IgG4関連疾患の記録

IgG4関連疾患の記録

難病になりました。
「IgG4関連疾患」というヤツで、リンパが全身のあちこちで腫れています。
この病気になった時、誰か同じ病気の人の体験を聞きたかったので俺が体験記を書きます。
IgG4関連疾患の中でも、リンパが腫れるって人はかなり少ないみたいだしねぇ。

教えているメインは歌で、音痴を治したい方から、プロ志望、声優志望、プロまで幅広く教えています。

プロになりたい場合、ギターやピアノも教えますし、作詞や作曲も教えます。

数は少ないですが、ウクレレも教えています。この子は5歳でウクレレを始めてウクレレ歴1年2カ月。かなり弾けるようになって来ました(^-^)


https://m.youtube.com/watch?v=7ySiHocvB1g

プロフィールに素性は書いてあるし、ネットをたどれば俺の正体なんてすぐにバレバレなので、

今更隠しても仕方ないっ…ってことで、こちらでも宣伝しちゃいます。

 

8/18~、YouTubeチャンネルを始めました。

「ゼロから始めるギター弾き語り講座」です。

 

ボイストレーナー、ギター講師として20数年…

まったくギターを触ったことがない、超初心者さんを何人もちゃんと弾けるようにして来ました。

そのノウハウをYouTubeで公開です。

 

レッスン0

 その0:ギターの種類。どんなギターを買えばよいのか?

 その1:ピックの持ち方、コード図の見方

 

レッスン1

 その0:なぜ1曲目は「ヒカリへ」なのか?

 その1:「ヒカリへ」弾き語り見本

 その2:「ヒカリへ」ゆっくり解説。一緒に練習。

 

番外編

 「ヒカリへ」ギター伴奏

 「紅蓮華」ギター伴奏と簡単アレンジの解説。

 「紅蓮華」を小2~中2の生徒さん4人に歌ってもらった。

 「紅蓮華」を小6の女の子がギターを弾いて歌ってみた。

 

現在、上記の9本の動画がアップされています。

 

興味があったら、観てみてください。(顔出しは恥ずかしいですが…。。。)

Googleアカウント(gmailなど)を持っている人は、チャンネル登録も是非お願いします!!

 

めざせ!チャンネル登録1000人!!

 

「ゼロから始めるギター弾き語り講座」

https://www.youtube.com/channel/UChGDiqGaXsXrlDYg8jzHlsg/

さて、昨日の検診でわかった衝撃の事実とは…

 

さかのぼること30数年…

俺が高校生の時でした。

 

その時俺は、ある運動部に入っていて、

その部はインターハイ出場の常連で、俺は一応エース…

毎日部活に明け暮れていました。

 

その部活の中で、俺は飛びぬけて「汗っかき」でした。

…というか、汗のかき方が友達と違うのです。

 

みんなは頭や顔、首、胸、背中…そして腕、脚と均等に汗をかいている感じなのですが、

俺は腕と脚からはまったく汗が出ない…!!

その代わりに、頭、顔、首、胸、背中はビッチョリなんです。

特に頭と顔は人の倍以上の汗が出てる感じになります。

 

「おー、すげぇ!腕から玉のような汗!」と友達は見せてくるのですが、

俺は腕からはまったく汗が出ない…。。。

「なんでだろう?不便だなぁ…。」とは思っていました。

 

それから20年数年経って、45歳くらいの時かなぁ…

テレビで、「働かなくなった汗腺を復活させよう!」みたいな番組を観たんです。

番組によると、腕や脚の汗腺が休眠してしまって、腕や脚から汗をかけない人が結構いるんだそうで、

その汗腺を復活させる方法をやってたんです。

全身から汗をかける人は、すぐに体温を下げることができるけど、

腕、脚といった、広い面積から汗をかけない人は、その分、他の場所の汗腺が頑張るものの、

体温を下げるのが遅く、熱中症のリスクが高くなると言っていました。

 

確かに他の人よりなかなか汗が止まらなくて、

「暑い…。。。頭がボーっとする。。。」って時はあるんです。

「おー、俺はまさにこれなんだ!!」と思い、その汗腺を復活させる方法をやってみました。

 

その方法とは、足湯を毎日20分、2週間毎日やる…との事でした。

そうすると、だんだん腕や脚の汗腺が働くようになって、玉のような汗も出るようになるし、

その事で、体温をさげるのも早くなるというのです。

 

やりました。

…が2週間経っても、腕や脚から汗が出ている気がしません。

もう少し続けてみるか…と、毎日足湯を続け、

気づけば半年、毎日20分足湯をしました。

しかし、腕や脚から汗がしっかりと出ることはありませんでした…。。。

 

そこで一旦話は終わっていたのですが、

昨日の検診で、ふとしたことから、

「先生…俺、腕や脚からまったく汗が出なくて、一度体温が上がるとなかなか下がらなくて、

時には頭がボーっとしてしまったりするんですけど、汗腺の検査って

専門の病院や汗腺科みたいなのってあるんですか?」と聞いたんです。

 

すると先生が、

「あー、そうですかぁ。実はIgG4で汗腺が一部働かなくなるっていう症状があるんですよ。」

 

「えーっ!?そ、そうなんですかぁ?」

 

知らなかったぁ、そんな症状があるとは…。。。

 

…で先生に聞いたところによると、

IgG4関連で一度汗腺が休眠してしまうと、それを復活させるのは難しく、

現段階では、それをしっかり調べる専門機関もないとの事。

しっかり調べて、休眠してるね…ってわかったところで改善できる方法もないので、

しっかり調べる機関すらない感じらしい。

 

なので対象法としては、

自分が他の人より熱中症になりやすいことを自覚し、冷房をしっかり使うこと。

冷房がない環境では、冷えたジュースの脇の下にはさんだり、

ミストと扇風機を併用したりして、体温を上げ過ぎないように努力すること。

そんなことしかないらしい。

 

2015年にリンパがあちこち腫れて、IgG4になったと思っていたけど、

実は1984年にはもう汗腺が動いてなかったから、

もしかしたらその時から、IgG4は気づかぬうちに俺の体の中で活動していたのかもしれない。

 

なんか、衝撃の事実だった。。。

 

でもまぁスッキリしたかな。

腕と脚から汗が出ない理由はわかったし、対象方法は今までやってたことで、あってたし!

 

治せないっていうのは、まぁ残念ではあるけどね。。。