おはようございます。

勇気づけ国語塾の原田たけひろです。

 

昨日は、5月の勇気づけ国語塾。

 

テーマは祝日

 

「祝」だからね、祝うってこと。

 

第1条にはこんなことが、、、

 

 

 

これね↑

 

◆自由と平和を求めてやまない

 

◆国民こぞって祝い、感謝し、又は記念する日を決め

 

 

だって。

 

だから、祝日の意味を知ることが大事。

 

そして祝おう!!

 

ボーっと

 

あー明日休みだーなんて思っている場合じゃないってことね。

 

祝日は何日あるでしょうか?

 

から始まり、

 

祝日のない月は?とか

 

スポーツの日は元々体育の日で

 

ハッピーマンデーで日にちは変わっちゃったけど、

 

体育の日は10月10日だったこととその理由。

 

保健の先生に言わせると目の日だね^^

 

 

そして今年度は、

 

あることが理由で

 

海の日、スポーツの日、山の日など、日にちが変わっていたり、

8月9日も休みになったりするとかね。

 

 

以前は、祭日ってあったけど、今は使われていない。

 

その違いは、

 

そして、

 

祝日、それぞれの意味についても紹介

 

たとえば、子どもの日

 

子どもの人格を重んじ、子どもの幸福をはかるとともに、

母に感謝する日。

 

やりました??w

 

ちなみに、5月第2日曜日の母の日、今日か!

 

明治末期くらいから始まったみたいですよ。

 

・アンナ・ジャービスという人

 

・なぜカーネーションなのか

 

ということも調べれば分かりますね。

 

 

そして、外国の祝日!

 

 

メーデーとか

 

クリスマスデー→ボクシングデーとか。

 

※ボクシングはボックスがもと。

つまり、箱。

 

この時期に箱といえば、サンタさんからプレゼント。

 

そのプレゼントの箱を開ける日ってこと。

 

祝日でお休みだからね、

 

一日中箱を開け閉めして楽しんでほしいw

 

 

 

知らなくても祝日は来ます。

 

でも知っていると、祝日が来た時の意識が変わりますね。

 

それは日常の「なんで〇〇なんだろう?」から来るのかもしれませんね。

 

子どもたちの「なんでかな?」をたくさん引き出したいですね。

 

そのためには、、、、

 

まずは

 

大人が「なんでかな?」

と思うことから始まるかもしれませんね。

 

 

大人の方のなんでは、今ぴったりですよね?

 

なんで緊急事態宣言?w

 

感染拡大防止のための宣言でしょうが、、、

 

電車の数減らした・・・なんで?

 

時短営業、なんで?

 

大型商号施設休業、なんで?

 

「本当に」拡大防止になると思いますか?

 

この辺りも子どもたちに考えてもらいました^^

 

起こっている、ちょっと先を想像する

 

 

・電車の本数を減らしたらどうなるのか?

 

・時短営業するとどうなるのか?

 

・大型商業施設が休業するとどうなるのか?

 

もーさすがですよ、子どもたち^^

 

でも、ちょっと考えればわかること。

 

 

頑張ろう1大人w

 

 

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

 

さて、

そんな勇気づけ国語塾無料体験授業受付中です。

第2、第4水曜、

第3土曜日コースはこれからこの内容なので、

もしよろしければ、無料体験授業にどうぞ!

 

ま、雰囲気は一般的な塾っぽくないのですが、

内容は他では学べないものを厳選してお届けしています^^

 

明るき、楽しい雰囲気でやっていますので

本当に気楽にどうぞ

↓↓

・。・。・。・。・。・。・。・。・

■無料体験授業■


◆対面クラス◆ 

第1土曜日コース

 

5月8日(土)

10:15ー12:00 

13:15ー15:00 

 

無料体験授業のお申し込みはこちらからお願いします。

 

◆zoomクラス◆ 

<第2・第4水曜日コース>

5月12日(水) 4月26日(水)

17時ー18時

 

◆zoomクラス◆ 

<第3土曜日コース>

5月15日(土)

16時ー18時

 

無料体験授業のお申し込みはこちらからお願いします。

 

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

 

◆4月以降の

【各種講座のご案内】

 

・マヤ暦講座

・カードリーディング講座

・学校の先生向け講座

・学校の先生向け個人コンサル

・個人セッション について

 

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

 

LINE公式アカウント

ご登録がまだ!という方はぜひ、ご登録を。

 

10秒で読める!

