aokyoの子連れ外食&お料理ブログ

aokyoの子連れ外食&お料理ブログ

代官山在住フードアナリスト&主婦ブロガー
子連れ外食&日々の料理の記録

代官山・恵比寿・中目黒を中心に子連れで食べ歩きしています
2015年6月に出産し5歳男児を子育て中

仕事:米系企業秘書→現在は主婦
好き:焼肉、フレンチ、鮨、和食、イタリアン、中華、ホルモン、焼鳥
お酒:ビール、ワイン、シェリー、シャンパン、日本酒

レッツエンジョイ東京 子連れでおでかけ記事

http://www.enjoytokyo.jp/style/108283/
http://www.enjoytokyo.jp/style/108443/

メシコレ公認キュレーター
http://r.gnavi.co.jp/mecicolle/curator/aokyo/

ウーマンエキサイト グルメコラム
http://woman.excite.co.jp/article/author/w_aoyama/

deoxee グルメコラム
http://www.deoxee.co.jp/author/kyoko_aoyama/

Play life公式プランナー
http://play-life.jp/users/166



蛤浜でのんびり遊んで気がつけば14:00。

食べログで良さそうなところに片っ端から電話をかけるもすでにオーダーストップ。

地方ではGoogleMapの方が便利なので再検索。


近くで開いていそうな和食屋さんを見つけて電話をするとどうぞどうぞと言ってくれた。

蛤浜から5分ほどの「和処よかよ」

家族経営でアットホームなお店。



お刺身の盛り合わせを単品で頼み


オススメのまぐろ頬肉のステーキ。

副菜もあってボリュームしっかり。


にんにくたっぷりの炒め玉ねぎのソースもいい。


五島牛と美豚のハンバーグも美味しかった。


おろしソースでさっぱり。



夜は居酒屋みたいに色々頼んだら楽しそう。



地方では食べログがほとんど機能していないのでGoogleMapが本当に助かる。

レビューも書いておいた。


ランチは金土日しかやっていないようなので注意。


奈良尾から車で40分。

ホームセンターや大きなスーパーなどがある街の近くにある蛤浜海水浴場。

この島では有名で人気の海。


駐車場も広くて無料。

朝から既にたくさん人が出ていた。


蟹がちょこまかとたくさん動いているので踏まないように気をつけて歩くも蟹の方が素早い動き。


レンタルも色々あるけど持参したペンギンの浮き輪を使う。


波は穏やかでカヌーのレッスンもやってるみたい。


砂浜はサラサラ。


パパと子が遊んでいる間に一人で近くのカフェに行きかき氷。


更衣室のそばにはお店がたくさんあって、焼きそばやソーセージ、お菓子などが売っている。



帰ってビールをプシュっとやって、さて水着を洗おうと思ったら子供のがない!

更衣室の棚に夫が忘れてきてしまったよう😭😭

数日前に買ったばかりのパタゴニア、、、、😭

もう飲んでしまったから諦めた。はあーーー。



海の透明度や人の少なさ、落ち着き感などは

福江島の高浜海水浴場の方が良かったな。


蛤浜はスピーカーからの案内放送がひっきりなしにあってうるさいし監視員の目が届かない。


高浜はこじんまりとして綺麗で落ち着いていたし監視員の目がしっかり届いていて安心だった。

https://ameblo.jp/xylangylangx/entry-12756937440.html


ホテルマルゲリータ奈良尾のレストランは一箇所。

お夕食も朝食も同じレストランになる。



朝からものすごい品数!小皿に少しずつ乗せて籠盛りになっていて豪華。

洗うの大変だなぁなど下世話なことを考えた。笑


ひとつひとつしみじみ美味しい。


2日目。朝からお造り。焼き魚も昨日とは違う。

連泊しても食材がかぶらないよう気を遣ってくれている。

アラでとった出汁のお味噌汁がめーちゃくちゃ美味しかった。



食後はラウンジに移動して新聞を読んだり。

どこにいても海が見えるので癒される。


ホテルマルゲリータ奈良尾の夕食。

内容はすっかり忘れてしまったけど、とにかく美味しくてしっかり量があって、地元の食材をたっぷり使っている。

色んなホテルに泊まってきたけど、ここはトップ3に入るぐらい美味しかった。

写真がいっぱいなので分けて載せておこう。



先付けから五島牛のヒレカツ!

牛のたたきに鯨ベーコン、白身のお寿司。


お椀をはさんで


薄造りと


南国の魚!っていう感じのハタは頭つき。


すごい量。


テラス席もあって景色が美しい。


ふぐの唐揚げ


五島牛のステーキ


大きな鍋が出てきた。


クエ鍋。地元では1年中とれるそう。

ムチムチぶりんでコラーゲンたっぷり。


お雑炊にしてシメ。しみじみ美味しい。


最後のデザートは手作り羊羹。


食べ終わって席を立つ頃には綺麗なピンクに染まっていてうっとり。


トヨタレンタカーで車を予約していたので奈良尾港まで迎えに来てもらい、手続きしてホテルへ。

中道島には2軒あり、新しい方のホテルマルゲリータ。

細い道の山の上にあり見晴しが良い。


ロビーは天井が高く広々。

バーカウンターがあって夜はお酒が楽しめる。


お部屋の写真がこれしかなかった。

夫が早速景色を撮ってたのでモザイク処理。笑


タイルがかわいいお風呂と洗面所。



奈良尾港を見下ろす位置なのでフェリーから車が出てくる様子など面白くてずっと見ていた。


朝焼け。


刻一刻と変わるグラデーションが美しくて見飽きない。

ホーホケキョとうぐいすの鳴き声が響き渡る。


入口。駐車場は部屋数よりかなり多いのは温泉があり日帰り利用できるから。

あいにく温泉が枯れていて(!!)普通のお湯だったのは残念。


館内にショップはなく自販機のみでお酒はない。

コンビニも商店も近くにはないので、必要ならば事前にどこかで調達しておく必要がある。

我が家は翌日、1時間かかる街まで出掛けてかってきた。


高浜海水浴場からカンパーナホテルに戻ると15:00過ぎ。

さすがにお腹が空いて周辺を探し回るもファミレスなども全くなく途方にくれる。

ホテルの近くでお好み焼き屋さんを見つけた!と思ったら入口に「県外の人お断り」と注意書き。

噂には聞いていたけど本当にあった😂


タクシーの運転手さんを捕まえて中途半端な時間でも食べられるところを聞いたらここを教えてくれた。



港に近い「みひろ」

ラーメン屋さんなんだけど、なんでもある。

長崎だしちゃんぽんと五島うどんにしようとオーダー。

これが!とても!美味しかった!!


注文から全部1人で作り始める姿が手際よくて、雑然としながらも清潔で整ったキッチンを見て、美味しいに違いないと思った。


魚介出汁のきいたちゃんぽんと具がたっぷりのやきめし。

餃子も手作りで美味しい。




五島うどんはシンプルなあご出汁。


安いし満足度高いし、タクシーの運転手さんのオススメに間違いはない。




ホテルの前で写真を撮って港へ。

このBOBOのTシャツお気に入りで去年さんざん着倒した。前歯が抜けててかわいいな。


ジェットフォイルっていうからカッコいい船が来るかと思った。(失礼)

ぺがさす号で30分、中道島の奈良尾へ。


福江島にはビーチがいくつかあるけど、高浜海水浴場が一番綺麗で子供も安心と聞いた。

カンパーナホテルからは車で35分。なだらかなほぼ一本道で運転しやすい。


途中の丘の上から全景を撮影。美しいブルーで波がない。


到着。平日だったからか駐車場はガラガラ、人はまばら。


レストラン兼レンタルショップが1カ所。

うきわとパラソルをレンタルして砂浜に陣取る。


透明度が高く美しい。


波が小さめで安心。奥にはブイが打ってある。

このビーチは変な輩もいないし、穏やかだし、静かで落ち着いていてすごくよかったのでまたぜひ行きたいところ。

中道島では蛤浜に行ったけど、断然こちらが良かった。



泳がずに謎のオブジェを作り始めた。


有料の温水シャワーがあるので綺麗に洗い流して着替えてホテルに戻る。

去年はまだ島の感染者も少なかったからか、住所、名前、電話を書いて入場しなければならなかった。

濃厚接触者を追跡できるようにしていたと思うけど今はどうなのかな?



最近Google Mapでレビューを書いてるんだけど

泡沫レビュアーの私にしては珍しく👍🏻が5つついてる。


翌日奈良尾まで船で移動する予定だったので、港近くのカンパーナホテルに宿泊。

福江空港からは車で10分弱と近い。


福江にはすごくいいホテルがなくて、カンパーナが一番評判が良さそうだった。


2食付きでレストランの個室が夕食会場。

評判通りご飯が豪華で美味しそう。


2人で2食付き42000円は妥当なお値段。

(当時6歳だったので子供の食事はなし添い寝で無料)



ビールビール。



お造りは地元でとれた鯵やサザエなど。新鮮。


帆立のグラタン


茶碗蒸し


ホイル焼きに五島牛の陶板焼きとすごい量。


芋焼酎をボトルで。笑


最後に五島のお米とお味噌汁。食べきれないほどだった。(食べたけど)



朝ごはん。

卵を割り入れてハムエッグ野菜に自分で火を入れる。品数は夜に比べると少なめ。


お部屋は和洋室で広い。

靴が雑に脱ぎ捨てられてお恥ずかしい、、、🫣


ロビーはグランドピアノがあってきっと結婚式の写真を撮れるようになっているんだろうな。



船の時間までアイスを食べたりコーヒーを飲んで時間調整。


去年の夏休みは五島列島へ。

誰かの参考になるかもしれないのでトラベルプランを書いておこう。

 

