こんばんは。

子どもと先生を鬼勇気づける

勇気づけ国語塾の原田たけひろです。

 

昨日は

学校の先生向け講座の2週間に1度の1時間のzoom講座

でした。

 

それぞれの先生から

 

気になる子について困った子の指導について

 

 

 

 

先生が思う困った子は、どんな子ですか?

 

職業柄なんとなーく答えが同じような感じもしますが、

(実は微妙に違うんですけどね)

 

今回、

対応策を考えたのが以下の子どもたち。

 

 

 

・やるべきことをやらない子

 

・感情をコントロールできない子

 

・席を立って動き回ってしまう子

 

・すぐにおしゃべりしてしまう子

 

・粋がっている子

 

 

います??

 

いますよね、一人くらい^^

 

 

そんな子どもへの対応を考えました。

 

1つは即時対応。つまり、月曜日から即実践できる内容。

 

たとえば、

 

・すぐにおしゃべりしてしまう子

 

 人の意見にすぐ反応しチャチャを入れてしまうとか。

 

 他の子が静かに取り組んでいるのに、しゃべっちゃうとか。

 

 

 

アドラー心理学の対応については

 

すでに実践していただいているので、

 

おしゃべりしている時は注目しないとか

 

おしゃべりをやめた時に注目するとか

 

クラスの適切な行動をしている子に注目するとか

 

さらなる指導方法をゲットするという感じですね。

 

 

かかわり方はたくさん合ったほうがその子にあった方法が見つかりますしね。

 

今回は、

 

チャチャを入れてしまう子への対応として、

 

 

 

◆先生が食い気味に声をかぶせる◆

 

ある子が意見を言ったとします。

 

 

その子が「それって・・・」と言い出した瞬間

 

先生が

 

「そうなんです!!」

 

 

とテレビショッピング の相槌のように

食い気味にかぶせていく。

 

 

最後まで話を聞くように話すとか、

注意するとか、

 

そんな当たり前のことはしない。

 

 

だってそんなの分かり切っているわけだし。

 

そして、

大抵子どもは

先生が次に何をするか、

わかっていますよね。

 

次、こんなこというなーとか。

 

だから

 

子どもの予測を裏切る!

 

これ、結構大事。

 

 

 

そしてもう1つ。先生が、

 

なんとかしようと思わないこと

 

 

これやめるってことね。

 

 

 

なんとかしなくちゃ!

 

助けなきゃ!なんて思うのは

 

実は子どもに大変失礼です。

 

 

なんとかしなきゃ!という思いに裏にあるもの

 

それは、

 

「子どもを信頼していない」

 

 

だって「本当に」子どもを信頼していたら

 

なんとかしなきゃって思わないでしょ?

 

 

本当に信頼しているのなら、

 

「この子はきっと大丈夫。

 

今、こういう行動をしているけど、

 

きっと大丈夫」

 

と思いますから。

 

 

今回、

 

この普段

自分だけでは、

気づかない考えに気づいたので、

 

変化のきっかけになったと思っています。

 

あーこれからが楽しみです^^

 

 

 

 

 

 

 

途中からでも参加可能です!

 

今の状況をどうにかしたい!!

と思っている先生、全力で応援します!

 

 

始まる前日にお申し込みをいただいたり、

始まってからお申し込みをいただいたり、

 

と先生が

この時期を子どもたちのために

一所懸命考えているのがよくわかっているので、

全力でサポートさせていただいております。

 

 

先生方から出される具体的な指導場面について

即対応できる方法をみんなで考え、出し合ったり。

 

それに伴い、

どんな思考をしているのか、

潜在意識の視点から考えたりしていきます。

 

 

すでに先生自身の対応を変えたら、

子どもたちに変化があったと

ご報告をいただいております。

 

いやー嬉しいです^^

 

 

 

 

小学校・中学校・高校の先生

【期間限定】・【人数限定】

アフターコロナの学校の先生向けのオンライン講座

   〜学級経営、授業、子どもについて考える〜

 

 

すでに今まで常識だと思っていたことが

変わっているのですから、

制限を外して考えていきましょう!!

 

これは

これからの、

令和時代に生きる先生の可能性を広げます

 

先生も変わっていかないと、生き残っていけませんから。

これは、マイナス面ではなく、変わるチャンス!ですからね!

バージョンアップするってことです。

 

 

 

◆この講座のポイント◆

 

◆2週間に1度zoomで振り返り

 

・クラスでどんなことが起こったのか?

・どんな子が気になるのか?

 

先生方には、

この視点で2週間振り返っていただきます。

 

そして、

振り返りから修正点を見つけて、次に活かす。

 

分かりますよー

 

金曜日の夜は、

 

「あーやっと終わったーもう、なんも考えたくない!!」

 

と思うかもしれませんが、

 

ここで考えるか、考えないかで差が生まれるのです。

 

時間は平等。

それなのに考え方や能力に違いが生まれるのは

時間をどう使っているか、なのです。

 

 

振り返りでは、

なんのためにその出来事が起こったのか?

気になる子の特徴は何か?

 

出来事、気になる子をどのように見るのか?

などについて、お伝えします。

 

 

そして、アドラー心理学。

 

子どもの行動について、

対人関係論や目的論のアドラー心理学でも考えることはできますが、

潜在意識の面からも考えていきます。

 

 

 

 

◆学級経営で、子どものことより、学級のことより

 考えなければならないこと。

 

学級経営について

一番考えなければならないこと

優先しなければならないのは、

先生自身です。

 

 

子どものことは?

授業のことは?

クラスのことは?

学年のことは?

部活のことは?

 

 

それはみんな後で大丈夫!

先生自身のことが、先なんです!!

先生自身のことを考えないと、

学級で起こることは変わらないのです。

 

 

それは、

先生の思っている学級のイメージが現実に創られるから。

先生の思っている子どものイメージが現実に創られるから。

 

これは、普段気づかないことが多いです。

 

たとえば、

 

みんなで協力して解決できる学級にしよう!

 

と思っていた場合、どんな学級になるか?

 

 

まず、何かしらの問題が起きますね。

 

それも、

 

みんなが協力する必要がある問題が起きるってことです。

 

 

だって、問題が起きないと解決できる学級になりませんからね。

 

だから

先生が設定する学級のイメージとか、

子どものイメージはとても重要なのです。

 

なぜなら今考えていることは

未来に向けてエネルギーを飛ばしていることになるので。

 

だから

 

未来は今の積み重ね

 

と言えるのです。

 

 

先生自身のことで言えば、

 

必死に頑張ろう!と思っている先生には、

 

もれなく、「頑張る状況」がやってきます。

 

 

なんで自分のクラスだけが大変なんだろう・・・

 

と思っている場合は、

 

指導法を考える前に、

 

自分のクラスに対してどんなイメージを持っているか?

 

をチェックすることが必要なのです。

 

 

これかーという思考のタネがわかれば、

 

その思考を変えればいいだけですから^^

 

 

一緒に考えていきましょう!

 

 

 

先生らしさを発揮するには、

先生自身のことを知る必要がありますからね。

 

後天的に身につけていくこともありますが、

生まれながらに持っているものもあります。

 

また、生まれながらにせっかく持っていたよさも

環境によって削がれてしまっているものもあります。

 

その本来の先生の持っているものをお伝えします!

 

その方法はマヤ暦です。

 

マヤ暦で調べてみると、

先生一人ひとりの本来持っている特性、能力が分かります。

そのこともお伝えさせていただきます。

 

 

◆とくに気になる子とのかかわりについて

 

いろいろ考えてやっているのに、

なんだか、うまくいかないという子はいませんか?

 

生徒指導や教育相談の研修、

カウンセリングで学んだ手法を使っているのにうまくいかない・・・。

ということはありませんか?

 

もうお気づきだと思いますが、

全ての子どもに有効な方法なんてありません。

 

その子に合ったオーダーメイドのかかわり方があるわけです。

もちろん、傾向はありますけど。

 

 

先生の目から見て、

「この方法がいいだろう」

というかかわり方だけでなく、

 

その子の生まれ持った特性を知ってから

かかわり方を考えていきます。

 

 

〇〇ができた

こういうことを言う

こういう行動をするなどの先生が見た経験から

かかわり方を考え

子どもたちを見ていく方法をご提案します。

 

 

これも

その子がもともと持って生まれた特徴・能力があるのです。

そうです、これもマヤ暦で知ることができるのです。

 

 

◆FBグループで学び合う。

 

出来事から考えるオケイコをしていけば、

分析できるようになります。

先生の分析力がアップすれば、

余裕を持って子どもたちを見ることができますし、

先手を打つことができます。

また、起こることも予測できます。

 

 

 

 

今までにない状況だからこそ、

今までにない考え方で

学級経営を考えていきましょう!

