マドラー | ケント・ギルバート ブログ『ケント・ギルバートの知ってるつもり』 Powered by アメブロ
2007-10-01 07:51:36

マドラー

テーマ:最近の出来事

 日本語の中には外来語があふれています。


私は英語由来の外来語には強いつもりですが、英語以外の言葉に由来する外来語だと少し戸惑います。


聞きなれないカタカナの言葉があると「元々は何語なのだろうか?」と考えてしまいます。


 その一つとして、「マドラー」がありました。


飲み物をかき混ぜる棒のことですよね。


日本語の中ではすっかり定着して使われていますが、ずいぶん昔から「元々は何語のどんな単語なのかなぁ…」と不思議に思っていました。

 

先日大阪に行ったとき、木製のマドラーが置いてありました。


手にとってみたら、包装紙に”Wood Muddler” と英語で書いてありました。


「なんだ、英語だったのか!」


「いや、これこそ実は和製英語ではないか?」


と、すぐには納得できませんでした。


弁護士という職業は、何事もすぐには信じないで、証拠を確かめるクセがあります。


東京に戻ってから辞書で調べてみたら、ちゃんと書いてありました。


今までは英語を覚えてからその日本語を覚えてきましたが、今回は逆の順番でした。


それにしても、アメリカでは一度も聞いたことがない言葉でした。


そこでアメリカにいる妻に電話して聞いてみたところ、彼女も ”Muddler” という言葉を聞いたことがないと言います。


普通、コーヒーなど、アルコールが入っていない飲み物をかき混ぜる棒なら、”stirrer” と言い、アルコールが入っている飲み物をかき混ぜる棒なら、”swizzle stick” と言います。


というのも、アルコールの飲み物を ”swizzle” と言うからです。


マニアは有名ホテルなどの “swizzle stick” を集めたりします。


更に “muddler” とはイギリス英語なのかなとも思いましたが、そうでもないようです。


ただ単に私が知らなかっただけの、ちゃんとした英語だったのです。


まったく予想もしてなかった展開でした。


毎日が勉強だからこそ、人生は面白いですよね。


ケント・ギルバートさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース