横田農園

横田農園

農園日記

埼玉県吉見町の農園です。吉見いちごのほか、野菜やお米も作っている元気な農家(*^_^*) 若いスタッフもたくさん雇って夢のある楽しい農業を実践中です。
→横田農園のHPはこちら


→過去の農園日記はこちら



横田農園おすすめの新米!


すべて一等米の味にこだわったお米です。


 


「彩のかがやき」 粘りが強くもっちりの埼玉自慢の品種


 彩のかがやき2kg ¥1,000


 彩のかがやき10kg ¥3,800


 彩のかがやき20kg ¥6,800




「コシヒカリ」 炊き立てふっくら、冷めてもつやつや美味しい


 コシヒカリ2kg ¥1,100


 コシヒカリ10kg ¥4,100


 コシヒカリ20kg ¥7,500




※価格は会員特別価格(会員登録無料)です。




テーマ:

一昨日は、比企苺連の総会がありました。
(ちなみに園主は比企苺連の理事です)


出席者の顔ぶれもすごくて、

吉見町の町長他行政職員、隣町の川島町の町長他行政職員、JAの組合長他JA担い手サポート職員、全農課長、農林振興センター

等々のメンバーでした。
 

総会の後に懇談会もありました。

園主は飲めないので懇親会ではたくさん食べようと思いましたが、

上記の人たちに囲まれてしまい、食べる時間がありませんでした。・・?


みな政策に行き詰っていて、園主が次々と斬新なことを実践しているので、色々聞きたかったようです。

(以前は、あまり気にとめてもらえなかったようです(笑))

特にJAでは、担い手サポート業務が手詰まりのようで、組合長に自ら依頼されました。
担い手サポート担当長を行かせるので、相談にのってくださいと言われました。
川島町からも、当園の研修生が川島町へ新規就農者として夫婦で入ったので、感謝されましたウインク

最後に、締めの挨拶を求められました。
 

来賓の挨拶はいつも、

「農家のみなさん健康に留意されていつまでも頑張って、農業を支えてください」

が定番ですが、園主は現在61歳です。

来年から年金がもらえますが、そんな園主も農家の中では若手です。

 

5年前なら「頑張ってください」「ハイ張ります!」

という状況でしたが、今やみんな高齢化し、「頑張ってください」を受け止められる農家はいません。
 

若手の人材育成は、本当に差しせまった課題です。

今、農業地帯に農業を志す若者はいません。

 

なので当園は都会に向けて発信しています。

都会の若者を農業に引っ張ってきます。

 

園主曰く、「自分の最後の仕事としてチャレンジしてみようと思ってる」そうです。
 

最後の挨拶では、

「農業にチャレンジした若者をみんなで支え支援して下さい」と挨拶しました。

 

 

実は昨日も会議があって、地域指導農業士の総会でしたが(園主は副会長)、
埼玉県農業大学校の副校長が、

「まだ学校の生徒数が定員になっていないので、近くに農業大学校に入りたいという人がいたら伝えて下さい」

とあいさつしていました。

 

農業の担い手不足がかなり深刻なことが、いろんなところでひしひしと感じられます。

 

 

 

お米の販売

コシヒカリ、彩のかがやき販売中です。

 

いちごの販売

ギフト用苺、お得なジャム用苺販売中です。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス