ペルシア絨毯展での装い

どことなくペルシアっぽくしてみました。

 

【2月20日の装い】東京◇晴れ(湿度32%) / 最低気温3℃ 最高気温12℃

 

先日シルクラブで開催された「菊地信子コレクション展」で譲っていただいた菊地信子さんの結城紬をシルクラブで着る。これも里帰り〜♪ しかも寛いでるし^^

花と亀甲模様がどことなくオリエンタルな絣文様の結城紬です。

帯〆は中村正の四段綾竹組の耳付きぼかし。

image

ペルシアといえば、砂漠にオアシス

樹下双獣文の駱駝の染め帯をコーディネート

 

ジャマン•ピュエッシュのビーズのバッグ

 

花緒は志村ふくみさんのお弟子さん(お名前がわからず)が織られた紬の裂地。

花緒制作と台は菱屋カレンブロッソ。

 

「甦る ミーリー工房の傑作 手紡ぎ•草木染め ペルシア絨毯展」シルクラブにて (〜 2月25日まで)

 

素敵なカフェもあります!

 

手紡ぎの羊毛の草木染めのタッセルが、七夕のようでもあり、不思議な空間です。

 

。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

 

 Facebookページに「いいね!」をくださる皆さまありがとうございます。

相互交流までの余裕がなく心苦しく思いますが、励みになっております。
皆さまの寛容さと染織に対する好奇心が私の原動力です♡

 

「きものカンタービレ♪」のFacebookページ矢印