ボートレースなでしこ@cafe

女子レーサーの裏側に密着してレポートします。


テーマ:


江戸川オールレディース
シリーズ最終日を迎えました。




(あいにくの雨模様のなか迎えた最終日。
 夕方になると照明も灯ってナイターのような雰囲気に)

(五反田忍選手が2コースまくりと5コースまくりで今日2連勝。
 今日一日で33万円の大きな上積みに成功し、
 レディースチャレンジカップ出場へまだまだ望みをつないでいます)

(笠野友紀恵選手は6Rで道中ごぼう抜きの強烈な1着。
 26号機のパワーを引き出して存分に魅せてくれた一節でした)

(森岡真希選手は4R2コースまくりで今節3勝目)

(倉持莉々選手は8R道中逆転で待望の今節初白星。
 前節多摩川に続いての最終日1着となっています)

(稲生夏季選手は9Rをイン逃げで快勝。
 F2を抱えながら2勝をあげて奮闘が光った一節でした)

(平田さやか選手は11R4コースまくり差しで今節5勝目。
 これで東京支部は節間合計12勝となり、
 支部別トップの白星をあげる活躍でした)

(事故率が高い影響で近況はダッシュ一本で戦っている大橋由珠選手。
 今日3着3着の活躍で4節ぶりの連絡みに)

(今節が江戸川初参戦だった菅野はやか選手。
 04年5月のデビューから約13年5カ月で
 ようやく全24場出場となっています)


(今節デビュー初1着を目指していた白石有美選手、
 森下愛梨選手、田中博子選手は残念ながら白星ならず。
 ちなみに"初1着水神祭が江戸川"という現役女子選手はゼロです)


(津→多摩川→戸田→江戸川と中0日での4節連続出場だった
 前田紗希選手と勝浦真帆選手の2人。
 9月18日からの27日間連続出勤がようやく終わりました。
 次節は前田選手が中8日で10/24からの児島一般戦、
 勝浦選手は中2日で10/18からの常滑オールレディースです)







さて今日のレース結果は、


1R ①大山 博美 1コース逃げ
2R ①茶谷  桜 1コース逃げ
3R ②五反田 忍 2コースまくり
4R ②森岡 真希 2コースまくり
5R ⑥笠野友紀恵 6コース抜き (3連単11250円)
6R ②潮田 浩子 2コースまくり (3連単28180円)
7R ⑤大瀧明日香 5コースまくり
8R ②倉持 莉々 2コース抜き
9R ①稲生 夏季 1コース逃げ
選抜戦10R ⑤五反田 忍 5コースまくり (3連単10440円)
選抜戦11R ④平田さやか 4コースまくり差し
優勝戦12R ①佐々木裕美 1コース逃げ



【今節上がりタイムベスト5】
1 佐々木裕美 1:49.9(5日目12R)
2 佐々木裕美 1:50.5(最終日12R)
2 平田さやか 1:50.5(最終日11R)
4 岸  恵子 1:50.8(5日目11R)
5 平田さやか 1:51.2(5日目7R)


【今節の部品交換状況】
宮本 紀美 ④リング4本
日高 逸子 ①リング3本、④リング1本、⑤リング3本、⑥ピストン2個
勝浦 真帆 ⑤リング1本
(※○内の数字はシリーズ○日目。赤字は優出組)


【今節支部別1着回数】
東京支部 12勝(平田⑤、栢場③、稲生②、松村①、倉持①)
徳島支部 10勝(岸⑤、岩崎④、坂田①)
岡山支部 9勝(田口⑤、森岡③、福島①)
静岡支部 8勝(三浦④、千葉②、松瀬①、池田明①)
山口支部 8勝(佐々木⑦、片岡①)
愛知支部 6勝(笠野③、大瀧③)
広島支部 5勝(海野③、角②)
滋賀支部 4勝(茶谷③、香川①)
大阪支部 4勝(五反田④)
福岡支部 4勝(鳥居①、日高①、大山博①、武藤①)
福井支部 2勝(潮田②)






さっそく話題は優勝戦へ。



(①佐々木裕美選手と④田口節子選手の優勝戦同走は、
 4月の徳山オールレディース以来で通算8回目に)

(4日後の10月18日が誕生日の②岸恵子選手。
 ちなみに①佐々木選手は10月2日、⑥日高選手は10月7日です)

(昨年の江戸川オールレディースは長嶋万記選手が優勝。
 静岡勢による連覇の期待がかかる⑤三浦永理選手)

(④田口節子選手は今日の時点で今期勝率が7.83。
 6期ぶり5回目の女子勝率1位がほぼ確定です)

(③岩崎芳美選手は次節が10/30からの鳴門男女ダブル戦。
 地元でV獲りの期待が高まります)

(⑥日高逸子選手は今日も本体整備を行ない、
 ピストン2個の交換に着手)

(7月の江戸川ヴィーナスシリーズは山下友貴選手が優勝。
 オールレディースも静岡勢の⑤三浦永理選手が制するのか)

(④田口節子選手は次節が10/24からの平和島ボートレースダービー。
 14年のオールスター以来、約3年ぶりのSGに臨みます)

(①佐々木裕美選手)





というわけで迎えた優勝戦の時間。


【優勝戦12R出走表】
①佐々木裕美 (優出62回目、優勝5回)
②岸  恵子 (優出70回目、優勝9回)
③岩崎 芳美 (優出114回目、優勝20回、江戸川1V)
④田口 節子 (優出155回目、優勝50回、江戸川1V)
⑤三浦 永理 (優出113回目、優勝33回)
⑥日高 逸子 (優出326回目、優勝72回)




コンディションは向かい風3m、波高3cm、
気温16℃、天候:くもり。


流速は下げ潮50cmで、
"向かい風・向かい潮"の水面で決戦の幕が開きました。



進入は①②③/④⑤⑥で枠なりの3対3。


STは内からコンマ11、14、25/25、22、31


①佐々木選手がインからコンマ11のトップスタートで先制。
これで勝負はほぼ決しました。


快速パワーで悠々と1マークを先マイした①佐々木選手は、



バック直線に出ると4艇身ほどのリードを奪って独走。



まくらせず差させずの圧勝劇を演じ、
これで近況イン11連勝に。


今日も隙のない鉄壁ぶりでした。



【優勝戦12R結果】
1着 ①佐々木裕美 1コース ST.11
2着 ②岸  恵子 2コース ST.14
3着 ③岩崎 芳美 3コース ST.25
4着 ⑥日高 逸子 6コース ST.31
5着 ④田口 節子 4コース ST.25
6着 ⑤三浦 永理 5コース ST.22
決まり手=逃げ
2連単①② 330円(1番人気)
3連単①②③ 1240円(3番人気)





勝った佐々木選手は通算6回目の優勝。


12年若松女子リーグ以来となる
約5年6カ月ぶりの栄冠を手にしました。


【佐々木裕美選手 優勝歴】
03年5月 唐津女子リーグ
08年7月 三国女子リーグ
09年1月 浜名湖一般戦
11年9月 浜名湖オール女子戦
12年4月 若松女子リーグ
17年10月 江戸川オールレディース



オールレディースは10回目の優出で初優勝。


オールレディース開幕から通算86節目で
ついに初めて山口支部に優勝旗が渡りました。


【オールレディース 支部別優勝回数】
岡山支部 19回(寺田⑫、田口④、守屋①、樋口①、喜井①)
静岡支部 14回(長嶋⑥、三浦⑥、池田浩②)
愛知支部 7回(谷川⑤、大瀧②)
大阪支部 7回(鎌倉③、高橋淳②、五反田②)
滋賀支部 6回(遠藤③、香川②、水口①)
群馬支部 5回(松本④、櫻本①)
広島支部 5回(海野⑤)
兵庫支部 4回(中谷④)
徳島支部 4回(岸②、新田芳①、淺田①)
香川支部 4回(山川③、平山①)
福岡支部 4回(日高①、小野生①、竹井①、大山千①)
埼玉支部 3回(中里②、島田①)
東京支部 2回(永井②)
山口支部 1回(佐々木①)
長崎支部 1回(池田紫①)
三重支部 0回
福井支部 0回
佐賀支部 0回


8月のSGボートレースメモリアルで寺田祥選手が優勝し、
10月のGⅠ下関周年では白井英治選手が優勝するなど、
近況勢いに乗っている山口支部。


先日の戸田ヴィーナスシリーズでは
津田裕絵選手が優勝戦1号艇に乗っており、
女子戦線にも"山口旋風"の流れがやってきている印象です。



今節の佐々木選手は1・1・5・1・1・1・①・①着
8戦7勝のピンラッシュを演じる快進撃。


2連対率3位のモーター22号機を引き当て、
前検タイム2位タイとさっそく好気配を見せると、
8走で7本の展示一番時計を出す快速ぶりで他を圧倒。


優勝戦でも2位にコンマ08の大差をつける
ぶっちぎりの展示トップタイムでした。


2コースまくり、3コース抜き、5コースまくり差し、
イン逃げ、4コースまくり、イン逃げ、イン逃げ
と、
6コース以外すべてで1着を奪う圧巻の内容。


いつでも、どこからでも、どんな展開でも勝てる、
そんな印象を抱かせるほどの強烈な走りでした。



この活躍で今期勝率は今節開始前の5.90から
一気に6.12まで急上昇。


今日の時点でA1級ボーダーは6.15あたりとなっており、
17期ぶりのA1級昇格も狙える状況になってきました。



今後の出場予定は、
丸亀一般戦(10/20~23)
唐津オールレディース(10/30~11/4)
平和島ほぼオール女子戦(11/15~20)


昨年は10月に児島オールレディース(優出5着)、
桐生オールレディース(優出6着)、
三国オールレディース(優出5着)と
3節連続優出の活躍を見せていた佐々木選手。


今年も秋戦線で主役の一人となるのか注目したいところです。


佐々木選手、おめでとうございました。




【江戸川女王決定戦 歴代優勝者】
12年度 新田 芳美
13年度 浜田亜理沙
14年度 田口 節子
15年度 中里 優子
16年度 長嶋 万記
17年度 佐々木裕美


なお今節は節間スタート無事故で返還ゼロを達成。


オールレディースでのスタート無事故は8月尼崎以来で6戦ぶり、
返還ゼロは5月大村以来で10戦ぶりとなっています。






ではこれにて江戸川オールレディース@cafeは終了。


次回の更新予定は4日後、
10月18日開幕の常滑オールレディースです。


現時点での出場予定メンバー(支部別)は、


群馬 久保田、蜂須
埼玉 中里、島田、清埜
東京 小神野、長田、○渡辺千、宮本、平田、藤原、大橋由
静岡 池田浩三浦、鈴木成
愛知 鵜飼、谷川大瀧細川水野、深見、出口、清水さ、中北
三重 垣内、本部
福井 
滋賀 孫崎
大阪 
兵庫 
徳島 
香川 山川平高
岡山 金田、赤澤、守屋、勝浦
広島 海野、向井田
山口 向井
福岡 藤田、犬童、川野、深川、坂本、真子、渡邉優
佐賀 
長崎 池田紫
(※赤字はA1級、青字はA2級)


海野選手、岸選手、大瀧選手、三浦選手、平田選手など
江戸川から中2日で転戦する選手もちらほら。


またレディースチャレンジカップ出場圏内にいる20人のうち
ちょうど半分の10人もが参戦する大一番です。


秋の常滑決戦をお楽しみに。






【'17 女子賞金ランキング】 (10/14現在)
(※カッコ内は10月中の出場予定。
 略称はA:オールレディース、W:男女ダブル戦)

1 小野 生奈 33,961,000円☆(10/14~尼崎、10/24~三国W)
2 長嶋 万記 32,625,500円☆(10/14~桐生G1、10/24~平和島SG)
3 遠藤 エミ 30,434,500円☆(10/14~桐生G1、10/24~平和島SG)
4 松本 晶恵 26,043,000円☆(10/14~桐生G1、10/30~唐津A)
5 寺田 千恵 25,586,400円 (10/24~平和島SG)
6 山川美由紀 24,461,500円 (10/18~常滑A、10/30~鳴門W)
7 細川 裕子 24,051,000円 (10/18~常滑A、10/30~唐津A)
8 川野 芽唯 23,253,840円 (10/18~常滑A、10/30~唐津A)
9 平高 奈菜 23,065,900円 (10/18~常滑A、10/30~唐津A)
10 海野ゆかり 22,913,500円 (10/18~常滑A)
11 樋口由加里 21,941,900円☆(10/12~福岡、10/24~三国W)
12 田口 節子 21,544,200円 (10/24~平和島SG)
――――――――クイーンズクライマックスボーダー――――――――
13 中谷 朋子▼21,095,900円 (※チャレカF休み)
14 三浦 永理 21,088,340円 (10/18~常滑A)
15 日高 逸子 20,363,400円 (10/24~三国W)
16 竹井 奈美 19,010,000円 (10/24~三国W)
17 岸  恵子 18,957,500円 (10/18~常滑A、10/30~鳴門W)
18↑大瀧明日香 18,467,000円 (10/18~常滑A、10/30~唐津A)
19↓山下 友貴 18,380,900円 (10/20~下関)
20↓谷川 里江 18,342,200円 (10/18~常滑A、10/30~唐津A)
21 守屋 美穂 17,642,000円 (10/18~常滑A)
――――――――レディースチャレンジカップボーダー―――――――
22 今井 美亜▼17,626,500円 (※チャレカF休み)
23 落合 直子▼17,470,670円
24 藤崎小百合▼17,247,500円
25 五反田 忍 17,232,000円 (10/20~津、10/30~鳴門W)
26 中村 桃佳 16,854,000円☆(10/12~福岡、10/24~三国W)
27 水口 由紀 16,104,000円☆(10/14~芦屋、10/24~三国W)
28↑平田さやか 15,343,000円 (10/18~常滑A、10/30~唐津A)
29 宇野 弥生 15,305,500円☆(10/14~芦屋、10/24~三国W)
30↓金田 幸子 15,197,000円 (10/18~常滑A)

