大阪市 西淀川区のギター教室woodstockのブログ

大阪市 西淀川区のギター教室woodstockのブログ

大阪市西淀川区のギター教室ギター教室woodstockのブログです。ギター初心者向けの情報をメインに音楽や楽器の話をしていきます。

 

 

 

どうも、ウッドストックギター教室・講師の岡本です。

今回はエレキギター歴1年程度の当教室の生徒さんによる演奏動画を紹介します。

 

曲は若者に大人気のロックバンド・ワンオクロックの「完全感覚dreamer」です。

 

完全感覚dreamerのギターは初心者向けか?というと初心者には少し難易度が高いですが、初心者向けの曲と言えると思います。

この曲をマスターすることで主に、

 

  • パワーコード
  • オクターブ奏法
  • 2拍3連

 

を学ぶことが出来ます。

 

動画はライブバージョンをコピーしたもので、素早いトレモロピッキングと複音チョーキングによるギターソロもありますが、初心者さんには少しだけ難しく感じるかも知れませんね。

 

この曲の最大のキモはイントロのオクターブ奏法をロックテイスト溢れる8ビートに、しっかりと乗せてノリを出しながらの演奏と言えるでしょう。

 

Aメロはパワーコード主体ですが、ナインスやセブンス系のコードも織り交ぜたプレイとなっていて、休符をしっかりと出してやることが課題ですね。

 

Bメロ・サビのコードプレイはテンポにさえ乗れれば、それほど難しくはないと思われますので、まずはココからコピーしてみるのも良いかも知れませんね。

 

ただし、Bメロとサビの繋ぎ部分にはオクターブ奏法が登場しますので、注意が必要ですよ。

 

また、要所要所で出てくる2拍3連のユニゾンフレーズはリズムをしっかりと理解して演奏するとグルーブが出やすくなりますね。

 

こちらの生徒さんは、自力でほとんど問題ないレベルでコピー出来ていましたが、

 

  • 2拍3連の詳しい弾き方
  • アウトロのオクターブ奏法
  • ギターソロで早いピッキングを弾くコツ

 

を重点的に指導させて頂きました。

 

ウッドストックギター・ウクレレ教室では、現在、ZOOMを使ったオンラインでのギターレッスンにも対応しています。

 

若い生徒様に関しましてはマスクと手洗いと教室内の消毒の徹底で対応させていただいおりますが、

 

特に新型コロナでリスクの高いと言われている高齢者の生徒様に関しましては、ZOOMを使ったオンラインレッスンにて対応させて頂いているのが現状です。

 

オンラインレッスンはオフラインとの違い箇条書きすると、

 

オンラインレッスンのメリット

  • ネット環境とPCまたはスマホがあればできる
  • 移動の手間とコストなし
  • レッスンは簡単に録画できる
  • スケジュール変更がしやすい

 

オンラインなので、遠方の生徒様に関しては時間もお金もかからずストレスなくレッスンを受けることが出来ますし、ZOOMでは簡単に録画も出来ますので、レッスンの見直しが楽に出来ますね。

 

また、オフラインと違い、お互いの隙間時間が合えばスケジュール変更も楽にできることが多いのがメリットと言えるでしょう。

 

スマホでのオンラインレッスンは可能ですが、タブレットなどのように画面が少し大きめの方がやりやすいですね。

 

オンラインレッスンのデメリット

 

  • 最初の設定が面倒
  • 通信環境によっては音や映像が飛んでしまう
  • タイムラグがある
 
良いことずくめと思われがちなオンラインレッスンですが、もちろんデメリットもあります。
 
特にPCやスマホの操作が苦手な人には導入が難しく感じるようですね…。
 
また、ソフトや通信上のトラブルが起こった時に解決の為に、レッスンとは関係のない時間が消費されてしまう場合もあります。
 
オンラインレッスン用のソフトはZOOMに関わらずタイムラグが起こってしまうのが一般的になので、講師と一緒に弾くことが出来ません。
なので、講師のお手本演奏を見て、次に生徒さんに弾いてもらう形のレッスンが主となりますね。
 
