050-5595-1352
東京都渋谷区恵比寿西1-20-8 コンド恵比寿1F
https://tabelog.com/tokyo/A1303/A130302/13217667/

テーマ:
ずっと食べてみたかったデリファシャス。
寿司職人が作る魚バーガー。

時間がないのでUber Eatsで。
ちょうど配送料が110円と安かった。

袋を開けると炭火の良い香り!
バンズを炭火で焼いているのかな。



出汁のソースも上品だし昆布の風味もある。
コールスローの食感も楽しいし面白い。



お店で食べると1000円なのか。



配送料は安かったけど次回はちゃんと買いに行こう。




テーマ:
去年から小説他読書を再開しているので、
良かったなと思う本は記録に残しておこうと思いそのログ。

子供の教育に関する本は話題になっているものを含め結構読んでいる。
小説と違って数時間でバーっと読めるので、買って読んでは売るというのを繰り返しているけど
この2冊は手元に残しておこうかな、という本。

某佐藤ママはWeb記事を見て、うーん、合わないと思ったので読んでいない。




東大生を育てる親は家の中で何をしているのか?

日経新聞の広告で見つけた本。
東大に入れたいわけではない。笑

吉祥寺で進学塾を営む代表の方が書いていて、
親が子供に向き合うべき姿勢が勉強になった。

ほめるけどほめすぎない、勝負したり負けるくやしさを経験させる、
苦手なことを克服させようとしない、子供に決定権を与える、
短所を直さない、一人旅をさせる、偏差値や点数を気にしない、ライバルは自分。

など、親が気を付けるべき点が実践的で、もう少し大きくなってから読み返そうかなと思う。



頭のいい子にする最高の育て方

最高の育て方というタイトル本はたくさんあるけど、これはエビデンスがあって良かった。

父親と母親の役割、一緒に料理をして科学を知る、他の子と優劣をつけない、

成長に応じたな学習のさせ方など。

最近ひとり遊びをしながらずーっと独り言を言っているので、

この本を読んでなるほど成長段階なのだな、と思ったり。


シンギュラリティについては夫も私も息子が大きくなったらどうなるのだろう。というのが

2人で晩酌をしながらよく話題にあがることなのだけど、そんな時代を生き抜く上で大切なことを

教えていかないとな、と改めて感じた。







テーマ:
友達のノビーが足繁く通うお店、ブラッセリークール
ようやく行くことが出来た。
東急本店前の道をラブホテル方面に一本入ったところ。

ランチはオードブルとメインを選んで1400円(税込)
丁寧に作られたお料理でこんなにお得でいいのだろうか。

ディナーは4000円のプリフィクス。
もっといろんな料理を食べてみたい。


サラダとバロティーヌ。
どちらも丁寧で優しい味。
(勝手に塩が強くて骨太な料理を想像していた)




コーヒーは200円






他に誰もお客さんがいなくてどうしてこんなに空いているのか不思議で仕方がない。



ブラッセリー クール
03-3464-6571
東京都渋谷区円山町10-14 スタジオDEN渋谷 1F
https://tabelog.com/tokyo/A1303/A130301/13024395/

テーマ:
トレーニング後に用事があって新宿三丁目。
トレーナーにヒーヒー言うほどしごかれてフラフラ。
がっつりとタンパク質を摂ろうと鶏肉料理と思ったけど思いつきでクレッソニエール

新宿三丁目駅直結の京王フレンテB1階。
タイミングによっては行列ができる。

12:00少し前で既に満席。少し待つと席を用意してもらえた。

食べログでは「美味しい機内食みたい」というレビューがあってまさにそんな感じ。
ピカピカに磨かれたシルバープレートにスープ、サラダ、メインとコーヒーカップ。

日替わりランチは1150円でパンとスープ付き。
メインは豚肩ロースのグリルでバターライスとマッシュドポテト&グリーンピース。

サラダは+150円でつけられる。
(1300円以上のプレート料理だとサラダとデザートがつく)

味付けは濃いめ。
客層は年齢層高めで落ち着いているし
スタッフのキビキビした接客も気持ちがいい。

食事が終わるとコーヒーポットを持って席を回ってくるので
飛行機内のように差し出されたトレーにカップを置いて注いでもらう。

子連れOKだけど味が濃いので厳しいかな。
お会計はテーブルチェック。


ディナータイムもこのプレート料理が楽しめるようになったので
一人で夜にビストロ料理を食べたい時にも有難い!





クレッソニエール
03-3350-4053
東京都新宿区新宿3-4-8 京王フレンテ新宿三丁目  B1F
https://tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13020679/


テーマ:
そのうちぐるなびのメシコレでUPされるはず!なオムライス。

プラレールショップに行きたいのぉ!と駄々をこねられ東京駅まで。
そのまま歩いて銀座でランチ。

今年で創業124年を迎える煉瓦亭。

歌舞伎のポスターを見るとおびえる3歳児なんだけど
ごめんねー、おじちゃんの同級生なんだよー、と気さくな4代目に迎えていただく。
気が付けば子連れで来たのは初めて。


このオムライスは元祖とも言われていて、ケチャップライスではなく、ご飯と一緒に玉子を和えて
ササッと炒めるオリジナル。添えてあるトマトソースと一緒に食べると口の中で完成する。



○くんはオムライス、ママはハンバーグを頼んでね、というのでハンバーグ。ふんわりしている。
気に入って3歳が半分以上食べてしまった。

パセリが好きなので私は添えてあるパセリは全部食べる派。



この日は地下に通された。
ピークタイムでも落ち着いていて良い。





休日ランチに胃袋がブラックホールな夫を連れて
たくさん頼んでテーブルにズラーっと並べるのをやってみたいなー!