38 佐々木裕美 14,017,000円 (10/20~丸亀、10/30~唐津A)
(※☆は他場出場中。
 昨日より順位が上がった選手は↑、下がった選手は↓。
 ▼はF休み中、▽はF休み未消化)


※レディースチャレンジカップの出場枠は上位20人ですが、
 すでにF休み確定の選手がいるため、
 現在のボーダーは21位となっています。



【F休み中の女子レーサー】
中谷 朋子▼9/19~10/18、10/24~12/22(F2、60日間)
小池 礼乃 9/19~10/18
西岡 育未 9/19~10/18
安井 瑞紀 9/23~10/22
新田 有理 9/26~10/25
西村美智子 9/28~10/27
道上 千夏 9/30~10/29
田村 美和 10/2~10/31
佐藤 享子 10/2~10/31(L)
落合 直子▼10/9~11/7
藤崎小百合▼10/9~11/7
篠木亜衣花 10/9~11/7
竹野 未華 10/9~11/7
大豆生田蒼 10/9~11/7
油浦 ゆみ 9/19~11/17(F2、60日間)
渡邉真奈美 8/31~11/28(F2、90日間)
深尾 巴恵 10/13~12/11(F2、60日間)
赤井  睦 10/15~12/13(F2、60日間)
今井 美亜▼9/25~12/23(F2、90日間)
富樫 麗加 8/31~2/26(F3、180日間)
村上 奈穂 10/2~2/28(F3、150日間)
(※▼は女子賞金ランキング30位以内)


【F休み未消化の女子レーサー】
池田 紫乃 10/24~11/22
孫崎 百世 10/24~12/22(F2、60日間)
實森 美祐 10/30~11/28
鳥居 智恵 11/5~12/4
垣内 清美 11/5~12/4
高田ひかる 11/5~12/4
寺島 美里 11/5~1/3(F2、60日間)
関野  文 11/5~12/4
高橋 淳美 11/11~12/10
角 ひとみ 11/11~2/8(F2、90日間)
福島 陽子 11/11~12/10
稲生 夏季 11/17~1/15(F2、60日間)
深見亜由美 11/17~1/15(F2、60日間)
中北  涼 11/17~12/16
西橋 奈未 11/17~12/16
若狭奈美子 11/23~1/21(F2、60日間)


【女子レース斡旋停止】
永井 聖美 7/29~1/28(6カ月間)




福岡一般戦(10/12~16)は3日目。


中村桃佳選手は2Rで5コース差しを決めるなど、
5・1・4・1・2着で得点率9位につける活躍。


出口舞有子選手は8Rで2コース差しを決め、
デビュー通算4勝目をマークしています。


(出口舞有子選手。写真は6/3常滑)


尼崎一般戦(10/14~17)が今日スタート。


堀之内紀代子選手が2着3着、
小野生奈選手が3着3着の発進となっています。


(堀之内紀代子選手。写真は8/2芦屋)


芦屋一般戦(10/14~19)も今日開幕。


宇野弥生選手が3Rでイン逃げを決めて
白星スタートとなっています。


(宇野弥生選手。写真は6/5常滑)


GⅠ桐生周年(10/14~19)も今日スタート。


松本晶恵選手が1Rでイン逃げを決めるなど、
初日1着2着で得点率6位の好発進を見せています。


(松本晶恵選手。写真は8/2芦屋)


各地の混合戦などで奮闘中の女子レーサーにも
ぜひご注目ください。

コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:


江戸川オールレディース
準優日の5日目を迎えました。




(準優での対戦を控える田口節子選手と佐々木裕美選手の85期コンビ)

(勝浦真帆選手)

(森田太陽選手と田中博子選手の福岡勢)

(白石有美選手)

(栢場優子選手は6Rイン逃げで今節3勝目)

(松村昌子選手は1R1号艇で今節初白星。
 7月のヴィーナスシリーズで今井美亜選手が
 優勝戦1号艇に乗ったモーター21号機を駆り、
 3・4・3・3・2・3・1・3着と
 連絡み7本の活躍を見せている今節です)

(坂田麻衣選手は2Rで4コースまくり一撃。
 前節の戸田ヴィーナスシリーズでも5コースまくりを決めるなど、
 ダッシュまくりで見せ場を作っている近況です)

(森岡真希選手は3R2コース差しで今節2勝目。
 今期勝率は今節開始前の5.64から5.72まで上がり、
 3期ぶりのA2級昇格がはっきり見えてきました)

(角ひとみ選手が3コース差しとイン逃げで今日2連勝。
 前節の多摩川オールレディースで節間F2を切ったばかりで、
 今節序盤は6・4・4・4着と苦戦を強いられましたが、
 3日目後半から2・3・1・1着と底力全開です)

(松瀬弘美選手は9R3コースまくりで万舟を提供)






さて今日のレース結果は、


1R ①松村 昌子 1コース抜き
2R ④坂田 麻衣 4コースまくり
3R ②森岡 真希 2コース差し
4R ③角 ひとみ 3コース差し
5R ③五反田 忍 3コースまくり
6R ①栢場 優子 1コース逃げ
7R ①平田さやか 1コース逃げ
8R ①角 ひとみ 1コース逃げ
9R ③松瀬 弘美 3コースまくり (3連単12630円)
10R ①海野ゆかり 1コース逃げ
準優11R ①岸  恵子 1コース逃げ
準優12R ①佐々木裕美 1コース逃げ



【今節の部品交換状況】
宮本 紀美 ④リング4本
日高 逸子 ①リング3本、④リング1本、⑤リング3本
勝浦 真帆 ⑤リング1本
(※○内の数字はシリーズ○日目。赤字は優出組)


【今節支部別1着回数】
徳島支部 10勝(岸⑤、岩崎④、坂田①)
東京支部 9勝(平田④、栢場③、松村①、稲生①)
岡山支部 8勝(田口⑤、森岡②、福島①)
静岡支部 8勝(三浦④、千葉②、松瀬①、池田明①)
山口支部 7勝(佐々木⑥、片岡①)
広島支部 5勝(海野③、角②)
愛知支部 4勝(笠野②、大瀧②)
滋賀支部 3勝(茶谷②、香川①)
福岡支部 3勝(日高①、鳥居①、武藤①)
大阪支部 2勝(五反田②)
福井支部 1勝(潮田①)







