当たり前に認識している自分

テーマ:

WK-Pでございます。<(_ _)>  
ご覧いただきありがとうございますっ
ヽ(●´∀`)人(´∀`●)ノ




昨日の話…意味不だったでしょ?(°∇°;)
自分が過去にいる!?だなんて
そんなの納得いく訳ねーだろ!(`Д´)
だって”今”まさに”ここ”に居るじゃないか?
…ってね。σ(^◇^;)

まぁ…仕方ないと思いますよ。
自分というものが記憶によって作られてる
なんて…話が飛びすぎですもん。(笑)
( ̄∇ ̄)

でもね、想像してみて下さい。
もし記憶が全くなかったとしたら
あなたはあなたであることができますか?
何一つ記憶できないとしたら
あなたはあなたを保つことができますか?
やはり我々は記憶に頼ることでしか
自分を認識することができないのです。
( ̄○ ̄)

仮にあなたが
こんな人間でこんな人生を歩んできたんだと
周りからいくら力説されたとしても
あなた自身にその記憶がなければ
あなたは”周りの人が認識してるあなた”
には決してなれないでしょう。
過去のあなたを証明する記録や映像を
どれだけ見せられたとしても
あなたにはサッパリ響かないでしょう。
•́ω•̀)?

つまり
あなたという存在をつなぎ止めておけるのは
あなた自身の記憶だけなのです。
そして記憶とは過去でしかないのです。

だってあなたという存在を
どれだけ今に見つけようとしても
すぐに過ぎ去って捕まえられないでしょ?
つまり私たちが普段
当たり前に認識している自分とは
過去の中だけに存在するただの記憶、
幻影、幻想でしかないのです。

そんな風に捉えることはできませんかね?
ヽ(´▽`*)ゝあ~ぃ!



 

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

AD

リブログ(1)

  • ”当たり前に認識している自分”

    よーくよーく考えてみたら小学生でも分かる事実。私たちは脳の記憶、エゴのトリックに騙されているんだ。当たり前過ぎて気づかない。世界の95%が知らない事実。★★★でもね、想像してみて下さい。もし記憶が全くなかったとしたらあなたはあなたであることができますか?何一つ記憶できないとしたらあなたはあなたを保つ…

    AKANE

    2017-11-12 22:22:00

リブログ一覧を見る

コメント(2)