お友達が五島列島はまた絶対に行きたい!すごく良かった!と言っていて、魚も美味しいし海も綺麗だし、いつか行こうと思っていた。

福江も奈良尾も長崎市内も行きたかったので欲張りプラン。

 

特に素晴らしかったのは福江のビーチと、奈良尾のホテルマルゲリータ。

評判通り、魚料理が美味しくて、海が綺麗。波がないので子供でも安心だった。

 

 

4泊5日Travel Plan

 

①羽田五島福江

13:00羽田 15:00長崎 ANA2435

16:55 長崎 17:25 五島福江 ANA4677

 

❶福江1泊

カンパーナホテル1泊(2食付42,200)

 

②奈良尾へ移動

福江発16:30→奈良尾17:00 ジェットフォイル

(大人2150円、子供1090円)

 

❷-❸奈良尾2泊

ホテルマルゲリータ奈良尾2泊(2食付79200円×2泊)

 

長崎へ移動

奈良尾9:55→長崎11:05 ジェットフォイル

 

長崎1泊

にっしょうかん別邸紅葉亭(2食付52,600)

 

⑤長崎→羽田

16:15 長崎→18:05 羽田 ANA2436

 

 

 

羽田出発

 

長崎空港で乗継待ち。

スタバのストロベリーを飲んだり、

 

ご当地グルメの魚のすり身を食パンで巻いて揚げたやつ(ハトシロール)を食べたり。

 

歩いて小さなプロペラ機に乗り込む。

座席数が少ないので予約は早めに。

 

車輪が近い!

 

五島福江空港到着。タクシーが出払っていて30分くらい待つことに。

空港からレンタカーにしたかったけど、福江ではレンタカーが満杯で予約できなかった。

奈良尾も最後の1台だったのでレンタカーの予約も早めが吉。

小さな小さな空港なので待つ場所もない。笑

 

つづく。

 

 

 

1年前の写真なのに子供が幼く小さく見える。

子供にとっての1年は改めて大きいんだな。

この時着ている洋服も靴も全て小さくなったので処分してしまった。

身長は7cm伸びてるし体重も5kg以上増えてるな。

9/6までPOLA美術館で開催している「モネからリヒターへ」
これだけの大型展示は見逃せないし、どうしてもどうしても行きたいと思っていた。

子供が夏休みに入ってしまうと出かけられないので、
アフタースクールが夕方まで入っている日を狙って弾丸決行。
スクールバスに乗せたらタクシーを捕まえて品川駅まで。新幹線に飛び乗った。

小田原駅から路線バスを乗継いで約60分。
11:00前には到着。


平日昼間なので混雑はなく気持ちの良い空間。


まずルノワールの「レースの帽子の少女」から始まる。

日本の美術館は長らく写真撮影を禁じていたけど、最近は撮影可能な作品が増えてありがたい。

いつどの作品をどこで鑑賞したかがcloudに保存されると振り返ることができる。


1907年の睡蓮


1899の睡蓮の池

後日訪れる日本橋のイマーシヴミュージアムでこの作品を大画面で見ることになる。


リヒターの抽象絵画。

モネの睡蓮の池と対比するように展示されていて、圧倒的な迫力。

間近で見るとスクラッチしたような、スキージ(板)を使ったと思われる痕跡を目の当たりにできる。

殴り書きに見えて緻密なプロットが隠されているようなとてつもない魅力がある作品。



そして杉本博司のOpticksシリーズ。
直島でたくさん杉本さんのことを勉強し、興味を持った作品にここでも出会えて感激。


さてお昼。ポーラ美術館内のレストランへ。

車で来るか迷って新幹線にしたのはここで飲むビールが美味しいこともある。笑


ヴィーガンセットのカレーが気になったので

ベジミートの唐揚げやサラダなど前菜盛り合わせと


ヴィーガンカレー。これがとても美味しい。


最後にハーブティーまでついてくる。

どこか素敵なカフェがあればお茶でもしようと思ったのでデザートは見送り。

結局時間がなくてカフェタイムはできなかった。


ポーラ美術館から路線バスに乗り、ちもとでお菓子を買おうと箱根湯本で途中下車。


抹茶のあんみつと定番の湯もちをたっぷり買った。(子供が大好き)




ロマンスカーと迷ったけど、新幹線の方が圧倒的に早いので、小田原で乗り換えてお迎えに。

遅れもなくギリギリ間に合ってホッとしたが非常に疲れた。笑




8月中に家族で行こうと誘ってるけど実現できるかどうか。。。もう一回見ておきたいし夫にもこの展示は見せたい。