Memory of Rimi 夏川りみ あふれる歌心

Memory of Rimi 夏川りみ あふれる歌心

僕は夏川りみさんのファンです。このブログでは、僕が行ったりみさんのコンサートやイベント、そしてファンクラブ時代の楽しい思い出を書こうと思いますので、よろしくお願いします。

 2023年9月3日に、僕は1年9か月ぶりに、夏川りみさんのコンサートを見に、相模女子大学グリーンホールに行きました。

コンサートは、りみさんの歌唱、バックバンドの見事な演奏、そして会場のお客さんは大熱狂して、素晴らしいコンサートになりました。

 りみさんのトークがとにかく絶好調で、お客さんとのやり取りがとにかちょうど、楽しかったです。

後は自分が作った曲の話をいきいきと楽しく語ってくれました。時々りみさんは曲が終わるたびにありがとうございましたといい、笑顔が絶えなかったです。

後は、りみさんはトークの中で、「曲をいただく時に、そこに愛があるかなということを意識して、歌います。」

と言っていたのが、心に残りました。

 コンサートで演奏された曲は、懐かしい曲も多く、自分がライブで聞いたことがなかったことのない曲も多かったので、新鮮でした。その中も、「愛のチカラ」が思いのこもった大熱唄で、とても感動しました。バックバンドはベースの岡本さんが加わったことで、より安定感をましたと思います。樋口さんのギターも繊細でよかったです。岡本さんはウッドベースとエレキベース、樋口さんはアコギ2本と、セミアコ1本を使い分けていました。

後、「波照間ブルー」でのりみさんの振り付けも楽しかったです。

 コンサートの中で、カチャーシーコンテストといって、数名の方に、りみさんがプレゼントを渡す企画がありまして、そこで小さな子供を連れた、お父さん、お母さんたちにプレゼントを渡す姿が、なんとも印象的でした。

カチャーシーコンテストは、キーボードの醍醐さんが扇子持って、踊っていたのが楽しかったです。

「安里屋ユンタ」では、ひさびさに声を出して、歌ったことも嬉しかったです。りみさんがカチャーシーの動きを説明するときに、声がおじさんのように、太くなったのがおかしかったです。

後は息子さんの姿が初めて見れたのも、嬉しかったです。

あっという間に、最後の曲が終わり、アンコールでふたたび、りみさんが姿を現した時に、

「コンサートツアーも折り返し地点ですが、とても盛り上がってくれてありがとう!」と言ってくれました。

その後、グッズの宣伝をしていたのですが、「夢グループ」のコマーシャルの真似を、りみさんがしていたのが、おかしかったです。

 コンサートの最後に歌った「愛」も素晴らしかったです。

そして、会場のお客さんの写真を撮ってくれました。そのことも嬉しかったです。

 コンサートの時間は、たしかに愛に満ち溢れた時間でした。感謝しています。

来年、りみさんは歌手生活25周年を迎えます。さっそく、2024年2月3日には台湾でのコンサートが決まっています。

2024年はますます期待が高まる1年になると思います。