さっそく話題は準優勝戦へ。
2個レースの結果は以下のとおり。


【準優11R結果】
1着 ①岸  恵子 1コース ST.14
2着 ②岩崎 芳美 2コース ST.19
3着 ④日高 逸子 4コース ST.12

4着 ⑥笠野友紀恵 6コース ST.21
5着 ③大瀧明日香 3コース ST.13
6着 ⑤片岡 恵里 5コース ST.12
決まり手=逃げ


【準優12R結果】
1着 ①佐々木裕美 1コース ST.13
2着 ②田口 節子 2コース ST.09
3着 ③三浦 永理 3コース ST.13

4着 ④香川 素子 4コース ST.13
5着 ⑤千葉 真弥 5コース ST.14
6着 ⑥武藤 綾子 6コース ST.17
決まり手=逃げ



11Rは①岸選手がインから逃げ切り、
②岩崎選手が2着を確保して徳島ワンツー


3番手争いは④日高選手が道中で
⑥笠野選手との大激戦を制しました。


12Rは①佐々木選手がイン逃げで快勝し、
②田口選手が2着に入って85期ワンツー


3着には③三浦選手が続き、
3連単490円の大本命決着となりました。






優勝戦のメンバーが決まりました。
(※カッコ内の順位は女子賞金ランキング)


【優勝戦12R出走表】
①佐々木裕美 (38位、優出62回目、優勝5回)
②岸  恵子 (17位、優出70回目、優勝9回)
③岩崎 芳美 (53位、優出114回目、優勝20回、江戸川1V)
④田口 節子 (12位、優出155回目、優勝50回、江戸川1V)
⑤三浦 永理 (14位、優出113回目、優勝33回)
⑥日高 逸子 (15位、優出326回目、優勝72回)


6人のオールレディース優出回数は、
⑥日高選手が18回目、⑤三浦選手が16回目、
④田口選手・③岩崎選手・②岸選手が11回目、①佐々木選手が10回目。


全員が2ケタ優出という超強力メンバーが揃いました。



佐々木裕美選手は1・1・5・1・1・1・①着と
7戦6勝のピンラッシュでV王手。


8月の尼崎オールレディース(優出5着)以来となる
4節ぶりの優勝戦進出で、


江戸川では昨年2月のオールレディース(優出3着)に続く
2回目の優出となりました。


2連対率3位のモーター22号機を抜群の舟足に仕上げ、
準優では1分49秒9という断トツの節間最速ラップを記録。


【今節上がりタイムベスト5】
1 佐々木裕美 1:49.9(5日目12R)
2 岸  恵子 1:50.8(5日目11R)
3 平田さやか 1:51.2(5日目7R)
4 佐々木裕美 1:51.3(3日目10R)
5 笠野友紀恵 1:51.5(3日目11R)


また7走で6本の展示一番時計をマークするなど、
もはや節イチという評価は揺るぎないところです。


【今節平均展示順位ベスト5+α】
1 平田さやか 1.11
2 笠野友紀恵 1.14
2 佐々木裕美 1.14 (優勝戦1号艇)
4 栢場 優子 1.25
5 中澤 宏奈 2.00

7 田口 節子 2.25 (優勝戦4号艇)
9 岸  恵子 2.50 (優勝戦2号艇)
24 岩崎 芳美 3.57 (優勝戦3号艇)
30 三浦 永理 3.88 (優勝戦5号艇)
31 日高 逸子 4.00 (優勝戦6号艇)


明日の優勝戦はポールポジション、1号艇で登場。
近況イン10連勝中で迎える大一番です。


佐々木選手にとって優勝戦1号艇はこれが7回目
過去6戦は5・4・5・1・1・1着で現在3連勝中です。


もし優勝となれば12年4月の若松女子リーグ以来で、
約5年6カ月ぶりという久々の栄冠。


自身通算6回目の優勝と、
山口支部勢のオールレディース初Vを狙います。



岸恵子選手は1・1・1・1・4・2・3・①着で
8月の平和島オールレディース(優出6着)以来となる3節ぶりの優出。


今節は約15年7カ月ぶりの江戸川参戦でしたが、
2連対率6位の好モーター55号機を武器に
初日から4連勝をマークするなど快進撃を演じてきました。


これで江戸川初優出となり、優出歴のある水面は23場に。
残すは三国の1場のみとなっています。


明日の優勝戦は2号艇で登場。


近況2コースは2・3・1・2・1・1・2・1・1・3着
10戦5勝という見事な成績。
2コース12走連続3連対をマークしています。


優勝となれば昨年10月の戸田男女ダブル戦以来で約1年ぶり


近況の優勝戦は4・4・4・4・4・5・3・4・4・6着と、
最近10走で連絡み1回となぜか苦戦が続いているだけに、
明日は流れを変える一走にしたいところです。


現在女子賞金ランキング17位の岸選手。
ベスト12入りに向けてランクアップとなるでしょうか。



岩崎芳美選手は1・1・1・2・5・1・②着で、
9月の福岡オールレディース(優出2着)以来となる3節ぶりの優出。


江戸川では4回目の優勝戦進出で、
明日は13年男女ダブル戦に続く当地2回目の優勝を狙います。


今期の岩崎選手は8月末の時点で勝率4.64
B級陥落の危機を迎えるほどのスランプでしたが、
9月以降の4節は勝率7.97という見事なV字回復。


気付けば今日の時点で今期勝率は5.99まで上がっており、
2期ぶりのA1級復帰のチャンスさえ出てきました。


明日の優勝戦は3号艇で登場。


15年11月の下関男女ダブル戦以来、
約1年11カ月ぶりの優勝となるでしょうか。



田口節子選手は準優で2コースから2着に入り、
これで2コースは26走連続3連対に。


8月の津男女ダブル戦(優勝)以来となる
4節ぶりの優出切符をしっかり確保しました。


今節はここまで1・1・5・1・1・4・1・②着で、
8走すべてトップスタートという驚異的な踏み込み。
今節平均STコンマ11はもちろんトップの数字です。


【今節平均STベスト5+α】
1 田口 節子 ST.11 ST順1.00(優勝戦4号艇)
2 大瀧明日香 ST.13 ST順2.00
3 片岡 恵里 ST.14 ST順1.88
4 五反田 忍 ST.15 ST順1.78
5 日高 逸子 ST.15 ST順3.00(優勝戦6号艇)

7 岸  恵子 ST.16 ST順2.00(優勝戦2号艇)
8 佐々木裕美 ST.16 ST順2.43(優勝戦1号艇)
15 岩崎 芳美 ST.18 ST順2.71(優勝戦3号艇)
20 三浦 永理 ST.20 ST順3.25(優勝戦5号艇)


明日の優勝戦は4号艇で登場。
インの佐々木選手、カドの田口選手という
注目の同期対決になりそうです。


田口選手は2コースの成績がスゴすぎてかすみがちですが、
4コースも3・1・2・3・1・2・3・3・2・1着
10走連続3連対中という見事な安定感。
初日12R選抜戦での4コース差しも記憶に新しいところです。


もし優勝となれば5月の大村オールレディース、
6月の丸亀男女ダブル戦、8月の津男女ダブル戦に続いて今年4回目


江戸川では14年オールレディースに続く2回目の優勝で、
3大会ぶりの"江戸川女王"奪還がかかります。
(※参照、https://ameblo.jp/womenleague-cafe/entry-11823857586.html


