世界空手連盟 事務総長事務所

世界空手連盟 事務総長事務所

世界空手連盟 事務総長の仕事や、世界の空手道情報を発信していくニューズレターです。
World Karate Federation General Secretary Office News Letter


テーマ:

 

 2019年は次の3本柱を抱負とし、空手がさらに輝かしい発展を遂げる1年となるよう、世界空手連盟194の国・地域の仲間たちと連携し、尽力していく所存です。

 

東京2020オリンピックの成功に向け、万全の準備を進める。

パリ2024オリンピック追加種目採用を実現する。

ダカール2022ユースオリンピック種目採用を実現する。

 

 パリ2024オリンピック追加種目選考は、新年早々にパリにてヒアリングが行なわれる予定です。

 また、ダカール2022ユースオリンピックについても、今年前半に具体的進展があると思われます。

 

 さて、本年のWKF行事予定は下の画像のとおりです。世界各地でプレミアリーグが7回、シリーズAが4回、ユースリーグが4回、そして隔年開催のカデット、ジュニア&U21世界大会が南米チリで予定されています。

 

 9月にはプレミアリーグが東京で開催されますが、東京オリンピックの成功を占う行事と位置付けており、また、大会翌日には東京オリンピック組織委員会により「テストイベント」(空手競技のリハーサル)が実施されます。

 

 すべての行事が成功を収め、素晴らしい1年になりますよう、本年もよろしくお願いいたします。

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス