徳山オールレディース
準優日のシリーズ5日目を迎えました。

 

 


(中澤宏奈選手が3コース抜きとイン逃げで今日2連勝の活躍。
 一日2勝は1月の下関ヴィーナスシリーズ以来で通算5回目。
 これまでの自己ベストは3連勝となっており、
 明日は新記録を狙いたい一日です)

(倉田郁美選手は9Rイン逃げで今節2勝目。
 予選20位で惜しくも敗退となった今節ですが、
 昨日から1・2・1着と好レースを連発。

 明日は繰り上がりで11R選抜戦に登場です)

(柳澤千春選手は昨日からイン逃げ連発で2連勝
 今節手にしたモーター24号機は6月の一般戦で
 東京106期の加藤政彦選手が5コースまくり差しで
 デビュー初Vを飾っている注目機です)

(土屋南選手は7R2着で今節初の連絡み。
 しかし惜しくも白星ならずで悔しそうな表情を見せている姿が)

(今日2回のリング交換を行なう執念を見せて
 準優10Rの6号艇に臨んだ池田紫乃選手)

(木村詳子選手は今日も2着と好走を披露。
 明日は繰り上がりで10R選抜戦へ)


(山川美由紀選手と寺田千恵選手の
 レディースチャンピオン1・2着コンビが
 いずれも優出を逃す意外な展開に。
 明日は10R選抜戦で同走です)

 

 

 


さて今日のレース結果は、

 

1R ③中澤 宏奈 3コース抜き (3連単18720円)
2R ①日高 逸子 1コース逃げ
3R ①寺田 千恵 1コース逃げ
4R ①長嶋 万記 1コース逃げ
5R ①香川 素子 1コース逃げ
6R ④池田 浩美 4コースまくり差し (3連単38380円)
7R ①中澤 宏奈 1コース逃げ
8R ①柳澤 千春 1コース逃げ
9R ①倉田 郁美 1コース逃げ
準優10R ②佐々木裕美 2コース差し (3連単46190円)
準優11R ①土屋 千明 1コース逃げ
準優12R ①海野ゆかり 1コース逃げ

 

【今節の部品交換状況】
渡辺 千草 ⑤リング2本
日高 逸子 ②リング2本
山川美由紀 ⑤電気一式
池田 紫乃 ⑤リング2本、⑤リング2本
片岡 恵里 ③ギヤケース
佐々木裕美 ①電気一式
(※○内の数字はシリーズ○日目)

 

【今節支部別1着回数】
静岡支部 10勝(池田浩④、長嶋④、倉田②)
岡山支部 7勝(寺田③、樋口②、守屋①、勝浦①)
福岡支部 7勝(日高③、武藤②、大橋栄②)
埼玉支部 6勝(中里②、中西②、浜田②)
広島支部 6勝(海野⑤、村上①)
滋賀支部 5勝(香川③、茶谷②)
山口支部 5勝(佐々木③、片岡①、木村詳①)
群馬支部 4勝(土屋千④)
香川支部 4勝(柳澤②、山川①、西村美①)
東京支部 2勝(中澤②)
佐賀支部 2勝(入船①、小芦①)
愛知支部 1勝(清水さ①)
長崎支部 1勝(池田紫①)

 

 

 

 

さっそく話題は準優勝戦へ。
3個レースの結果は以下のとおり。

 

【準優10R結果】
1着 ②佐々木裕美 2コース ST.08
2着 ④香川 素子 4コース ST.08

3着 ⑥池田 紫乃 6コース ST.07
転覆 ③日高 逸子 3コース ST.09
落水 ⑤西村美智子 5コース ST.14
妨害 ①中里 優子 1コース ST.05
決まり手=差し

 

【準優11R結果】
1着 ①土屋 千明 1コース ST.20
2着 ②長嶋 万記 2コース ST.23

3着 ③浜田亜理沙 3コース ST.22
4着 ④山川美由紀 4コース ST.19
5着 ⑥片岡 恵里 6コース ST.09
6着 ⑤池田 浩美 5コース ST.17
決まり手=逃げ

 

【準優12R結果】
1着 ①海野ゆかり 1コース ST.13
2着 ③茶谷  桜 3コース ST.07

3着 ⑥樋口由加里 6コース ST.12
4着 ⑤渡辺 千草 5コース ST.14
5着 ②寺田 千恵 2コース ST.14
6着 ④武藤 綾子 4コース ST.14
決まり手=逃げ


10Rは①中里選手が1マークで振り込んで失速し、
③日高選手と⑤西村選手が巻き込まれるアクシデント。
3連単②④⑥で4万舟の大波乱決着に。

 

11Rは①土屋選手がインから逃げ切り、
2着には2コースから差した②長嶋選手が入線。
3連単①②③で600円の1番人気決着に。

 

12Rは①海野選手がイン逃げで快勝。
2番手争いは③茶谷選手が②寺田選手に競り勝ち、
3連単①③⑥で3530円の決着となりました。

 

 

 

 

優勝戦のメンバーが決まりました。

 

【優勝戦12R出走表】
①海野ゆかり (優出230回目、優勝55回、徳山2V)
②土屋 千明 (優出32回目、優勝1回)
③佐々木裕美 (優出66回目、優勝7回)
④長嶋 万記 (優出97回目、優勝27回、徳山1V)
⑤茶谷  桜 (優出14回目)
⑥香川 素子 (優出99回目、優勝15回、徳山1V)



海野ゆかり選手は1・3・1・1・3・1・5・2・2・①着。
今節単独トップの5勝をあげて勝ち上がってきました。

 

今節手にしたモーター20号機は2連対率10位で、
6月のSGグランドチャンピオンでは山田康二選手が乗って
優出5着の活躍を見せていたモーター。

 

そのパワーをきっちり引き出し、
2日目からシリーズリーダーの座を守り続けてきました。

 

徳山ではこれが2ケタに乗る通算10回目の優出。
明日は04年女子リーグと14年オール女子戦に続く
徳山3回目の優勝を狙う一戦になります。

 

昨年の徳山オールレディースで惜しくも
優出2着だった雪辱を果たすことになるのでしょうか。

 

明日の優勝戦は1号艇で登場。

 

最近の優勝戦1号艇での成績を振り返ると、
1・1・1・1・1・1・1・1・1・1着
なんと10連勝中という驚異的な数字。

 

最後に優勝戦1号艇で敗れたのは
13年10月の若松オール女子戦(2着)で、
実にここ5年近くポールポジションでは負けていません。

 

そのなかでも興味深いのがスタート。
優勝戦1号艇10連勝中のST順位を見ると、
トップスタートが3本
2番手スタートが6本
3番手スタートが1本という内訳。
あまり無理な踏み込みはせず、なおかつ遅れることもなく、
的確なスタートを決めて先マイというケースが目立ちます。

 

明日もクオリティスタートを決めて
7月の浜名湖男女ダブル戦に続く
今年2回目の栄冠を手にするのでしょうか。

 

もし通算56回目の優勝となれば、
鵜飼菜穂子選手と並んで女子4位タイに浮上します。

 

現在女子賞金ランキング15位の海野選手ですが、
9/12~10/11にF休みを控えている状況。
ベスト12入りへのチャンスを広げるためにも
明日は勝ち切りたい一戦です。



土屋千明選手は4・2・1・1・1・3・3・①着。

 

ダッシュ4走を4・2・3・3着にまとめ、
スロー4走で1・1・1・1着と全勝して勝ち上がってきました。

 

今節手にしたモーター62号機は
2連対率37位の低勝率機でしたが、
道中3連勝もマークするなど充実のパワーを披露。

 

準優では1分50秒8という
今節二番時計の好タイムもマークしています。

 

明日の優勝戦は2号艇で登場。
デビュー初Vを飾った5月の桐生オールレディースと同じ
黒いカポックで優勝戦を迎えることになりました。

 

最近何度も書いている気がしますが、
今期2コースは1・1・1・1・6・3・1・1着
8戦6勝の1着率75%という破格の数字。
もはや土屋選手にとって2号艇は"絶好枠"でしょう。

 

涙のデビュー初Vから約3カ月、
さっそく巡ってきた2回目の優勝への大チャンス。

 

もし優勝となればオールレディース開催2戦連続Vで、
田口節子選手(14年4月江戸川・5月若松)、
谷川里江選手(16年3月蒲郡・4月芦屋)、
長嶋万記選手(16年10月三国・11月江戸川)、
海野ゆかり選手(16年11月宮島・12月丸亀)に続く
史上5人目の記録となります。



佐々木裕美選手は2・6・1・2・1・3・3・5・①着。
地元ファンの期待に応えて勝ち上がってきました。

 

前節の桐生レディースチャンピオンでも
5・5・4・4・6・6・4・1着と大苦戦するなど、
近況4節連続で予選落ちとリズムを崩していた佐々木選手。

 

しかし純地元の徳山で一気に復調し、
5月の常滑一般戦以来となる6節ぶりの優出を果たしました。

 

これで徳山では09年女子リーグ、10年一般戦、
11年一般戦、14年オール女子戦、
15年ヴィーナスシリーズ、15年オールレディース、
17年オールレディースに続いて8回目の優出。
徳山オールレディースは2年連続3回目の優出です。

 

明日の優勝戦は3号艇で登場。
2月の尼崎男女ダブル戦に続く今年2回目の優勝を狙います。

 

地元徳山の優勝戦は過去7回走り、
6・6・3・6・6・6・6着
不思議なほど悔しい結果ばかり続いてきた佐々木選手。

 

ちなみにもうひとつの地元水面・下関でも
F・6・4・F・5・6・5・5・6・6・6・3着
優勝戦12走で連絡み1回となぜか結果が出ていませんでした。

 

明日で徳山・下関合わせて20回目となる地元優勝戦。
悲願の地元初Vの瞬間が訪れるでしょうか。



長嶋万記選手は1・3・4・3・4・1・2・1・1・②着。

 

シリーズ序盤はやや苦戦した印象もありますが、
3日目あたりから好タイムを連発するなど充実のパワーを披露。
きっちり仕上げて貫禄の勝ち上がりとなりました。

 

【今節上がりタイムベスト5】 
1 長嶋 万記 1'50"6(4日目12R)
2 土屋 千明 1'50"8(5日目11R)
3 長嶋 万記 1'50"9(5日目4R)
4 長嶋 万記 1'51"0(3日目11R)

5 寺田 千恵 1'51"4(2日目12R)

 

これで徳山では12年女子リーグ(優出4着)、
15年一般戦(優勝)、
15年ほぼオール女子戦(優出6着)、
17年ヴィーナスシリーズ(優出5着)に続く5回目の優出。
明日は当地2回目のVを狙う一戦です。

 

明日の優勝戦は4号艇で登場。
まだ優勝戦4号艇では一度もV歴がないだけに、
青いカポックでVゴールを駆け抜ける姿をファンは待っています。

 

1月の住之江オールレディースと
4月の三国オールレディースに続く
今年3回目の優勝となるでしょうか。



茶谷桜選手は1・4・4・2・1・2・3・2・②着。

 

初日にも書きましたが、今節手にしたモーター55号機は、
2連対率では46.5%で7位ですが、
3連対率では72.1%で1位というモーター。

 

茶谷選手もその実績を裏付けるように
9走で連絡み7回(3連対率78%)の活躍を見せてきました。

 

これで16年10月の三国オールレディース以来、
約1年10カ月ぶりとなる久々の優出をゲット。
徳山では初めての優勝戦進出となりました。

 

近況好リズムが続いている茶谷選手。
今期勝率は今節開始前で6.08でしたが、
今日の時点で6.24まで大幅アップ。

 

3期連続のA2級キープどころか、
A1級初昇格のチャンスも出てきそうです。

 

明日の優勝戦は5号艇で登場。
デビュー初Vを目指して通算14回目の優勝戦に臨みます。

 


香川素子選手は2・1・3・4・1・4・4・4・1・②着。

 

今日5Rでイン逃げを決めて今節3勝目をあげ、
これがデビュー通算800勝の節目に。

 

16年8月のびわこオールレディースで700勝を達成してから
約2年間で100勝を上積みしてきました。
(※参照、https://ameblo.jp/womenleague-cafe/entry-12193406952.html

 

準優では3艇失格の混乱をかいくぐって優出切符を獲得。
これがデビュー通算99回目の優出となりました。

 

徳山では08年の女子リーグ(優出2着)、
16年の男女ダブル戦(優勝)、
今年5月の一般戦(優出3着)に続いて4回目の優出。
当地3節連続優出となっています。

 

明日の優勝戦は6号艇で登場。
2月の芦屋男女ダブル戦に続く今年2回目の優勝を狙います。

 