現在女子賞金ランキング12位の田口選手。
明日はベスト12入りへ前進する一走としたいところです。



三浦永理選手は1・6・3・3・1・1・1・③着。
2連対率35位の低勝率モーターを見事に立て直してきました。


江戸川では昨年のオールレディース(優出4着)に続く
2節連続3回目の優出となっています。


明日の優勝戦は5号艇で登場。
前節の多摩川オールレディースに続く2節連続Vを狙います。


オールレディース開催2節連続Vは
まだ過去3人しか達成していない記録。


【オールレディース開催2節連続V】
田口 節子 14年4月江戸川・5月若松
谷川 里江 16年3月蒲郡・4月芦屋
長嶋 万記 16年10月三国・11月江戸川


また津の長嶋選手、多摩川の三浦選手に続く
オールレディース史上初の同支部3連覇もかかります。


現在女子賞金ランキング14位の三浦選手。
12位の田口選手とは約43万円差で、
明日一気に逆転するチャンスもあります。



日高逸子選手は2・2・1・2・5・2・③着。


2連対率19位のモーター12号機に手を焼きながらも、
初日にリング3本、4日目にリング1本、今日またリング3本
懸命の部品交換を繰り返して優勝戦まで勝ち上がってきました。


これが8月の芦屋GⅠレディースチャンピオン(優出5着)以来、
3節ぶりの優勝戦進出。


江戸川では昨年2月のオールレディース(優出2着)に続く2回目の優出で、
江戸川初Vを飾って全場制覇へ王手をかけるのか注目です。


明日の優勝戦は6号艇で登場。


江戸川だけに前付けは難しいところですが、
6コースでも充分に侮れないのが日高選手のスゴさ。


今期6コースは9戦3勝で1着率33%のハイアベレージ。
今節2日目に6コースまくり差し
5万舟の大穴を開けたのも記憶に新しいところです。


さらに江戸川の6コースは相性が良く、
最近10走は5・5・4・2・3・3・3・2・1・1着
7走連続3連対中という成績。


昨年2月の江戸川オールレディースも優勝戦6号艇で、
6コースから2着に食い込んで万舟に貢献したばかりです。
(※参照:https://ameblo.jp/womenleague-cafe/entry-12133854667.html


現在女子賞金ランキング15位の日高選手。
12位の田口選手と14位の三浦選手も優出しているだけに
ここは離されずに食らいついていきたいところ。


15年9月の芦屋オールレディース以来、
約2年1カ月ぶりの優勝を狙います。





というわけで最終日を残すのみとなった
「GⅢ江戸川女王決定戦 KIRIN CUP」


勝利の美酒に酔うのは誰になるのでしょうか。






【'17 女子賞金ランキング】 (10/13現在)
(※カッコ内は10月中の出場予定。
 略称はA:オールレディース、W:男女ダブル戦)

1 小野 生奈 33,856,000円 (10/14~尼崎、10/24~三国W)
2 長嶋 万記 32,322,500円 (10/14~桐生GⅠ、10/24~平和島SG)
3 遠藤 エミ 30,140,500円 (10/14~桐生GⅠ、10/24~平和島SG)
4↑松本 晶恵 25,591,000円 (10/14~桐生GⅠ、10/30~唐津A)
5↓寺田 千恵 25,586,400円 (10/24~平和島SG)
6 山川美由紀 24,461,500円 (10/18~常滑A、10/30~鳴門W)
7 細川 裕子 24,051,000円 (10/18~常滑A、10/30~唐津A)
8 川野 芽唯 23,253,840円 (10/18~常滑A、10/30~唐津A)
9 平高 奈菜 23,065,900円 (10/18~常滑A、10/30~唐津A)
10 海野ゆかり 22,699,500円★(10/9~江戸川A、10/18~常滑A)
11 樋口由加里 21,900,900円☆(10/12~福岡、10/24~三国W)
12 田口 節子 21,222,200円(10/9~江戸川A、10/24~平和島SG)
―――――――――――クイーンズクライマックスボーダー―――――――――――
13 中谷 朋子▼21,095,900円 (※チャレカF休み)
14 三浦 永理 20,796,340円(10/9~江戸川A、10/18~常滑A)
15 日高 逸子 20,011,400円(10/9~江戸川A、10/24~三国W)
16 竹井 奈美 19,010,000円 (10/24~三国W)
17↑岸  恵子 18,445,500円(10/9~江戸川A、10/18~常滑A、10/30~鳴門W)
18↓山下 友貴 18,380,900円 (10/20~下関)
19 谷川 里江 18,342,200円 (10/18~常滑A、10/30~唐津A)
20 大瀧明日香 18,297,000円★(10/9~江戸川A、10/18~常滑A、10/30~唐津A)
21 守屋 美穂 17,642,000円 (10/18~常滑A)
―――――――――――レディースチャレンジカップボーダー――――――――――
22 今井 美亜▼17,626,500円 (※チャレカF休み)
23 落合 直子▼17,470,670円
24 藤崎小百合▼17,247,500円
25 五反田 忍 16,902,000円★(10/9~江戸川A、10/20~津、10/30~鳴門W)
26 中村 桃佳 16,702,000円☆(10/12~福岡、10/24~三国W)
27 水口 由紀 15,978,000円 (10/14~芦屋、10/24~三国W)
28 金田 幸子 15,197,000円 (10/18~常滑A)
29↑宇野 弥生 15,191,500円 (10/14~芦屋、10/24~三国W)
30↓津田 裕絵 15,186,170円 (10/20~下関、10/30~唐津A)

38↑佐々木裕美 12,965,000円(10/9~江戸川A、10/20~丸亀、10/30~唐津A)
53↑岩崎 芳美 10,489,900円(10/9~江戸川A、10/30~鳴門W)
(※★は今節江戸川出場メンバー。☆は他場出場中。
 昨日より順位が上がった選手は↑、下がった選手は↓。
 ▼はF休み中、▽はF休み未消化)


※レディースチャレンジカップの出場枠は上位20人ですが、
 すでにF休み確定の選手がいるため、
 現在のボーダーは21位となっています。



【F休み中の女子レーサー】
中谷 朋子▼9/19~10/18、10/24~12/22(F2、60日間)
小池 礼乃 9/19~10/18
西岡 育未 9/19~10/18
安井 瑞紀 9/23~10/22
新田 有理 9/26~10/25
西村美智子 9/28~10/27
道上 千夏 9/30~10/29
田村 美和 10/2~10/31
佐藤 享子 10/2~10/31(L)
落合 直子▼10/9~11/7
藤崎小百合▼10/9~11/7
篠木亜衣花 10/9~11/7
竹野 未華 10/9~11/7
大豆生田蒼 10/9~11/7
油浦 ゆみ 9/19~11/17(F2、60日間)
渡邉真奈美 8/31~11/28(F2、90日間)
深尾 巴恵 10/13~12/11(F2、60日間)
今井 美亜▼9/25~12/23(F2、90日間)
富樫 麗加 8/31~2/26(F3、180日間)
村上 奈穂 10/2~2/28(F3、150日間)
(※▼は女子賞金ランキング30位以内)


