●11月公演「黄昏川を渡る舟 –甘寧と凌統–」の上演における、
新型コロナウィルスへの対策と運営側の方針に関して

(2021年10月05日更新)


ワイルドバンチ演劇団では、2021年11月3日〜7日に、
第5回公演
「黄昏川を渡る舟 –甘寧と凌統–」の上演を予定しております。

公演詳細はこちら!




2021年8月現在、新型コロナウィルスは、より感染力の高い変異株の登場も相まって、
感染状況はさらに拡大を続けております。
劇団側でも随時対策を検討・強化して参りますので、
ご観劇のお客様方におかれましても、
ご協力のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。


【現時点での具体的な対策】
 
・劇場空間での開演前・休憩中・終演後の換気を徹底する
・本番での舞台面から観客席までの距離を2m確保し、ゆとりある空間づくりを心掛ける
(増席した場合、最前列のみフェイスシールド着用必須)
・出演者及びスタッフの手洗い・うがい・消毒などを徹底する
・稽古場や劇場での出演者の検温を徹底し、毎日共有する
・アルコール消毒液を用意し、観客及び劇場空間の除菌・殺菌を可能な限り実施する
・団体側で不織布マスクを用意し、マスク未着用のお客様に配布する
・受付開始時間を早め、観客同士の密集を避ける
・受付に飛沫防止ビニールなどを設置し、劇団スタッフもマスクの装着を徹底する
 
上記を徹底したうえで、細心の注意を払いながら上演を決行したいと考えております。
また、観客席への空気清浄機の設置なども検討しております。

今後も、お客様に安心して観劇していただける環境づくりを最後まで徹底して参りますので、
どうぞよろしくお願い致します。



【お客様へのご協力のお願い】

今回の公演では、新型コロナウィルスの感染を防止するため、
劇場の座席数を制限する可能性がございます。
そのため、ご観劇をお考えくださっているお客様は、お早めにご予約いただけますと幸いです。

当日ご観劇いただくお客様方には、
受付にて検温にご協力いただきます。
また、極力マスクをご着用の上お越しいただき、感染予防へのご協力をお願いいたします。
マスクをお持ちでない方には、こちらで用意したものをお渡し致しますので、観劇の際は必ずご着用ください。
また、ご希望のお客様には、フェイスシールドの貸し出しを予定しております。
特に舞台に近いお席のお客様には、こちらからご着用をお願いする可能性もございますので、ご了承いただけましたら幸いです。

また、発熱・咳・倦怠感・体の痛みや不調などの症状が少しでも見られる場合には、無理してご来場いただく必要はございません。
キャンセル料などは発生いたしませんので、くれぐれもご無理なさらないよう、よろしくお願い申し上げます。
(ご来場の際、激しい咳などの症状がある場合には、こちらで検温を実施させていただき、状況次第ではご入場をお断りする可能性がございます)

客席に着きましたら、自身の座席番号をご確認いただき、
お名前や連絡先などの情報をご登録いただく可能性がございます。
その際にご登録いただく個人情報に関しましては、
コロナウィルス関連の用途にのみ使用させていただく予定です。



【劇場での物品販売及び終演後の出演者との面会について】

・差し入れ
お客様から出演者・スタッフへの差し入れは、
受付にて一括でお預かりし、アルコール消毒などの対応を行なった上で、
その後各出演者・スタッフにお渡しする、といった方法を取る予定です。
アルコール消毒ができないものや、
不特定多数の方が触れる可能性のあるもの(スタンド花など)の差し入れは、
残念ながら受け取れませんので、ご了承ください。

※小ぶりのアレンジメントフラワーなど、
出演者に直接渡す、楽屋でのみ飾るものに関しては、
受付可能となります。
ご不明点があれば劇団までお問い合わせくださいませ。


・出演者との面会
終演後の面会は、基本的に不可とさせていただきます。
感染予防・拡大防止のため、ご理解とご協力のほど、よろしくお願い致します。


・物販
対策を徹底した上で実施する予定です。
本公演の上演台本や、
Tシャツ・パーカー・ステッカー、
配信映像公演「プリンシプル -空腹の判事-」のDVDなどの劇団オリジナルグッズを販売する予定です。
ぜひ終演後に物販コーナーにお立ち寄りくださいませ!
(数量限定のため、売り切れの場合はご容赦ください)



【状況の変化への対応・上演可否の判断基準に関して】

今後、コロナウィルスの影響によっては、公演の稽古期間や本番期間中に、公演の延期・中止などが検討される場合があります。
その場合、速やかにお客様にご連絡いたします。

具体的には、
・出演者及びスタッフの中の誰かが、コロナウィルス感染が疑われる症状を発症し、且つPCR検査で陽性反応が出た場合
・緊急事態宣言の延長などにより、劇場及び東京都や日本政府などから公演中止の要請があり、それが覆らない場合
・その他、出演者・スタッフ・お客様など全ての関係者の方の命に関わる問題が発生した場合や、
コロナウィルスの関係上稽古の続行が困難となった場合

以上の場合に関しては、即座に対応を検討し、
延期や中止の措置を取る可能性がございます。

上記の事態が発生しない限りは、
基本的に、対策を徹底した上で、
安全な上演に向けて粛々と準備を続けてゆく所存です。

その他、今後の状況の変化に応じて、
対策及び上演体制の変更・見直しを随時検討し、
こちらの記事を更新して参ります。


出演者・スタッフ・観客・劇場及び稽古場スタッフ含め、
関係者全員が健康な状態で無事に全日程終演できますように、
劇団側としても細心の注意をはらい、常時対策を練りながら進行して参りますので、
お客様にはご迷惑をおかけして大変恐縮ですが、
ご理解・ご協力の程、何卒よろしくお願い致します。
 
 
 
ワイルドバンチ演劇団 代表
古田 龍