現在女子賞金ランキング21位の香川選手。
レディースチャレンジカップ出場権争いの渦中にいるだけに
できるだけ大きな賞金の上積みが欲しい一戦です。

 

 


というわけで最終日を残すのみとなった
徳山オールレディース。

 

ちなみに徳山女子レース最近10大会の
優勝戦結果を振り返ると、

 

13年3月 オール女子 淺田千亜希 イン逃げ
14年1月 オール女子 海野ゆかり イン逃げ
14年5月 レディース 三浦 永理 イン逃げ
15年4月 ヴィーナス 金田 幸子 イン逃げ
15年9月 レディース 三浦 永理 イン逃げ
16年5月 レディース 中里 優子 イン逃げ
16年10月 男女ダブル 香川 素子 イン逃げ
17年4月 レディース 遠藤 エミ イン逃げ
17年6月 ヴィーナス 細川 裕子 イン逃げ
17年7月 男女ダブル 平高 奈菜 イン逃げ

 

なんとすべてイン逃げ

 

当地女子レース優勝戦でイン以外が勝ったのは
09年女子リーグでの田口節子選手の2コース差しが最後。
現在11戦連続でイン逃げ決着中です。

 

今回もまた白いカポックが強さを見せるのか、
それとも久々に波乱の展開が待っているのでしょうか。

 

台風15号が近付いていることもあって
明日の周南地方はの予報。

 

風もやや強めになりそうな気配で、
予断を許さない一日になるでしょう。

 

 

 


【'18 女子賞金ランキング】 (8/14、18:00現在)
1 山川美由紀 24,739,584円★('12,13,15,16,17)
2 小野 生奈 23,438,532円 ('14,15,16,17)
3 中村 桃佳 21,898,000円
4 松本 晶恵 21,689,000円 ('15,16,17)
5 長嶋 万記 21,447,000円('13,16,17)
6 中谷 朋子 21,176,000円 ('12,16)
7 細川 裕子 20,823,051円 ('17)
8 藤崎小百合 20,391,866円
9↑寺田 千恵 18,641,000円★('12,13,14,15,16,17)
10↓竹井 奈美 18,617,400円 ('16)
11 落合 直子 18,394,800円
12 遠藤 エミ 18,187,800円 ('15,16,17)
―――――クイーンズクライマックスボーダー―――――
13 日高 逸子 17,976,000円★('12,13,14,15,16)
14 守屋 美穂 17,582,266円★('13,14)
15 海野ゆかり▽16,504,066円('13,14,16,17)
16 宇野 弥生 15,390,000円 ('12)
17 廣中智紗衣 15,010,000円
18 津田 裕絵 14,991,000円
19 水野 望美 14,692,000円
20 川野 芽唯 14,681,500円 ('15,17)
―――――レディースチャレンジカップボーダー――――
21 香川 素子 13,387,000円('12)
22 森岡 真希 13,149,800円★
23 岩崎 芳美▼13,015,580円
24↑水口 由紀▽12,869,333円 ('14)
25↓浜田亜理沙▽12,855,000円★
26 樋口由加里 12,762,000円★('16,17)
27 今井 美亜 12,748,846円
28 中里 優子 12,434,500円★
29 大山 千広 12,252,000円
30 向井 美鈴▼11,999,000円 ('12)

34 茶谷  桜 11,405,000円
42 佐々木裕美 10,424,866円
60 土屋 千明  8,541,000円
(※★は今節徳山出場メンバー。
 カッコ内はクイーンズクライマックス出場歴。
 昨日より順位が上がった選手は↑、下がった選手は↓。
 ▼はF休み中、▽はF休み未消化)


【F休み中の女子レーサー】
福岡 泉水 7/23~8/21
堀之内紀代子 7/26~8/24
西岡 育未 8/2~8/31
大豆生田蒼 6/6~9/3(F2、90日間)
岩崎 芳美 8/6~9/4
向井 美鈴 8/6~9/4
田口 節子 8/6~9/4
金田 幸子 8/6~9/4
高田ひかる 8/6~9/4
平高 奈菜 3/12~9/7(F3、180日間)
蜂須 瑞生 8/15~9/13

 

【F休み未消化の女子レーサー】
倉持 莉々★8/16~9/14、9/25~11/23(F2、60日間)
森下 愛梨 8/16~9/14
松瀬 弘美 8/23~9/21
浜田亜理沙★8/25~9/23
新田 有理 8/25~9/23
安井 瑞紀 8/25~9/23
西村美智子★8/28~9/26
水口 由紀 8/29~9/27
大瀧明日香 8/29~11/26(F2、90日間)
前田 紗希 8/29~9/27
小池 礼乃 9/3~10/2
白石 有美 9/11~10/10
海野ゆかり★9/12~10/11
鵜飼菜穂子 9/18~10/17
深見亜由美 9/18~10/17
田村 美和★9/24~10/23
間庭 菜摘 9/27~10/26
(※★は今節徳山出場メンバー)

 

【女子レース斡旋停止】
藤原 菜希 4/12~10/11(6カ月間)
今井 美亜 4/21~10/20(6カ月間)
浜田亜理沙 9/24~12/23(3カ月間)
西村美智子 9/27~12/28(3カ月間)
小池 礼乃 10/3~1/2(3カ月間)

 


徳山オールレディース
予選最終日のシリーズ4日目。

 



(小芦るり華選手が8Rで3コースまくり一撃。
 デビュー通算5勝目で3コース2勝目です)

(柳澤千春選手は10Rをイン逃げで快勝。
 これがデビュー通算1101勝目です)

(大橋栄里佳選手は3R2コース差しで万舟を提供。
 予選22位で敗退となりましたが、
 2連対率44位タイの準ワースト65号機で
 2勝をあげて見せ場を作った予選ラウンドでした)

(倉田郁美選手は4Rを2コース差しで快勝。
 前日得点率26位からポイントアップに成功も、
 予選20位で惜しくも準優出はなりませんでした)

(中西裕子選手は9Rイン逃げで今節2勝目)

(勝浦真帆選手は予選19位で惜しくも次点に。
 前節の児島男女ダブル戦に続く
 2節連続優出への道は残念ながら潰えました)

(地元の木村詳子選手は6Rでイン逃げを決め、
 デビュー通算6勝目、イン3勝目をマーク。
 後半10Rで6着に終わって初準優出は逃しましたが、
 予選ラウンドを最後まで沸かせてくれる活躍でした)

(茶谷桜選手は好モーター55号機とのコンビで
 予選7位に入る活躍を見せてきました。
 16年10月の三国オールレディース以来、
 約1年10カ月ぶりの優出へチャンス充分でしょう)

(日高逸子選手は5Rで道中接戦を制して今節2勝目。
 予選8位に入って明日は準優10Rの3号艇です。
 急遽の追加斡旋での参戦で優出切符をさらうのでしょうか)

(浜田亜理沙選手は2R2コース差しで今節2勝目をあげ、
 予選9位までランクアップして明日は準優11Rの3号艇に。
 今期3コース18戦7勝で1着率39%の浜田選手が
 レースのカギを握ってくる可能性大です)

(香川素子選手は予選11位で明日は準優10Rの4号艇に。
 その前にまず5R1号艇を勝ち切って
 デビュー通算800勝の大台に乗せたいところです)

(武藤綾子選手は予選を12位で通過。
 2月尼崎男女ダブル戦と6月江戸川男女ダブル戦に続く
 今年3回目の優出を狙って準優12R4号艇で登場です)

(池田浩美選手は予選13位に入り、
 4月の児島一般戦以来となる7節ぶりの準優出に)

(渡辺千草選手は予選14位に入り、
 これで徳山オールレディースは5回すべて出場してすべて予選突破。
 過去4回は準優で4・4・5・3着に終わっており、
 今度こそ優出切符獲得となるでしょうか)

(グラチャンVモーター17号機を駆る西村美智子選手は
 予選15位で明日は準優10Rの5号艇に。
 前節準優Fを切ったばかりだけにスタートがカギとなりそうです)

(池田紫乃選手は予選17位で明日は準優10Rの6号艇に。
 今節は5コースから2着、6コースから3着と
 アウトからの好走も目立つだけに舟券のカギとなるでしょうか)

(前日得点率24位だった樋口由加里選手は、
 1Rでイン逃げを決めて予選18位に滑り込み成功。
 減点7を跳ね返して意地の準優出となりました)

 

 

 


さて今日のレース結果は、

 

1R ①樋口由加里 1コース逃げ
2R ②浜田亜理沙 2コース差し
3R ②大橋栄里佳 2コース差し (3連単10690円)
4R ②倉田 郁美 2コース差し
5R ②日高 逸子 2コース抜き
6R ①木村 詳子 1コース逃げ
7R ③片岡 恵里 3コースまくり差し (3連単24230円)
8R ③小芦るり華 3コースまくり (3連単12940円)
9R ①中西 裕子 1コース逃げ
10R ①柳澤 千春 1コース逃げ
11R ③中里 優子 3コースまくり差し
12R ①長嶋 万記 1コース逃げ

 

【今節上がりタイムベスト5】
1 長嶋 万記 1'50"6(4日目12R)
2 長嶋 万記 1'51"0(3日目11R)
3 寺田 千恵 1'51"4(2日目12R)
4 中里 優子 1'51"5(4日目11R)
4 大橋栄里佳 1'51"5(4日目3R)

 

【今節の部品交換状況】
日高 逸子 ②リング2本
片岡 恵里 ③ギヤケース
佐々木裕美 ①電気一式
(※○内の数字はシリーズ○日目)

 

【今節支部別1着回数】
静岡支部 7勝(池田浩③、長嶋③、倉田①)
埼玉支部 6勝(中里②、中西②、浜田②)
岡山支部 6勝(寺田②、樋口②、守屋①、勝浦①)
福岡支部 6勝(日高②、武藤②、大橋栄②)
広島支部 5勝(海野④、村上①)
滋賀支部 4勝(香川②、茶谷②)
山口支部 4勝(佐々木②、片岡①、木村詳①)
群馬支部 3勝(土屋千③)
香川支部 3勝(山川①、柳澤①、西村美①)
佐賀支部 2勝(入船①、小芦①)
愛知支部 1勝(清水さ①)
長崎支部 1勝(池田紫①)

 

 



前日得点率1位だった海野ゆかり選手は、
今日5着2着に終わってポイントダウン。

 

それでも昨日までの貯金が効いて首位を死守し、
1・3・1・1・3・1・5・2着で
予選トップ通過となりました。

 

前節の桐生レディースチャンピオンでは
無念のフライングを喫した海野選手ですが、
今節はF持ちの影響を感じさせない見事な活躍ぶり。

 

予選1位は7月の浜名湖男女ダブル戦(優勝)以来で
今年2回目となっています。

 

明日は準優12Rの1号艇で登場。
今期インは15戦13勝で1着率87%の好成績。
明日も鉄壁ぶりを見せてポールポジションを確保するのでしょうか。

 



前日得点率2位だった中里優子選手は、
11Rで3コースまくり差しを決めるなど今日も充実の走り。

 

2・2・2・1・3・3・1着と
今節ただ一人オール3連対をキープし、
予選2位通過となりました。

 

昨年6月の桐生男女ダブル戦(優出5着)を最後に
約1年2カ月も優出から遠ざかっている中里選手ですが、

 

今期に入ってからは勝率6.29
4期ぶりのA1級復帰も狙えそうな好調ぶり。

 

前節の桐生レディースチャンピオンでも
準優3着と優出まであと一歩に迫るなど、
軽快な走りが光っている近況です。

 

明日は準優10Rの1号艇で登場。
16年の徳山オールレディース覇者
当地2回目の優出を狙います。

 



予選3位に入ったのは土屋千明選手
4・2・1・1・1・3着とし、
前日得点率4位からひとつ順位を上げてきました。

 

今期イン1着率が54%、
2コース1着率が75%の土屋選手にとっては
準優2号艇のほうがよかったのかもしれませんが・・・、

 

それでも今期インは2・2・1・2・1・2・
2・1・1・1・1・2・1着

13戦7勝のオール2連対という大崩れのない成績。

 

5月の桐生オールレディースでは
予選2位通過で準優でイン逃げを決め、
優勝戦2号艇で2コース差しを決めて
デビュー初Vを飾ったのも記憶に新しいところです。

 

今期1~3コースのスロー戦で
抜群の成績を残している土屋選手だけに、
明日の準優11R1号艇できっちり勝ち切れば、
優勝戦で楽しみな存在となってくることでしょう。

 

 

 


