先日の北仙台『和酒バル 二喬/NIKYO』造り手との宴UTAGEvol.55に御参加の皆様


ありがとうございました!!!!!


加えて御協力下さった方々にこの場でも感謝申し上げますm(--)m

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【伯楽星&あたごのまつを愛でる2011→2021】


その名の通り


≪伯楽星≫そして≪あたごのまつ≫醸造元の宮城県大崎市


株式会社新澤醸造店さんのSakeを存分に楽しむものでした。

 

 

かつ、サブテーマは「原料米の違い」。

※原料米の品種もそれぞれ違うんですけどもラベルもなかなか違いましたね


店内は終始賑やかで楽しい空気が流れて、


それも新澤醸造店さんの敏腕営業スタッフである戸田麻子さん(今回のイベントで六回目の御手伝い)が真剣&ニコやかに御参加の方々へ


Sakeの酒質説明や酒造りの裏話(笑)などと話してくれたのも大きな要因かと。


戸田さんありがとうございました!とっても美しいひと時でした。

 

 

今回も遠くから左党さんが御参加でした。この会も全国区の人気になったなぁとプチ自慢(笑)

 

 

 

 

 

 

因みに、


少しだけ会の余韻を体感できるSakeの御用意がありますので


興味のある御仁はどうぞお越しくださいませ。ちゃんとサーヴ能うのは本日1日(月)までですね。特に、画像にもあるように、22BY、2011年のSakeの品質がキーです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この≪伯楽星≫を取り上げるイベントは


昨年に引き続き今回で8回目。


「究極の食中酒」を掲げる≪伯楽星≫をフューチャーしつつ


食との相性よりも、Sakeとしての本質そのものを体感してみようという


自称世界で最もマニアックな≪伯楽星&あたごのまつ≫の会です(笑)。


御膝元の宮城県では、それこそ見事な料理達と≪伯楽星≫の


ペアリングを提案する会は沢山あります。なので


当店くらいは、マニアックに≪伯楽星≫を提案しても良いと思っています。

 

 

マーケット的に俯瞰してその酒質の素晴らしさと醸造コンセプトを深堀する感じ。


もちろんオツマミにて≪伯楽星≫を引き立てるものは御用意いたしました。桃色酒粕を用いた汁物など♪


それでも、毎年新しい醸造設備を投入し、出荷時期や出荷地に合わせて


酒質を変えるという≪伯楽星≫、


普段とは異なる視点で飲んでみたいと思うのは≪伯楽星≫Loverなら


当然の事と言えるでしょう。


≪伯楽星≫新澤巌夫社長は


造りの時期に入ると毎年仰います


「今度出荷される≪伯楽星≫を飲んでみて下さい。今よりもっと美味しくなります!」


この意味は、


例えば≪伯楽星 純米吟醸≫の場合、小仕込みのタンクで


仕込み期間中に数十本も造っています。


その中には、その年の原料米の出来を見て仕込みの際の感覚を探る


1本目などの初期のタンクもあれば、


仕込みを重ねて原料米の特性を捉え蔵として目指す酒質の表現が理想的な


30本目くらいの終盤のタンクもある訳です。


Sakeは機械ではなく、微生物を誘って人が造るものです。


経験を積んだ方、つまり最新日付の≪伯楽星 純米吟醸≫の方が


日付が古いものよりも良いものであるのは蔵元としては至極当然です。


勿論、アルコール飲料である醸造酒のSakeは


時を経る事で異なる魅力を発揮するものもありますが、


新澤醸造店が造る≪伯楽星≫は繊細なバランス感が命です。


熟成による新たな魅力の醸成は未知数であり


蔵元の手が離れた所で行なわれる事も多いので、


新澤社長は自社の自信をもって奨めるのは、より新しいものという訳です。


『二喬/NIKYO』でも常時なるべく当月日付の


≪伯楽星≫の特別純米&純米吟醸を御用意するようにしています。


ただ、


ただ、


ただ(大事な事なので3回目)、


そう言われると新しいものとそれ以前のものを比べたくなるのが


左党の心情ですよね( ̄▽ ̄)


そのような御気持ちに『二喬/NIKYO』は今後も応えていきたいと思います♪


この会は、準備に一年以上を要するので手狭な当店でやりくりに一汗かきますが


今回も参加の御仁に「また来年も宜しくです!」と


嬉しい言葉も頂きましたので、


来年vol.9に向けて今からチョイスに励みます。


どうぞ来年を御期待くださいませ!

 

 

 

 

プレミアムワイン会の続報です♪

 

 

 

 

 

 

それでは当日御用意するワインpert.2を紹介いたします。

右から左へ

≪ソラリス 信州カベルネ・ソーヴィニヨン2013/マンズワイン≫

 

≪ガクファーム 穂高岳人 メルロ すっぴん2017≫

 

 

 

 

 

日本において、ワインの女王と評されるボルドーワインのメインのブドウ品種

 

 

カベルネ・ソーヴィニヨンは、年500種ほどの日本ワインを飲み且つサーヴもしている自分としても

 

 

最も難しい品種だろうと思うものの一つです。それは栽培もそうですけども、理由の一つとして品種個性が出来上がったワインが数年熟成させた方がベターであるとは大半の造り手も飲み手も考えている中、いまや400を超えようとしている日本ワイナリーの中で多くが家族経営のような小規模事業であり、そのような経営環境で数年熟成させるという経済体力をなかなか持ち合わせません。自分の感覚では、誰にでもお奨めできるカベルネ・ソーヴィニヨンの赤ワインを作り続けている日本ワイナリーは10あるかないか、かと。

 

 

