Windyの気まぐれ山歩

Windyの気まぐれ山歩

 山歩きのはなし

 

5時前に起きて 小屋の東側の高台に上がり 日の出を待つ

そんなに気温は低くはないが じっとしていると寒い

団体さんは4時起きで 剣ヶ峰に向かっていた

 

空木岳の奥に富士山 その右に塩見岳

 

浅間山

 

5:29権現岳の北あたりから日の出

 

秩父山地の手前の雲海に日が射すのがいい感じ

 

北アルプス

前日より雲海が下がって 山並みが良く見える

 

雲海が黄金色に輝く

 

テレビ信州が取材に来ていた

以前船窪小屋に泊まった時にも来ていた

日の出を眺めている様子が撮られていると思うが ローカル番組での放送なので 見ることはできない

 

二ノ池がきれいだったので

 

 6時からの朝食を済ませ ザックを小屋に置かせてもらい お池巡りに向かう

 

白竜避難小屋まで来て振り返る

 

白山

 

摩利支天乗越から北方向

 

五ノ池

池の水は少しだけ

 

五ノ池山荘

ここから三ノ池へ向かう

 

水は冷たい

 

北岳肩の小屋の屋根が光って見える

中央アルプスの山腹にも光の点があるが 何かはわからない

 

三ノ池を回り込む

 

四ノ池へ下る

 

ホシガラスがハイマツの実をくわえて飛んでいく

 

イワヒバリ

 

継子岳Ⅱ峰

ここへの登りは急だった

 

四ノ池越しの剣ヶ峰

 

継子岳へ向かう

この先はコマクサの群生地らしいが

 

今はトウヤクリンドウが咲いているだけ

 

継子岳山頂

 

薬師 黒部五郎 笠 立山 水晶 鷲羽

 

乗鞍 槍 奥穂 前穂

 

剣ヶ峰方向

 

中央奥は伊吹山かな

 

絶好の好天になった

どの山に登った人も展望を楽しめたことだろう

 

 五ノ池まで戻り 妻はトラバースルートで白竜避難小屋へ向かい 自分は摩利支天山へ向かう

 摩利支天乗越からは尾根の南側を通った

 

摩利支天山山頂

 

復路は 尾根に踏み跡があったので辿ってみた

 

 二ノ池山荘に戻り 11:02下山開始

 剣ヶ峰へは列ができている

 下りでは ガスが湧いてきた

 前日より はるかに多い人が登って来ていて すれ違うのに何度も待った

 

 八合目女人堂で中華そば(インスタントラーメン)¥800を食べた

 ここを過ぎると すれ違う人も減った

 登山口には 13:38着

 

 天気が良かったこともあるが 素晴らしい天空ウオークができた

 

 

大妻籠の民宿つたむらや

青いシャツの男性が主人

 

 大妻籠は 妻籠から馬籠寄りにある小さな宿場

 宿泊者は外国人も多かった

 

夕食は どぶろくも含めて ほぼ自家産

 

 テレビもないので 早めに寝た

 ここ数年妻と夏山遠征に行っているが この夏は休日が合わず 9月の連休でやっと行けることになった

 あまり遠くへは行けないので 御嶽山へ行くことにした

 御嶽山は2006年の10月末に 田ノ原から日帰りして以来

 田ノ原で車中泊したが 氷点下まで下がり寒かったのが記憶にある

 

 屏風山PAで車中泊し 中の湯登山口へ向かう

 登山口の駐車場は満車だった

 

中の湯登山口9:02発

 

よく整備された木段を延々と登っていく

 

この休憩所は休業中

 

ロープウェイ乗り場への分岐

 

七合目行場山荘

 

八合目女人堂

 

イワギキョウ

 

信仰の山らしい石碑がたくさんある

 

シラタマノキ

 

八合五尺あたり

山頂付近にはガスがかかっている

妻が貧血気味ということで 少し長めの休憩をとった

 

傾斜も急になったので ゆっくり上っているとガスが晴れてきた

 

石室山荘

 

剣ヶ峰は後に登ることにして 宿泊場所である二ノ池山荘へ向かう

山荘には13:18着

 

今年建て替えられたばかりで新しい

ここは寝床のある2階

 

荷物を置いて 剣ヶ峰へ向かう

 

山頂直下のシェルター

 

頂上山荘は廃墟のまま

 

右に慰霊碑

 

御岳神社奥宮

妻にとっては 3年前の槍ヶ岳以来2座目の三千メートル峰

 

2006年の写真

思ったよりも変わっていなかった

 

一等三角点

 

一ノ池

 