最終的な予選得点率ランキングと、
5日目の出走レース(※○内の数字は枠番)は、
(※カッコ内は前日得点率順位)
1(1) 海野ゆかり 8.63 8R③ 準優12R①
2(2) 中里 優子 8.57 4R② 準優10R①
3(4) 土屋 千明 8.33 3R⑤ 準優11R①
4(9) 長嶋 万記 8.13 4R① 準優11R②
5(3) 佐々木裕美 7.86 6R⑤ 準優10R②
6(10) 寺田 千恵 7.75 3R① 準優12R②
7(8) 茶谷  桜 7.71 5R⑤ 準優12R③
8(11) 日高 逸子 7.50 2R① 準優10R③
9(14) 浜田亜理沙 7.29 5R④ 準優11R③
10(13) 山川美由紀 7.14 1R① 準優11R④
11(6) 香川 素子 7.13 5R① 準優10R④
12(7) 武藤 綾子 7.00 4R⑤ 準優12R④
13(5) 池田 浩美 6.43 6R④ 準優11R⑤
14(12) 渡辺 千草 6.29 8R④ 準優12R⑤
15(17) 西村美智子 6.17 3R② 準優10R⑤
16(20) 片岡 恵里 6.00 5R② 準優11R⑥
17(15) 池田 紫乃 6.00 6R② 準優10R⑥
18(24) 樋口由加里■5.71 6R① 準優12R⑥
――――――――準優ボーダー――――――――
19(23) 勝浦 真帆 5.67 4R④ 8R⑥
20(26) 倉田 郁美 5.67 3R④ 9R①
21(16) 守屋 美穂 5.57 9R⑥
22(33) 大橋栄里佳 5.33 2R⑤ 9R②
23(21) 木村 詳子 5.33 9R③
24(18) 倉持 莉々 5.29 8R⑤
25(30) 入船 幸子 5.00 4R③ 9R⑤
26(19) 福島 陽子 5.00 2R④
27(22) 清水さくら 4.83 2R⑥ 6R③
28(35) 栢場 優子 4.67 1R④
29(38) 柳澤 千春 4.50 8R①
30(31) 中西 裕子■4.33 3R③
31(25) 久保田美紀 4.33 7R③
32(28) 森岡 真希◆4.14 9R④
33(32) 村上 奈穂 4.00 7R⑤
34(39) 小芦るり華◆3.80 1R⑥
35(27) 野田 祥子 3.50 4R⑥
36(34) 渡邉 千晴 3.50 1R②
37(40) 菅野はやか 3.40 2R② 7R⑥
38(36) 長田 光子 3.33 5R③
39(37) 中澤 宏奈 3.20 1R③ 7R①
40(29) 稲生 夏季◆2.83 5R⑥
41(41) 山本 宝姫 2.33 7R②
42(42) 土屋  南 1.80 1R⑤ 7R④
43(43) 末武里奈子 1.20 2R③ 8R②
44(44) 戸敷 晃美 1.00 3R⑥
F(-) 田村 美和 ―― 6R⑥
帰郷 三松 直美 
(※赤字はA1級、青字はA2級。
 ■は待機行動違反、◆は不良航法、▼は失格で減点あり)

 



長嶋万記選手は12Rをイン逃げで快勝。
昨日自身が出した今節最速タイム(1分51秒0)を
大幅に上回る1分50秒6を叩き出しました。

 

日に日にパワーアップしながら予選4位まで順位を上げ、
明日は準優11Rの2号艇に。

今期2コースは12戦1勝(1着率8%)と意外にも苦戦中ですが、
1号艇の土屋選手を相手にどんな攻めを見せるのか注目です。

 


地元期待の佐々木裕美選手は予選5位通過。
明日は準優10Rの2号艇となりました。

 

今節3日目に2コース差しで1着を奪うなど、
今期2コースは10戦4勝(1着率40%)と充実の成績。
徳山8回目の優出となるでしょうか。

 


寺田千恵選手は予選6位で明日は準優12Rの2号艇に。
3節連続優出を目指して黒いカポックで登場です。

 

今期2コースは14戦7勝(1着率50%)とさすがの成績。
1号艇の海野選手と注目の対決を迎えます。

 


女王・山川美由紀選手は4・1・3・3・5・2・2着。
いまひとつ波に乗り切れない印象で予選10位通過となりました。

 

今節手にしたモーター53号機は、
6月のSGグランドチャンピオンで小野生奈選手が乗って
準優3着と優出まであと一歩に迫ったモーター。
勝負どころでどんなパワーを見せてくるのか注目です。

 

明日は準優11Rの4号艇で登場。
得意のカド一撃を期待するファンも多いでしょう。

 


前日得点率20位だった地元の片岡恵里選手
7Rで3コースまくり差しを決めて勝負駆け成功。
2・5・5・2・1・5着で予選16位に入りました。

 

片岡選手は徳山オールレディース5年連続出場の皆勤賞ですが、
5回すべて予選突破と見事な安定感。

ただ過去4回は準優で3・4・4・5着と
あと一歩で優出を逃してきただけに、
明日は準優11Rの6号艇で優出が欲しいところです。

 

 

 

 

準優勝戦のメンバーが決まりました。

 

【準優10R出走表】
①中里 優子 (優出69回、優勝5回、徳山1V)
②佐々木裕美 (優出65回、優勝7回)
③日高 逸子 (優出337回、優勝72回、徳山1V)
④香川 素子 (優出98回、優勝15回、徳山1V)
⑤西村美智子 (優出17回)
⑥池田 紫乃 (優出48回、優勝2回)

 

【準優11R出走表】
①土屋 千明 (優出31回、優勝1回)
②長嶋 万記 (優出96回、優勝27回、徳山1V)
③浜田亜理沙 (優出19回、優勝3回)
④山川美由紀 (優出345回、優勝78回、徳山3V)
⑤池田 浩美 (優出81回、優勝11回)
⑥片岡 恵里 (優出36回、優勝5回、徳山1V)

 

【準優12R出走表】
①海野ゆかり (優出229回、優勝55回、徳山2V)
②寺田 千恵 (優出281回、優勝64回、徳山1V)
③茶谷  桜 (優出13回)
④武藤 綾子 (優出41回、優勝3回)
⑤渡辺 千草 (優出112回、優勝2回)
⑥樋口由加里 (優出43回、優勝5回)


レディースチャンピオンからの転戦組19人のうち
15人が予選を突破するさすがの活躍。

 