【F休み未消化の女子レーサー】
赤井  睦★10/15~12/13(F2、60日間)
池田 紫乃 10/24~11/22
孫崎 百世 10/24~12/22(F2、60日間)
實森 美祐 10/30~11/28
鳥居 智恵★11/5~12/4
垣内 清美 11/5~12/4
高田ひかる 11/5~12/4
寺島 美里 11/5~1/3(F2、60日間)
関野  文 11/5~12/4
高橋 淳美 11/11~12/10
角 ひとみ★11/11~2/8(F2、90日間)
福島 陽子★11/11~12/10
稲生 夏季★11/17~1/15(F2、60日間)
深見亜由美 11/17~1/15(F2、60日間)
中北  涼 11/17~12/16
西橋 奈未 11/17~12/16
若狭奈美子 11/23~1/21(F2、60日間)
(※★は今節江戸川出場メンバー。赤字は今日のF)


【女子レース斡旋停止】
永井 聖美 7/29~1/28(6カ月間)




福岡一般戦(10/12~16)は2日目。


樋口由加里選手が7Rで3コースまくり一撃。
1・6・1・2着で得点率5位につけています。


(樋口由加里選手。写真は8/4芦屋)


住之江一般戦(10/8~13)は最終日。


櫻本あゆみ選手が2Rイン逃げで今節初白星、
平高奈菜選手が8R2コース差しで今節3勝目をあげています。


(櫻本あゆみ選手。写真は8/4芦屋)


尼崎一般戦(10/14~17)が明日スタート。


堀之内紀代子選手、清水沙樹選手、小野生奈選手、
渡邉千晴選手、松尾夏海選手、喜多須杏奈選手、
高田ひかる選手、前原哉選手、中田夕貴選手の
女子レーサー9人が参戦します。


(小野生奈選手。写真は8/4芦屋)


芦屋一般戦(10/14~19)も明日開幕。


水口由紀選手、古賀千晶選手、宇野弥生選手、
喜多那由夏選手、山本梨菜選手の女子5人が登場です。


(喜多那由夏選手。写真は9/21津)


GⅠ桐生周年(10/14~19)も明日スタート。


長嶋万記選手、松本晶恵選手、遠藤エミ選手の
女子レーサー3人が参戦です。


(松本晶恵選手。写真は8/5芦屋)


各地の混合戦などで奮闘中の女子レーサーにも
ぜひご注目ください。

コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:


江戸川オールレディース
予選最終日の4日目を迎えました。




(ハイパワーで江戸川水面を沸かす26号機)

(高橋悠花選手は今日10月12日が誕生日。
 5着3着でバースデイウィンはなりませんでした)

(平田さやか選手、加藤奈月選手、菅野はやか選手)

(大山博美選手と鳥居智恵選手の福岡勢)

(前田紗希選手と森田太陽選手の115期勢)

(香川素子選手は7Rイン逃げで今節初白星。
 予選8位で明日は準優12Rの4号艇に入り、
 江戸川3節連続優出を狙います)

(海野ゆかり選手は7走50点で予選13位。
 あと1点及ばず次点で予選敗退に)

(平田さやか選手は惜しくも予選14位で、
 前節の多摩川オールレディースに続く連続優出はならず。
 地元東京勢は残念ながら全員予選敗退に)

(五反田忍選手は予選16位に終わって
 連続優出が3節でストップするも、
 5Rで意地の2コースまくりを決めて万舟を提供)

(稲生夏季選手が1Rで4コースまくり差し一閃。
 前節の多摩川オールレディースでFを切って
 自身初のF2となってしまった稲生選手ですが、
 価値ある白星を奪って見せました)

(坂田麻衣選手は5Rで3着に食い込んで万舟に貢献)






さて今日のレース結果は、


1R ④稲生 夏季 4コースまくり差し (3連単10140円)
2R ①平田さやか 1コース逃げ
3R ④三浦 永理 4コース抜き
4R ②大瀧明日香 2コースまくり
5R ②五反田 忍 2コースまくり (3連単10260円)
6R ①岩崎 芳美 1コース逃げ
7R ①香川 素子 1コース逃げ
8R ①海野ゆかり 1コース逃げ
9R ①大瀧明日香 1コース逃げ
10R ④佐々木裕美 4コースまくり
11R ①三浦 永理 1コース逃げ
12R ①田口 節子 1コース逃げ



【今節上がりタイムベスト5】
1 佐々木裕美 1:51.3(3日目10R)
2 笠野友紀恵 1:51.5(3日目11R)
3 岸  恵子 1:51.6(2日目11R)
3 笠野友紀恵 1:51.6(初日8R)
5 岸  恵子 1:51.7(初日2R)


【今節の部品交換状況】
宮本 紀美 ④リング4本
日高 逸子 ①リング3本、④リング1本
(※○内の数字はシリーズ○日目)


【今節支部別1着回数】
徳島支部 8勝(岩崎④、岸④)
静岡支部 7勝(三浦④、千葉②、池田明①)
岡山支部 7勝(田口⑤、福島①、森岡①)
東京支部 6勝(平田③、栢場②、稲生①)
山口支部 6勝(佐々木⑤、片岡①)
愛知支部 4勝(笠野②、大瀧②)
滋賀支部 3勝(茶谷②、香川①)
福岡支部 3勝(日高①、鳥居①、武藤①)
広島支部 2勝(海野②)
福井支部 1勝(潮田①)
大阪支部 1勝(五反田①)





シリーズリーダー争いを制したのは佐々木裕美選手


10Rで4コースまくりを決めてポイントアップし、
前日得点率4位から一気に首位へ浮上。


1・1・5・1・1・1着のピンラッシュで
予選トップ通過を果たしました。


2連対率3位の注目モーター22号機で連日好パワーを披露。
ここまで6走で5本の展示一番時計をマークする快速ぶりです。


【今節平均展示順位ベスト5】
1 平田さやか 1.14
2 笠野友紀恵 1.17
2 佐々木裕美 1.17
4 栢場 優子 1.29
5 池田 明美 1.71


佐々木選手の予選1位通過は、
12年4月の若松女子リーグ(優勝)以来。
(※参照、https://ameblo.jp/womenleague-cafe/entry-11224529760.html
約5年半ぶりの優勝へ機運が高まってきました。