笠ヶ岳 乗鞍岳 槍ヶ岳が雲に浮かぶ

 

 まだ時間が早いので 賽の河原のほうへ行ってみる

 

二ノ池ヒュッテ

 

白竜避難小屋の所から 三ノ池を見下ろす

 

継子岳の向こうに北アルプス

 

 白竜避難小屋の所までで引き返す

 

中央アルプス

空木岳の奥に富士山が見える

 

夕食は18時から

 

夕飯中に日没になった

白山のシルエットと雲海

 

十六夜の月が昇ってきた

この日が満月

 

 8人部屋で 布団は1人1枚だった

 定員以上は泊めないことにしているのだろうか

 発電機が動いている時は手洗い水が出るが 飲み水は500ml500円だった

 スマホも何台か充電できるようだが 早い者勝ちだった

 国道19号を木曽川に沿って上っていると いつも田立の滝が気になっていた

 今日 やっと行くことができた

 

 大妻籠の民宿つたむらやを出発 

 

粒栗駐車場から歩く

5台ほど駐車していた

20台くらい停められ 避難小屋 トイレ 休憩舎がある

沢から引いた水も出ていた

 

八ヶ瀬あたり

紅葉の頃はきれいだろう

 

不動岩

 

螺旋滝

遊歩道からは少し下るが 見る価値はある

 

霧ヶ滝

 

今にも落ちそうな旧橋

 

主瀑 天河滝

ミストが気持ちいい

 

振り返ると恵那山

 

つり橋を渡ると

 

不動滝

 

不動滝の下まで行ってみる

 

千鳥橋

遊歩道は全体的に良く手入れされているが 一部板が腐っていて怖い所もあった

 

不動滝の落ち口

 

龍ヶ瀬

 

 遊歩道は不動岩展望台や天然公園というところまで続いているらしいが 遅くなるので龍ヶ瀬までで来た道を引き返した

 往復で2時間40分ほどかかった

 車は10台ほど駐車していた

 

 

車で少し下った脇道にある うるう滝

駐車場所からは近い

 

 どの滝も見応えがあった

 この後 道の駅賤母で昼食を食べて 帰路に着いた

 夜中に空を見ると 満天とは言わないまでも 星が見えた

 明け方になると わずかに風は弱くなった

 気温は10℃ほどで 2900m近い割にはさほど寒くはなかった

 

日の出前

ガスが多かったが テントから目の前に富士山が見える素晴らしいロケーション

 

5:15日の出

 

 

山頂へ行って農鳥岳方向

 

影広河内岳

 

テントはあそこ

結局フライシートは張ら(れ)なかった

 

蝙蝠尾根方向

 

富士山も風が強いんだろうな

 

前日歩いた稜線

 

 テントを撤収して 6時ちょうどに広河内岳を出発

 

広河内岳を振り返る

 

大門沢下降地点

 

 荷物をデポして 農鳥岳に向かう

 

この辺りは花が多かったところ

 

チングルマ

 

 農鳥山荘に泊った人とすれ違うようになる

 

広河内岳

 

去年の白山で名前を覚えたミヤマコウゾリナ

 

トウヤクリンドウ

 

農鳥岳山頂

農鳥山荘でテン泊したという男性が 湯を沸かしていた

ジェットボイルなので 強風でも沸かせるのだろう

この男性とは 奈良田まで前後して降りることになる

 

西農鳥岳

 

北岳はこれが精いっぱいだった

 

鳳凰三山

 

 

 農鳥岳から下っていると ライチョウ親子がいたが カメラを出している間にハイマツに中に入って行ってしまった

 今回の山行で3度も見られるとは思わなかった

 

代わりにホシガラス

 

 大門沢下降地点まで戻り パンを1個食べて7:38下降開始

 

ウメバチソウの季節

 

シモツケソウ

 

橋が流されている

 

橋が埋まっている

 

大門沢小屋前で パンを1個食べる

 

がっちりした橋

 

大門沢小屋からの下りは いい雰囲気の所が多い

 

橋が無いが水没することなく渡れた

 

かずら橋より揺れる

 

この橋ができれば便利になる

 

 12:04奈良田着

 下りは足に来たが いい山歩きができた

 この後 奈良田の里温泉で汗を流し 昼食を食べて 車でぶらぶらしながら七面山へ向かった

 新幹線建設のため 平日はダンプが多い

 奈良田までは 今年の3月に中部横断自動車道が富沢ICまで開通して 少し便利になった

 