果たして優勝戦はどんな顔ぶれとなるのでしょうか。

 

 


【'18 女子賞金ランキング】 (8/13、18:00現在)
1 山川美由紀 24,637,584円★('12,13,15,16,17)
2 小野 生奈 23,156,532円 ('14,15,16,17)
3 中村 桃佳 21,898,000円
4↑松本 晶恵 21,382,000円 ('15,16,17)
5 長嶋 万記 21,280,000円★('13,16,17)
6↓中谷 朋子 21,176,000円 ('12,16)
7 細川 裕子 20,823,051円 ('17)
8 藤崎小百合 20,391,866円
9 竹井 奈美 18,617,400円 ('16)
10 寺田 千恵 18,525,000円★('12,13,14,15,16,17)
11 落合 直子 18,337,800円
12 遠藤 エミ 18,042,800円 ('15,16,17)
―――――クイーンズクライマックスボーダー―――――
13 日高 逸子 17,876,000円★('12,13,14,15,16)
14 守屋 美穂 17,552,266円★('13,14)
15 海野ゆかり▽16,335,066円★('13,14,16,17)
16 宇野 弥生 15,153,000円 ('12)
17 廣中智紗衣 15,010,000円
18 津田 裕絵 14,991,000円
19 水野 望美 14,692,000円
20 川野 芽唯 14,545,500円 ('15,17)
―――――レディースチャレンジカップボーダー――――
21 香川 素子 13,220,000円★('12)
22 森岡 真希 13,113,800円★
23 岩崎 芳美▼13,015,580円
24↑浜田亜理沙▽12,750,000円★
25↓水口 由紀▽12,667,333円 ('14)
26 樋口由加里 12,657,000円★('16,17)
27 今井 美亜 12,543,846円
28↑中里 優子 12,360,500円★
29↓大山 千広 12,252,000円
30 向井 美鈴▼11,999,000円 ('12)
(※★は今節徳山出場メンバー。
 カッコ内はクイーンズクライマックス出場歴。
 昨日より順位が上がった選手は↑、下がった選手は↓。
 ▼はF休み中、▽はF休み未消化)


【F休み中の女子レーサー】
山本 梨菜 5/17~8/14(F2、90日間)
福岡 泉水 7/23~8/21
堀之内紀代子 7/26~8/24
西岡 育未 8/2~8/31
大豆生田蒼 6/6~9/3(F2、90日間)
岩崎 芳美 8/6~9/4
向井 美鈴 8/6~9/4
田口 節子 8/6~9/4
金田 幸子 8/6~9/4
高田ひかる 8/6~9/4
平高 奈菜 3/12~9/7(F3、180日間)

 

【F休み未消化の女子レーサー】
蜂須 瑞生 8/15~9/13
倉持 莉々★8/16~9/14、9/25~11/23(F2、60日間)
森下 愛梨 8/16~9/14
松瀬 弘美 8/23~9/21
浜田亜理沙★8/25~9/23
新田 有理 8/25~9/23
安井 瑞紀 8/25~9/23
西村美智子★8/28~9/26
水口 由紀 8/29~9/27
大瀧明日香 8/29~11/26(F2、90日間)
前田 紗希 8/29~9/27
小池 礼乃 9/3~10/2
白石 有美 9/11~10/10
海野ゆかり★9/12~10/11
鵜飼菜穂子 9/18~10/17
深見亜由美 9/18~10/17
田村 美和★9/24~10/23
間庭 菜摘 9/27~10/26
(※★は今節徳山出場メンバー)

 

【女子レース斡旋停止】
藤原 菜希 4/12~10/11(6カ月間)
今井 美亜 4/21~10/20(6カ月間)
浜田亜理沙 9/24~12/23(3カ月間)
西村美智子 9/27~12/28(3カ月間)
小池 礼乃 10/3~1/2(3カ月間)

 


徳山オールレディースは3日目。

 



(倉持莉々選手は得点率18位に踏ん張り、
 明日は3R4号艇と11R1号艇で勝負駆けです)

(中澤宏奈選手)

(栢場優子選手)

(山本宝姫選手)

(浜田亜理沙選手と中西裕子選手の埼玉勢)

(三松直美選手は残念ながら負傷帰郷に)

(樋口由加里選手は得点率24位の崖っぷち。
 明日1R1号艇を勝ち切って相手待ちに持ち込みたいところ)

(得点率19位から逆転を狙う福島陽子選手)

(海野ゆかり選手は12Rをイン逃げで快勝。
 1・3・1・1・3・1着のオール3連対で
 得点率トップの座をがっちりと守っています)

(中里優子選手は3Rイン逃げで今節初白星。
 16年の徳山オールレディース覇者が、
 2・2・2・1・3着で得点率2位につける充実ぶりです)

(池田浩美選手は8R4コースまくりで今節3勝目。
 2連対率3位のモーター66号機とのタッグで
 得点率5位につける活躍を見せています)

(武藤綾子選手は10Rでイン逃げ快勝。
 ここまで5走すべてトップスタートをぶち込み、
 5・1・2・3・1着で得点率7位につけています)

(茶谷桜選手は6Rで道中接戦を制して今節2勝目。
 明日は3R1号艇と12R2号艇の内枠2走で、
 得点率8位からさらにランクアップしてくるのでしょうか)

 

 

 

 

さて今日のレース結果は、

 

1R ①守屋 美穂 1コース逃げ
2R ②佐々木裕美 2コース差し
3R ①中里 優子 1コース逃げ
4R ①香川 素子 1コース逃げ
5R ②土屋 千明 2コース差し
6R ②茶谷  桜 2コース抜き
7R ①清水さくら 1コース逃げ
8R ④池田 浩美 4コースまくり
9R ③土屋 千明 3コースまくり差し
10R ①武藤 綾子 1コース逃げ
11R ④長嶋 万記 4コース差し (3連単12020円)
12R ①海野ゆかり 1コース逃げ

 

【今節上がりタイムベスト5】
1 長嶋 万記 1'51"0(3日目11R)
2 寺田 千恵 1'51"4(2日目12R)
3 土屋 千明 1'51"7(3日目9R)
3 大橋栄里佳 1'51"7(初日10R)
5 中里 優子 1'51"8(3日目3R)
5 西村美智子 1'51"8(2日目7R)
5 寺田 千恵 1'51"8(初日5R)

 