 


◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

小学校・中学校・高校の先生

【期間限定】・【人数限定】

アフターコロナの学校の先生向けのオンライン講座

   〜学級経営、授業、子どもについて考える〜

 

【内容】(予定)

・コロナについて考える

・アフターコロナの学校環境でできること

・学校で起こる問題、課題について・子どもとのかかわりについて

・潜在意識を活かして学級経営、子どもとかかわり

・アドラー心理学を活かした学級経営

・先生の本来持っている力の分析、持っている能力活かし方

・気になる子の分析、持っている能力の活かし方 など

 

など。

 

◆期間◆

6月22日から10月30日まで、4ヶ月間

 

メール配信は6月22日(月)からスタートします。

zoomの1回目は6月26日(金)21:30−22:30予定です。

 

 

◆方法◆

・メールと音声を配信します。

・zoomでのグループコンサル(内容を録音し、配布します)

(2週間に1回。金曜日21:30−22:30の予定 ※8月は1回)

6/26 , 7/10 , 7/24 , 8/21 , 9/4 , 9/18 , 10/2 , 10/16 , 10/30

・FBグループを作ります。

 

◆受講費◆

 アフターコロナ応援特別価格

 

 13万2000円(税込)

※途中参加の先生はお安くなります。

 

期間限定・人数限定の講座です。

 

現在も受付中です。

◆◆◆お申し込みはこちらからお願いします◆◆◆

 

photo by Yuriko Kurihara

 

 

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

LINE公式アカウントは

7月はアドラー心理学の内容を重点的にお伝えしていきます!

 

ご登録がまだ!という方はぜひ、ご登録を。

 

10秒で読める!

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

【関連記事】

まだお読みでない方はこちらもどうぞ。

 

学校再開におもふ。

 

授業は8時だヨ!全員集合!学校再開におもふ。その2

 

アフターコロナの学校の先生向けのオンライン講座について その1

 

先生は、授業・子ども・予防のことなんて考えなくていい。

 

先生のことを考えるのが一番だという理由

 

・。・。・。・。・。・。・。・。

 

 

勇気づけ国語塾

zoomクラス第2第4水曜コースはあと1名。詳しくはこちら

 

 

 

◆対面クラス

勇気づけ国語塾@埼玉ふじみ野

第1土曜日コース

 

無料体験授業日追加しました!!

あと1名募集です。

 

■無料体験授業日■

7月4日(土)

13:15ー15:00

 

無料体験授業のお申し込みはこちらからお願いします。

 

 

 

 

【期間限定先生向け講座】

アフターコロナの状況で働く先生方対象

 

アフターコロナの時期限定

先生向け講座やります。

 

この期間しかできないし、

この期間にどうするか?

という方向性は大事なので。

近日中に詳細をお知らせします。

 

 

現場で働いている先生方へ。

 

経験したことのない状況で、

 

◆こんなことに困っている。

◆相談したいことがある。

◆扱ってほしい内容 等

 

生の声を講座に取り入れていきたいと思っているので、

こちらからお願いします。

 


無料メールレター「教育に活かすアドラー心理学」

始めています。

登録しました?確認してくださいね。

全然、届かないなーって思っていたら、

登録していなかったってこと、あるみたいですよ^^

 

 

原田武敬(はらだたけひろ)

元埼玉県公立小学校教員・勇気づけ国語塾塾長(ふじみ野駅西口徒歩1分)

NPO法人勇気づけ学園代表理事

 

15年間、埼玉県公立小学校教員を経験した後、

2015年3月に退職。在職中はアドラー心理学

の理論をベースに、勇気づけの学級経営を行い、

市の教育研究会で毎年実践発表した。

2015年4月に、子どもたちのやる気を引き出し

自信をつけ、自分の考えを持ち、表現する力や心を

育てる「勇気づけ国語塾」を開校。

福岡、宮崎、京都、大阪、名古屋、千葉、神奈川、新潟等

「出張勇気づけ国語塾」「小学生版勇気づけコミュニケーション講座」

を実施。現在は、男性向け講座、学校の先生向けの講座も行っている。

知的好奇心を刺激し、ユーモアのある授業で、子どもたちがもっている

「学びたい!」「知りたい!」という気持ちを引き出す。

2017年より埼玉県川越市伊佐沼でアドラー心理学を取り入れた

NPO法人勇気づけ学園幼児部・小学部を仲間とともにスタートさせ、

子どもたちの生きる力を育てている。

 

おはようございます。

子どもと先生を鬼勇気づける

勇気づけ国語塾の原田たけひろです。

 

 

子どもたちの指導について

 

楽しく学べるようにしたい!

でも、制限が多い。

どうする?

 

ということを

一所懸命考えている先生たちが学んでいる

先生向けオンライン講座。

 

今日の夜は

 

学校の先生のためのオンライン講座

グルコンの日

 

メール、FBグループ等で

学んでいただいておりますが、

2週間に1度zoomでグループコンサルをしています。

 

今日がその日。

先生方からどんなお話が聞けるのか楽しみです^^

 

 

21:30から22:30の

zoomでのグルコンでは

 

 

・学校での出来事

 

・先生の気持ち

 

・気になる子をもとに

 

振り返ります。

 

具体的な事例から

 

先生の思考、かかわり方を考えていきます。

ま、とにかく月曜日が楽しみになります^^

 

 

そして、

 

次の2週間、

どんなことをしていくか、

作戦を考えていきます。

 

・考え方

 

・具体的なかかわり方

 

それをFBグループで報告したり、

みんなで考えたりしています。

 

 

 

途中からでも参加可能です!

 

今の状況をどうにかしたい!!

と思っている先生、全力で応援します!

 

 

 

 

 

 

先生向け講座を受講されている先生から

いただいたメッセージです。

 

・。・。・。・。・。・。・。・。

 

この講座お得すぎませんか??真剣に!!

この講座があることで、

自分へのエールだけでなく、

ブレーキにも(言い過ぎない)なっており、

本当に申し込んで良かったです。

 

・。・。・。・。・。・。・。・。・。

 

ありがとうございます。

 

このように言っていただけて嬉しいのですが、

 

始まってまだ1週間ですw

 

この間、

 

・先生に意識していただきたいことをメールで送ったり、

 

・zoomで1時間(まだ1回しかやっていないので)

 具体的事例をもとに対応を考えたり、

 

・FBグループで学んだりしています。

 ↑日々実践報告をいただいております^^

 

今、教材研究がホットな話題です。

 

子どもたちにとって楽しみがなくなり、

やらなければならないことが増えたり、

 

新しい生活様式というと聞こえはいいですが、

我慢を強いられているってことです。

 

そんな中、どうやったら子どもたちが楽しく過ごせるか、

という視点で考えてくださっています。

 

教えなきゃ、終わらせなきゃ という発想ではなく

 

制限の中でも子どもたちが楽しめる授業ができないか

 

についてみんなでアイディアを出して考えています。

 

僕も初公開情報を提供しています。

 

どうやって教材研究をしているか。

 

授業を展開する時、

どういう視点で考えているのか、

 

先生方の参考になればと思い、

お伝えしています。

 

今まで言ったことがなかったような気がします。

 

あ、これはFBグループに書いてあるので、

後から参加されても見られますよ^^

 

 

この講座、応援価格で行っていますが、

1週間でお得を感じていただけて

大変嬉しいです^^

 

 

 

 

 

 

この講座に関して、

 

始まる前日にお申し込みをいただいたり、

始まってからお申し込みをいただいたり、

 

と先生が

この時期を子どもたちのために

一所懸命考えているのがよくわかっているので、

全力でサポートさせていただいております。

 

 

先生方から出される具体的な指導場面について

即対応できる方法をみんなで考え、出し合ったり。

 

それに伴い、

どんな思考をしているのか、

潜在意識の視点から考えたりしていきます。

 

 

すでに先生自身の対応を変えたら、

子どもたちに変化があったと

ご報告をいただいております。

 

いやー嬉しいです^^

 

 

 

 

小学校・中学校・高校の先生

【期間限定】・【人数限定】

アフターコロナの学校の先生向けのオンライン講座

   〜学級経営、授業、子どもについて考える〜

 

 

すでに今まで常識だと思っていたことが

変わっているのですから、

制限を外して考えていきましょう!!

 

これは

これからの、

令和時代に生きる先生の可能性を広げます

 

先生も変わっていかないと、生き残っていけませんから。

これは、マイナス面ではなく、変わるチャンス!ですからね!

バージョンアップするってことです。

 

 

 

◆この講座のポイント◆

 

◆2週間に1度zoomで振り返り

 

・クラスでどんなことが起こったのか?

・どんな子が気になるのか?

 

先生方には、

この視点で2週間振り返っていただきます。

 

そして、

振り返りから修正点を見つけて、次に活かす。

 

分かりますよー

 

金曜日の夜は、

 

「あーやっと終わったーもう、なんも考えたくない!!」

 

と思うかもしれませんが、

 

ここで考えるか、考えないかで差が生まれるのです。

 

時間は平等。

それなのに考え方や能力に違いが生まれるのは

時間をどう使っているか、なのです。

 

 

振り返りでは、

なんのためにその出来事が起こったのか?

気になる子の特徴は何か?

 

出来事、気になる子をどのように見るのか?

などについて、お伝えします。

 

 

そして、アドラー心理学。

 

子どもの行動について、

対人関係論や目的論のアドラー心理学でも考えることはできますが、

潜在意識の面からも考えていきます。

 

 

 

 

◆学級経営で、子どものことより、学級のことより

 考えなければならないこと。

 

学級経営について

一番考えなければならないこと

優先しなければならないのは、

先生自身です。

 

 

子どものことは?

授業のことは?

クラスのことは?

学年のことは?

部活のことは?

 

 

それはみんな後で大丈夫!

先生自身のことが、先なんです!!

先生自身のことを考えないと、

学級で起こることは変わらないのです。

 

 

それは、

先生の思っている学級のイメージが現実に創られるから。

先生の思っている子どものイメージが現実に創られるから。

 

これは、普段気づかないことが多いです。

 

たとえば、

 

みんなで協力して解決できる学級にしよう!

 

と思っていた場合、どんな学級になるか?

 

 

まず、何かしらの問題が起きますね。

 

それも、

 

みんなが協力する必要がある問題が起きるってことです。

 

 

だって、問題が起きないと解決できる学級になりませんからね。

 

だから

先生が設定する学級のイメージとか、

子どものイメージはとても重要なのです。

 

なぜなら今考えていることは

未来に向けてエネルギーを飛ばしていることになるので。

 

だから

 

未来は今の積み重ね

 

と言えるのです。

 

 

先生自身のことで言えば、

 

必死に頑張ろう!と思っている先生には、

 

もれなく、「頑張る状況」がやってきます。

 

 

なんで自分のクラスだけが大変なんだろう・・・

 

と思っている場合は、

 

指導法を考える前に、

 

自分のクラスに対してどんなイメージを持っているか?

 

をチェックすることが必要なのです。

 

 

これかーという思考のタネがわかれば、

 

その思考を変えればいいだけですから^^

 

 

一緒に考えていきましょう!

 

 

 

先生らしさを発揮するには、

先生自身のことを知る必要がありますからね。

 

後天的に身につけていくこともありますが、

生まれながらに持っているものもあります。

 

また、生まれながらにせっかく持っていたよさも

環境によって削がれてしまっているものもあります。

 

その本来の先生の持っているものをお伝えします!

 

その方法はマヤ暦です。

 

マヤ暦で調べてみると、

先生一人ひとりの本来持っている特性、能力が分かります。

そのこともお伝えさせていただきます。

 

 

◆とくに気になる子とのかかわりについて

 

いろいろ考えてやっているのに、

なんだか、うまくいかないという子はいませんか?

 

生徒指導や教育相談の研修、

カウンセリングで学んだ手法を使っているのにうまくいかない・・・。

ということはありませんか?

 

もうお気づきだと思いますが、

全ての子どもに有効な方法なんてありません。

 

その子に合ったオーダーメイドのかかわり方があるわけです。

もちろん、傾向はありますけど。

 

 

先生の目から見て、

「この方法がいいだろう」

というかかわり方だけでなく、

 

その子の生まれ持った特性を知ってから

かかわり方を考えていきます。

 

 

〇〇ができた

こういうことを言う

こういう行動をするなどの先生が見た経験から

かかわり方を考え

子どもたちを見ていく方法をご提案します。

 

 

これも

その子がもともと持って生まれた特徴・能力があるのです。

そうです、これもマヤ暦で知ることができるのです。

 

 

◆FBグループで学び合う。

 

出来事から考えるオケイコをしていけば、

分析できるようになります。

先生の分析力がアップすれば、

余裕を持って子どもたちを見ることができますし、

先手を打つことができます。

また、起こることも予測できます。

 

 

 

 

今までにない状況だからこそ、

今までにない考え方で

学級経営を考えていきましょう!

 


◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

小学校・中学校・高校の先生

【期間限定】・【人数限定】

アフターコロナの学校の先生向けのオンライン講座

   〜学級経営、授業、子どもについて考える〜

 

【内容】(予定)

・コロナについて考える

・アフターコロナの学校環境でできること

・学校で起こる問題、課題について・子どもとのかかわりについて

・潜在意識を活かして学級経営、子どもとかかわり

・アドラー心理学を活かした学級経営

・先生の本来持っている力の分析、持っている能力活かし方

・気になる子の分析、持っている能力の活かし方 など

 

など。

 

◆期間◆

6月22日から10月30日まで、4ヶ月間

 

メール配信は6月22日(月)からスタートします。

zoomの1回目は6月26日(金)21:30−22:30予定です。

 

 

◆方法◆

・メールと音声を配信します。

・zoomでのグループコンサル(内容を録音し、配布します)

(2週間に1回。金曜日21:30−22:30の予定 ※8月は1回)

6/26 , 7/10 , 7/24 , 8/21 , 9/4 , 9/18 , 10/2 , 10/16 , 10/30

・FBグループを作ります。

 

◆受講費◆

 アフターコロナ応援特別価格

 

 13万2000円(税込)

※途中参加の先生はお安くなります。

 

期間限定・人数限定の講座です。

 

現在も受付中です。

◆◆◆お申し込みはこちらからお願いします◆◆◆

 

photo by Yuriko Kurihara

 

 

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

LINE公式アカウントは

7月はアドラー心理学の内容を重点的にお伝えしていきます!

 

ご登録がまだ!という方はぜひ、ご登録を。

 

10秒で読める!

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

【関連記事】

まだお読みでない方はこちらもどうぞ。

 

学校再開におもふ。

 

授業は8時だヨ!全員集合!学校再開におもふ。その2

 

アフターコロナの学校の先生向けのオンライン講座について その1

 

先生は、授業・子ども・予防のことなんて考えなくていい。

 

先生のことを考えるのが一番だという理由

 

・。・。・。・。・。・。・。・。

 

 

勇気づけ国語塾

zoomクラス第2第4水曜コースはあと1名。詳しくはこちら

 

 

 

◆対面クラス

勇気づけ国語塾@埼玉ふじみ野

第1土曜日コース

 

無料体験授業日追加しました!!

あと1名募集です。

 

■無料体験授業日■

7月4日(土)

13:15ー15:00

 

無料体験授業のお申し込みはこちらからお願いします。

 

 

 

 

【期間限定先生向け講座】

アフターコロナの状況で働く先生方対象

 

アフターコロナの時期限定

先生向け講座やります。

 

この期間しかできないし、

この期間にどうするか?

という方向性は大事なので。

近日中に詳細をお知らせします。

 

 

現場で働いている先生方へ。

 

経験したことのない状況で、

 

◆こんなことに困っている。

◆相談したいことがある。

◆扱ってほしい内容 等

 

生の声を講座に取り入れていきたいと思っているので、

こちらからお願いします。

 


無料メールレター「教育に活かすアドラー心理学」

始めています。

登録しました?確認してくださいね。

全然、届かないなーって思っていたら、

登録していなかったってこと、あるみたいですよ^^

 

 

原田武敬(はらだたけひろ)

元埼玉県公立小学校教員・勇気づけ国語塾塾長(ふじみ野駅西口徒歩1分)

NPO法人勇気づけ学園代表理事

 

15年間、埼玉県公立小学校教員を経験した後、

2015年3月に退職。在職中はアドラー心理学

の理論をベースに、勇気づけの学級経営を行い、

市の教育研究会で毎年実践発表した。

2015年4月に、子どもたちのやる気を引き出し

自信をつけ、自分の考えを持ち、表現する力や心を

育てる「勇気づけ国語塾」を開校。

福岡、宮崎、京都、大阪、名古屋、千葉、神奈川、新潟等

「出張勇気づけ国語塾」「小学生版勇気づけコミュニケーション講座」

を実施。現在は、男性向け講座、学校の先生向けの講座も行っている。

知的好奇心を刺激し、ユーモアのある授業で、子どもたちがもっている

「学びたい!」「知りたい!」という気持ちを引き出す。

2017年より埼玉県川越市伊佐沼でアドラー心理学を取り入れた

NPO法人勇気づけ学園幼児部・小学部を仲間とともにスタートさせ、

子どもたちの生きる力を育てている。

 

こんばんは。

子どもと先生を鬼勇気づける

勇気づけ国語塾の原田たけひろです。

 

7月の勇気づけ国語塾は、

 

◆動物の漢字

 

海豹とか

 

海象とか

 

海驢とか

 

井守とか

 

家守とか

 

〇〇〇とか

 

授業内で2回扱いました。

最初の9分くらいと最後の7分くらいで

 

最後に読めるようになるわけです^^

 

ま、学校では習いませんが、

読めるようになっちゃいますね^^

 

でも、この漢字は

 

子どもたちにとっては

「読めるようになること」を目標にしていますが、

 

僕にとってはそれは目的ではありません。

自信とやる気を育てるのが目的なので、

究極的には、

読めなくても自信とやる気は育ちます。

読めない子はいませんけどね。

 

まぁとにかく、、、楽しいw

 

子どもたちも集中して頑張っています。

 

zoomクラスもお楽しみに。

 

そして

 

海底温泉ハトヤ

 

ではなく、

 

◆絵本

 

兄海幸(魚を釣るのが仕事)

弟山幸(山で狩をするのが仕事)

 

弟山幸が

 

「仕事を交換しようよ」と兄に持ちかける。

 

兄海幸は渋々承諾。

 

慣れない仕事でうまくいかない。

 

しかも弟山幸は、

 

兄海幸が大事にしていた釣り針を

魚に取られ無くしてしまう。。。

 

それを知った兄海幸は烈火の如く怒ります!

 

弟山幸は自分の剣を潰し、

500本の釣り針を作って

兄海幸に「これで勘弁してください。」

と言う。

 

ところが許してもらえない。

 

そこで

弟山幸は

あたりにある金属を使って

1000本の釣り針を作って

兄海幸に許してもらおうとする。

 

しかし、これでも許してもらえず。

 

途方に暮れて浜へ行く・・・・。

 

すると、、、。

 

ここから海の中の話

 

もう、ハトヤですねw

 

 

 

◆龍の育て方の続き

 

夢や願いを叶えるために

 

先生を見つけよう!

 

と言う内容。

 

その後、夢や願いを叶える過程で

どんなことが起こりそうか、

そのときにどうするか?

 

と言う全体の話もしました。

 

もちろん、叶った後の話も。

これ実は、重要^^

 

※zoomクラスの方、ネタバレ注意です。

 

ちなみに今月は

 

4月は大仏

5月は侍カツラ

7月は浴衣で授業

次は何にしようかなー

 

 

 

 

無料体験授業についてのお問い合わせは

 

こちらからお願いします。

 

コースは3コースです。

 

◆毎月第1土曜日@ふじみ野対面

◆毎月第3土曜日zoomクラス

◆第2、第4水曜日クラス

 

 

 

。、。、。、。、。、。、。、。、。

先生向け講座の今・・・

 

現在

先生方には、

 

「目立ない子」を探してもらっています。

 

ここでの学びは、

きっと先生の見方を

ガラッと変えるものになると思います。

詳しい話は金曜日のzoomでしますので、

途中からでも参加したい!と言う先生、

 

ご連絡ください。

 

 

子どもへのかかわりと

教材研究の仕方について学び、

学校で子どもたちに

どうやったら楽しみを伝えられるかを考えている講座

    ↓↓↓↓

 

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

 

小学校・中学校・高校の先生

【期間限定】・【人数限定】

アフターコロナの学校の先生向けのオンライン講座

   〜学級経営、授業、子どもについて考える〜

 

先生方から具体的な事例を出していただき、

それについて考えていく実践的な内容。

 

すでにスタートしていますが、

どうにかしたい!!!と思っている先生、

問題を解決したい!!と思っている先生、

 