<先生向けゴキゲン学級経営のヒント>

 

 

 

image

・。・。・。・。・。・。・。・。・。


無料メールレター「教育に活かすアドラー心理学」

始めています。

登録しました?確認してくださいね。

全然、届かないなーって思っていたら、

登録していなかったってこと、あるみたいですよ^^

 

 

原田武敬(はらだたけひろ)

元埼玉県公立小学校教員・勇気づけ国語塾塾長(ふじみ野駅西口徒歩1分)

NPO法人勇気づけ学園代表理事

 

15年間、埼玉県公立小学校教員を経験した後、

2015年3月に退職。在職中はアドラー心理学

の理論をベースに、勇気づけの学級経営を行い、

市の教育研究会で毎年実践発表した。

2015年4月に、子どもたちのやる気を引き出し

自信をつけ、自分の考えを持ち、表現する力や心を

育てる「勇気づけ国語塾」を開校。

福岡、宮崎、京都、大阪、名古屋、千葉、神奈川、新潟等

「出張勇気づけ国語塾」「小学生版勇気づけコミュニケーション講座」

を実施。現在は、男性向け講座、学校の先生向けの講座も行っている。

知的好奇心を刺激し、ユーモアのある授業で、子どもたちがもっている

「学びたい!」「知りたい!」という気持ちを引き出す。

2017年より埼玉県川越市伊佐沼でアドラー心理学を取り入れた

NPO法人勇気づけ学園幼児部・小学部を仲間とともにスタートさせ、

子どもたちの生きる力を育てている。

 

こんばんは。

原田たけひろです。

 

朝から

スポーツ指導編でお送りしております。

 

 

武ちゃん先生ならどうしますか?

 

 

少年野球をやっている小学2年生の男の子

 

自分が上手くできる時は調子がいいけど

自分がうまく出来なかったり、

好きじゃない練習メニューになると、

ふてくされてへそを曲げて、時には泣き出します。

 

コーチが「走れー!」と言うとわざと遅く走ったりしちゃう

 

アドラー心理学視点では、

注目を得ようとしているのはわかるけど、

毎週毎回必ずこの態度なので、さすがにコーチ達もあきれちゃう。

声掛けるのもさえも嫌になっちゃっている。

 

 

ということ。

 

 

 

これはもう、、、、

やる気がないなら帰れ!!パターンだね(笑)。

 

 

さーて、どうします???

 

考えて考えてー

 

 

 

はい、では僕の考えを。

 

僕ならまず、

次回の練習前に、その子に話します。

 

 

1、事実を伝える

 

調子のいいときは、頑張っているのがよくわかるよ。(具体的に言う)

でも、こういう時の態度(ここも具体的に、でも淡々と)は、よくないと思う。

 

 

 

2、今日どうするかを決めさせる

 

今日、こういう練習をする予定だよ。

君の苦手な、イヤだなって思うのもあるけど、どうする?

 

ここで

 

やるか、やらないかを決めさせる。

 

 

◆やる場合◆

やるなら、ああいう態度はとって欲しくないんだけど、できるかな?

できるというならやってもいいけど、

途中で態度が変わっちゃったら、声をかけるから、

その時は練習をやめて見ていてね。(ここも大事)

 

 

◆やらない場合◆

やらないなら、その時間は一人で待っていてね。

(ひとりでがポイントです、誰も声もかけず、何もしない)。

ただ、やりたくなったら参加してね。

 

 

やらないと本人が決めたのだから、こちらからいろいろ声をかける必要はありませんから。責任を取らせるためにね。ま、気になるだろうけど、見守る!!

その時間、その子は何かを考えているはずですよ。その力を信じましょ^^

 

ただ、やりたくなったら参加していいよ、という道だけは残しておく

 

 

決めたことを守らせることも大事だけど、

本当に大事なことは何か?ってこと。

 

確かに決めたことを守らせるって大事。

でもそんなことは日常生活でできることだよね。

というか、やっているでしょ、学校や家でw

 

ま、野球でそれを体験させてもいいけどさ、

なんでその子は野球をやっているの?って話。

調子いい時は楽しくできるんだから好きなんじゃないのかなー。

 

だったら、

 

一番大事にしたいのは、

「野球って楽しいよ」じゃない?

 

目の前の困った行動に左右されると

大事なものが見えなくなっちゃうから、

 

時々、

 

なんでこの子は野球をやっているのかな?って

一人ひとりについて考えてみるといいかも。

 

 

また、

別の視点で見ると、

 

みんなも困っているよ、という言い方もできるね(結構あるかもねー)

言ってもいいんだけど、

ここでは逆効果な感じ。

 

なぜなら、

 

僕の行動でみんな困ってる=注目を得ている

 

 

になってしまうからね。

 

ま、この辺りの見極めは経験になっちゃうけどね。

 

 

 

◆コーチ、保護者、大人の対応◆

 

大人の共通理解は絶対に必要!!!

 

かわいそう・・・。という甘やかしが出ると意味がないので。

 

そもそも、「かわいそう」と思うこと自体が

その子に対して失礼だからね。

 

 

 

◆他の子への説明◆

 

みんなもわかっていると思うけど(←このフレーズ重要)

〇〇くんは、こういうときに、態度が悪くなっちゃうでしょ?

うまくできなかったり、ヤダなって思ったりするとそうなっちゃうみたいだよ。

 

でも、みんなの中にもイヤだなとか苦手だな、って思っている子もいるよね?

だけど、頑張っている子もいると思うよ。

 

だから、頑張っている子を応援したいから、

〇〇くんには、こういう話をしてあるよ(最初の話をする)。

 

もし、みんなの中でも同じようにしてほしい人がいたら言ってね!(←これも大事)

 

 

という感じかなー。

 

 

いろいろ解説し出したらキリがないから。

フレーズ重要とかこれ大事、とか書いているけどね。

ま、考えてみてねw

僕が何を意図してその言葉を使っているかを・・・。

 

 

あたかも、

僕が野球の指導をしているように書いていますが、

一切していません。。。

 

でも、できるかもねw

 

 

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

 

LINE公式アカウント

10秒で読める!

<先生向けゴキゲン学級経営のヒント>

 

10秒で読める!

<先生向けゴキゲン学級経営のヒント>

 

 

 

 

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

 

無料メールレター「教育に活かすアドラー心理学」

 

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

 

 

 

原田武敬(はらだたけひろ)

元埼玉県公立小学校教員・勇気づけ国語塾塾長(ふじみ野駅西口徒歩1分)

NPO法人勇気づけ学園代表理事

 

15年間、埼玉県公立小学校教員を経験した後、

2015年3月に退職。在職中はアドラー心理学

の理論をベースに、勇気づけの学級経営を行い、

市の教育研究会で毎年実践発表した。

2015年4月に、子どもたちのやる気を引き出し

自信をつけ、自分の考えを持ち、表現する力や心を

育てる「勇気づけ国語塾」を開校。

福岡、宮崎、京都、大阪、名古屋、千葉、神奈川、新潟等

「出張勇気づけ国語塾」「小学生版勇気づけコミュニケーション講座」

を実施。現在は、男性向け講座、学校の先生向けの講座も行っている。

知的好奇心を刺激し、ユーモアのある授業で、子どもたちがもっている

「学びたい!」「知りたい!」という気持ちを引き出す。

2017年より埼玉県川越市伊佐沼でアドラー心理学を取り入れた

NPO法人勇気づけ学園幼児部・小学部を仲間とともにスタートさせ、

子どもたちの生きる力を育てている。

 

 

 

 

 

 

 

 

おはようございます。

原田たけひろです。

 

言われたこと、あります???

 

「やる気がないなら帰れ!」

 

 

今もあるのかなー。

 

僕が小学生の時の少年野球では定番の?セリフ

 

今思うと、もはやコント。

 

 

 

・。・。・。・。・。・。・。

 

ミスが続いたり、やる気が感じられなかったりすると

 

「やる気がないなら帰れっ!!!」

 

言われたら、一応、練習の邪魔にならないところに出て立ち尽くす。

 

立ち尽くしていると、

 

他のコーチ(やさしめな人ね)がやってきて

 

「もう一度やらせてくださいって言ってきな」とささやく。

 

その言葉を信じ、意を決して言いに行く。

 

 

「もう一度やらせてください!」

 

「やらなくていい!!」

 

「もう一度やらせてください!!」

 

「もういい。帰れっ!!」

 

「もう一度

やらせてください!!!」

(もう意地だよねw)

 

 

 

 

 

「よし、じゃ行け」

 

 

 

ここでたとえミスっても一所懸命さが伝わると、

 

それでいいんだ!