【今節の部品交換状況】
日高 逸子 ②リング2本
片岡 恵里 ③ギヤケース
佐々木裕美 ①電気一式
(※○内の数字はシリーズ○日目)

 

【今節支部別1着回数】
静岡支部 5勝(池田浩③、長嶋②)
岡山支部 5勝(寺田②、守屋①、樋口①、勝浦①)
広島支部 5勝(海野④、村上①)
滋賀支部 4勝(香川②、茶谷②)
福岡支部 4勝(武藤②、日高①、大橋栄①)
群馬支部 3勝(土屋千③)
埼玉支部 3勝(中里①、中西①、浜田①)
香川支部 2勝(山川①、西村美①)
山口支部 2勝(佐々木②)
愛知支部 1勝(清水さ①)
佐賀支部 1勝(入船①)
長崎支部 1勝(池田紫①)

 

 



土屋千明選手は5Rで2コース差し一閃。
今期2コースは1・1・1・1・6・3・1・1着
8戦6勝の1着率75%という凄まじい数字です。

 

さらに後半9Rも3コースまくり差しで制して今日2連勝の活躍。
昨日のイン逃げと合わせて破竹の3連勝となりました。

 

これで4・2・1・1・1着として得点率4位まで浮上。
明日は2R6号艇の1回走りで準優好枠を目指します。

 

前節の桐生レディースチャンピオンでは
地元群馬の大黒柱として重圧とも戦った土屋選手ですが、
今節は頼れる先輩・久保田美紀選手がいるとあって
なんとなくリラックスムードもある印象。
明日以降もV争いを大いに賑わしてくれそうです。

 



清水さくら選手は7Rでイン逃げ快勝。
これがデビュー通算13勝目でイン3勝目となりました。

 

インからコンマ08のトップスタートを決め、
女王・山川選手の攻めを封じての価値ある逃走だっただけに、
今後ますます内寄りでの成績を上げてきそうな気配です。

 

今日は内枠2走で2着1着の活躍を見せ、
6・3・6・2・1着で得点率22位まで一気に挽回。
予選突破へ望みがつながりました。

 

明日は12R5号艇の1回走りで勝負駆け。
昨年4月の唐津ヴィーナスシリーズと
今年7月の尼崎ヴィーナスシリーズに続く
自身3回目の準優出を狙います。

 



守屋美穂選手は1Rでイン逃げを決めて今節初白星。
2・5・5・1・3着とリズムを立て直し、
前日得点率24位から16位まで挽回しました。

 

明日は6R5号艇と12R3号艇で勝負駆け。
底力を見せたい一日になります。

 

ちなみに守屋選手は今日2走したことで
今年の出走回数がちょうど200走に。

 

これは断トツで女子最多の数字。
全選手の中でも6位という多さです。

 

【18年出走回数ベスト5(女子)】
1 守屋 美穂 200走(14位)
2 日高 逸子 190走(13位)
3 落合 直子 188走(11位)
4 津田 裕絵 186走(18位)
5 中村 桃佳 183走(3位)
(※カッコ内は女子賞金ランキング順位)

 



長嶋万記選手は11Rで4コース差し一閃。
1分51秒0の今節最速ラップをマークしました。

 

ここまで1・3・4・3・4・1着で得点率9位
明日は6R2号艇と12R1号艇の内枠2走で、
リズムと順位を上げて準優へ向かいたいところです。

 

長嶋選手は徳山4優出1Vの実績があり、
15年に男女混合の一般戦で優勝した経験も。

 

今節はまだまだその本領発揮とはいかない印象ですが、
シリーズ後半戦でV争いのカギを握ってくる可能性は充分でしょう。

 

当地前走となる6月のSGグランドチャンピオンでは
4・5・5・4・4・5・6・6着と悔しい思いをした長嶋選手。
その経験を生かす残り3日間となるでしょうか。

 

 

 


3日目を終えての得点率ランキングと、
4日目の出走レース(※○内の数字は枠番)は、
(※カッコ内は前日得点率順位)
1(1) 海野ゆかり 9.50 8R⑥ 12R④
2(2) 中里 優子 8.80 7R⑥ 11R③
3(5) 佐々木裕美 8.60 5R⑥ 10R④
4(11) 土屋 千明 8.40 2R⑥
5(7) 池田 浩美 8.00 2R⑤ 7R①
6(3) 香川 素子 7.83 2R③ 10R②
7(12) 武藤 綾子 7.60 2R④
8(13) 茶谷  桜 7.60 3R① 12R②
9(6) 長嶋 万記 7.50 6R② 12R①
10(8) 寺田 千恵 7.33 2R① 9R②
11(16) 日高 逸子 7.33 5R② 11R④
12(4) 渡辺 千草 7.20 3R⑥ 7R④
13(9) 山川美由紀 7.00 4R①
14(14) 浜田亜理沙 6.60 2R② 6R④
15(15) 池田 紫乃 6.40 6R③
16(24) 守屋 美穂 6.40 6R⑤ 12R③
17(17) 西村美智子 5.80 10R③
18(19) 倉持 莉々 5.60 3R④ 11R①
―――――――準優ボーダー―――――――
19(29) 福島 陽子 5.50 3R③ 10R⑥
20(30) 片岡 恵里 5.50 7R③ 12R⑥
21(33) 木村 詳子 5.25 6R① 10R⑤
22(39) 清水さくら 5.20 12R⑤
23(10) 勝浦 真帆 5.20 5R④
24(18) 樋口由加里■5.00 1R①
25(38) 久保田美紀 5.00 4R⑥ 8R⑤
26(27) 倉田 郁美 4.80 4R②
27(35) 野田 祥子 4.75 4R④ 11R⑤
28(23) 森岡 真希◆4.60 5R③ 9R⑤
29(22) 稲生 夏季 4.50 1R⑥ 9R④
30(20) 入船 幸子 4.40 7R②
31(26) 中西 裕子 4.25 4R⑤ 9R①
32(21) 村上 奈穂 4.00 3R⑤ 8R①
33(28) 大橋栄里佳 4.00 3R② 9R③
34(31) 渡邉 千晴 4.00 1R⑤ 11R②
35(34) 栢場 優子 4.00 8R④
36(32) 長田 光子 3.75 1R④ 8R②
37(41) 中澤 宏奈 3.50 5R①
38(37) 柳澤 千春 3.25 4R③ 10R①
39(36) 小芦るり華◆2.25 8R③
40(40) 菅野はやか 2.25 1R③
41(42) 山本 宝姫 1.75 1R② 9R⑥
42(43) 土屋  南 1.75 6R⑥
43(45) 末武里奈子 1.25 5R⑤
44(46) 戸敷 晃美 1.00 7R⑤
F(25) 田村 美和 ―― 11R⑥
帰郷 三松 直美 
(※赤字はA1級、青字はA2級。
 ■は待機行動違反、◆は不良航法、▼は失格で減点あり)

 

 

(西村美智子選手)
(佐々木裕美選手)
(木村詳子選手)

 

明日の最注目カードに挙げたいのは10R

 

【明日10R出走表】
①柳澤 千春 (38位、今期1コース1着率11%)
②香川 素子 (6位、今期2コース1着率8%)
③西村美智子 (17位、今期3コース1着率40%)
④佐々木裕美 (3位、今期4コース1着率11%)
⑤木村 詳子 (21位、今期5コース1着率0%)
⑥福島 陽子 (19位、今期6コース1着率0%)
(※カッコ内の順位は予選順位)

 

人気を背負いそうなのは②香川選手
2・1・3・4・1・4着で得点率6位につけています。

 

今日4Rではイン逃げで快勝し、
これがデビュー通算799勝目に。
明日800勝到達となるでしょうか。

 

今期2コースは12戦1勝とあまり勝ち切れていないだけに、
ここは流れを変えたい一走です。

 

侮れない存在となるのは③西村選手
今期3コースは15戦6勝と白星量産中です。

 

ここまで6・3・1・3・4着で得点率17位につけ、
明日はこの10Rの1回走りで勝負駆け。

 

今節5走で4本の展示一番時計を出すなど
グラチャン優勝モーター17号機は軽快な動きを見せており、
明日も目が離せないところです。

 

地元の④佐々木選手は今日2Rで2コース差し一閃。
2点増しの2Rグランプリ特選での価値ある勝利となり、
2・6・1・2・1着で得点率3位まで上がってきました。

 

5節ぶりとなる久々の予選突破には当確ランプが灯り、
明日は準優好枠を目指す戦いに。

 

もし準優1号艇となれば、
優勝した2月の尼崎男女ダブル戦以来です。

 

地元の⑤木村選手は6・2・2・4着で得点率21位
デビュー初準優出のチャンスがやってきました。

 

明日は6R1号艇と10R5号艇で勝負駆け。
現時点のボーダー(5.60)を上回るには、
2走13点(5.67)が目安になってきます。

 

⑥福島選手得点率19位でボーダーのカギを握る存在に。
徳山4優出の実績を誇る福島選手が
底力を見せるのか注目です。

 

 

 


【'18 女子賞金ランキング】 (8/12、18:00現在)
1 山川美由紀 24,563,584円★('12,13,15,16,17)
2 小野 生奈 22,909,532円 ('14,15,16,17)
3 中村 桃佳 21,898,000円
4 中谷 朋子 21,176,000円 ('12,16)
5 長嶋 万記 21,111,000円★('13,16,17)
6 松本 晶恵 21,088,000円 ('15,16,17)
7 細川 裕子 20,823,051円 ('17)
8 藤崎小百合 20,391,866円
9 竹井 奈美 18,617,400円 ('16)
10 寺田 千恵 18,384,000円★('12,13,14,15,16,17)
11 落合 直子 18,120,800円
12 遠藤 エミ 17,870,800円 ('15,16,17)
―――――クイーンズクライマックスボーダー―――――
13 日高 逸子 17,739,000円★('12,13,14,15,16)
14 守屋 美穂 17,494,266円★('13,14)
15 海野ゆかり▽16,232,066円★('13,14,16,17)
16↑宇野 弥生 15,038,000円 ('12)
17↓廣中智紗衣 15,010,000円
18↓津田 裕絵 14,991,000円
19 水野 望美 14,692,000円
20 川野 芽唯 14,487,500円 ('15,17)
―――――レディースチャレンジカップボーダー――――
21 香川 素子 13,150,000円★('12)
22↑森岡 真希 13,057,800円★
23↓岩崎 芳美▼13,015,580円
24↑水口 由紀▽12,609,333円 ('14)
25↓浜田亜理沙▽12,596,000円★
26 樋口由加里 12,549,000円★('16,17)
27 今井 美亜 12,371,846円
28↑大山 千広 12,252,000円
29↓中里 優子 12,223,500円★
30 向井 美鈴▼11,999,000円 ('12)
(※★は今節徳山出場メンバー。
 カッコ内はクイーンズクライマックス出場歴。
 昨日より順位が上がった選手は↑、下がった選手は↓。
 ▼はF休み中、▽はF休み未消化)


【F休み中の女子レーサー】
山本 梨菜 5/17~8/14(F2、90日間)
福岡 泉水 7/23~8/21
堀之内紀代子 7/26~8/24
西岡 育未 8/2~8/31
大豆生田蒼 6/6~9/3(F2、90日間)
岩崎 芳美 8/6~9/4
向井 美鈴 8/6~9/4
田口 節子 8/6~9/4
金田 幸子 8/6~9/4
高田ひかる 8/6~9/4
平高 奈菜 3/12~9/7(F3、180日間)

 

【F休み未消化の女子レーサー】
蜂須 瑞生 8/15~9/13
倉持 莉々★8/16~9/14、9/25~11/23(F2、60日間)
森下 愛梨 8/16~9/14
松瀬 弘美 8/23~9/21
浜田亜理沙★8/25~9/23
新田 有理 8/25~9/23
安井 瑞紀 8/25~9/23
西村美智子★8/28~9/26
水口 由紀 8/29~9/27
大瀧明日香 8/29~11/26(F2、90日間)
前田 紗希 8/29~9/27
小池 礼乃 9/3~10/2
白石 有美 9/11~10/10
海野ゆかり★9/12~10/11
鵜飼菜穂子 9/18~10/17
深見亜由美 9/18~10/17
田村 美和★9/24~10/23
間庭 菜摘 9/27~10/26
(※★は今節徳山出場メンバー。赤字は今日のF)

 

【女子レース斡旋停止】
藤原 菜希 4/12~10/11(6カ月間)
今井 美亜 4/21~10/20(6カ月間)
浜田亜理沙 9/24~12/23(3カ月間)
西村美智子 9/27~12/28(3カ月間)
小池 礼乃 10/3~1/2(3カ月間)