伝わる文章の書き方 文章の講師・山口拓朗

伝わる文章の書き方を解説。ライターで文章研修講師の山口拓朗が、伝わる文章、買わせる文章、ビジネス文章、メールなどライティングに関する情報を発信中。


テーマ:

【漫画&ストーリーで文章の書き方を学ぼう!】

 

2月22日発売の新刊の初稿が到着しました。タイトルは『そもそも文章ってどう書けばいいんですか?』(日本実業出版社)。
        
ウェブ制作会社で勃発する仁義なき文章バトル!? 内容はもちろん、舌戦をくり広げる2人の主人公の行方にもご注目のほど。ストーリーがバカバカしく……いや、楽しすぎて、ゲラを読みながらニタニタしています。

 

文章を書くのが苦手な人のなかには、そもそも本を読むことが苦手な人もいます。そんな方にも楽しんでもらえる一冊です。発売まで、しばしお待ちください。

 

 

以下、Amazonの商品説明です。

 

◎「文章を書ける」というのは一生モノのスキル!

「文章を書くことがストレスです」
「文章を書くことが苦手です」
「文章書くのに時間がかかります」
「支離滅裂な文章を書いてしまいます」
「『この文章はどういう意味だ?』って上司に怒られます」
「そもそも頭のなかにあることを、文章にすることができません」

本書は、そうした「文章アレルギー」の人たちに、マンガを織り交ぜながら、わかりやすく文章の書き方をレクチャーしていきます。

 

登場人物はウェブ制作会社に勤める25歳のモモと、同僚の佐々木(モジャ先輩)のふたり。
 

モモは小学生の頃から作文が大嫌い。大学の卒業論文では、あまりに文章が書けないので、海外逃亡を図ろうとしたことも……。


社会に出れば文章を書く機会も減るだろうと思っていたが……悪戦苦闘の毎日を送っています。

モモだけでなく、学生から社会人まで、文章作成の悩みは尽きません。


かといって、パソコンやメール、インターネットが隆盛を極める今の社会で、「文章を書かずに逃げ切る」ことはできません。


多くの人が「嫌い」「苦手」「書けない」と言いながら、その状態を放置していますが、これは本当にもったいないことです!


なぜなら、文章を書けるかどうかで仕事の成果や周囲の評価が大きく変わるからです。


文章作成が得意になると、自分に圧倒的な自信がつきます。


そして、いちど身につけた文章力が、再び低下することはありません。


文章作成というのは、失われることのない一生モノの技能なのです。


文章が書けるようになって、会社や取引先、クライアントなどから評価されていくことは間違いない事実です。

本書では、そんなモモを救うべく、先輩社員の佐々木(モジャ先輩)が一生モノのスキルとなる文章作成の基本から、次のようなわかりやすくなる書き方を指南していきます。

●読者ターゲット設定とニーズの把握がすべて
●1つの文章には1つの意味
●読者が知りたいことを過不足なく書く技術とは?
●状況に応じてテンプレートを活用する

——をはじめ、モモとモジャ先輩のやり取りを読んでいくうちに、いつの間にか「書くことが嫌い」が「書くことが好き」へと変わります。

 

仕事……、就活……、ブログ……とシチュエーション別に解説しており、あらゆる文章がスラスラ書けるようになる入門書です。

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

ビジネスパーソンの「自分らしく働く」を応援するニュース・コラムサイト「リクナビNEXTジャーナル」にて、山口拓朗の新連載がスタートしました。テーマは「夫婦円満法」です。

 

◆第10回:「『大きなお世話』が、夫婦のキレツを生んでいく」

https://next.rikunabi.com/journal/entry/20180117_D

 

◆第9回:「“すき間風”吹く夫婦仲。『スマホ』使って劇的改善?」

https://next.rikunabi.com/journal/entry/20171213_D

 

◆第8回:「『注意』のつもりが“人格否定”と思われているかも?」

https://next.rikunabi.com/journal/entry/20171108_D

 

◆第7回:「『夫婦“円満”か“不仲”かは相手次第』のウソ。誰と結婚しても結果は同じ!」

https://next.rikunabi.com/journal/entry/20171019_D1

 

◆第6回:「“カチン”とくる前に「夫婦バトル」を回避する2つの方法」

https://next.rikunabi.com/journal/entry/20170906_D

 

◆第5回:「壊れかけた夫婦関係を修復する「たった一つ」の方法とは?」

https://next.rikunabi.com/journal/entry/20170809_D1

 

◆第4回:「『1ミリの溝』から、夫婦関係が壊れる前に知ってほしいこと」

https://next.rikunabi.com/journal/entry/20170711_D

 

◆第3回:「夫婦で『ホメ合う』と“スーパーサイヤ人”になれるワケ」

http://next.rikunabi.com/journal/entry/20170613_D

 

◆第2回:「妻(夫)への不満の原因は「◯◯すべき」にあった?」

http://next.rikunabi.com/journal/entry/20170509_D1

 