 
現在オンラインレッスンを受けていただいている生徒さんの話でも、教室での対面レッスンが最もやりやすいと感じているとの事でしたが、オンラインにはオンラインのメリットがあるとも言われておりました。
 
講師的にも、教室の対面が最もスムーズですが、オンラインレッスンもお互いが慣れてくると相当スムージで円滑なレッスンが可能となってきたと感じております。
 
オンラインレッスン含め、ご相談や要望などもありましたら、遠慮無くご連絡下さい。

 

連絡フォームは以下、

 

連絡フォーム

どうも。
ウッドストックギター教室・講師の岡本です。

 

 

先日、日本政府より3/2から小中高学校に休校の要請がありました。

 

当教室は、当教室は基本的にはプライベートレッスンであり、グループレッスンも少人数制となっています。
また、当教室には十分な消毒用アルコールやマスクがあることから、大丈夫ではないかと個人的に考えています。
(レッスン毎にアルコール消毒しています。)

 

ご希望であれば、マスクを被ってのレッスンの可能です。

なのですが、不安を感じる生徒さんや保護者の方もいるとは思いますので、その場合はお休みして頂いても今回の分は振替いたします。
なので、お休みを希望される方は遠慮なくお申し付け下さい。

 

取り急ぎ、当教室の対応に関しては以上です。

ご相談や要望などもありましたら、遠慮無くご連絡下さい。

 

連絡フォームは以下、

 

連絡フォーム

昨日は生徒さんからの依頼で、ギターの弦高をしました。

せっかくなので、弦高調整やオクターブピッチや全体のクリーニングを含めやってみましたよ。

 

入門用ギターとして人気のフォトジェニック、恐らく ST-180と思われます。スペックとしては、
 

Body:Solid Wood
Neck:Maple
Fingerboard:Engineered wood
Pickups:Photogenic 3 Single Coil
Controls:1 Volume / 2 Tone / 5 Way Pickup Selector
Scale:648mm / 22frets
Hardware:Chrome Plated
Neck Joint:Bolt On

 

となっています。まずはクリーニングから、

 

カサカサ気味の指板はローズウッドでは無く、Engineered woodとの事ですがレモンオイルでクリーニングしつつ保湿を、

 

ティッシュが真っ黒になる位に汚れが落ちました。
しっかりとギターを弾いている証拠ですね!

 

次はピックガードのビニールを剥がします。
 

ボリュームポットの周りが取れにくいので、パーツを外して丁寧に剥がしました。

 

お次はボディをクリーニング、ボディは比較的新しいので目立った汚れはないですが、タートルワックスでキレイに磨き上げてから乾拭きしています。

ごらんの様にピカピカですが、触るとすぐに指紋がついてしまいますね。。。

チューニングの不安定さを取り除く為に、ナットにグリスを塗ります。

ストリングガイドにも塗り込みます。

弦を張り替え後に、

  • 弦高調整
  • オクターブ調整
  • ピックアップの高さ調整

弦高調整は弾きやすさに大きく関わるので、慎重にやらせていただきましたが、初期状態ではかなり高かったですね。


また、弦はコーティング弦のエリクサーを使用したので、長期間錆びることはないでしょうね!

生徒さんもピカピカになったギターを手に嬉しそうでした。

一度、目の前でギターの弦交換と調整を見ると自分でも出来るようになりますよ。

 

 

今回は生徒さんからのリクエストでスピッツの名曲「ロビンソン」をウクレレの譜面にしてみました。可能な限り弾きやすいコードフォームを選択したので、頑張って練習して頂ければ弾きこなして頂けそうです。

原曲のキーはAメジャーで弾き語り譜が出来ましたが、ソロウクレレ譜にするには転調しないと無理かも知れないですね。弾き語り譜もバレーコードや16ビートのカッティング主体なので少し難しいですが、これを弾くことが出来れば更なるレベルアップに繋がりそうですね。

 

ただ、男性が歌うにはキーが、かなり高いので普通の男性でも歌えそうなキーの楽譜を作ろうかな…。それにしても名曲!