ITビジネス + 旅とグルメ

ITビジネス + 旅とグルメ

特に IT関連のビジネスのことについて、調べたり、気がついたりしたら、報告します。
英語、フランス語、旅行のこと、グルメレポートなども書きますね。
ラーメン、スイーツ(モンブラン、タルト、どら焼など)、お好み焼き、フランス料理、パスタ

ビジネスのこと、おいしいものなど、思ったことを掲載します。

2020年10月から東京がGo toトラベルの対象になります。

待ってました。

実は、都内旅行(ホテル宿泊)は、早朝の便に乗るための宿泊だったり、業務上で新システム稼働の立ち合いのための待機宿泊だったりで、宿泊を楽しむことを目的としたことがありません。
神奈川県の人は、宿泊を伴う横浜旅行はあまりしないだろうと思いますし、埼玉県の人は、大宮旅行をしないと思いますし、千葉の人は千葉市に旅行に行くことはあまりないと思うのです。

しかし、泊まってみたいところとか、きっとあるはずだと思うのです。

それを実現してもいいなと思わせ、貢献みたいなことができるのが、Go toトラベルでもあります。


ロンリープラネットで人気があるホテルは、日本人にも人気があるホテルでもありますが、日本人があまり行かなく、安く、人気のあるところに宿泊したいと思っています。

さて、澤の屋さんとかサクラホテルさんとかが候補ですが、まだ決めていません。

 

そういう外国人に人気が高く、比較的お安いホテル(旅館)に、自分が体験のために宿泊すると言うことは、海外からせっかく来たのに、泊まりたくても泊まれなくなる人を最低一人つくりだすことになり、それは問題だと思っていました。

しかし、今は、それを気にしなくて大丈夫そうなので、Go toトラベルのある、この時期に宿泊しようかと思っています

最近は札幌(8月)とか鳴門・神戸(9月)とかの旅行が続いてしまい、これはGo toでなかったけど、観光だけでなく、用があって行ったわけですが、それでも旅行は旅行で、お金もかかっているわけで、次回に旅行に行くのは、もうちょっと先で11月とか12月あたりかな

 

感染に気を付けて、Go toトラベルキャンペーンを活用しましょう。

神戸から関西国際空港経由で、羽田空港に戻りました

行きは船、帰りは飛行機です

三ノ宮からポートライナーで神戸空港まで行き、そこで、船に乗り、関空まで行きました。約30分で到着するので、とても便利です。

 

関空は初めてです。

"Youは何しに日本へ"で関空でよくインタビューしていますが、その場所を見たかったので、探したところ、ありました。違うかも知れないけど、だいたいこんな感じです。

 

羽田に戻り、帰宅しました。

久々のの神戸旅行はよかったです。今度は出張でなく、完全に個人旅行です。

鳴門もよかったです。

 

以前、仕事の都合で、よく神戸に来ていましたが、しばらく来ていません。

そのため、以前、時間の限り、できなかったことをしようと思いました。

1. 白鶴酒造に見学に行く

 

良かったです。前回は、魚崎から近い、菊正宗酒造には行ったのですが、こちらはちょっと遠く、時間がなく、行かなかったのが残念でした。

しかし、今回行けてよかったです。

利き酒もしました。こちらは菊正宗酒造と違い、基本的には有料でした。

 

2. ケンミンダイニングに行く

良かったです。店の写真は、特定できるかも知れない程度に人が写ってしまい、掲載しにくいので、やめました。

ランチBにしました。950円+税だった気がします。

福建ビーフンと言うビーフンを選択しました。

 

後は、ポートタワーとか、北野異人館とか、南京町とかに行きました。

これは前回も何とか行ったので、久々に行ったことになりますが、あまり覚えていなかったです。

 

以下に行きたかったのですが、行けませんでした。

1. 湊川公園の駅近くの新しくできた湊川大食堂とその周辺の商店街

2. 東山商店街

3. 王子動物園

4. 六甲山の夜景

 

ひさびさの神戸でした。

2泊しました。

 

