with U love homin 2 -LOVE TVXQ!

with U love homin 2 -LOVE TVXQ!

東方神起ホミン/ミンホ

【注意事項】
「with U ~Love homin~2」へお越しいただきありがとうございます。

こちら本家より転載記事を稀に載せるサイトでございましたが
まろり~な♪さま に素敵な壁紙を作っていただいたことにより
突発的にこっちでも書こうと思って書き始めた、18禁含むBLを扱うサイトです。
18歳未満の方、苦手な方は速やかにお帰りください。


とある有名人をネタに書いておりますが、リアルネタ含めすべて妄想です。
現実ではございません。混同しないようにお願いします。
基本ホミンサイトですが、本家同様、ミンホもありです。どっちもいけます
それもだめな人はすみませんがお帰りください。

さらに、テミンちゃんだの、ヨジャも絡めますし、ある意味なんでもありです

そのため、閲覧されるありがたいお方、自己責任でお願いします
読まれた後に苦情などをいただいても、その責は負いかねます。あらかじめご了承を。

メッセージ、コメント、たくさんありがとうございます。
コメントは承認後の反映となりますのでお待ちください。


web拍手 by FC2
 久々復活。

そのあと何がが起きてたら、ドラマなのに。

俺たちには何も起こらなかった。ユノは別の予定があって、そこへ行くと。

店を出て行ってしまった。立場上、追いかけるわけにもいかず。

こんな時間まで仕事なんてありえない。誰か相手がいるのだろうと勘繰りながら。


でも。

手元の花束を見る。花言葉なんて知らないけど。

薔薇の花束なんかもらったら、本当にプロポーズみたいだ。それこそ、ありえない。

みんなで飲んで騒いでお開き。仲間だけでキュヒョンの家に集まる。こうして飲むのも、しばらくはお預け。


「来てくれてよかったな」

「すぐ帰ったけどな」

「先輩に聞いたら明日も出張だってよ。だから本当に時間なかったんだと思う」

ミノの言葉に、キュヒョンは深く頷く。

「ユノヒョン大変だねー」

スホもうんうん頷きながら。

「支店が出来るらしくて、その準備なんだって。一応オフレコだけど」

「え」

俺たちの反応に驚いたのはスホのほうで。

あれ? って顔するスホに詰め寄る。


「俺が聞いたのはそこまでだよ。でも多分ユノヒョン、そっちの立ち上げメンバーになってると思う」

て、ことは、そうそう会えない距離になる。

「なん、でそれを早く」

スホの襟首をつかんでぶんぶん振ると、わああんごめーん、と言いながら笑ってる。

「だってさ、チャンミニヒョンがユノヒョン好きなの知ってても、そこまで好きとは思わなくて」

「好きなんだよ、悪ぃか」

「悪くないよぉ。あ、じゃあお詫びにユノヒョンが今いるところ教えますから」


今いるところ? 訝しく思いながらも。

ユノがいるホテルにタクシーを飛ばす。










ペヤング風味ばかうけ。
初めて食べました。

味はキャベツ太郎に近い(笑)

nさまいつもありがとうございます!
毎度ですな(笑)

3日ぶりの仕事というわけで
やはり疲れましたねー
でもまあ楽しかったかな

なんだかんだでもう一月半たつのですね
早いなー
今年あっという間に終わりそう。