 

と言われ、無事練習に戻れる。

 

・。・。・。・。・。・。・。・。

 

指導者の意図や思いもわかる。

 

でもそれが伝わっているかどうかはわからない。

 

このやり方だと、

 

「感じてほしい」だから。

 

子どもの受信能力に左右されるわけですね。

 

想像力が豊かであれば、

 

なんでこういうことを言っているんだろう?

 

と考えられるけど、低学年とかちょっと大変そうだね。

 

 

感じる体験は必要。

 

経験になるからね。

 

でも、

 

やっぱり言葉で説明する必要はありそう。

 

なんでこういうことを言ったのか?という理由を。

 

そうすれば納得するよね。

 

 

 

 

勝負事だから勝つことは大事。

 

勝つことを目指して学ぶことはあるから。

 

でも勝つことだけじゃない。

 

スポーツを通して何を学ぶのか?ってことだね。

 

 

勝つためのスポーツと

 

楽しむための生涯スポーツという側面。

 

 

この辺りのバランス感覚は必要だし、

 

勇気づけのかかわりも欠かせないような気がするなー。

 

スポーツ指導者向けの何かできるかなー。

 

教員経験は活かせるし、

アドラーも活かせるしね。

 

野球だったら、

河川敷あたりをフラフラしながら

少年野球チームの練習を見かけたら、

出没して指導しちゃおうかなw

 

 

 

そういえば、僕が高1の時、

野球部の遠征で山口県に合宿に行った時、

練習中、

監督に例によって

「帰れっ」て言われて、

 

 

本当に帰っちゃったなー2年の先輩、

東京まで。

 

行動力は尊敬する。w

 

 

でも、

 

えーマジで帰っちゃうんだーって思ったし、

 

東京で普通に部活始まったらどうするんだろう?とも思ったね。

 

1年生の間でも、やばくね?みたいな話にはなったね。

 

 

僕の通っていた高校の野球部は坊主ではなかったんですが、

(短髪ならOK)

で、その帰っちゃった先輩。

 

合宿後の初練習に、

 

坊主にしてきました

 

ひと休みしている間に、色々考えたんだね。

 

反省を形にしたら坊主っていう結論になったんだね。

 

 

 

そういえば、短髪にするのに、

スポーツ刈りってあったけど、

ずいぶんざっくりとしたネーミングだよねw

 

こんな感じだったよねー。

 

 

 

 

 

 

 

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

 

LINE公式アカウント

10秒で読める!

<先生向けゴキゲン学級経営のヒント>

 

10秒で読める!

<先生向けゴキゲン学級経営のヒント>

 

 

 

 

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

 

無料メールレター「教育に活かすアドラー心理学」

 

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

 

 

 

原田武敬(はらだたけひろ)

元埼玉県公立小学校教員・勇気づけ国語塾塾長(ふじみ野駅西口徒歩1分)

NPO法人勇気づけ学園代表理事

 

15年間、埼玉県公立小学校教員を経験した後、

2015年3月に退職。在職中はアドラー心理学

の理論をベースに、勇気づけの学級経営を行い、

市の教育研究会で毎年実践発表した。

2015年4月に、子どもたちのやる気を引き出し

自信をつけ、自分の考えを持ち、表現する力や心を

育てる「勇気づけ国語塾」を開校。

福岡、宮崎、京都、大阪、名古屋、千葉、神奈川、新潟等

「出張勇気づけ国語塾」「小学生版勇気づけコミュニケーション講座」

を実施。現在は、男性向け講座、学校の先生向けの講座も行っている。

知的好奇心を刺激し、ユーモアのある授業で、子どもたちがもっている

「学びたい!」「知りたい!」という気持ちを引き出す。

2017年より埼玉県川越市伊佐沼でアドラー心理学を取り入れた

NPO法人勇気づけ学園幼児部・小学部を仲間とともにスタートさせ、

子どもたちの生きる力を育てている。