前回、鳴門で観光をして、一泊して、鳴門から神戸に向かいました。

高速バスで移動したのですが、鳴門での乗り場に行く方法を悩みました。

高速の神戸淡路鳴門自動車道の高速鳴門バス停があり、そこから神戸三ノ宮までの経路です。

 

さて、高速鳴門バス停に行くとき、鳴門市地域バスで、鳴門駅前からバスで、高速鳴門バス停前と言うバス停まで行く方法があります。

そこで降りて、そこから高速鳴門バス停まで歩くことになります。

そのバス停と高速バスのバス停の位置をGoogle Mapで調べると、意外と離れているように見えてしまいます。また、その間の道が表示されません。

そのため、いったいどうやって行くのか悩みました。

検索しても回答を見つけることができませんでした。(もっと探せばあったと思います)

しかし、YouTubeで探してみたら、鳴門市地域バスの高速鳴門バス停から、徒歩で、すろっぴーと言うモノレールのような乗り物の乗り場に行き、そこですろっひーに乗り、1, 2分で高速鳴門バス停に到着することがわかりました。

 

鳴門市地域バス 高速鳴門バス停前

このバス停で降りて、写真で言うと、奥の方にまっすぐ進みます。

1分もしないで、左に以下が見えてきます。観光案内などをしているところです、自転車レンタルもできます。

YouTube動画で、すろっぴーで検索すると、以下の建物がよく映りこんでいます。

右端にすろっぴーの乗り場があります。

 

乗り場でボタンを押すと、すろっぴーを呼び出すことができ、すろっぴーがこちらに向かってきました。

これで高速鳴門バス停に行けます。もちろん、行先は、鳴門とか徳島と言うのはないです。神戸、大阪、東京などが行先です。

すろっぴーの写真がもっとあったらいいのですが、ぼけてして、よく見えないのでありません。

 

四国の徳島県の鳴門に行ってきましたよ。初めての四国です。

東京港フェリーターミナルからフェリーで徳島まで行き、バスで鳴門に行きました。

 

東京港フェリーターミナルまで

りんかい線の国際展示場の駅からバスで、東京港フェリーターミナルまで向かいました。

国際展示場の駅の出口は一つです。

駅前に4番のパス乗り場がありますので、そこでバスに乗ります。バスの出発時間は17:00過ぎから開始なのですが、その日は、16:30にバスが来ていました。なお、バスと言うより、バンです。

バス乗り場は、すぐに気が付くでしょう。これから乗る方は安心してください。

バスに乗ると10分程度で、東京港フェリーターミナルに到着します。

17:00から乗船手続き開始で、10分ほど待ちました。

オーシャン東九フェリーに乗りました。

こんな感じのところで、出発を待ちました。

 

東京港フェリーターミナルから鳴門まで

オーシャン東九フェリーの船内の様子です。

 

一番安い部屋に泊まりました。

カプセルホテルのような部屋です。

夜7:30に出発して、翌日の午後1:10ころに徳島に到着しました。

徳島港に到着すると、バスが待機しています。

Webサイトには、どうやって、徳島駅から港にバスで来るか書かれていますが、その逆は書かれていません。疑問に感じる人は多いと思います。

答えは、到着して、フェリーターミナルから出ると、すぐそこにバスが待機しています。

定刻の出発時刻はありますが、船は、電車ほど正確に到着しないとのことで、待機するのだそうです。2020年9月時点で、210円でした。

徳島駅に到着しました。電車で鳴門に行くか、バスで行くか悩みました。電車の方が安いのですが、後1時間待つ必要があったので、バスで鳴門に行きました。490円だったような気がします。

 

徳島駅前から、路線バスで鳴門駅に行きました。約50分です。

 

駅の近くのホテルで、NEXELアルファベット鳴門と言うホテルに宿泊しました。

一泊2800円で、とても安いです。一番安い部屋にしました。しかし、問題ないです。

こんなに安くていいのかと思いました。

男性客だけ、大浴場がありました。女性客は見かけた気がしたので、いるのでしょう。その場合、部屋に風呂がある部屋にしか泊まれないと言うことなのかと思っています。

チェックインしたとき、15:00くらいで、急ぎで、大塚国際美術館に行き、渦潮を見に、渦の道に行きました。