明日は準優12Rに1号艇で登場。


イン9連勝中の鉄壁ぶりを明日も見せて
ポールポジションを手にするのでしょうか。



予選2位は1・1・1・1・4・2・3着の岸恵子選手
予選3位は1・1・1・2・5・1着の岩崎芳美選手
徳島支部勢が並ぶ展開に。


明日は準優11Rの1・2号艇で
直接対決することになりました。


岸選手は約15年7カ月ぶりの江戸川参戦とは思えぬ
見事な走りで難水面を攻略する活躍。


8月の平和島オールレディース以来、
3節ぶりの準優1号艇を手にしました。


今期インは23戦16勝で1着率70%の好成績。
明日はきっちり勝ち切って江戸川初優出を果たすのか注目です。


岩崎選手は今期2コース16戦5勝で1着率31%
今節スロー発進では4戦全勝なだけに楽しみなところです。


9月の福岡オールレディース(優出2着)以来、
3節ぶりの優出を狙います。



田口節子選手は1・1・5・1・1・4・1着で予選4位
明日は準優12Rの2号艇に入り、
1号艇の佐々木選手と同期対決になりました。


今期2コースは18戦12勝で1着率67%と驚異の成績。
近況2コース25走連続3連対中で、
4月から半年以上も連を外していません。


また今節平均STコンマ11はトップの数字で、
7走すべてトップスタートという強烈な踏み込みぶり。


【今節平均STベスト5】
1 田口 節子 ST.11 ST順1.00
2 五反田 忍 ST.12 ST順1.71
3 池田 明美 ST.12 ST順2.00
4 大瀧明日香 ST.13 ST順1.83
5 勝浦 真帆 ST.14 ST順2.80


明日もスリットで先手を奪う展開となるのでしょうか。


近況の田口選手は準優が鬼門。
前々節の福岡オールレディースは準優で妨害失格
前節の津オールレディースは準優1号艇で3着でした。


明日は8月の津男女ダブル戦(優勝)以来、
3節ぶりの優出を狙います。






最終的な予選得点率ランキングと、
5日目の出走レース(※○内の数字は枠番)は、
(※カッコ内は前日得点率順位)


1(4) 佐々木裕美 9.17 準優12R①
2(1) 岸  恵子 8.86 準優11R①
3(5) 岩崎 芳美 8.67 準優11R②
4(3) 田口 節子 8.57 準優12R②
5(9) 三浦 永理 8.43 準優12R③
6(12) 大瀧明日香 8.17 準優11R③
7(2) 日高 逸子 8.00 準優11R④
8(10) 香川 素子 8.00 準優12R④
9(7) 千葉 真弥 7.50 準優12R⑤
10(8) 片岡 恵里 7.43 準優11R⑤
11(11) 笠野友紀恵 7.33 準優11R⑥
12(6) 武藤 綾子 7.29 準優12R⑥
―――――――準優ボーダー―――――――
13(15) 海野ゆかり 7.14 6R② 10R①
14(16) 平田さやか 7.00 3R③ 7R①
15(13) 森岡 真希 7.00 3R② 8R⑤
16(26) 五反田 忍 6.57 5R③ 9R①
17(19) 茶谷  桜 6.33 2R③ 7R②
18(20) 松村 昌子 6.17 1R① 7R③
19(18) 福島 陽子 5.83 4R① 10R②
20(25) 栢場 優子 5.71 6R①
21(27) 松瀬 弘美 5.67 3R① 9R③
22(23) 森田 太陽 5.67 1R② 7R④
23(22) 潮田 浩子 5.50 1R④ 5R②
24(21) 鳥居 智恵 5.14 6R③ 10R⑤
25(24) 黒澤めぐみ 5.00 2R② 8R④
26(30) 角 ひとみ 4.67 4R③ 8R①
27(33) 稲生 夏季 4.57 5R④
28(28) 大山 博美 4.50 3R④ 8R②
29(31) 倉持 莉々 4.14 2R① 8R③
30(35) 菅野はやか 4.00 4R④
31(32) 高橋 悠花 3.86 6R⑥
32(29) 宮本 紀美 3.86 1R③ 6R④
33(34) 加藤 奈月 3.50 5R⑤ 9R②
34(36) 渡邊 佳子 2.67 5R① 10R④
35(37) 中澤 宏奈◆2.00 4R⑥ 9R④
36(38) 赤井  睦 1.83 3R⑥ 7R⑤
37(39) 白石 有美 1.67 4R⑤ 9R⑥
38(40) 大橋 由珠 1.33 3R⑤ 10R⑥
38(41) 田中 博子 1.33 1R⑤ 5R⑥
40(42) 森下 愛梨 1.17 1R⑥ 9R⑤
追加 坂田 麻衣 ―― 2R④ 10R③
追加 前田 紗希 ―― 4R② 8R⑥
追加 勝浦 真帆 ―― 2R⑥ 6R⑤
追加 清水さくら ―― 2R⑤ 7R⑥
帰郷 橋谷田佳織 
帰郷 池田 明美 
(※赤字はA1級、青字はA2級。
 ■は待機行動違反、◆は不良航法、▼は失格で減点あり)



終わってみれば前日得点率1~12位の選手が
そのまま準優切符を掴む格好に。
13位以下からの逆転は起こりませんでした。



三浦永理選手は4コース抜きとイン逃げで今日2連勝
イン戦の連勝は22まで伸ばしています。


1・6・3・3・1・1・1着で予選5位に入り、
明日は準優12Rに3号艇で登場。


前節の多摩川オールレディースに続く
2節連続Vへ望みをつなぐのか注目です。



大瀧明日香選手は2コースまくりとイン逃げで今日2連勝
これで4・2・2・4・1・1着とし、
前日得点率12位の崖っぷちから6位まで上がってきました。


今節手にしたモーターは2連対率1位の17号機。
14節走って8優出3Vをマークしているエース機が、
いよいよ本格的にパワー全開でしょうか。


明日は準優11Rに3号艇で登場。


大瀧選手といえば当地5優出2Vの実績を誇る江戸川巧者。
当地3節連続優出と、当地女子レース6節連続優出がかかります。



日高逸子選手は今日5着2着でポイントダウンし、
前日得点率2位から7位まで後退。
明日は準優11Rの4号艇となりました。


初日にリング3本を交換し、今日もリング1本を交換と
まだまだ機力の劣勢は否めないところですが、
勝負どころでどんな走りを見せるのか目が離せません。


江戸川初Vを飾って全場制覇へ王手をかけるためにも、
まずは明日優出切符を手にしたいところです。



千葉真弥選手が1・2・5・1・2・3着で堂々の予選9位
明日は準優12Rの5号艇となりました。


日頃は体重47~8キロあたりで走ってる千葉選手ですが、
今日は46.5キロまで落として今年初めてオレンジベストを着用。
気合も高まってきている印象です。


15年5月の芦屋男女ダブル戦と
今年5月の住之江男女ダブル戦に続く
通算3回目の優出を狙います。






というわけで準優勝戦のメンバーが決まりました。
(※カッコ内の順位は女子賞金ランキング)


【準優11R出走表】
①岸  恵子 (18位、優出69回、優勝9回)
②岩崎 芳美 (54位、優出113回、優勝20回、江戸川1V)
③大瀧明日香 (20位、優出84回、優勝5回、江戸川2V)
④日高 逸子 (15位、優出325回、優勝72回)
⑤片岡 恵里 (62位、優出34回、優勝4回)
⑥笠野友紀恵 (116位、優出6回)


