MASAのブログ

MASAのブログ

YAMAHA XS1B と いろいろ造作。

昼からの 第3クールで。。

 

知人が ユーザー車検見たいと言うから

 

時間合わせて。。

 

結果的に 速度計の公差と言うか 誤差は 4km/hあった。。

 

実速 40km/hの時  速度表示は 36km/hだった。

 

なので 36km/hで フットスイッチ外したら 〇出て 合格。。

 

制動力は ちゃんとメンテしたし エアー抜きもしたから 大丈夫と思うし

 

車検場までの道のりで 矢鱈 ブレーキを ハードに効かせて

 

パッドの当たり出しながら 走ったから 到着までには 当たりが出て

 

パッツンパッツン効く感じになってたから 不安は無かった。。

 

最後の 光軸と光量。。

 

光量は不安無いけど 光軸だけがね。。

 

ちゃんとしたアジャスター付けてくれたら良いのにと アーリア人を罵りながら!笑

 

フルカウルで ハンドルの切れ角に影響を受けないから

 

光軸曲がってたら 修正面倒なんよね。。

 

でっ 裏技も使いながら 一発で 〇出た!!

 

思わず ガッツポーズ!!

 

新規の検査なので 採寸と重さ 外観の写真撮影

 

それと 車体番号の確認に 矢鱈手間取り(打刻が薄く見にくかった)

 

車検証 貰って 納税申告して ナンバー貰って 車検終了。

 

その場で ナンバー付け替えるのも 面倒やったから

 

帰宅して ナンバー付け替えた。。

 

車検場の往復で 35kmくらい 久々乗ったね。。

 

でも 毒車 狭苦しくって  前傾の 首が痛いわ!!

 

大して乗らんかも。。汗

 

 

光軸合わせの 裏技知りたい??アハハハ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

MASA 検査ラインに入るの図。

 

 

 

臨時運行の 申請してきた。

 

仮ナンバーね。。

 

手数料 750円

 

2日間 OK。

 

車検行ってきます。。

 

速度計の校正して無いし 速度計の構造も解らんから 

 

どの程度か。。

 

自家用車と並走して 少しばかり目安を確認してみようかな。。

 

あとは 光軸。

 

国産車みたいに アジャスターとか付いて無いんよ。。

 

両サイドの 固定ネジと ゴムブッシュの 遊び代みたいなのの ふんわりした調整。

 

アーリア人め!!

 

 

 

 

 

 

 

 

XS用TCI(フルトラ)購入者のために。。。

 

まず IGコイルと IGコイルブラケット

 

それとイグナイターが セッティングされてるので

 

タンクを外して  純正のIGコイルを2個とも撤去して。

 

純正IGコイルに繋がってた メインハーネスの 茶色線

 

そこから フルトラの電源供給するので。。

 

TCI用のコイルブラケットは

 

純正IGコイルの取付穴に ボルトオン出来るはずなので

 

取り付けて イグナイターの 緑線は アースなので

 

取付ボルトと 共締めしてください。

 

メインハーネスに 茶色線も繋いでください。

 

純正の コンデンサーは 不要なので 撤去でも そのままでも

 

お好きにどうぞ。

 

配線だけは 抜いといてください。

 

プラグコードは 長めに切ってありますから  好みの長さに調整。

 

次にエンジン側。

 

ブレーカーカバーと ガバナ側のカバーを開けて

 

まず  ポイント側の作業。

 

ブレーカープレートを固定してる M6のビスを2本共緩めて

 

ブレーカープレートごと 撤去する。

 

さて  ポイントカムを外すのだけど、、

 

ガバナウェイトの 爪(ツメ)を折らないように

 

ポイントカム側のナット と ガバナウェイト側の ナットに

 

スパナを 両方掛ける。

 

必ず注意してほしいのは ガバナウェイトの爪に 負荷が掛からないように。。

 

最悪 爪(ツメ)折れる。。

 

ポイントカムが固着して外れない時は  ナットを少しだけかけて

 

ドライバーの柄とかで コツンと叩くと 抜けるはず。。

 

 

次に  TCI(フルトラ)用の ブレーカープレートを取り付ける。

 

おおむね アジャスト幅の中間くらいで。。

 

次は ストライカー(俗に言う ローター)の ダウエルピンの逃げを確認して

 

取り付けて  特殊形状のナットを手締め 

 

そして 緩めた際と同じように 両掛けしたスパナで

 

ガバナウェイトの爪に 負荷が掛からないように 締め込む。。

 

その際の ストライカーと ピップアップの位置関係は

 

画像の感じ。。

 

ピックアップからの 青と白の配線は

 

イグナイターにある 同じ色同士に接続する。

 

これで タンクは元に戻しても構わない。

 

この後  エンジン始動して  タイミングライトで正確に微調整したら

 

取付は完了。

 

点火時期の微調整は ブレーカープレートをずらしながらなので(アジャスト代を)

 

これは ポイント点火も同じね。。

 

全ての ビス ボルトを適正に締め込めば 取付作業は完了。

 

これで 面倒な ポイント調整と 点火時期調整から 解放されるよ。。

 

前にも言ったけど

 

ピックアップは スズキGSX250用 とか バンディットとか

 

イグナイターは CB750F とか CB900Fとか

 

IGコイルは フルトラ用 同爆タイプで 1次側抵抗が 2~3Ω  3Ωの方が良いかな!

