探偵の魅力って何?

探偵の魅力って何?

探偵になるためにはどうしたらいいのか?といった探偵についての話とか。


夫が浮気しているかもしれない…そんなことを感じた時、探偵の力を借りたいと考える人が出てくると思います。
ですが、普段から探偵を利用しているという人はそうそういないですから、どう探せばいいのか見当もつかないという人がほとんどでしょう。
探偵は、利用したことがなければ実態がよく分からない職業です。


       
 

警察庁の発表では、令和3年末の届出数(営業所数)は6,693件。

新規届出数は毎年700~800件ほど、廃止届は毎年約500件ほど提出されています。
この届出は探偵の事業所ごとに提出するものなので、探偵の事業所が年々増えていることがわかりますね。

〈参考:https://www.npa.go.jp/publications/statistics/safetylife/R3tanteigyougaikyou.pdf

これだけの数があると、どう探せばいいのか分からなくなってしまうでしょう。
探偵に力を借りるようなことがあれば

  • 良い探偵を選ぶにはチェックしなければいけない項目があること
  • 探偵への依頼というのは決して安くないということ

以上の2点をはじめに述べておきたいです。

探偵はただでさえ数が多いですから、闇雲に探偵を探すのは時間と労力の無駄です。
良い探偵を効率良く見つけるために、以下の内容を踏まえて探偵を選んでみて下さい。

探偵を選ぶ際は、身近な探偵社からチェックして次に電話、面談へと移行すると思います。その際、少しでも不安だと感じた場合は納得できるところが見つかるまで時間をかけて探偵選びをしてください。
また、ネットで探偵を探す時は、広告のキャッチコピーに踊らされないこと、所在地が明記されてるか確認することが重要です。
特に後者の「所在地が明記されてるかの確認」は、必ず行うようにしましょう。

ホームページのどこを見ても所在地の記載がない場合、その探偵事務所には依頼しないでください。トラブルが起こった時、逃げられてしまう可能性があります。もし逃げられてしまうと、住所がわからないですから調査費用を返してもらうことができなくなってしまいます。
面談の際は、事務所の有無を確認するためにも一度はオフィスに足を運ぶようにしましょう。
〈参考:https://xn--1lqs71d2law9k8zbv08f.biz/tanteitodokedesuu_shitsu.html

 


そして、探偵を選ぶ際に最も必要なこと、それは相性です。
確かに技術や調査能力なども不可欠ですが、まず相性が合わなければそれどころの話ではありません。
コミュニケーションを取れ、さらに相性が良ければ難しい依頼もスムーズになるはずですからこれらのことを踏まえ探偵選びに活かしてみてください。
特に東京や大阪などの主要都市では、探偵事務所の数が極端に多くなっています。
今回紹介した内容を考慮して、良い探偵事務所を探してみてくださいね。
 

 
 
 
 

日々を過ごしている中で、「どうしたらいいの?」と考え込んでしまうようなことがあれば、探偵に相談してみましょう。
もちろん、周りの信頼できる人に相談しても構いません。
しかし、その信頼できるはずのパートナーが浮気していたら…?
どうしたらよいかわからなくなってしまうでしょう。


その“わからない”ことを調査して明らかにしてくれるのが探偵の仕事です。
浮気問題以外でも、なんでも相談して構いません。

 

探偵が具体的にどんな手段を使って、物事を調査をしてくれるのかは下記記事を参照ください。

 

 

探偵が解決できる問題は実に多種多様です。
そのたくさんの問題に合わせて、できる調査がたくさんあります。
今回は探偵が主に取り扱っている案件と調査項目をご紹介していきたいと思います。

 

 

浮気調査


まずは最初にもあげたように、浮気のような男女関係の諍い。
ニュースになることもあれば、恋愛ドラマのテーマにもなる「不倫・浮気」は、古今東西非常に身近な問題ですよね。
この問題を、探偵の浮気調査が解決の道を切り開いてくれます。

依頼するときには、浮気かどうかはっきりしないまま依頼する人もいれば、はっきり確信をもっている人もいるようです。
曖昧な時でも勇気を持って相談してみて損はないかもしれませんよ?
探偵が浮気の証拠をとることで、それをきっかけに話し合いの場を持つことができるでしょう。
夫婦の問題を深く掘り下げた話し合いをすることや、別れを決めて新しい人生を歩むこともできます。
 