◆第1回:「女性の「グチ」は正面から受け止めるな!“避雷針”になれ!」。

http://next.rikunabi.com/journal/entry/20170411_T1

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
リクナビ 山口拓朗 文章

キャリアとビジネスのニュースサイト『リクナビNEXTジャーナル』に寄稿しています。タイトルをクリックして記事をお読みください。

山口拓朗の連載「ビジネスパーソンのための文章術」

山口拓朗の連載「夫婦円満法」

山口拓朗の特別寄稿「転職成功ノウハウ(メール)」

◆第49回(2018.1.17)
「大きなお世話」が、夫婦のキレツを生んでいく――山口拓朗の「夫婦円満法」
 

◆第48回(2017.12.19)
「断りメール」で、関係性を壊す人・壊さない人
 

◆第47回(2017.12.13)
“すき間風”吹く夫婦仲。「スマホ」使って劇的改善?――山口拓朗の「夫婦円満法」
 

◆第46回(2017.11.21)
「こいつの“お願い”聞きたくないな…」と思われる“依頼メール”には、大事な4つのポイントがない
 

◆第45回(2017.11.8)
「注意」のつもりが“人格否定”と思われているかも?――山口拓朗の「夫婦円満法」
 

◆第44回(2017.10.31)
上から目線に要注意!「催促メール」の書き方
 

◆第43回(2017.10.19)
「夫婦“円満”か“不仲”かは相手次第」のウソ。誰と結婚しても結果は同じ!――山口拓朗の「夫婦円満法」
 

◆第42回(2017.9.19)
「お詫びメール」でしくじらないための6つの鉄則
 

◆第41回(2017.9.6)
“カチン”とくる前に「夫婦バトル」を回避する2つの方法――山口拓朗の「夫婦円満法」
 

◆第40回(2017.8.22)
「文章を書くのが苦手…」から解放される意外な方法とは?
 

◆第39回(2017.8.9)
壊れかけた夫婦関係を修復する「たった一つ」の方法とは?――山口拓朗の「夫婦円満法」
 

◆第38回(2017.7.22)
SNSで意図せず「誤情報」を流してしまう人の特徴
 

◆第37回(2017.7.11)
「1ミリの溝」から、夫婦関係が壊れる前に知ってほしいこと――山口拓朗の「夫婦円満法」
 

◆第36回(2017.6.26)
デキるデキないの差は「編集力」にあった
 

◆第35回(2017.6.13)
夫婦で「ホメ合う」と“スーパーサイヤ人”になれるワケ――山口拓朗の「夫婦円満法」
 

◆第34回(2017.5.25)
SNS投稿で「自滅してしまう人」の特徴
 

◆第33回(2017.5.9)
妻(夫)への不満の原因は「◯◯すべき」にあった?――山口拓朗の「夫婦円満法」
 

◆第32回(2017.4.25)
デキる人は、やっぱり「メモ魔」だった――メモのもたらす5つの効果
 

◆第31回(2017.4.11)
女性の「グチ」は正面から受け止めるな!“避雷針”になれ!――山口拓朗の「夫婦円満法」

 
◆第30回(2017.3.21)
「一発で伝わる」文章には“具”が欠かせない

 
◆第29回(2017.3.7)
「文章力がない」人こそ磨くべき、たった一つのスキルとは?

 
◆第28回(2017.2.21)
メールでミスする人が見落としがちな「送信前」の確認ポイント13

 
◆第27回(2017.2.7)
メールで「感じよく」「スムーズに」予定変更をお願いするには?

 
◆第26回(2017.1.24)
SNSの「嫌われコメント」と「愛されコメント」の差はどこにある?

 
◆第25回(2017.1.10)
ビジネスで使える「文章力」を“文章を書かずに”鍛える方法とは?

 
◆第24回(2016.12.28)
仕事がデキる人は、ムダな「メールの往復」をしない

 
◆第23回(2016.12.20)
デキる人が「スマホから送る」ビジネスメールで意識すること

 
◆第22回(2016.12.6)
デキない人のメールには、「クッション言葉」がない

 
◆第21回(2016.11.22)
デキない人のメールには、“たった1つの要素”がない

 
◆第20回(2016.11.8)
デキない人の伝え方には、“3つの要素”がない

 
◆第19回(2016.10.26)
大きなミスにつながるかも!?やりがちな「二通りの意味にとれる」悪文例

 
◆第18回(2016.10.12)
【デッドライン文章術】締め切りを設けて、集中力高く文章を書く方法

 
◆第17回(2016.9.28)
「カジュアルな言葉」は失礼!仕事のメールで今すぐ使える“言い換え”例46選

 
◆第16回(2016.9.7)
ビジネス文章は3秒が勝負!〜最初の「ひと言」で伝える技術〜

 
◆第15回(2016.8.24)
自分の望み通りに相手を動かす心理メール術

 
◆第14回(2016.8.19)
「接続詞」を断捨離すると、文章がグンと読みやすくなる!?

 
◆第13回(2016.8.4)
【体はしぼった!文章はどうだ?】くどい“メタボ文”を改善する「文章ダイエット」の奥義

 
◆第12回(2016.7.20)
仕事がデキない人は、文章が「デコボコ」!?同一情報はまとめて書こう!

 
◆第11回(2016.7.8)
知らず知らずのうちに使っている「呼応表現の誤り」あるある

 
◆第10回(2016.6.24)
【間違えると恥ずかしい!】ややこしい日本語19選

 
◆第9回(2016.6.15)
読みやすさ&伝わりやすさが大幅アップ!「文章の読み返し」小ワザ4選

 
◆第8回(2016.6.1)
「ダメな文章」が「伝わる文章」に激変する3つの基本!

 
◆第7回(2016.5.18)
型にあてはめるだけで書ける!仕事に使える2つの文章テンプレート

 
◆第6回(2016.4.22)
「書く前の4つの準備」で仕事の成果が激変する?

 
◆第5回(2016.4.12)
目からウロコ! 「5W3H」を使った「自問自答」で文章をサクサク書く方法

 
◆第4回(2016.3.31)
「何を書けばいい?」の悩みが消えるアンテナ情報収集法!

 
◆第3回(2016.3.23)
あなたも間違ってるかも!? 知らずに使うと大恥をかく「言葉の誤用」と「言葉の乱れ」

 
◆第2回(2016.3.9)
信頼感がグッと増す!上手な「返信メール」の書き方

 
◆第1回(2016.2.22)
仕事で嫌われる「あいまい文章」にサヨナラしよう!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)