 北アルプスを予定していたが てんくら予報がCだったので Bの南アルプスにした

 3年前広河内岳に寄った時に 「ここから南へ延びる県境尾根もいずれは歩いてみたくなった」と書いていたが  今回広河内岳から笹山の稜線を歩いてみることにした

 どちら周りにするかは前夜まで考えたが 厳しそうなところを先にということで 右回りにした

 1日で回るには時間がかかるので 稜線のどこかでテン泊するつもりだった

 

 奈良田のバス停横で車中泊し 9月1日5:27出発

 水は5リットル持って上がった

 

奈良田湖に架かるつり橋を渡る

 

長いがそんなに揺れない

 

登山道に入ると 送水管の上までは管理のための手すりが付けてある

初めは急で 大汗をかいた

 

いい感じの登山道

 

1603P

休憩してパンを食べていると 笹山ピストンという男性が抜いて行った

もう少し上でトレラン男性1人にも抜かれた

 

樹林帯を歩くのであまり展望はないが 時折見える

農鳥岳

 

鳳凰三山

 

秩父山地

 

2256P

 

庭園の散策路のよう

 

2560Pあたりから山頂方向

 

 このあたりで 夫婦と思われる2人が休んでいた

 稜線は風が強いので 縦走は止めて撤退したとのことだった

 笹山ピストンの男性も 稜線は風が強いと言っていた

 

笹山三角点峰11:13着

三角点を探したが見当たらなかった

小広いが周りに木があるので あまり展望はない

風もそれほど強くなかった

笹山までの登山道は 特に迷うようなところはなかったが 木にザックが挟まるようなところがあった

ここから伝付峠に向けて踏み跡はあるが 難路とのことなので歩くことは無いかな

 

 パンを食べて笹山北峰へ向かう

 

笹山北峰は360度の展望

西風がそれなりに強い

向こうの山は 2年前に歩いた蝙蝠岳 塩見岳

 

左に笊ヶ岳 右に荒川岳

 

東に雲をかぶった富士山

 

山頂の雲が取れた塩見岳

 

ハイマツが覆いかぶさり 根っこで歩きにくい

 

南アルプスは2700mあたりが森林限界で このあたりからは高木が無くなる

 

ウラシマツツジが赤くなり始め

 

楽しい岩稜歩きもある

 

白河内岳への登りで4羽のライチョウ親子

 

 白河内岳山頂手前で 北岳山荘からの単独男性とすれ違う

 農鳥岳まではすごい風とのことだった

 

白河内岳山頂

ここも360度の展望

風がそれなりに強くなった

 

広河内岳 農鳥岳方向

 

北アルプス遠望

 

コゴメグサとイワツメクサ

 

大籠岳山頂は緩いピーク

 

少し歩いて 池ノ沢池を見下ろす

あそこを歩くことはあるのだろうか

 

広河内岳への登り

 

広河内岳2895m山頂14:40着

ガスで展望は無くなった

 

 どこでテン泊するか考えながら歩いていたが 時間的に早かったので広河内岳まで来てしまった

 山頂のすぐ手前に 1張り分の石で囲まれたテン場があったので そこにテントを張ることにした

 風は相変わらず強いので テントを張るのに苦労した

 フライシートは張らなかった 

 

夕食を作っていると ライチョウ親子がテントの前に現れた

 

 このあとガスは晴れず 日の入りは見られなかった

 風はずっと強く 中に居ないとテントが飛んでいきそうなくらいの突風も吹いた

 

 山と渓谷の8月号には この稜線は迷いやすいというようなことを書いていたが 随所にテープやマークがあった

 山梨県早川町羽衣の七面山登山口で 車中泊

 

春木川の対岸にある白糸の滝

落差があり 地面からだと落ち口と滝つぼが同時に入らない

 

9月3日

元(一)丁目(前日撮影)5:22発

日の出時刻は過ぎているが 曇りで林の中なので 本当は薄暗い

暗いうちから出発していた人も 何人かいた

 

二丁目神力坊(帰路で撮影)

 

 延々と杉並木の中を登っていく

 気温は23℃位だが 湿度が高く 山行3日目なのでペースが上がらない

 登拝道はよく整備されている

 

一丁目ごとに石灯篭が据えられている

県外の人の寄進が多く 宍粟市の人のもあった

 

十三丁目肝心坊

 

二十三丁目中適坊

 

途中唯一の展望地

下に見えるのは 身延山の北側登山口の赤沢集落

 

三十六丁目晴雲坊

先日の「ポツンと一軒家」で紹介されたところ

平日は開いていない

このあたりから霧が出てきた

 

四十六丁目和光門

 

今の灯篭は平成11年に設置されたもので 古い灯篭が和光門の前後に並べられている

 

鐘楼

右手の門から境内に入っていった

 

敬慎院境内

着いた時には晴れてきた

 

五十丁目敬慎院7:55着

七面山の山頂付近は 身延山久遠寺の所有で 身延町の飛び地になっているとのこと

 

回廊の奥に一の池がある

神秘的

 

四十九丁目随身門

こちらからが順路だった

 

御来光遥拝所からは 富士山の頭が少し見えただけ

 

荷揚げ用ケーブルの終点の所にシカがいた

 

シラビソの林を抜けていく

 

七面山三角点1983.1m8:48着

最高地点は1989mでもう少し先

石鎚山より高い

元丁目の標高は510mほどなので 標高差が1500m近くある

 

 下りではまたガスってきた

 平日だがそれなりに登ってくる人がいた

 元丁目には11:06着

 

 この後 裏参道入口の角瀬地区にある 南アルプスプラザで昼食を食べ 俵屋旅館で汗を流して帰路に着いた

 やまんばーばさん ちづ山さんのホームグラウンドへ

 はせっちさんも行かれているのを見て 急遽行くことにした

 

 どういうルートで歩こうか考えた結果 積雪期に歩いてみようかと思っていた 芦津発電所からとした

 

8:52出発

珍しくクマよけのため ベルを付けた

 

ずるして 送水管脇の階段を使う

 

階段はサージタンクの所まで

 

770m付近の智頭町が設置した地籍図根三角点

尾根には地籍調査の杭が続いており 踏み跡もある

 

植物の力はすごい

 

928.9三角点 点名:岸上で振り返る

登りではかなり汗をかいた

ここまでで そんなに古くはないクマの糞も2箇所あった

 

歩き易くきれいな尾根

 

ここにも白骨樹があった

 

921Pを過ぎると右下に沢が見える

 

1074Pで振り返る

ここからは2年前に歩いている

 

胴回り3メートルほどのブナ

 

1246Pの東のピーク近くの木

 

1240Pからの東山

 

苔むす倒木

以前このあたりで たくやさんとすれ違った

 

鳴滝山(左)と1228P

 

山頂手前ピークの白骨樹

 

鳴滝山山頂12:03着

山頂手前は急坂だ

 

氷ノ山

 

扇ノ山方向

手前に弁天山 三倉富士

 

 ここで昼食を食べて引き返す

 

トンビマイタケ

1週間前なら食べごろだっただろう

 

 1074Pまで戻り かの谷へ下る

 

始めは細い流れ

 

左を降りてきた

 

3段の小滝

 

土石流跡

 

右岸に石垣がある

古い道の跡だろう

 

林道に出て振り返る

沢では何度か滑ったが 下りでもさほど難しくはなかった

 

お目当ての夏の妖精

 

アップで

もう終盤だが 花の無いのも含めると30株くらいはあったと思う

 

 林道に1台停まっていたが 誰とも遇うことは無かった

 駐車場所には15:26着

 近ければ 何度でも来たい山域だ

 いつものように 愛の泉駐車場から出発

 

上乢

トレラン大会の道標がまだ残っている

 

ロープやテープもそのままだった

こんな団体に自然公園内でのトレラン大会の開催を許可してもらいたくない

どこに言ったら撤去してもらえるのだろう

 

アカゲラ

 

案の定 木が踏まれて地面が見えるようになっていた

 

後山山頂

 

氷ノ山 三室山方向

扇ノ山は見えたが あまり遠望は効かなかった 

 

駒の尾山山頂

遇ったのは稜線で3人だけだった

ここで昼食

 

 林道に降りてから いつもは駒ノ旺山荘経由だが 久しぶりに林道を経由してみた

 

 登りではかなり汗をかいたが 木陰なので暑さはあまり感じなかった

 稜線上は快適だった

 少し秋に近づいたのかな

 

 

 図書館で 林将之著「葉っぱはなぜこんな形なのか?」(講談社)を借りて読んでみた

 一番印象に残った文章は

 「人間は、自らが生き残るために、紅葉や自然の色を美しいと感じる本能と感性を備えている。」
 「自然の色を美しいと感じなければ、緑萌える森林も、青々とした海も、澄み切った青空も、人類はもっと早くに破壊して、とっくに自滅していたかもしれない。」

 だった

 もちろん 自然の色を美しいと思わない人もいるだろう

 そういう人が 自然を壊しているのかな

 ちなみに 葉っぱがいろんな形をしているのは 基本的には効率的に光合成を行うためと気候への対応ということのようだ

 一向平キャンプ場駐車場で車中泊し 5:08出発

 気温は22℃ほど

 靴は新しいジョギングシューズ

 飲み物は3リットル持って行った

 

