いつだってXTC

エコロジカルな思考でいこう!

音楽、映画、アート、読書も好き。

スポーツはやるのはテニス,見るのはメジャーリーグ。

知的好奇心を大事にしたい。


テーマ:

ひとことでいって「ガリーな映画」といえばいいのかな?

ガーリー<Garly>=(こどもっさを残した少女らしい様子)

だから、フェミニズム<feminism>=(性差別を廃止し、抑圧されていた女性の権利を拡張しようとする思想・運動)にまでは踏み込まない。

 

なぜ、冒頭、こんなことをいうのかといえば、約1年前、こんな記事が載っていたからだ。 「ワンダーウーマンの国連大使就任に国連職員が抗議」「女性の権利向上の一環として国連本部で就任式が開かれたが、約50人の職員が背中を向けて抗議した」

”ありえないプロポーションの白人女性が、肌の露出度が高い服で、太ももをあらわにしている。これはピンナップガールの典型“という彼らの意見もわかる。

でも、それを忠実に実写化したように見える、この映画はほぼ女性の観客によって支えられているのも間違いないことだ。ぼくが見に行った新宿ピカデリーでも約70%が若い女性。男はそれについてきた感じだったからね。

 

実はぼくもワンダーウーマンをみるかどうか迷っていた。WOWOWでやってた「スーパーマンVSスパイダーマン」に突然現れたワンダーウーマンは女性解放を主眼に置いたキャラクターには見えなかった。だけど、映画好きな若い女性に「絶対面白いから、すぐ見るべき」といわれて見に行ったのだ。

 

それであんたはどっちを支持するの?結論は?と問われたら、若い女性たちのバイタリティに圧倒されちゃうんだよね。もちろん、国連職員の主張もすごく真っ当だと思うけど、古い価値観かもしれないなんて考えてしまう部分がある。映画にそこまで求める必要はないじゃない。でも古いといわれる価値観にはとても大切なものも感じるしね。どっちもどっちではなく、どっちの視点も持っていたい。

そういえば、ワンダーウーマンを演じたガル・ガドットって、眉間にしわをよせて悪者と戦っている姿よりも、アイスクリームを初めて食べてワンダフルと笑った眼はより魅力的だった。だからじゃないけど、Garly な映画だったといっておこうと思う。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

民進党代表選挙、

アベ一強体制の崩壊、

小池新党の動向、

など、政治勢力は混沌としてますね。

僕はここ数日こんな感じになるのでは?と考え始めました。とりあえず、そんな妄想を書いてみます。

基本、政治勢力は3局になる。

A.旧来型自民党

アベ一派ほか、利益誘導、国家主義、憲法改正、原発推進

B.中道保守派

前原(石破)自主防衛、利益配分、憲法改正、原発

緩やかに廃止

C.リベラル保守派

枝野(共産含む)分配主義(ベーシックインカム視野)、憲法当面維持、脱原発

 

日本では保守主義がメインストリームだろう。その中で、右寄りか、左寄りかという違い。

Aも超右だけでは持たないだろう。

だからBへの流れもあるでろう。だから、石破も。

そして、判断が難しいのが小池。本来A方向だが、変わり身の早さからBへの動きもありそう。

Cは従来型のリベラルだが、まとまりとしては小さい。ただ、3局目としてキャスティングボードを担う可能性もありそう。

あと、公明党がどこに入るのかは難しいなど、まだまだ流動的だが、一つのモデルとして考えている。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

でも、それほどでも、熱いデモでもなかった。

 

みんな淡々と「アベ、やめろ!」を叫んでいた。

 

瞬間的に熱くなるのではなく、長期的に日本をどうするのか

を考えるのが正しのではないか?

 

僕らもいろいろ学習したのでは、と思った。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。