 

の物なら 概ね何でも構わないはず。。

 

壊れたら自分で直してね。。

 

では 皆さんの成功を祈ります。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

R100RSの 例の センターカウル。

 

ウレタンクリアが 多分 完全硬化したみたいやから

 

取り付けてみた。

 

センターカウルと言うより  ふんどし的な 場所とか意味とか。汗

 

色目は 若干白っぽいけど

 

そのうち 汚れたり焼けたりで パット見解らんくなるのを期待しよう。。

 

感覚的に 風の流れが容易な感じ。 スカスカ。。

 

とりあえず様子見。

 

多分 これでも 暑すぎと思うけど。。

 

気休めか??大汗

 

 

 

 

 

 

 

 

ミニトレと DT1のメーター

 

一気に仕上げた。

 

ミニトレのメーターの 1個の ベゼルが無かったので

 

MASAのストックと言うか 要らんジャンクと言うか

 

似たようなの有ったから  それで 部品取りの方も

 

予備として誓えるように仕上といた。。

 

治具で ベゼル カシメて  スピードメーターのトリップのグロメット接着して

 

固着したら トリップシャフトも取り付けて

 

ベゼルのカシメた 隙間を クリアラッカーで防水と 封印。

 

明日以降 返送しますわ。

 

あれと 一緒にね。。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メッキ屋に 出来上がったの引き取りに行って

 

昨日は ヘロヘロに疲れてたから

 

今日組み立てた。

 

XS用のフルトラ 3セット作ったけど

 

既に 2セット 売約済み。。

 

残り 1セットやね。

 

こう言う展開になるとは思ってたが  やはり!!

 

 

W1のフルトラも

 

1ポイント用 2セット

 

2ポイント用 2セット

 

欲しい人 連絡ください。

 

xs1bs650@yahoo.co.jp

 

まで。。

 

基本 NC NR NS の3Nですが

 

全く 対応しないという訳じゃ無いけど 

 

壊れた時は 自分で直してね。

 

部品情報は 2~3週前に書いてるから それ 参考にしてね。

 

恐ろしいほどの W1オヤジの執念に 慄いて 今回作ったけど

 

多分 これで最後で 当分作らんと思う。。

 

でっ 

 

XSの欲しいと言った人に 週明け発送しますね!!

 

取り付け方の記事は 明日にでも。。

 

明後日かも。。笑

 

 

XS用 TCI(フルトラ)

 

完売しました!!  もう 有りません!

 

当分 作りません!!

 

W1用は まだ 有ります。  2024 04 15 現在

 

W1用 2ポイントモデル 残り 1セット

 

1ポイントモデルは 残り 2セット

                            2024 04 17 現在

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は 外回りの仕事で

 

メッキ屋寄って 仕上がったの引き取ってきたけど

 

さっき帰宅したばかりで  ヘロヘロに疲れてるから

 

別ネタ。

 

ペプシさんから  ピックアップ&イグナイターの 予備をと

 

依頼されて  大陸に注文してたら  届いたので

 

結線して 養生して 出来上がり。

 

3個の内 2個が ペプシさん用で  1個は 今作ってるW1用フルトラの分。

 

それと  R100RSの ふんどしみたいなセンターカウル。

 

車用の パールホワイトで塗装して 完全硬化したから  ウレタンクリアで

 

2回くらい  場所によっては 3回くらいに小分けして 塗装した。。

 

垂れは少し有るけど  見えんし  妥協。

 

純正のカウルの色は  日焼けとかで もう少し黄色っぽく見えるけど

 

まあ 取り付けてみて そのうち汚れて 日焼けしたら 解らんくなるやろうと 

 

いつもの いい加減な ハードルの低い妥協。。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

曲がった トリップシャフト。。

 

真鍮丸棒の先端に M3の左ねじ切って

 

力が入るようにして。

 

アルミでも良いけど  一気に一発でやらんと

 

何度もやり直してたら 内部応力溜まって 破断 とか 折れた とか

 

嫌だしね。。

 

作業にかかる前に 部品取りから トリップのユニット生きてる分探してきて

 

最悪の結果だけは避けようかと。。

 

でっ  一気に戻した。。

 

溜息出たよ!!

 

なんとか直ったよ!!

 

ついでに 分解して  洗浄まで済ませた。。

 

部品取りにしてくれと言ってた ミニトレのメーターは 過去にO/H履歴有で

 

妙に コーキングしてるし  オドメーターのシャフトのカシメを

 

一度解いて 再度カシメたね!  って感じの 造作跡があった。

 

一山超えたから さっさと片付けないと。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

動作確認もしたし

 

早々分解してみるかで

 

分解した。

 

あらま!!!

 

トリップシャフトは カットしないと内部のユニットが出てこないのは

 

オーナーさんも解ってる感じで

 

ケースを再メッキして 新品並みのクオリティーなんだが

 

トリップシャフトに付いた カットした残骸を見た瞬間

 

ヤバっ!

 

って なった。

 

なにが~~??

 

って 

 

曲がってる。

 

残骸取りのぞいて 間違いなく曲がってる。。

 

真鍮丸棒で シャフトの先端にM3の左ねじ切って 差し込んでみたら

 

やっぱ 曲がってる  酷く曲がってる。。

 

オーナーに連絡して 一か八かでやるしか無いけど と

 

返事は やってくれなので  予備のトリップユニット探し出しといて

 

やってみようと思う。

 

万一 折れたら 予備と交換。  最悪な事にはならん。。

 

それと ネット徘徊して

 

ミニトレと DT1のメーターの ベゼルリングの形状確認してみた。

 

エン坊!!  バジンさん!!   あんたたちは 正しい!!笑

 

作り置きの トリップシャフトは これで おしまい。

 

また 何個か作っておかなきゃ。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミニトレ用

 

 

DT1用

 

 

 

 

 

 

 

どんな感じだか

 

動作確認してみた。

 

ダンパーオイルの抜け具合とか 摩耗とか 汚れとか。。

 

誤差がかなりある物 無い物。。

 

おおむね傾向は解ったから とりあえず 分解してみるかな。。