テーマ:
週末の夜、焼肉チャンピオンペントハウスへ。
家族で焼肉といえばチャンピオンばかり…

トレーニング後だったので赤身中心で。
それほど食べなかったのでリーズナブルにおさまった。


ロース(1200円)




サガリ(1900円)





シンシン、トウガラシ(@1680円)




赤身4種盛り合わせ(@1400円×2人前)
はばき、くり、イチボ、肩ロース



ナムル盛り合わせ(880円)

中目黒に比べて盛り付けが雑…




盛り合せはお得だけど、カットが雑なので単品で頼んだ方が正解。
3歳児は初めてのハバキを気に入り、ほとんど食べてしまった。
とうがらしとロースも大好きでご飯と一緒によく食べる。




帰りにビッグエコーでカラオケ。
USAを2回熱唱して踊りまくり可愛かった。




テーマ:
週末のおうちごはん。
寒いので温かい料理が多め。

北海道のキンキがおかいどくで塩焼きに。
刺身は良いのがなく、メバチマグロをづけにしてアボカドと和えた。
あさりの酒蒸しと常夜鍋。


づけだれは醤油 大2、味醂 大2、酒 大2を沸騰させて冷ましてマグロを投入。



穴子の白焼き、初めて焼いたけど丸まっちゃうんだねー。
脂がのってて美味しかったけど。

ちぢみゆき菜がお買い得で鶏ひき肉と卵とじにした。
金時人参、お揚げとしめじを煮物に。

贅沢に二夜連続キンキの塩焼き。


カワハギを1匹刺身にしてもらった。
肝醤油で食べると最高。



お酒は大好きな雅山流の極月と
白龍のレアなうすにごり。

この時期だけのうすにごり、手をかけた製法で香りがとても良い。



富山で買ってきた富富富(ふふふ)デビュー。
すっきり系で粘りがなく米らしい米。



夜の焼肉に備えて粗食。笑
レンコンすりおろしと鶏ひき肉で蓮根もち、
ブロッコリーはツナマヨポン和え、
ちぢみ雪菜とお豆腐の煮物、根菜の味噌汁。

いつもチェックしてる器屋さんで須藤拓也さんの器をやっと買えた!
想像してたより小さかったけどステキ。


蓮根餅はビニール袋に蓮根すりおろし1本分、鶏ひき肉100g、片栗粉 大2入れて塩胡椒してもみもみ。
胡麻油で両面焼くだけ。
夫の分のフライパンに砂糖と醤油を同量入れて照り焼きに。息子はケチャップが好きなのでそのまま。



連休最終日は大人は夜ごはんを食べないので昼にガッツり。

最近中目黒のビオセボンというフランスのオーガニックスーパーにはまっているので
野菜はそこで調達。

収穫したばかりの根菜はみずみずしいし、葉物のベビーケールやベビーリーフも新鮮。


夫はブリの塩焼き、私と息子はブリの醤油漬けコンフィ
鶏ももと九条ネギの塩炒め、がんもと大根人参の煮物
蓮根きんぴら、サラダ。

気がついたら醤油味ばっかりだった…反省。

ブリのコンフィは切り身1切れに対して醤油 大2、オリゴ糖 大2、米油 大1、生姜(すりおろしが理想的だけど子供は食べられないので我が家は千切り)をジップロックに入れて
沸騰寸前のお鍋にポチャンと入れて蓋をして10分放置で完成。
この方法は普通に照り焼きを作るよりもパサつかないし、洗い物がないし、しっとりして3歳児が爆食する。
サバ科の鰆などでも応用可能。




テーマ:
恐竜大好きな子供と毎週通っている科学博物館の帰り、
常磐線が見えるお店でお子様ランチ食べたーいといリクエスト。
2週連続で精養軒。

グリーンピースを初めて食べて、ベーっと出した。
私も子供の頃、嫌いだったので気持ちはわかる。笑

春のフレッシュなグリーンピースを大人になってから食べて初めて美味しいと思ったからなぁ。



私はビーフシチュー。



科学博物館のショップで4Dパズルを買わされ、
説明書もないなか5分くらいで完成させたので
頭の体操のためにまた私が買いたい。




テーマ:
むかしむかしダブルトールカフェが赤坂見附にあった頃
ここのカフェラテが大好きでよく通っていた。

原宿の千疋屋の並びにあるお店はテラスもあってほどよい穴場感もあって好き。

BLTサンドは萌え断。(って表現ももう古いか)
具がたっぷりで美味しい。



カフェラテ、深煎りで香りが良くて好き〜。



カレーを食べてる人が多かった。
店内カレーの良い香りが充満してたので心が揺らいだけど
カレーは糖質と脂質が高いので我慢してる。。。




Ameba人気のブログ

Amebaトピックス