 車は他に2台停まっており 出発の準備をしていると 1台やって来た

 釣りに行くそうだ

 

 アブとブトがわんさか襲ってきたので 防虫ネットを着けて歩いた

 腕にはアームカバーを付けている

 

 大休峠には5人の男性の若者がいた

 時刻は7時前なので ここに泊まったのだろうか

 

親指ピーク手前のピークから

 

親指ピークからのピナクル

 

親指ピークを振り返る

 

足元にホソバヤマハハコとダイセンオトギリ

 

少し歩いてソバナと三鈷峰

 

振子山で 宝珠尾根からの単独男性とすれ違う

 

ここでパンを食べて 出発しようとザックをよけるとマムシと目が合った

少なくとも2匹はいた

危ないところだった

そういえば 大休口からここまでで そんなに古くはないクマの糞が4つあった

 

東谷

 

象ヶ鼻下のポールの所

さすがにお花畑はピークを過ぎている

 

イヨフウロ

 

シモツケソウ

 

槍尾根を歩く人

 

振子沢へ下る途中で

 

ナンゴククガイソウ

 

コオニユリのつぼみ

 

 振子沢では男性2人組とすれ違った

 夏の振子沢は相変わらずブッシュがすごい

 もう夏には歩きたくない

 

地獄谷に出たところ

 

夫婦滝

 

烏滝

 

ヒキガエル

 

このゴルジュは右岸を巻いた

 

堰き止め池跡

 

池ノ平奥

 

池ノ平で朝会った人が釣りをしていた

釣れないと言っていた

沢歩きをする人と遇うかと思ったが いなかった

 

崩落場所

 

野田滝

 

地獄谷を歩くのは 昨年の11月以来だが 谷の状況はあまり変わっていなかった

 

ここの堰堤は 初めて中央突破をしてみた

腰まで浸かり ウエストポーチとカメラが濡れた

 

 6号堰堤に着いて その下流に行ったことがなかったので行ってみた

 

6分ほど歩くと滝になっていて進めなかった

たぶん左岸まで堰堤があったのだろう

 

オブジェ

 

 6号堰堤の所から 川床道へ上がり 一向平まで戻った

 

大山滝

 

 駐車場には13:17着

 30℃を超えていた

 飲み物はほとんど無くなっていた

 

 寝床は 薄い毛布が2枚と寝袋で硬くて熟睡できなかった

 枕も無かった

 

地蔵岳に雲がかかる

 

すっきりではないが池山吊尾根の向こうに富士山

 

 

小太郎尾根分岐

ここから小太郎山まで往復する

小太郎山の奥に甲斐駒が見える

 

 小太郎尾根は踏み跡はしっかりしている

 途中からハイマツやシャクナゲが茂り ちょっとした岩場もあった

 

ハイマツの中にシャクナゲがたくさん咲いていた

 

前小太郎山から北岳を見る

雲がかかり始めていた

 

ということで 問題その2の答えは 小太郎山からの北岳 でした

分岐からちょうど1時間

北岳山頂に雲がかかって 少し残念

 

 男性が1人先着していた

 ハーフパンツにタイツだったので 露で靴の中がびしょぬれだった

 

仙丈ヶ岳

 

前日歩いた尾根を見る

 

 62分で分岐まで戻る

 小太郎尾根で逢ったのは他に 単独女性1人と3人組だけだった

 

分岐の下はお花畑だった

 

グンナイフウロ

 

 

テガタチドリ

 

ウサギギク

 

タカネコゴメグサ

 

ハクサンフウロ

 

二俣へ下る途中で稜線を見上げる

 

大樺沢

 

ミヤマハナシノブ

 

二俣ではたくさんの人が休憩していた

雪はここで切れていた

 

 ここからは数えきれない人とすれ違った

 

 初めて北岳に登ったのは 17年前に大樺沢から八本歯のコルを経由してだった

 長かったという印象しか残っていない

 

何度か沢を渡りながら下っていく

右の男性のいでたちは渋い

 

登山道を水が流れている

 

シモツケソウ

 

 10:24広河原山荘着

 ほぼ計画どおりに歩け 満足満足

 

昼食の営業は11時からなので 少し待ってベジタブルカレー¥1,200を食べた

もう少し量が欲しい

 

つり橋を渡ってバス乗り場へ向かう

 

 バスは 広河原12:30発 北沢峠12:55着 北沢峠13:10発 仙流荘13:55着

 この日も 雷雨があり 仙流荘に着いた頃は土砂降りだった

 仙流荘で温泉に浸かり 自転車を回収して帰路に着いた