【準優12R出走表】
①佐々木裕美 (39位、優出61回、優勝5回)
②田口 節子 (12位、優出154回、優勝50回、江戸川1V)
③三浦 永理 (14位、優出112回、優勝33回)
④香川 素子 (35位、優出90回、優勝13回)
⑤千葉 真弥 (82位、優出2回)
⑥武藤 綾子 (72位、優出39回、優勝3回)


オールレディースでは全場唯一の準優2個レース制となる江戸川。


過去3大会の準優での3連単出目を振り返ると、
14年度は①②⑥、③①④、
15年度は①③④、③⑥①、
16年度は①③②、①②③。


③が1着2本、2着2本、3着1本の活躍ぶり。
明日も赤いカポックがカギを握ってくるのでしょうか。






【'17 女子賞金ランキング】 (10/12現在)
(※カッコ内は10月中の出場予定。
 略称はA:オールレディース、W:男女ダブル戦)

1 小野 生奈 33,844,000円 (10/14~尼崎、10/24~三国W)
2 長嶋 万記 32,310,500円 (10/14~桐生GⅠ、10/24~平和島SG)
3 遠藤 エミ 30,128,500円 (10/14~桐生GⅠ、10/24~平和島SG)
4 寺田 千恵 25,586,400円 (10/24~平和島SG)
5 松本 晶恵 25,579,000円 (10/14~桐生GⅠ、10/30~唐津A)
6 山川美由紀 24,461,500円 (10/18~常滑A、10/30~鳴門W)
7 細川 裕子 24,051,000円 (10/18~常滑A、10/30~唐津A)
8 川野 芽唯 23,253,840円 (10/18~常滑A、10/30~唐津A)
9 平高 奈菜 22,852,900円☆(10/8~住之江、10/18~常滑A、10/30~唐津A)
10 海野ゆかり 22,539,500円★(10/9~江戸川A、10/18~常滑A)
11 樋口由加里 21,733,900円☆(10/12~福岡、10/24~三国W)
12↑田口 節子 21,123,200円★(10/9~江戸川A、10/24~平和島SG)
―――――――――――クイーンズクライマックスボーダー―――――――――――
13↓中谷 朋子▼21,095,900円 (※チャレカF休み)
14 三浦 永理 20,728,340円★(10/9~江戸川A、10/18~常滑A)
15 日高 逸子 19,943,400円★(10/9~江戸川A、10/24~三国W)
16 竹井 奈美 19,010,000円 (10/24~三国W)
17 山下 友貴 18,380,900円 (10/20~下関)
18 岸  恵子 18,328,500円★(10/9~江戸川A、10/18~常滑A、10/30~鳴門W)
19 谷川 里江 18,265,200円☆(10/8~住之江、10/18~常滑A、10/30~唐津A)
20 大瀧明日香 18,259,000円★(10/9~江戸川A、10/18~常滑A、10/30~唐津A)
21 守屋 美穂 17,642,000円 (10/18~常滑A)
―――――――――――レディースチャレンジカップボーダー――――――――――
22 今井 美亜▼17,626,500円 (※チャレカF休み)
23 落合 直子▼17,470,670円
24 藤崎小百合▼17,247,500円
25 五反田 忍 16,782,000円★(10/9~江戸川A、10/20~津、10/30~鳴門W)
26 中村 桃佳 16,660,000円☆(10/12~福岡、10/24~三国W)
27 水口 由紀 15,966,000円 (10/14~芦屋、10/24~三国W)
28↑金田 幸子 15,197,000円 (10/18~常滑A)
29↓津田 裕絵 15,186,170円 (10/20~下関、10/30~唐津A)
30↓宇野 弥生 15,179,500円 (10/14~芦屋、10/24~三国W)
(※★は今節江戸川出場メンバー。☆は他場出場中。
 昨日より順位が上がった選手は↑、下がった選手は↓。
 ▼はF休み中、▽はF休み未消化)


※レディースチャレンジカップの出場枠は上位20人ですが、
 すでにF休み確定の選手がいるため、
 現在のボーダーは21位となっています。



【F休み中の女子レーサー】
中谷 朋子▼9/19~10/18、10/24~12/22(F2、60日間)
小池 礼乃 9/19~10/18
西岡 育未 9/19~10/18
安井 瑞紀 9/23~10/22
新田 有理 9/26~10/25
西村美智子 9/28~10/27
道上 千夏 9/30~10/29
田村 美和 10/2~10/31
佐藤 享子 10/2~10/31(L)
落合 直子▼10/9~11/7
藤崎小百合▼10/9~11/7
篠木亜衣花 10/9~11/7
竹野 未華 10/9~11/7
大豆生田蒼 10/9~11/7
油浦 ゆみ 9/19~11/17(F2、60日間)
渡邉真奈美 8/31~11/28(F2、90日間)
深尾 巴恵 10/13~12/11(F2、60日間)
今井 美亜▼9/25~12/23(F2、90日間)
富樫 麗加 8/31~2/26(F3、180日間)
村上 奈穂 10/2~2/28(F3、150日間)
(※▼は女子賞金ランキング30位以内)


【F休み未消化の女子レーサー】
赤井  睦★10/15~12/13(F2、60日間)
池田 紫乃 10/24~11/22
孫崎 百世 10/24~12/22(F2、60日間)
實森 美祐 10/30~11/28
鳥居 智恵★11/5~12/4
垣内 清美 11/5~12/4
高田ひかる 11/5~12/4
寺島 美里 11/5~1/3(F2、60日間)
関野  文 11/5~12/4
高橋 淳美 11/11~12/10
角 ひとみ★11/11~2/8(F2、90日間)
福島 陽子★11/11~12/10
稲生 夏季★11/17~1/15(F2、60日間)
深見亜由美 11/17~1/15(F2、60日間)
中北  涼 11/17~12/16
西橋 奈未 11/17~12/16
(※★は今節江戸川出場メンバー)


【女子レース斡旋停止】
永井 聖美 7/29~1/28(6カ月間)




福岡一般戦(10/12~16)が今日スタート。


高田綾選手が1Rでイン逃げ、
樋口由加里選手が6Rで2コース差し、
中村桃佳選手が11Rで3コース抜きと
女子勢が3勝をあげる活躍を見せています。


(高田綾選手。写真は7/20江戸川)


児島一般戦(10/7~12)は最終日。


金田幸子選手が1Rでイン逃げを決めて
今節2勝目をマークしています。


(金田幸子選手。写真は8/18尼崎)


住之江一般戦(10/8~13)は5日目。


女子6人で争われた12Rは
平高奈菜選手がイン逃げで制しています。


(平高奈菜選手。写真は8/4芦屋)


各地の混合戦などで奮闘中の女子レーサーにも
ぜひご注目ください。

コメント(1)  |  リブログ(0)
Copyright (C) BOAT RACE BLOG All RIGHT RESERVED