今からでもどうぞ^^


◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

小学校・中学校・高校の先生

【期間限定】・【人数限定】

アフターコロナの学校の先生向けのオンライン講座

   〜学級経営、授業、子どもについて考える〜

 

【内容】(予定)

・コロナについて考える

・アフターコロナの学校環境でできること

・学校で起こる問題、課題について・子どもとのかかわりについて

・潜在意識を活かして学級経営、子どもとかかわり

・アドラー心理学を活かした学級経営

・先生の本来持っている力の分析、持っている能力活かし方

・気になる子の分析、持っている能力の活かし方 など

 

など。

 

◆期間◆

6月22日から10月30日まで、4ヶ月間

 

メール配信は6月22日(月)からスタートします。

zoomの2回目は7月10日(金)21:30−22:30予定です。

 

 

◆方法◆

・メールと音声を配信します。

・zoomでのグループコンサル(内容を録音し、配布します)

(2週間に1回。金曜日21:30−22:30の予定 ※8月は1回)

・6/26 , 7/10 , 7/24 , 8/21 , 9/4 , 9/18 , 10/2 , 10/16 , 10/30

・FBグループを作ります。

 

◆受講費◆

 アフターコロナ応援特別価格

 

 13万2000円(税込)

※途中参加の先生はこれよりお安くさせて

いただいております。

 

期間限定・人数限定の講座です。

 

 

◆お申し込みはこちらからお願いします◆

 

photo by Yuriko Kurihara

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

【関連記事】

まだお読みでない方はこちらもどうぞ。

 

学校再開におもふ。

 

授業は8時だヨ!全員集合!学校再開におもふ。その2

 

アフターコロナの学校の先生向けのオンライン講座について その1

 

先生は、授業・子ども・予防のことなんて考えなくていい。

 

先生のことを考えるのが一番だという理由

 

・。・。・。・。・。・。・。・。

 

 

勇気づけ国語塾

zoomクラス第2第4水曜コースはあと1名。詳しくはこちら

 

 

◆対面クラス

勇気づけ国語塾@埼玉ふじみ野

第1土曜日コース

 

無料体験授業日追加しました!!

あと1名募集です。

 

■無料体験授業日■

9月5日(土)

10:15ー12:00の枠

13:15ー15:00の枠

 

無料体験授業のお申し込みはこちらからお願いします。

 

 

【期間限定先生向け講座】

アフターコロナの状況で働く先生方対象

 

アフターコロナの時期限定

先生向け講座やります。

 

この期間しかできないし、

この期間にどうするか?

という方向性は大事なので。

近日中に詳細をお知らせします。

 

 

現場で働いている先生方へ。

 

経験したことのない状況で、

 

◆こんなことに困っている。

◆相談したいことがある。

◆扱ってほしい内容 等

 

生の声を講座に取り入れていきたいと思っているので、

こちらからお願いします。

 

 

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

 

10秒で読める!

<先生向けゴキゲン学級経営のヒント>

今月はアドラー心理学の内容をお送りしています。

 

 

image

無料メールレター「教育に活かすアドラー心理学」

始めています。

登録しました?確認してくださいね。

全然、届かないなーって思っていたら、

登録していなかったってこと、あるみたいですよ^^

 

 

原田武敬(はらだたけひろ)

元埼玉県公立小学校教員・勇気づけ国語塾塾長(ふじみ野駅西口徒歩1分)

NPO法人勇気づけ学園代表理事

 

15年間、埼玉県公立小学校教員を経験した後、

2015年3月に退職。在職中はアドラー心理学

の理論をベースに、勇気づけの学級経営を行い、

市の教育研究会で毎年実践発表した。

2015年4月に、子どもたちのやる気を引き出し

自信をつけ、自分の考えを持ち、表現する力や心を

育てる「勇気づけ国語塾」を開校。

福岡、宮崎、京都、大阪、名古屋、千葉、神奈川、新潟等

「出張勇気づけ国語塾」「小学生版勇気づけコミュニケーション講座」

を実施。現在は、男性向け講座、学校の先生向けの講座も行っている。

知的好奇心を刺激し、ユーモアのある授業で、子どもたちがもっている

「学びたい!」「知りたい!」という気持ちを引き出す。

2017年より埼玉県川越市伊佐沼でアドラー心理学を取り入れた

NPO法人勇気づけ学園幼児部・小学部を仲間とともにスタートさせ、

子どもたちの生きる力を育てている。