結婚調査


 

 

浮気問題が身近だからこそ、浮気調査は探偵の仕事のなかでは非常に大きな割合を占めています。

そして、次に私たちの生活の中で、身近な問題になっているのは「この人は本当はどんな人?」という疑問や不安。
インターネット越しに知り合って友人になったり、結婚相手を見つけることも多い世の中ならではの問題です。
相手の経歴に嘘はないか? ということは、友人であっても結婚相手でも気になりますよね。

そこで、探偵に依頼することで安心できる方法は、結婚調査です。

  • 結婚しようと考えていた相手が既婚者だった…
  • 年齢も名前も嘘をつかれていた…
  • 勤め先には実は在籍していない…

といった失敗が防げるでしょう。
出会いのきっかけが多い現代だからこそ、必要とされる調査ですね。
 

個人信用調査


似たようなもので、個人信用調査と言うのもあります。
こちらは、依頼主から特定の人物の様々な人物像についてを調査致します。

  • 人格
  • 経歴
  • 交遊関係
  • 健康状態

などがわかります。


例えばですが、離れて暮らす両親の元に一人のお世話をしてくれている女性が現れて、どんな女性なのか心配で探偵に依頼をする、ということもあるようです。
結婚調査と個人信用調査を、分けて記載している探偵もいますが、“素性調査”としてひとくくりにしていることもあります。
もし、調査を依頼したいと考えた時はどんなことが明らかになるのか、質問してみてください。
ただし出生地や犯罪歴などの差別行為を助長しかねない情報の調査は、探偵は調べませんし、依頼者に教えません。法律でも禁止されています。
 

その他の調査も探偵に相談を


他にも、家出調査人探しはもちろん、つきまとい行為などを警戒して証拠をとるストーカー調査盗聴・盗撮器発見等の調査といったものも探偵はできます。
本当に多岐にわたるので調べてみてくださいね。
参考:探偵にできる依頼とは?実際の探偵が請け負う業務を解説

ぜひ、身の回りに気になる問題や、心配なことがあれば、探偵に依頼するという選択肢も考えてみてくださいね!

探偵っていう職業が、どんな仕事・業務をしているのかは、結構前にブログに書きました。

そのあと、また追加で調べて分かったことがあります。
探偵は、“特別な権限があるわけじゃない”ってこと。

俺は、なんとな~く探偵には特別な権利を持っていたりとか特殊な行動ができたりするようなイメージがあったんですが、それは残念なことにありませんでし…。


そうです!探偵事務所・興信所には特別な権限はありません!
でも、「張り込み、聞き込み、尾行」はできます!

参考:探偵業の業務の適正化に関する法律等の概要

ここでいま「えっ…探偵って、出来ること、なくね?」と、ガッカリしたかもしれませんw
かっこいい権限じゃないですよね。

当然、探偵は調査でも敷地内に勝手に入ったら不法侵入。
依頼もなく、むやみやたらに他人のことを撮影するのも駄目。

 

他にもモロモロ、引き受けることができない依頼もあるみたいですよ。

参考:探偵はどこまで調査できる?探偵が行う調査の違法性


でも、やっぱり素人では用意できない調査に必要な機材経験に裏打ちされた調査技術を、探偵が持っているというのは間違いないです。
ノウハウがあるって心強くないですか?

探偵の仕事で多いと言われている浮気調査などは、そうした機材や、張り込みや尾行の技術で十分に調べ上げられるそうです。 
盗聴器やGPSを仕掛ける、なんてことは、依頼者が対象者の家族であり、なお許諾を得られている場合に可能なそうです。
そこまで出来れば、探偵はかなりがっちり調査できそうですよね!

探偵の看板を掲げていても、堂々と「別れさせ屋」「復縁工作」をします!と言っていることがありますが、探偵が行える「張り込み、聞き込み、尾行」からは逸脱している気がしますw
あんまりよいとこじゃないんじゃないかと俺は思うので、気をつけてください。

 

最近は、プロ用の浮気調査機材をレンタルしているところもあるみたいです。
探偵に依頼するときの費用より全然かからないので、時間に余裕があって自信がある人にはおすすめです。
ただ、探偵は違法なことに手を貸しませんので「別れたカレシのことを徹底的に調べてやる!」「妻と子供が逃げたから探す!」みたいな「いやそれ、ストーカーじゃない?」みたいな目的だと、レンタルしてくれないかもしれません。
 

 

 

『浮気調査、承ります』という探偵社の広告や宣伝はよくあるものです。
ですが、具体的に何をしてくれるのか、知っていますか?
あまり知られていませんよね。


ひとくちに浮気調査と言っても、求める結果や程度は人それぞれです。

  • パートナーが浮気していないか確かめたい!
  • 不倫の証拠を集めて、裁判を有利に進めたい!
  • 浮気相手だけにお金を請求したい!
  • 浮気相手が誰か調べて絶対に別れてもらう!


求めた結果にコミットしてくれる浮気調査ができるか、事前に知っておきたいですよね!

 

 浮気調査は行動調査


探偵は、探偵業法で「他人の依頼を受けて、特定人の所在または行動についての情報を収集すること」と業務を定められています。
どの探偵でも浮気の調査をするとなれば、第一にターゲット(パートナーや配偶者、そして浮気相手)の行動を調査して、浮気の有無を明らかにすることが目的となります。


それに付随して、浮気相手の詳細が不明な場合はその人物を特定することも業務に含まれる形となります。
 

こういった情報収集のために探偵は通常、

 

・聞き込み
・尾行
・張り込み

 

といった業務で調査を進めていきます。

ですが、こと浮気調査に限っては扱う情報が非常にデリケートなため聞き込み調査は行いません。
 

対象者を尾行しその行先を突き止める、または長時間の張り込みを敢行して浮気の実態を突き止めることが中心となります。

 

 

 違法な浮気調査を行う探偵


中には違法な調査をする探偵(を名乗っているだけの)業者も存在します。

一例として、他人の車に所有者の許可なく盗聴やGPS装置を仕掛ける行為、車のナンバープレートから個人を特定するなどといった行為は探偵に認められているものではありません。

たとえこのような違法行為で浮気の重大な証拠を入手できたとしても、裁判や調停では無効とされてしまうことがあります。

どんな手を使ってでも浮気の事実を明らかにしたいという気持ちは理解できますが、正当な方法で調査を遂行してくれる探偵事務所に依頼すべきです。

もし、依頼をする際は「違法な行為をしない探偵か?」と考えて見極めていきたいものですね。
 

 

 浮気調査を頼むなら


以上のことは。あくまで浮気調査の基本的な内容になります。
ここから探偵を選定する場合、前述の違法な浮気調査でないか?という点もですが、
 

・実際の調査で用いる機材のレベル
・調査員のスキル
・怪しい探偵ではないか?

 


についても確認する必要があります。
ぜひ納得のいくまで事前に打ち合わせや相談をした上で、依頼する探偵を選んでみてください。

 

探偵になりたい!!って思っても、簡単になることは出来ないらしいです。


でも、名乗ろうと思えば明日から「俺は探偵だ!!」っと言って探偵事務所もしくは興信所を開くことは可能みたいですよ。
公安委員会に届け出が受理されれば…。

というのも、探偵になるためには免許とか資格が必要なのではなく、警察署や公安委員会で調査業を営む届け出をだして登録をすればいいだけだからです。

だから、「明日から探偵になるんだ…」って言って、その日のうちに登録書を書いて提出すれば、本人に特別な問題がない限りはすんなり探偵になることが出来ます。
やろうと思えば、だけど。


でも、探偵の仕事を何も知らないのに果たして仕事が出来るのか?
と聞かれると、出来ないと答えるしかないでしょうね。

探偵が浮気調査や素行調査などをすることは知っているし、調査方法も尾行や張り込みなどがあることも知っているが、それは一部らしいですね。
ノウハウがない素人が、おいそれと探偵として開業し、成功なんて出来るはずもないんですよ。

本当に探偵になりたいと思うなら、探偵事務所や興信所が経営をする探偵学校へ入校して勉強するか、弟子入りのようなかたちで探偵事務所の調査員として就職するという選択でしょう。