そのような中、マンズワインさんは偉大なカベルネ・ソーヴィニヨンの赤ワイン造りに挑み続けています。八年熟成物です。ワイン会初登場。

 

 

そして、逆にメルロは日本でも最も早くワイン用ブドウ品種として栽培に適していると衆知されたものの一つです。

 

 

よって日本の各地で栽培されています。そのような中、自分が大注目するのが、メルロの古くて新しい産地、長野県松本市・塩尻市などの周辺地域です。ここには、かの有名な桔梗ヶ原がありまして1980年代からのその評価はワインラヴァーの方々なら御存知の事でしょう。それが近年、かの地で新しい感性をもってワイン造りに挑み始めた方々もいらっしゃって『二喬/NIKYO』が最もお奨めしたいのが

 

 

ガクファームさんです。この2017年物を口にした時に、今までにない味わいで、未来を感じた心地でした。

 

 

この衝撃を皆々様にも是非ゼヒ楽しんでいただきたいです。当店でのラストストックになります。

 

 

 

 

 

 

2011年の開業から長い年月が経ちまして

 

 

お越しくださる御客様へ、堂々とお奨めできる日本ワインが増えてきた事を嬉しく思っています。

 

 

この喜びを共感いただけますと嬉しいです。

 

 

※当店におきます感染症対策含む公衆衛生管理の考えですので是非御覧の上で御来店くださいませ

【【更新3】「外食業の事業継続のためのガイドライン」日本フードサービス協会より抜粋と当店の解釈】

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★

 

~2月末まで【#DELICIOUSTOHOKU デリシャス東北2020】各種お得なキャンペーンも実施中ですので是非ゼヒ認定店舗を周遊くださいませ♪

 

2月28日(日)???

 

 

3月6日(土)~7日(日) プレミアムワイン会 vol.56【ニューワールドのヴィニフェラ~長野県~】参加者募集中♪どうぞお早めにお気軽に問合せ下さいませ

 

◇◆

【今宵のピックアップ】

 

 

 

 

≪宮城県産白菜と豚肉の純米酒蒸し≫

≪18か月長期熟成のプロシュート生ハム≫

≪ワインにもお奨め!もちもちギョーザ 宮城県産カテキン豚入り≫

 

□■

【『二喬/NIKYO』近々の営業日程の状況】御来店の際はわざわざ北仙台へお越しになられる御客様の確実な御席確保の為にお電話下さるのをお奨め致します

※店内は御客様同士の距離を設けて最大四組様ほどの御案内とさせていただいております

 

2月25日(木)営業日

 

2月26日(金)営業日18-

 

2月27日(土)営業日

 

2月28日(日)終日貸切営業

 

3月1日(月)営業日

 

3月2日(火)営業日

 

3月3日(水)休業日


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

和酒バル 二喬/NIKYO

 

仙台市青葉区昭和町5-55(仙台浅草内)

 

JR・地下鉄とも北仙台駅から徒歩3分

 

TEL:022-728-2033 ←←お席・お酒の御予約の相談承ります♪

 

HP:http://nikyo.net/ ←←店内のイメージがチェックできます♪

 

休日:不定休 ←←←ブログ記事の文末や過去の投稿などに休業日記載がありますので御参照くださいませ♪
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 

No.1ソムリエが語る、新しい日本酒の味わい方 (SB新書)

【酒ディプロマ試験対策にお奨めのテキスト】

 

【酒ディプロマ試験対策にお奨めの想定問題集】

 

 

 

 

御来店御愛顧御支援どうぞ宜しくお願いいたします\(^o^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※当店におきます感染症対策含む公衆衛生管理の考えですので是非御覧の上で御来店くださいませ

【【更新3】「外食業の事業継続のためのガイドライン」日本フードサービス協会より抜粋と当店の解釈】

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★

 

~2月末まで【#DELICIOUSTOHOKU デリシャス東北2020】各種お得なキャンペーンも実施中ですので是非ゼヒ認定店舗を周遊くださいませ♪

 

2月28日(日)???

 

 

3月6日(土)~7日(日) プレミアムワイン会 vol.56【ニューワールドのヴィニフェラ~長野県~】参加者募集中♪どうぞお早めにお気軽に問合せ下さいませ

 

◇◆

【今宵のピックアップ】

 

 

 

≪18か月長期熟成のプロシュート生ハム≫

≪豚肩ロースの炙りチャーシュー風≫

≪ワインにもお奨め!もちもちギョーザ 宮城県産カテキン豚入り≫

 

□■

【『二喬/NIKYO』近々の営業日程の状況】御来店の際はわざわざ北仙台へお越しになられる御客様の確実な御席確保の為にお電話下さるのをお奨め致します

※店内は御客様同士の距離を設けて最大四組様ほどの御案内とさせていただいております

 

2月23日(火祝)特別営業日17-酔い時間まで

 

2月24日(水)休業日

 

2月25日(木)営業日

 

2月26日(金)営業日18-

 

2月27日(土)営業日

 

2月28日(日)終日貸切営業

 

3月1日(月)休業日


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

和酒バル 二喬/NIKYO

 

仙台市青葉区昭和町5-55(仙台浅草内)

 

JR・地下鉄とも北仙台駅から徒歩3分

 

TEL:022-728-2033 ←←お席・お酒の御予約の相談承ります♪

 

HP:http://nikyo.net/ ←←店内のイメージがチェックできます♪

 

休日:不定休 ←←←ブログ記事の文末や過去の投稿などに休業日記載がありますので御参照くださいませ♪
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 

No.1ソムリエが語る、新しい日本酒の味わい方 (SB新書)

【酒ディプロマ試験対策にお奨めのテキスト】

 

【酒ディプロマ試験対策にお奨めの想定問題集】